2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.02.16 (Thu)

茶々がいたら

こんばんわ。
気持ちの悪いくらい温かい夜です。
明日の最低気温は5度、最高気温は6度だそうです。
プラスです。マイナスではありません。

先日、ぶうたさんのつまさんが、
「あー犬がいて良かった」とわんこと暮らす幸せを噛みしめた日記をアップされていました。
私、羨ましすぎて、コメントも残せませんでした。

私は茶々としか暮らした経験がないので、
「わんこ」がというより「茶々」がいたら良いのに!!!といまだにありとあらゆる場面で思います。

茶々がいたら3

スーパーに行ってペットシートが安売りされていると、
茶々がいたら買ってあげるのにと思い、
見たことのないわんこおやつが目に入ってしまったら、
茶々がいたら、食べさせてあげるのに、と思います。

茶々がいたら4

美味しいケーキやあんこを食べると、
茶々がいたら、茶々にも分けてあげるのに、と思い、
父のために奮発して上等の牛肉を使ったすき焼きを食べると、
これ見よがしに茶々に自慢しながら食べるのに、と思います。

茶々がいたら1

屋根からドドドーっと雪が落ちる音を聞けば、
震える茶々をぎゅっと抱っこしてあげるのに、
雷がなれば、茶々のリクエストのまま立って抱っこして
ゆらゆらしてあげるのに。

茶々がいたら2

楽しく散歩をしている飼い主さんとわんこさんを見ると、
私だって茶々がいたら、同じようにウキウキと散歩できるのに。
いかにもおバカっぽいわんこに飼い主さんが手を焼いているのを見ると、
茶々がいたら、あの横を通ってわんこの神童茶々をみせびらかすのに。

茶々がいたら6

寒い冬は茶々を抱きしめてぬくぬくして幸せを噛みしめ、
ひと夏に1夜か2夜ある、暑い夜には、暑苦しい茶々を「茶々も暑いでしょ?茶々はこっち」と
ベッドから追い出し、ひと時の広いベッドを満喫できたのに。
(茶々は何故か暑くてもベッドで寝るものだと思っていたのか、
ベッドに上げろ~と主張しましたので、事実広いベッドはひと時でした)

茶々がいたら5

「行ってくるね、待っててね」となでなでしつつ、出かけ、
帰っては「茶々、ただいま~待っててくれたの~」となでなでしながら言う幸せがありました。
父には待っててねとは言いません。

家に帰る楽しみがありました。

茶々がいた時のほうが、旅行先でも茶々の待つ家に帰らなきゃ、
と思うことで短い旅行そのものを楽しんでいました。

今は旅行し放題ですが、正直なところ家に帰る楽しみがありません。
短い旅行でも、このまま帰らないでも良いんじゃ?と
糸の切れた凧になっても良いかな?と一瞬、ほんの一瞬ですが思います。
旅行もなんだか現実逃避の手段にしかなっていないように感じることもあります。

茶々がいたら7

今のところ茶々が最初で最後のわんことなっていますが、
本当にわんこと暮らすのって温かく、心強く、安らかで、愉快で、
刺激的で、優しくそして優しくなれて、幸せです。


22:10  |  茶々のこと  |  コメント(13)

2016.09.27 (Tue)

きつねとたぬき

こんばんわ~
茶々です~

前回の日記でご紹介したように、
釧路では、こんなふうに秋の象徴「ななかまど」が赤くなっている横で・・・・



桜が狂い咲いています。

DSC_2549.jpg

可愛そうな桜さん~
季節を間違ってしまったのですね。

夏の間は、我が家が撒く「鳥のエサ」には目もくれなかったスズメさんたちが
3週間ほど前から急に来るようになり、
いつものように「早く、ごはんを撒いてくださいな、ジュンジュン」と
庭から松の実たちにプレッシャーをかけています。

1週間前から

秋は、自然界にたくさん餌があると思っていたのですが、
そうでもないのでしょうか?
スズメさんたち、これから又来年の夏まで、
我が家の庭のエサ場をあてにするのでしょうか?

ウチの松の実がたった3日間の夏休みでしたが、
めいっぱい大阪を楽しんできたようです。

伊丹空港で大阪最後の食事は「おうどん~」と、
「きつねうどん」を注文した松の実。
お昼時で混んでいたので、相席となり、
その女性が「たぬきそばをお願いします」と注文しました。

20090804210716075_20160927000518ff7.jpg

おもわず耳がダンボになった松の実、
「えっ?関西にも”タヌキ”って存在していたの?」とびっくりするとともに、
その女性の前にどんなお蕎麦運ばれてくるのかとても楽しみだったそうです。
運ばれてきたのは、「きつね蕎麦」でした。
北海道では、あの揚げが乗っているものは、蕎麦もうどんも「きつね」であり、
「たぬき」は蕎麦もうどんも天かすがドバ~ッと乗っているものを指します。
どなたからか、関西では天かす?揚げ玉?は通常テーブルに置かれて
自由に自分の蕎麦やらうどんに乗せて良いシステムとなっているため、
「たぬき」は存在しないと教えてもらった記憶があったのです。
なのになのに、たぬき蕎麦!がメニューにあり、
それはきつね蕎麦だった・・・!
松の実の頭の中に?マークがいっぱい飛んだそうで、
自分のきつねうどんの味がわからなくなるほどだったとか。

だいたい、きつねさんはお揚げが大好きという言われから、
お揚げが乗っているのを「きつねうどん(蕎麦)」と言うのでは?
蕎麦に揚げが乗っていて何故にたぬき?
たぬきさんも実はお揚げが好きだから、関西では、
うどんはきつねさんの名を入れて上げよう、
蕎麦はたぬきさんにしよう、とでもしたのか?と松の実は考えています。

watashino_20160927000901131.jpg

私のおうどんはきつねでもたぬきでもなく
あえて言うなら「かしわ」でした~

[広告] VPS


うどん、食べるの上手だったんです。
この日記を始めた頃にアップした動画、
ちゃんとご覧いただけるでしょうか?



00:43  |  茶々のこと  |  コメント(7)

2016.09.08 (Thu)

じわじわと

こんばんわ~
今晩も茶々です。

saboruna.jpg

すっかりさぼり癖のついたウチの松の実です。

松の実の恐怖の3日間、「釧路大漁どんぱく」も無事に終了しました。



北海道唯一の三尺玉は上が霧で隠れてしまいましたが、
イベント前一週間の天候を思えば、
花火大会を予定通り実施できたのは、
奇跡に近いように思います。

それにしても、この3週間ほどの東北海道は台風による大雨と強風の後に、
たった一日の高温と晴天、そして又台風と前線の影響と温帯低気圧による大雨と・・・
とその繰り返しです。

夕焼け
台風と台風の間のいつかの夕焼けだそうです。

札幌ー釧路間のJRが運休したままですので、
どんぱくの来場者数も2万人ほど減ったそうです。

イベントの来場者が減ってしまったことよりも
もっと大きな問題がじわじわと東北海道に押し寄せてきているようです。

むけげ満開
我が家の庭がむくげが満開

今日はどんぱくの代休で休日だった松の実、
いつものように某〇ーカドーに買い物に行って、
「卵、、、玉子。。。」と卵コーナーに。
このスーパーの卵はどこのスーパーよりも新鮮なのです。
なのに、なのに、いつものブランドの卵がありません。
台風の影響により〇〇ファームは稼働していないそうなのです。
鶏さんたち大丈夫でしょうか?

お知り合いのレストランのシェフによると、
予約はキャンセルの嵐、
販売用のスイーツも作った後で輸送できないなどの理由で
キャンセルになったりと、創業以来の危機と言ってよいほどだそうです。

阿寒湖畔を含む釧路市内のホテルでは、
これから先の団体旅行などのキャンセルが相次いでいるようです。
「行ってもろくに観光できないから」
「なんだか、危なそう~」等と思われているようです。

台風による直接の被害は極めて少ない東北海道ですが、
このような形でじわりじわりと、
私たちの生活に影響をおよぼすのですね・・・・
台風の恐ろしさを改めて実感している松の実です。

遊びに来てね

東北海道、札幌方面から釧路方面に来るのは、
飛行機、都市間バスをご利用いただければ、
問題なくお越しいただけます。
東北海道に来ていただければ、
この地域での観光はほんの一部を除いては、
いつも通りの観光をお楽しみいただけますので、
どうぞお越しくださいませ~


saborunaaa.jpg

松の実が台風の影響で鬱鬱としているのはわかったけど、
いい加減自分で書くように!

皆さま、楽しい週末になりますように。
21:59  |  茶々のこと  |  コメント(14)

2016.08.29 (Mon)

台風、台風、そして台風

こんばんわ~
茶々です。

湿度が


こんな格好で失礼いたします。

北海道には梅雨と台風はなかったはずなのに、

今年はどうしたことか、台風、台風、又台風。

しかも暑い!ジメジメ~~~

もうどこに行っても羽の生えた私には、

フワフワ~ヒョイヒョイのはずなのに、

今年の東北海道では体が重いのなんのって。


東北海道の夏はいずこ


ああ、あの涼しい(寒い)東北海道の夏はどこに行ってしまったのでしょう?

それにしても台風というのは、恐ろしいのですね。

釧路市は広大な釧路湿原が背後にあってスポンジの役目をはたしてくれるので、

鉄砲水状態にはなりませんが、さすがにこの台風のトリプルパンチに

長引く雨で、釧路湿原の東側の道路が冠水して、

有名な展望台に行けないという状況が続きました。

そして、ここを通る鉄と鉄子の憧れの「釧網本線」も運休が続いています。

吹雪に慣れている東北海道の人々と地形。

雪がいくら降っても春の雪解けは「徐々に」ですから、

土砂崩れなんておきないのに、雨だと直接土に入っていくからでしょうか?

降る雨の量に耐えかねて土砂崩れも起きているようです。



今度の週末は松の実が一年で一番苦手な3日間です。

そうです、「釧路大漁どんぱく」なのです。

現実逃避が得意な松の実、

7月の台湾メディア招へい事業は、後半の天気が悪くて残念だった、

緊張した、クジラが見えず残念だった、時間が足りなかった、

お金も足りなかった・・・でも楽しかった、と思い出に浸っております。


霧の摩周湖


うっすらと霧のかかる摩周湖です。


我愛的台湾4個人


そして10分後、松の実の愛しの台湾メディア4名の後ろの摩周湖は真っ白。

(3月の名古屋をご一緒したDさんTさんKさんもいます。

左端は、Gさん、お若いのですがとてもしっかり者)


初めて彼らが摩周湖に来た時は、秋晴れの摩周湖、

その時、松の実は昔の摩周湖で言われていた言葉を

半分冗談半分本気で教えました。

「摩周湖が霧で見えなかったら、男性は昇進・昇格が近く、

女性は結婚が近いと昔はいわれていたのよ。」と。

「で、もちろん、私は子供のころから今の今まで、

霧で摩周湖が見えなかったということはないの。

今日、皆さんがこの美しい湖面を見られたのは

もしかすると私のおかげかもしれません」と、

からかったのですが、Dさんがこの話をいたく気に入り、本にまで書いちゃった!


松の実のおかげ


タイトルに「神の湖を見ることができたこの幸せは、

松の実小姐(シャオチェ)が独身を守ってくれたことにあった」と

書いてくれたのです。

その後、冬の摩周湖で美しい湖面を見てもDさんは松の実に

「申し訳ない~今日もきれいな湖面を見せてもらった。次は

霧の摩周湖を是非見せてください、gu・・ワッハッハッハ」と

言い放ちました。


実は、数年前にNHKで摩周湖に流れ込む霧を紹介したことがあるのです。

太平洋から海霧が沸き上がり、地上で一度消えかかり、釧路湿原上空でまた

霧を形成して、摩周湖に滝霧となって流れ込むという、とても幻想的に

霧を紹介してからというもの、霧の滝を見たい!という方がとても多いそうなんです。

松の実も、「嫁に行きたい」わけではなく、この滝霧はぜひとも見てみたいと

思っていました。


そして今年7月。

ライブカメラで確認しても摩周湖は白い・・・

松の実台湾メディアに聞きました。

「今年は摩周湖、ちょっとダメかも。でも、NHKで紹介されて以来、

この霧をわざわざ期待してくる人が大勢なのよ。見に行く?」と。

こともあろうにDさんは、

「もちろん!松の実小姐の幸せを見届けるため見に行くに決まっている」。


松の実の念願叶い、滝霧を見ることができました。

カメラワークが悪く、はっきりとわからないかもしれませんが、

一応動画で撮ってみました。

4倍速に編集しています。



こちらは第一展望台から流れ込んだ滝霧が

押し出されるように第3展望台付近からこぼれ流れていく状況です。

こちらは編集していないスピードです。



台湾メディアにはこの吹きこぼれる霧のほうが

迫力があったらしく受けが良かったそうです。


Dさんも、やっと霧の摩周湖を見ることができて

満足だったようで、さっそく台湾のテレビでこのときの様子を

紹介してくださったそうです。

ただし、Kさん曰く、台湾の多くの人にとっては

やっぱりバッチリ摩周ブルーが見えなきゃね~

と言うことでした。


もはや東北海道ではない


台風10号って、今どこなのでしょう?

釧路は今日も雨です。


我が家の除湿器が活躍しています。

私はあまりにも体が重たくて、

ビューンとあちらに帰ることができるか不安なくらいです。


皆さまもいつか摩周ブルーでも滝霧でも、

見に来てくださいませ~












22:26  |  茶々のこと  |  コメント(15)

2015.11.03 (Tue)

文化の日

こんばんわ~
今日も茶々です。
11月になりましたね。
あと2月で今年もオシマイだなんて、早いものです。
あちらの世界は、皆年も取らず、それぞれが一番輝いていた頃のままですが、
こちらにいらっしゃる方々は、なんたって「今日が一番若い」
明日はもう今日よりお年寄り~なんですから、
一年は過ぎれば体力、知力、気力、がっくりと衰えを感じることでしょう。
松の実ももちろん、一年経ったことを、
アルコールを止め、運動増やし、食事も制限している中
体重計が示す数値が全く変化しないことで感じているそうです。
1年年とった分、新陳代謝が衰えているんですね。
明後日からバンコクへ出張の彼女、
すっかりあきらめモードの今年のリセットです。

11月にもなるとこちらは晩秋も晩、晩秋です。
お庭も冬に向かっています。

晩秋

惰庵さんの画像によると、
関西は、まるで初秋のようです。
木々の葉っぱはこれから紅葉の盛を迎えるらしく、緑の葉っぱがいっぱいです。

こちらは常緑樹以外はほぼ葉っぱが落ちてしまいました。
バレエのお稽古場近くの公園もほぼ裸ん坊です。

そしてこれから根雪になるまで寒くて暗い日々が続きます。
松の実が早く根雪にならないかな~と願い続ける毎日なのです。

晩秋2

今日もりょう君です。
前回は全く無視された松の実でしたが、
先日は、りょう君のご機嫌麗しく、松の実が呼ぶとトットットーと近づいて
チュッとしてくれたそうです。

kocchimo.jpg

おまけに、ナデナデし放題だったそうで、松の実、もう少しでバレエのお稽古に
遅れるところでした。
無視される時のりょう君と甘えん坊全開のりょう君、
差が激しいようです。

gao~~~

あくびも披露してくれました。
松の実のナデ方が下手くそで、あくびがでちゃったのでは?と
思う私です。

番犬です

りょう君がたくさんお家(わんこ小屋)を持っているのは前回ご紹介しました。
りょう君、自分のお家の中に入っていることが多いので、
お家が好きなんだろうな~と思っていた松の実ですが、
飼い主さんとお話して判明したのは、
なんとりょう君、買ってもらうお家がことごとく気に入らないそうなんです。
それで、飼い主さんが、せっせと、これはどう?今度のはどう?と
市販のものを買ったり、大工さんにオーダーメイドで作っていただいたりで
これまで4つのお家を用意したそうです。

ひゃ~4つですよ。
しかもオーダーメイドのものなどははっきり言って、
我が家の壁よりも頑丈そうな素材でできているんです。
1280円のタライを12年間使い続けた私には考えられない贅沢です。

晩秋でした

さてさて、松の実は出張に行くし、私の出番も1週間はありませんので、
あちらに帰ります。
そうそう、私の一番輝いていた時代っていつ頃でしょうね~
お母さんと昼間にゆっくり散歩して、夕方はおとうさんと3kmほどの散歩を楽しみ、
夜は松の実にかくれんぼの相手をさせていた頃でしょうか?
お母さんがいなくなり、松の実とお父さんと仲を取り持っていた頃も
健気で柴女子力を発揮していたと思うし。
更に言うならば、松の実を下僕としてすべての世話をさせていた恍惚時代も
なかなかのものだったと思うんですけど。
あちらでの私、いつごろの私でしょう?
お友達わんこはいつ頃のお友達なんでしょう?
21:26  |  茶々のこと  |  コメント(12)
 | HOME |  NEXT