FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.05.01 (Wed)

5月1日 

お晩です~
梅です!

つながれていることを忘れて

松の実が「梅、おいで」と私のこと呼ぶものですから、
いつものように走って行ってあげましたら、
紐に引っ張られてガクンとなってしまいました。

騙したわね

つながれている時に走り寄って行ってはいけないんですね。
松の実は「梅って本当に間抜けなんだね」と言いますが、
ひどい言い草だとおもいませんか?

ここはしっかり怒りを爆発させた私です。

tsunaguna.jpg

なんでも世の中は昨日が「平成」最後の日で、
今日は「令和」最初の日だったとか?

ワンコの世界に元号は関係しませんが、
令和の時代、人の世も平和が続くことを祈っていますが、
ワンコ、にゃんこをはじめとする人以外の命も尊重され
平和でありますように!

早く

おそらく、昨日、今日がピークと思われる、
この元号のお祭り騒ぎ、松の実は少々うんざりしつつも、
前回の昭和から平成への、
「自粛」の嵐から比べるとずーっとマシ!と言っています。
どんちゃん騒ぎでも、多くの人が前時代への感謝とこれからの時代への
前向きな思いを抱いているのは単純に良いことだと思うそうです。

と言いながら、松の実は、前回昭和から平成は台湾にいたので、
記憶は鮮明ではないという、なんともいい加減な話です。

昨晩は松の実の台湾のお友達が、
「平成最後の日だから、飲まなきゃ!」とお酒を飲んでました。
きっと彼女たち、「今日は令和最初の日だから、やっぱり飲まなきゃ!乾杯!」って
していることでしょう。

sakimasita.jpg

お庭に春が来たことを告げる花です。

クロッカスみっけ

お散歩でクロッカスを見つけました。

最後はemihanaさんに可愛いと言っていただきたく、
水を飲む私です。
相変わらず水を飲んだ後が汚い私です。



ではでは、連休はまだまだ続くよ~の方、
Have a wonderful holiday でございます。

松の実は、明日から少しお仕事だそうです。
20:24  |  その他  |  コメント(5)

2019.04.15 (Mon)

「考えてございます」「させていただきます」「考えてございません」

お晩です~
梅です。




少しずつ、でも確実に東北海道にも春がやってきています。



お庭にスミレが一つだけ咲きました。

matsu_201904142318167f1.jpg

今日のタイトル、なんじゃコリャ?ですよね?
4月になり、松の実はアチコチでいろいろな方のご挨拶などを聞く機会が多いそうです。
で、いわゆるちょっとエライ方々、
タイトルの言葉遣いのオンパレード。
そして、知事選、北海道議選、さらに今日からは釧路市議選も始まり、
マイクを握って支持を訴える方々も
この言葉を乱用されているようです。

水飲み

「~だと考えています」を丁寧に言いたいのなら、
「います」の謙譲語「おります」を使えば良いのでは?
だいたい「ございます」の「ご」「ざ」という音が続くのって
耳障りではありませんか?
この「考えてございます」「思ってございません」等、
釧路の役所の一部が好んで使っているのだと思っていたら
国会の答弁でも頻繁につかわれているようですね。

なんでもかんでも「ございます」にして
丁寧に話した気になるな!と松の実は吠えています。

tetsugakusha.jpg

「~させていただく」は2重敬語なはず・・・
でも、元総理大臣がこの言葉を頻繁に使って
すっかりお役所の方々に定着したようですね。
「~いたします」だけでは物足りないらしく、
部下にも「させていただく」と言いなさい、書きなさいと
指導する方もいるよう・・・・

言葉は変わっていくものだと思うけど、
これらの変化には納得のいかない松の実です。

kunou.jpg

ちなみに松の実は、せっかく「漢字」という素晴らしい文字があるのに、
「ひらがな」を多用する今時の風潮も嫌いだそうです。
候補者が大した難しい読み方でもないのに、
苗字や名前をひらがなにしているのをみると、
有権者をバカにしているのか?とさえ思うそうです・・・・



松の実の代わりに私が正しい犬の吠え方を
お見せいたしました。

では、一週間がんばりましょう、と
松の実が申しています。


00:40  |  その他  |  コメント(11)

2019.03.17 (Sun)

春になるための雪




お晩です~
梅ですよ~

DSC_3623[1]

一時、我が家の猫の額のお庭はこのくらい春仕様となりました。

でもでも、3月中旬、まだまだ本物の春はやってきません。
この一週間、3度ほどまとまった雪が降って、
お庭は真冬よりも厚い雪で覆われました。

DSC_3651[1]

でも、これは冬に逆戻りではありません。
春になるための雪です。

DSC_3091[1]

お散歩もこんな感じ。



DSC_3672[1]

松の実の好きな雪の花。
最後の雪の花となるでしょうか?
気温が高いので、雪の花はあっという間に消えて、
散歩道はすぐにビチャビチャになり、
お腹が真っ黒になります。

DSC_3668[1]

冬が好きな松の実は、いろんな意味で寂しさを感じるそうです。
冬が終わっていくのが寂しい。
でも、梅だ~桜だ~と浮かれている本州のニュースを見聞きすると、
置いてけぼりをくったような気にもなって
やっぱり寂しいそうです。

DSC_3616[1]

私は夏でも冬でも、お腹いっぱいご飯をもらえて、
屋根から変な音がしなければそれで満足です。

松の実一人でお酒飲みつつ、何か食べているので、
テーブルの下からアピールしてみたのですが、
何ももらえませんでした。

これはある日の私。
私のご飯が用意されているのに、
まだ時間じゃないからと、もらえずにいることに
怒っています。



もうすぐお彼岸なんですね~
ぼた餅、食べなきゃ!
20:09  |  その他  |  コメント(15)

2019.02.27 (Wed)

半分凍って半分溶けて

お晩です。
梅ですよ~

umedesu3.jpg

さて、松の実が「晴れて、冷えて、凍って」と念じた、
台湾のメディアの皆様をお連れしての道東5泊の旅はいかに?

結果はタイトル通り、半分は凍り付いた美しさをお見せすることができたけど、
半分は3月中旬の陽気で思うような画像を撮っていただくことができなかったそうです。

tanuki.jpg

冬のカヌー体験は、残念ながら温かくて期待の樹氷も見えなかったけど、
エゾタヌキ、オオワシ、アカゲラ、エゾシカなどの野生動物と遭遇でき、
台湾メディアはにんまり~
松の実もにんまり~
特にエゾタヌキはそうそうみられるものではなく、
ガイドさんもびっくり~

松の実が楽しかったのはこちら。
カヌーの後のウォーキング。
湿原を一望できるポイントまで登り、
帰りは固まった雪でのお遊びです。

hokkaido.jpg

ガイドさんが北海道をくり抜いて、
台湾メディアに持たせてくださいました。
松の実も自分でハートをくり抜いて遊んでいました。
この遊び、雪があるとできる、というものではないのです。
札幌のようにほぼ毎日雪が降る所では、
雪の表面が凍る暇もなく、また温かいので
くり抜けるほど雪が固くなりません。
釧路のように雪が降った後、しばらく晴天がつづき、
表面が溶けては凍るを繰り返して固い雪のできあがりとなります。

yuuhi.jpg

釧路の夕陽は、「夕陽クルーズ シークレイン」から見ていただきました。
クルーズを終えて帰ってくると、夜になる前の一瞬の光景を楽しめました。

otowabashi_20190226232637571.jpg
音羽橋の日の出前、日の出の頃、日の出後です。
松の実のスマホ撮影なので、タンチョウはわかりませんね・・・・



松の実はできることなら避けたかった朝5時出発の鶴居村は音羽橋の撮影。
台湾メディアさんにも、朝5時出発ですよ。
それでももう良い撮影スポットはもうない可能性が高いですよ。
タンチョウはいたとしてもとても遠くて、バズーカのようなレンズが必要ですよ。と
言っても「絶対にトライしたい!」と言われての撮影でした。

結果的に彼らは大満足だったようで、
ツアー終了後、一番良かった場所としてこの音羽橋を挙げていました。
音羽橋、眠っているタンチョウをカメラに収めることができるスポットとして
有名なのです。

DSC_3437_20190226232639884.jpg

楽しみにしていた早朝摩周湖の樹氷ツアーはどこもかしこも真っ白!
全面結氷した摩周湖の上に雪が積もり真っ白。
樹氷で真っ白。
雪降りで空も真っ白。
松の実は真っ白の中に自分がふわふわと浮いているようで
風情があると思いましたが、
すっきり晴れた青空と白く輝く樹氷に覆われた摩周ブルーの摩周湖を
撮りたかった台湾メディアの面々は、
摩周湖には目もくれず、エゾシカと雪の結晶を撮って遊んでいたそうです。

ryuuhyou_20190226232636e08.jpg

網走の流氷はバッチリ!
なんと運の良いことに、前日は風で遠く沖まで流され流氷が
戻ってきてくれたそうです。
そしてまた、翌日は沖までいってしまったとか。

松の実曰く、完璧とはいかなかったけど、
7割8割くらいで良いところじゃない?って言っています。


umedesita_201902262326366fc.jpg

皆さま、ぜひ、来年の冬は道東にお越しくださいませ。
できるなら、2月上旬をお勧めいたします。
晴れて、冷えて、凍っている確率が高いです。

dewadewa.jpg

では、梅でした~
おやすみなさい。
00:09  |  その他  |  コメント(6)

2019.02.04 (Mon)

インフルエンザと雪と“怖い怖い”

おばんです~
梅ですよ~

DSC_3049.jpg

昨晩から雪が降った釧路です。
例によって、屋根から派手な音立てて雪が落ちて行きました。
そして私はいつものように「怖い!その音、怖い!」とパニックになりました。
お家にいた松の実は「始まった」と落ち着いたものでした。
が、私がなにやらガタガタゴソゴソしていたと思ったら、
ブッフェエエエエ―ッと言ったように松の実には聞こえたらしい。
ぶっ飛んできた松の実が発見したのは、
私が扉を開けて厳重にしまわれていたハンドソープの袋を噛み切り、
液体を戸棚の中にブチマケテいた光景でした。
松の実が言いました「梅は洗剤がすきだね~」って。
顔やら手足やらごしごし拭かれて、つながれました。
上の画像はお昼ご飯をしっかり完食した顔です。
この直後、水をひっくり返しました。
なので、我が家の居間が少しきれいになりました。

DSC_3031.jpg

ここ3~4日間、少し不安になると、この籠の中で
こんな風に少し窮屈そうに丸くなって大人しく寝ていたんですけどね~
ちなみに、私の下敷きになっているのは松の実の洗濯物です。

この4日間ほど松の実は本来お休みじゃなかったはずなのに
お家にいました。
人生初の「インフルエンザ」だったそうです。
後期高齢者のお父さんに感染さないようにお家でもマスクして、
ご飯も別々に食べていました。
たった7度2分の熱だからきっと普通の風邪だわ~と
病院にいったけど、「A型です」って。
松の実の職場、バッタバッタと風邪或いはインフルエンザで倒れていっているそうです。

どうぞ皆さまもお気をつけください。
インフルってあの特効薬を飲めばもっと簡単に良くなるのかと思っていた松の実。
なかなかすっきりしないそうで、指定されたお休みだけでは足りないワン!って吠えています。

食べかす

相変わらず面白くないニュースばかりの中、
松の実が「ひどい!」と思うのは千葉の小学4年生の子です。
ちゃんと勇気を振り絞って助けをもとめたのに・・・
あの教育員会の方々の見せちゃった問題も厚生労働省の統計不正問題も
松の実は根っこは一緒だと思うそうです。
公務員の方々のお仕事に対する姿勢の問題。
究極の安定が保証されている公務員の皆さん、
「お仕事「」は「片付けるもの」に成り下がっている。
目の前のものを片付けていっているだけに松の実には見えるそうです。

松の実はしっかり仕事してね、と言っておきました。
まず梅の鼻についた食べカスを心込めて取ってあげるね、と
彼女は言いました。

目も口もない

インフルエンザだというのに、こんなことして遊んでいるから
いつまでたっても良くならないんじゃないでしょうか?
松の実曰く、お家の空気が自分のウィルスで汚染されているよう~
自分のウィルスに負けて2次感染しそうだから、
外で遊んでいるほうが気持ちが良いのよ~って。
それって2次感染じゃないよね、松の実。
19:44  |  その他  |  コメント(15)
 | HOME |  NEXT