fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2024.05.21 (Tue)

歩き続ける

おばんです。
梅です。

ohisama.jpg

しばらくさわやか且つ温かな日が続きました。

この私、ウンチをしているのではないですよ。
思いもかけず2024年の春の日差しを満喫できることに
我ながらよく頑張っていると自分自身に酔いしれておりました。

yaezakura1.jpg

山桜や千島桜が終わった後は、釧路八重の出番でした。
今年もこのボンボリのようなピンクを私と見ることができて良かったと
松の実が言ってました。

hinatabokko_20240520221334c63.jpg

お日様が出て、温かくなってこうして強制日向ぼっこの時間も
増えて来ています。
なんでもビタミンDを作るには日向ぼっこが良いそうです。

お父さんはかなり復活してお庭の手入れを
Kさんに手伝ってもらいながら始めました。

少し元気になると、とにかく車を運転したいお父さん。
車をもうあきらめると言ったことなどすっかり忘れて。。。。
松の実、げんなり~イライラ~
心配なのは、松の実が仕事に言っている間に隠れて運転しているのでは?と。

ボケないために車を運転していたい、と言うお父さんの言い分は
恐ろしく自分勝手だと思う松の実です。
ボケていないと言うのなら、今の世の中の流れの中で91歳のお父さんが
運転を続けると言う事にはならないでしょう?
そのボケていない頭で車を運転せずにボケないように考えてほしいと
ひたすら願う松の実ですが、お父さんには通じないようです。

ohirunechu.jpg

お父さんと松の実の話を聞いて、
ワンコでよかった、と思う私です。
正真正銘の大ボケさんになっても、
可愛い可愛い~梅はよいこと言ってもらえるのですから。

私、ボケていますけど、本能に従って腹時計はきっちり正確なんですよ。
こうしてお昼寝していても、そろそろ夕食かな~と思うと
のっそり起きだしてお家の中をゆっくりゆっくりグルグルと歩き回ります。



この時、松の実がちゃんと夕食の支度をしていれば安心してゆっくりのグルグルを続けますが、
松の実が台所に立っていないで、本なんか読んでいようものなら、
今日のご飯が出てこない不安に駆られて高速グルグルになってしまいます。
(コレは本当の話です)

oyatsutime.jpg

ちゃんと食べてお散歩もヨッタヨッタの幽霊のようではありますが、
今も1日2回続けています。



こんな私を見て、すれ違うヒトがいろんな言葉をかけてくれます。
年とっても私は可愛いのか、単純に「あら、可愛いワンちゃん」って言ってくれる人もいます。
ワンコと暮らしたことのある人は「何歳ですか?」って松の実に聞きます。
私の年を聞いて「偉いね~頑張ってね」と言ってくれる人が多いです。
先日のおじさんは、「もうかなり弱っているね。年取るとそうなるんだ。ひどいもんだね」と
言いました。
松の実は「おじさんもあと10年したら、こうなりますよ!」と言いそうになっていました。

ではでは明日は週の真ん中ですね。
週末目指してもうひと頑張りしてくださいませ。


23:29  |  小梅  |  コメント(0)

2024.05.13 (Mon)

ゴールデンウィークも終わって

おばんです。
梅です。

2024 511

ゴールデンウィーク(松の実にとってはゴールドでもなんでもなかったけど)も終わって、
新入社員さん、新入学生さんは
日常生活が戻って憂鬱な毎日と感じている方も多いかと思います。
ちなみにウチの怠け者の松の実は出勤日はいつも憂鬱だそうです。
加えて最近は休日でさえも、ボケているんだか単なる非常識人間だからか
わからないお父さんの行動と言動にイライラだそうです。

2024 5112

ここ数日とても寒くて、
開花宣言後に咲いた桜が散るタイミングがわからなくなって
今も可憐な花を咲かせたままです。
きっと凍りそうな思いをしていることでしょう。

202405113.jpg

公園の千島桜もまだ頑張っています。

唐突ですが、下の私、何をしていると思います?

2024 5114

鼻にご飯カスをつけて思いっきりうなだれております。

2024 5115

松の実が反対側に回って撮りました。

2924 5116

残り少なくなったご飯を全力で食べていたら、
勢いあまって中途半端に乗り上げてしまったのです。
で、立派な老犬ワンコの私としては、
にっちもさっちもいかなくなって、
松の実に助けを求めていたのが2枚前の私です。
(地についている足はナックルだし、お皿に乗り上げてしまった罪悪感をかろうじて感じるくらいの
正気さはまだ残っているし・・・)
もっとも松の実は助けてくれず、
私は自力でお皿に足を入れて思いっきりお皿を蹴りながら
脱出いたしました。
松の実はこんなにあっさり何とかできるのだったら
動画を撮っておけばよかったと後悔することしきりでした。



朝からモリモリ食べている私です。
動画の題が「おやつ」となっていますが、これは朝ごはんです。

先日松の実は、お父さんを乗せてお父さんの兄弟がいる
「中標津」に行って来ました。
この半年で松の実の従弟が一人、叔父さんが一人亡くなりました。
コロナ5類移行後もお父さんが手術だったり、入院したりで
ずーっと兄弟たちに会えなかったお父さんが寂しそうだったので、
松の実、ほんのちょっぴり優しくしてあげたようです。
被害者は私。
松の実は私を実家にポンと預けていきました。
夕方松の実が迎えてに来たのですが、
私はとっても面白くなくて、
車の中でずーっと怒りを爆発させておりました。



それでは、明日からの一週間加油!でございます。
00:05  |  その他  |  コメント(3)

2024.05.01 (Wed)

5月ですよ~

おばんです。
梅です。



釧路の桜の開花宣言はまだだと思いますが、
ご近所の桜が咲き始めました。

S_20240501210400d02.jpg

ただし、この2日間はひんやりしています。
太陽もでているし、霧も発生していないのですが、
とにかくひんやり~これが花冷えというものでしょうか?

東京出張から戻った松の実はすぐに今度は私を
実家に預けて、札幌、苫小牧の旅にでていきました。
あの3人組のおっかけとなって・・・

c.jpg

札幌は桜が満開でした。
ゴールデンウィークの初日と言っても良い日だったのに、
札幌は静かというか・・・この時期でこの程度の人波?
今回、松の実はJRで往復したのですが、
乗客の少なさに唖然としたそうです。
往復ともにひと車両に10人程度しか乗客がいない!
JR北海道、大丈夫でしょうか?

takuboku.jpg
札幌にも啄木像があることを知らなかった松の実。ちなみに釧路市民は啄木が大好き~でも啄木は釧路が好きではなかったようです。


もっと閑散としていたのが苫小牧。
数年前までは釧路市の人口は苫小牧を上回って北海道第3位の人口でしたが、
苫小牧に抜かれ、帯広に抜かれ、今は5位に転落しました。
その苫小牧、駅からまっすぐ会館に延びる道、
THE ALFEEのコンサート会場を目指す人以外、誰も歩いていません。

この光景、見覚えがある!と松の実思ったそう。
2年前の岩見沢です。同様にきれいに整備された道をただただコンサート客だけが
ぞろぞろと歩いていたのです。

b_20240501212925d44.jpg

北海道の地方都市の現状ですね。
苫小牧と釧路の大きな違いが一つ。
中心部が閑散としているのは同じでも、
釧路市中心部は廃墟となったビルが少なくとも6~7件ありますが、
苫小牧には廃墟ビルはないこと。
これは羨ましいことです。


T.jpg

苫小牧のホテルのロビーで唐突に
「2年前の岩見沢のライブにいらしていましたよね?
帰りの列車でお隣でした」と話しかけられた松の実。
弘前から親子3人で苫小牧まで追いかけてきたそうです。
でも、よく人の顔を覚えていますよね~
松の実には全く記憶がなかったそうです。

nemui.jpg
可愛く眠る私

私は相変わらずです。
先ほどは松の実に抱っこされて気持ちよく寝ていたのですが、
なにやらモゾモゾして降ろして~って言いました。
松の実は「又、ウンチかな?」と思ったようですが、
とても珍しいことにシッコでした。
部屋の隅まで行ってシーって。

やっぱりこのひんやり気温のせいでしょうか?
それとも恍惚ワンコのステップアップでしょうか?



とりあえず、まだ声をあげるエネルギーは残っているようです。
ではではゴールデンウィーク後半、お楽しみくださいませ。
21:34  |  東北海道  |  コメント(4)

2024.04.25 (Thu)

ああ、東京駅

おばんです。
梅です。



こんな風に霧が発生する日が多くなって
春になっていることを実感する釧路です。

PXL_20240412_230408178.jpg

「ふきのとう」もこんにちわ~
一年振りの再会でございます。

PXL_20240412_230412575.jpg

来年も会える可能性は極めて低いと思われますので、
しっかりご挨拶。

松の実は出張で東京に行っておりました。
私はKさんのお家でお嬢様生活を送っていました。
今回の松の実の出張は、ひがし北海道の自治体や観光団体や施設が
東京で旅行会社やメディアの方々にお集まりいただき、
今年の観光素材についての説明をするというもの。
会場は、「ステーションコンファレンス東京」

PXL_20240424_001903906_202404252058280c1.jpg

いただいた資料には「東京駅日本橋口直結」とありました。
地図を確かめると確かに東京駅のお隣。
でも、松の実は「絶対に迷う!絶対に一度ではたどり着けない!」という
絶対的自信がありました(「自信」の使い方が違うと思います)

松の実にしては珍しく前日に場所を確かめに行く慎重さ。
馬喰町から総武線で東京駅へ。
この総武線と言うのが又曲者で(松の実にとっては)、
地上にはこれでもか!というくらいにエスカレーターと階段を上っていき、
目指す改札口がどこなのかもわからない有様。

PXL_20240423_083116060.jpg

日本橋口を探すのにどのくらいの時間を費やしたのかわかりません。

PXL_20240423_083227409.jpg

やっとやっとこの表示を見つけ、一番下に目指すビルの名前を見つけたときには
へとへとになっていた松の実でした。

PXL_20240423_083342252.jpg

本当はさっさと場所を確かめて一人お買い物とお食事を楽しもうと考えていたらしいのですが、
そんな気力は消え果てて、そのまま東京駅のお土産店で会社とKさんへのお土産を買って、
今度はひたすらエスカレーターで下って下って又下って総武線のホームを目指しました。

翌朝、観光説明会当日の9時集合に松の実は余裕で間に合いましたが、
ひがし北海道の面々、なかなか集まってきません。
皆さん、東京駅まで来るのは簡単でも松の実同様、
着いてからが問題だったんですね~
会場に入るなり、「迷いました」「出口がわからなくて」や
若い方は「スマホの充電があと25%になっちゃいました~」って。
松の実はこの説明会を主催した観光団体のお偉い方に
「来年はもっと小さな駅で実施してください。
田舎者には東京駅内を歩くのは無理!」と訴えておりましたが、
そうお願いしたのは松の実だけではなかったようです。

都会の方々が迷わずに東京駅を利用できるのは当然としても
インバウンドの方々、あの駅でちゃんと自分の乗るべき列車に乗れているのは
尊敬に値するわ~とは松の実でした。

PXL_20240414_070245816.jpg

お庭のピンクの花にもご挨拶の私です。

PXL_20240419_234830162.jpg

そういえば、今週末からゴールデンウィークですか?
素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

私はまだまだこうやって椅子でジャングルジムごっこを楽しんでおります!?

21:42  |  その他  |  コメント(5)

2024.04.13 (Sat)

春はまだか

おばんです。
梅です。



3日間ほど冷たい雨が降り続き、
カッパでの散歩でした。
雨の日最終日は雪に変わるほど寒かったのですが、
その翌日から気温が上がって、
あの紫の小さな花も咲きました。

sakimasita_202404132001413eb.jpg

退院してから、衰えていくばかりのお父さん、
でも、まだまだヨロヨロになっても生きていたいお父さん、
松の実は、自分の方が先に死ぬかもしれないし、
ガールフレンドのKさんだって場合によっては先に逝くかもしれないし、
大病をしてお父さんのお世話なんかできなくなるかもしれない、
だからお父さんが一人になった時に社会に助けてもらえるように
介護認定を申請しよう!とお父さんを説得しました。
案外素直に「わかった」と言ったので、
松の実は気が変わらないうちにさっさと申請して、
先日認定の調査員?さんがいらっしゃいました。
調査員Hさんがいらっしゃるまでの1週間くらいでお父さんの
状況は良くなっていきました。
お父さん、根性出したんですね。
要介護だの、要支援だのと判定されるのがイヤで・・・
補聴器も付け始めて、調整にも足を運ぶという信じられないくらいの
回復ぶり!

調査終了後のHさんのお話では、
受け答えに少し認知が見られる
(質問への答えが少しちぐはぐーこれは松の実も常々感じていて
ポイントはそこじゃないだけどな~と思っていたので、
第3者の感想も同じだったことで松の実としては逆に安心したようです)
身体的能力は実年齢よりも15歳くらい若いと言われたそうです。

3日間


私はどうかな~
そうそう、Hさんダックスを飼ってそうで、
お家に入るなり、お父さんよりも先に寝ている私に
「あら~よく寝ているわね・・・・床ずれに気を付けてね」って
話しかけてくれました。

帰り際、お送りしなくちゃっ、と思って起き上がって
ヨロヨロと歩いて見せると、Kさん、泣かんばかりに
「偉いわね!ちゃんと歩けるなんて!」とこれまた
お父さんはそっちのけで私をほめてくれました。

aozora.jpg

結果が出るのは2か月くらい先になるそうです。
そこで松の実は不思議に思いました。
老人の2か月先って長すぎない?
下手したら、逝っちゃっているかもしれないし、
今回の調査してもらった状態より急激に悪化しているかもしれないし・・・
それを伝えると、その時は、又申請し直してくださいって。
実際、調査があった次の日に転んで、寝たきりになったと言う例が。
その場合、今回の申請を一度取り下げて、
新たに申請して調査に来ていただくそうです。
でもやっぱり結果がでるのは2か月後ではね・・・・
現実的ではないな~って感じたそうです。

hareta_20240413200142093.jpg


Hさんもおっしゃっていましたが、
今回、お父さんの場合は「自立」という判定になるかもしれない、
松の実も実際にあの時の状態ではそうなるだろうな~って思っています。
自立だったら自立でまた申請して調査員さんに来てもらうと
又、お父さんは奮起してシャキン‼するかもしれないって言ってます。

それがわかっただけで今回の申請をヨシとしよう!って。

お父さんと私、どちらが身体的に若いでしょうね~



かなりヨッタヨッタになってはいる私です。



ま~こんなものですよね。
ではでは、素敵な日曜日となりますように!
21:40  |  その他  |  コメント(6)
 | HOME |  NEXT