FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.01.18 (Sun)

私の実家について

茶々です。
16年前この家に来たばかりの私です。
サークルに入っていますが、このサークルは1週間でお役目終了と
なりました
お母さんの「この家で一緒に暮らす生き物を檻に閉じ込めるなんて!」の
一言で私はフリーとなりました。
  
    茶々 2ヶ月半


私がこの家にくる2年ほど前から、お父さんの定年退職にあわせて
両親と住むことを決めた松の実は長年の夢であった“ワンコと暮らす”を
実現するために毎日毎日ワンコのことを考えていました。
その頃、勤務先途中にあったペットショップ(というか犬屋さんという雰囲気)で、
ある日、松の実は、中型、立った耳、やさしい顔、明るい茶色、まさしく夢見た
「犬・イヌ・いぬ~」というワンコに出会いました。

お店の奥様らしい方に、「犬がほしいのですが、あの犬を」と伝えたところ、
「あれはウチの犬です。売れません。犬がほしいのなら保健所に行って
ください。かわいそうなワンコがたくさんいます」と、素っ気ないを通り越して
冷たい反応に泣きそうになった松の実ですが、それから毎日のように
そのお店を通るたび、理想のワンコに愛想を振りまき、お店の方に挨拶を
し続けること約1年、あの奥様から「今度アカ(理想のワンコの名前)の子供
をとるのでその子でよければお譲りしますよ」と言っていただいたのです。
もちろん嬉しくて、すぐにお願いした松の実です。
そうしてアカから生まれたのが私です。
3人兄弟の末っ子で生まれて、私が一番アカお母さんに似ていたので松の実の
ところに来ました。

私の実家のお店はワンコのことをとても大事にしていて、見ず知らずの客、
きちんと飼ってくれるという確信を持てない客にはワンコを売りません。
(お店には、売りそこなってしまったワンコや売らなかったワンコがたくさん!)

「具合が悪くなったら、夜中でもよいので電話をください」「柴犬とはいえ、
東北海道は寒いので、できればお家の中で飼ってあげてください」等、
たくさんのワンコのためのアドバイスや注意事項とともに私は松の実
に引き取られました。
ワンコと暮らすの初めてという松の実に不安いっぱいの奥様だったのでしょう。

保健所で処分されてしまうワンコ・ニャンコの問題とともに「命」を売買する
場であるペットショップの是非も問題となりますが、私の実家のようなお店も
あることを知っていただきたいと思いました。

今もシャンプーでは実家に帰ります。アカお母さんは3年前15歳で虹の橋を
渡ってしまったので会えませんが、ご主人、奥様、お嬢さんが私を歓迎
してくれます。


   おすまし

自由を謳歌し我がもの顔で座布団を使いおすまし顔の私です

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ





17:39  |  茶々のこと  |  コメント(2)

Comment

メールありがとうございました。
茶々ちゃん、はじめまして^^
ちびこい茶々ちゃん、すっごくかわいいですね!
今も面影がありますね~。
心臓や腎臓が心配ですけど、体の肉付きがいいし
若く見えますね。
茶々ちゃん、一緒にガンバローね!
リンク、こちらのほうこそよろしくお願いします。
当方もリンク貼らせてくださいね~♪
今後ともよろしくお願いします^^
みどりん |  2009.01.19(月) 03:35 | URL |  【編集】

みどりんさんへ

みどりんさん、ありがとうございます。
若く見えるとおっしゃっていただけると
とても嬉しいです。
体重はやっぱり落ちてきています。
でも何故かお医者さんは増加より
良いよ、とおっしゃるのですが、痩せると
体力も落ちていきそうで不安になります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
松の実 |  2009.01.19(月) 21:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |