FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.08 (Sat)

降った、積もった、凍った

こんばんわ~

根雪になるか

茶々です~
降りました~

もともと雪の少ない釧路地方、
12月上旬にして一冬分の雪が降ったようです。

降った

これは昨日の朝。
まだまだ序の口、余裕の梅。

降った降った

昨日朝から夜の6時頃まで降り続け、
今朝の庭の様子。
梅が雪に埋もれそうです。

降った降った降った

これこそ東北海道の冬の光景です。
白い雪と青い空です。




ついこの間までこうして庭で走り回っていた梅ですが、
もしかするとこの遊びは来年の春までオアズケかもしれませんね。

雪道散歩

ここまで降ると梅も足が冷たいなんて言っていられません。
もくもくと歩きます。



さっさと歩きます。

氷の道路

昨晩、松の実、帰宅時の道路の様子です。
この冬初めてのまとまった雪、
張り切って除雪してくださって、
気温が低いまま・・・
皆(車)で、道路を磨きあげた結果、
釧路市内の道路はスケートリンクと化しています。


20:40  |  東北海道  |  コメント(11)

2018.12.02 (Sun)

12月だなんて!

こんばんわ~
茶々です。

もう12月なんですね。
松の実は、「へっ!?12月?もう今年も終わるの?」と
えらくびっくりし、そしてがっくりと肩を落としています。
又トシをとるのか!って。

トシをとって、さっさと私のところに来ることができるのであれば、
それはそれでかまわないそうです。
でも、年々衰えていく体力と知力で仕事をしなければならないこと、
或いはトシとってから延々と生き続けなければいけないかもしれない・・・
と考えると憂鬱だそうです。

がのぼる朝日

先日、松の実は、もう年内の出張も終わったし、
奇跡的に無事にリセットも終了したし、と、
市内で一泊観光客気分で一人お疲れ様会をやっていました。
海外の方に人気だと言うホテルからの眺めです。

otsukaresamakai

お世話になっている女将のところで一人お疲れ様会。

お疲れ様会

一人で女将のところに行くと、
このお通しだけでお腹がいっぱいになってしまい、
女将のあれも食べろ~これも食べろ~に応えられないのがつらいところだとか。

まだありますよね

その点、いつも食べる気満々、いつも飢えているような梅は、
今日も、自分のご飯を食べた後にお父さんと松の実の食卓を確認します。

yojinoboru_2018120222464638b.jpg

ご飯粒ついています

白いご飯をもらっては、鼻にご飯粒つけてとぼけている梅です。

寒い日が続く釧路。
もちろんストーブはほぼ一日ON状態。
この季節、これからの季節、ひたすら「乾燥」との闘い!?です。

DSC_2411_20181202225009553.jpg

松の実も乾燥で手足はガサガサ~
顔はシワシワ~
(乾燥じゃなくてもシワシワだと思いますが)

梅も唇が・・・・閉まりません。

最後は、梅の一番幸せな時間の動画です。



ちなみに、松の実、2週間後は一人忘年会だぞ~っと
今から楽しみにしているようです。

明日から又新しい1週間ですね・・・
そしてあっという間に、「今年もお世話になりました」を申し上げる日が
やってくるのでしょうか?
23:11  |  その他  |  コメント(14)

2018.11.25 (Sun)

雪が降りました

こんばんわ~
茶々です~

やっと釧路にも雪が降りました。

冬も雪も好きだった

松の実のタイヤ交換もギリギリ間に合ったようです。

雪の花

松の実の好きな雪の花。

雪、冷たい


もう立派なお年寄りの梅は、少々雪に困惑気味。

冷たいけど

足が冷たいと文句を言いつつ、
シッコしなくてはいけないので、
渋々、でも、早く終わらせたいので早足で散歩を済ませます。

寒くないですか

松の実は、雪が大好きなので、
梅となるべく長く散歩しながら、、
雪景色を楽しみたい。
二人の散歩はあまり息が合っていません。



いつもはお散歩から帰るとこんな風に、
猫の額の庭を駆け回って遊ぶのですが、
雪の降った朝は、固まっていました。

さ、寒い

残念ながら、今は雨が降っています。
せっかく降った雪も完全に溶けてしまうでしょう。
明朝出勤時、この雨が凍っていないことをひたすら祈る松の実です。



23:09  |  東北海道  |  コメント(11)

2018.11.18 (Sun)

ご報告

こんばんわ~
茶々です。

毎朝マイナス気温の釧路です。

道央や道南では初雪が降ったそうですが、こちらはまだです。
タイヤ交換を済ませていない松の実は、
大好きな雪ですが、後一週間降るのを待って~と叫んでいます。

松の実の台湾出張も無事に終了しました。
梅はいつもどおりKさん宅でお嬢様生活を満喫しました。

お嬢様生活

梅のお嬢様生活その1.
我が家の梅のベッドよりはるかに大きくてフカフカのマットで寛ぎます。

お嬢様生活2

梅のお嬢様生活その2.
松の実の某ショッピングセンター産のお安い布団と違って、
高級羽毛布団に包まれて寝る梅。
あまりにも気持ちよくて、
朝、Kさんが起きた後もスヤスヤし続ける梅です。

台湾ごはん

恒例?
松の実の台湾ご飯。
今回は高雄でお食事会があったのでシーフードが多かったようです。
左上のしじみのニンニクしょうゆ漬けは台湾ではよく見かけますが、
これは生なんです。
正真正銘の「生」。
食べ慣れない方、体調の良くない方が食べると、
かなりの方がお腹キュルキュル~となります。
もちろん松の実はいただきません。
エビも美味しいのは承知してしますが、
剥くのが面倒なので食べません。

心より愛するのは、右下の温かい豆花です。
落花生をやわらかく煮込んだトッピングが絶妙です。


あのワンコ・・・

あのわんこ

探すつもりはなかったのですが、
いつものホテル、いつものコンビニ、いつもの朝食場所、
通り道なのです。

鈍い松の実が珍しく「もう最後かも」と感じたとおり、
やはりあのワンコはいませんでした。
いつもの場所は、ワンコためのものはきれいに片付けられていました。

コメントいただいたように、
誰に追い払われることもなく、
いつものようにかわいがってくれる人の
仕事ぶりを眺めながら、
あのワンコの職場のようなあの場所で
天寿を全うしたのだと思います。

新入り

あのワンコの場所から2mほど離れた場所にいたのが、
このワンコです。
色が少し黒いだけでよく似ています。
まだ毎日出勤しているわけではないようですが、
あのワンコと同じような存在になるのでしょう。
あの周囲のどなたかが見つけてきたのでしょうか?
それともどこからともなく自らやってきたのでしょうか?

DSC_2399.jpg

この梅、いったい何にそんなにびっくりしているのでしょうか?
一週間ぶりに見た松の実の老け具合に愕然としているかのようでもあります。

最後は一度松の実が撮ってみたいと思っていた動画に
お付き合いください。
長いです。



台北松山空港からの離陸です。

新しい一週間です。
23:18  |  その他  |  コメント(10)

2018.11.06 (Tue)

年明けのはずが・・・

こんばんわ~
茶々です。

松の実は無事5泊6日の大陸中国の出張を終えました。

上海の夜景!

DSC_2146.jpg

なんでも松の実達が上海に行っていた3日後だかに
習近平さんが上海に来るということで、
汚染されている空気で迎えるわけにはいかない!っと、、
スモッグ(って今も言いますか?)が発生していない空気の下、
夜景がシャープで、美しかったそうです。

深圳のライトアップ。



市政何十周年だかを記念して、市民広場の周りのビルのライトアップだそうです。

DSC_2201.jpg

きっとemihanaさんには懐かしい?広州のテレビ塔。

昼間は車で旅行会社から旅行会社へと、
車窓から流れていく風景をながめるばかり。
夕食後のひと時だけが、窓枠のない景色を楽しめる時間だったそうです。

もちろん、夜景だけを楽しんだわけではなく、

DSC_2124.jpg

こんなものを食べたり~
上海名物「豚の角煮」

DSC_2128.jpg

6年の台北生活でもついに口にすることのなかった
こんなものを、何の抵抗もなく咀嚼したり~
ニワトリさんの足、と言っても爪付きのあの部分です。
たしか中国では「凰爪」と見かけとはかけ離れた立派な名前だったはず。
日本でも「もみじ」なんて言う随分と可愛い名前が付いているんですね。

DSC_2170.jpg

松の実の大好きな、ハマっていると言っても良いくらいの
レンコンにもち米を詰めて蒸してやや甘く味付けしたもの。
「糯米藕」という名前だとemihanaさんが教えてくださいました。
上海と深圳で口することができた松の実、
一緒に行った仕事仲間も、
お食事をご馳走してくださった旅行会社の方もびっくりするくらいに、
このもち米レンコンを食べ続けた松の実。
呆れた旅行会社の社長が、「松の実シャオチェ、次に北海道に行くときは
レンコン一本お土産に持って行ってあげるからね!」っておっしゃったそうです。
「違う!違う!レンコンが好きなのではなく、この糯米藕が好きなの!」と
言いたかった松の実でした。

松の実のいない間、いつものようにKさん宅で
お嬢様生活を満喫していた梅。

松の実が帰ってきて最初にもらった昼食をスゴイ勢いで食べたと思ったら、
2時間後にゲロゲロ~としました。

それから4食、全部、食べてから2時間後にゲロゲロ~
病院です。

DSC_2225.jpg


本当は年明けに行くはずだった病院。
随分と早い年明けとなってしまいました。
先生も、「この間血液検査したばかりだけど、する?」と
ちょっと気の毒そうにおっしゃっる。
もちろん、検査していただきました。
やっぱりね・・・・肝臓が何ともなかっただけ儲けもん。
膵臓の値が、リパーゼなんて測定不可まで上がっています。

S先生はそうはおっしゃらないのですが、
こうなると、梅の膵臓、もはや慢性の膵炎と言ってよいのではないでしょうか?

DSC_2213.jpg

吐いても吐いても、食欲だけはある梅。

DSC_2215.jpg

いつものように美味しそうに食べます。

DSC_2219.jpg

量が足りないと文句も言います。

そしてこれまたいつものように、
白いご飯を寄こせと、脅します、凄みます。



病院での注射と半日の絶食と薬のおかげで、
昨日と今日は吐いていない梅です。

出張から帰ってきた松の実、
「Kさん宅でゲロゲロ~とならなくてよかった」と
「梅、Good Job!」と梅を褒めました。

明後日から又出張の松の実、
「Kさん宅でゲロゲロしませんように」と
祈っています。

もし、札幌のこた母さんが今日の日記を読んでくださったら、
「大陸中国?中国料理?興味ありません。ちゃんと梅の様子を見せて!看病して!」
っておっしゃるでしょうね~
21:31  |  小梅  |  コメント(11)
 | HOME |  NEXT