2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.05.05 (Sat)

祝!年の差カップル

こんばんわ~
茶々です。

おめでとう

ゴールデンウィークも明日でオシマイ。
皆さま、楽しく有意義にお過ごしでしたか?

ゴールデンウィーク後半、嬉しいニュースがありました。
釧路市丹頂鶴自然公園の年の差カップルのドウサンとエムコに今年も
ヒナが誕生しました。

kotoshimo_201805052010259f7.jpg

一体何年前になるのでしょうか?
丹頂鶴自然公園で一人で暮らしていたエムコのケージに
野生のドウサンが舞い降りて、居付いて、
あっという間にエムコとつがいになり、
その年のうちにヒナを誕生させ、
丹頂鶴自然公園のスタッフも
エムコのパートナーとして認めざるを得なくなってしまったのでした。

確かエムコはドウサンより12歳年上の姉さん女房なんです。

年の差カップル

野生だったドウサンは、ケージに暮らすエムコのどこに惚れたのでしょうね~
野生の丹頂がケージに飛び込んでくるって、
結構勇気がいることだと思うのですが。

毎年、この年の差カップルはヒナを孵しているのですが、
下の丹頂は、昨年、エムコとドウサンに生まれた子。

お家に戻りたい

タンチョウは大体、春に生まれて、冬を越して3月くらいに親から
追い払われるように巣立ちを促されます。
この子も3月にエムコとドウサンの元から
巣立ったはずなのですが、
とりあえずケージからは出ました~
でも、まだ外の世界にはいけません~って感じで
エムコとドウサンのケージのすぐ近くの通路でウロウロ。
まだ、お父さんとお母さんが恋しいんでしょうか?
かなり哀れっぽいです。

生まれたヒナが無事に育ち、
昨年生まれの子も自ら外の世界に羽ばたいていけますように!

sakurasakura.jpg

釧路の桜の開花宣言はまだですが、
近所の桜が咲き始めました。

sakurato.jpg

梅も桜の前で足を止めてポーズ。
梅はほとんどカメラを無視するのですが、
少し前の雪ダルマと言い、
カメラに収まる彼女なりの判断基準があるのでしょうか?
ちなみに、私、茶々はカメラ目線、ばっちりでした。
(上の画像もしっかりカメラに向かって微笑んでいるでしょう?)

DSC_0149.jpg

松の実がemihanaさんにおねだりした麻婆豆腐の素です。
まだ私が松の実と下界で暮らしていたころに
emihanaさんからいただいて以来、この麻婆豆腐のファンです。

麻婆豆腐

今日はお父さんがKさんとドライブに行っていたので、
一人で麻婆豆腐を堪能していました。

この麻婆豆腐、かなり辛いそうです。
食べた後、胃がぽかぽかするくらいだそうです。
でも、松の実はその辛さがたまらな~い!と
ご機嫌でたいらげておりました。
emihanaさん、ご馳走様でした。

それでは、明日一日のお休み、
お楽しみくださいませ。
23:59  |  東北海道  |  コメント(12)

2018.04.08 (Sun)

冬の終わりの雪

こんばんわ~
茶々です。

mottoookatta.jpg

冬の終わりの東北海道、まだまだ雪は降ります。
でも、今年はけっこう温かいし・・・と松の実は
冬用の梅との散歩靴は「もう履き古した」と捨てて、
ダウンコートはクリーニングして仕舞ってしまいました。

見送る梅

雪が降り始めた頃、出勤する松の実を
出窓から見送ります。

うもれてゆきに

どのくらいの雪だったか?というと、
折角咲いた紫色のお花が埋もれてしまうくらいです。

冬の終わりの雪は水分をいっぱい含んだベトベトの雪です。
夜の散歩が終わって、何を思ったか
松の実が何年振りかで、しかも夜の9時に小さな雪ダルマを作り始めました。

DSC_0113.jpg

作っている途中、転がす雪を梅に何度も壊されました。
出来上がると、梅はツツーと近づいてきたかと思ったら、
ちょこんと座り、写真撮影を要求しました。

DSC_0114.jpg

しっかりカメラ目線の雪ダルマとのツーショット。

DSC_0116.jpg

翌朝はすっかり冬景色。
木々には白い花が咲いていました。

DSC_0117_1.jpg

昨晩の雪ダルマにご挨拶する梅でした。

DSC_0124_20180407232912dc3.jpg

梅、散歩中に会うワンコ達、或いは家の中から梅を見つけて吠えるワンコ達には
眼もくれません。(ついでに猫にも興味ないようです。私は猫には興味津々でした!)
無視…と言うかその存在が見えていないかのような態度です。
でも、雪ダルマには興味があったらしいです。

DSC_0132.jpg

冬の間、ぬくぬくと温かい我が家でも、ヘソ天をしていなかった梅が
最近、松の実がごはん支度をしていると、一人この格好・・・
ナデナデのリクエストなら、見えるところでした方が良いと思うよ、梅。

ごはん支度に躍起になっている松の実が梅のへそ天を見つけるのは
10回に一回くらいでしょうか?

明日から又一週間ですね。
松の実は久しぶりの6日続きのシフトで、
昨日あたりからげんなりしています。
19:42  |  東北海道  |  コメント(13)

2018.03.05 (Mon)

初めてのバードツアー

こんばんわ~
茶々です。

chachadesu~

随分と古い画像ですが、先日の吹雪で
庭にはこのくらいの雪が積もりました。

onakamakkro.jpg

物置への道をつける前に、降った雪がガチガチに凍って、
梅がのっかっても、松の実がのっかっても、大丈夫です。
日中はプラス気温。
道路がビチョビチョで、
散歩をすると梅のお腹は真っ黒に。
足元の黒い模様は、梅がここで伏せをしたので、
お腹の汚れが付いたのです。
松の実はどうせなら、ゴロゴロすりすりして
泥を全部落としてくれると良いのに…と言っています。

ohinasamnohi.jpg

お雛様の日の昼食です。
出来合いのちらし寿司と桜餅です。
自分では鮓飯が作れない松の実は、
出来合いのもので十分満足しています。


飛んでいく

emihanaさんご夫妻が釧路に「再見!」した翌日、
松の実の勤め先が関係者を対象に「初めてのバードウォッチング」と称しての
モニターツアーを実施し、松の実も参加しました。

飛んでいく2

8時半にタンチョウのねぐらを観察できる音羽橋→伊藤タンチョウサンクチュアリ→カヌー体験→
細岡大観望→村田公園、と言うスケジュールをS氏のガイドで周るというものでした。

tondeiku3.jpg

音羽橋では、丹頂が次々と給餌場に向かって飛んでいく姿を
観察することができました。
画像は松の実がスマホで撮ったものです。


この日一日で見ることのできた鳥は、丹頂・オオワシ・オジロワシ・ノスリ・カラス・
アオジ・アカゲラ・オオアカゲラ・シジュウカラ・シマエナガ・マガモ・ホウジロガモ・
トビ・ヒガラ・ハシブトカラ・ヒヨドリ・ドバト・クロヅル・カワアイサ・ゴジュウカラ等
23種類でした。(あと4種類ほど思い出せない松の実です)

タンチョウ以外の鳥さんを撮ろうなどと、
無駄なことは思わなかった松の実、
画像は丹頂だけです。
他の参加者の方々もやはり他の鳥さん達を撮るのは、
スマホでは、ムリがあったようです。
松の実はバートウォッチングに興味があるわけではありませんが、
それでもやはり、いろんな鳥さんに出会えるのは楽しいことでした。

ハイジさん、羨ましいでしょう?と松の実が申しております。


hinatabokkodeneru.jpg

梅はバードウォッチングに興味はないようです。
私は庭にカラスが鳩が来ると追い払っておりましたが、
梅は気にしないようです。

彼女のお昼寝を妨げる存在でなければ
どうでもよいのでしょう。

mizutamari.jpg

大雪の2日後、少し気温が下がった朝の水たまりの氷です。
氷がこんな風な模様を描くのって面白いですよね。


ここはわんこブログでしょう?
鳥の話には興味ないわ!という方は梅の動画を
ご覧くださいませ。






自分ではドアを開けられなくて、
松の実に開けるようにアピールしていた梅ですが、
最近、自分で開けることを覚えてしまいました。
ヒトがやってくれないなら、
自分で何とかするのみ!の梅、
なかなか良い根性していると思います。
00:10  |  東北海道  |  コメント(12)

2017.10.10 (Tue)

カラフルからモノトーンへ

こんばんわ~
茶々です。



あ~っ!失礼しました。
梅もこうやってたまにお庭でするとよいのにね~
お父さんはやっぱりギャンギャン言うでしょうか?

松の実は昨日、阿寒湖に行ってきました。

c637deb50ff18b031aef3f09d69c1f07-212x300.jpg
(クリックすると大きくなるはずです)

目的はこちらのシンポジウムを聞きに行ったのです。
今年は阿寒湖のまりもが発見命名されて120周年の記念すべき年なんです。
まりもは北ヨーロッパの一部でも生息していますが、
阿寒湖のまりもほどきれいに球体にはなりません。
そして、世界のまりもの起源は阿寒湖のまりもだと言う説が有力だそうです。

その阿寒湖のまりも、川上瀧彌さんと言う方が発見命名したそうです。
今年、120周年を記念して、養殖ではありますが、
台湾台北市の台湾国立博物館で展示します。
(特別天然記念物なので野生のものは国外には出せないそうです)
何故、台湾国立博物館でわざわざ?と言うと、
命名者の川上瀧彌さんが日本統治時代の台北にて
台湾国立博物館の初代館長だったからだそうです。

お知り合いの台湾在住作家の方もパネリストとして参加されたので
朝早くから車を1時間半ほど転がして阿寒湖に行ってきたのです。


sakarinokouyou.jpg

阿寒湖も途中の山もそれはそれは紅葉真っ盛りで、
色の洪水で、目まいがするほどだったそうです。

急いでいたので途中の写真はありませんが、
ある方がお一人で山一つを庭園とした通称「バンビの里」で、
ちょっとだけ寄り道した松の実です。

sakarinokouyou2.jpg

お山一つの庭園は無料開放されています。

asobikokoro2.jpg

バンビの里のある方、遊び心もいっぱいのようです。

asobikokoro.jpg

この熊は、フラフラと紅葉に気を取られながら歩いてくると、
けっこう皆さんギクッとするらしいです。

honmono.jpg

本物のわんこもいます。

紅葉が本当に美しいのは、たった一日だと力説する方がいました。
そうかもしれません。
昨日は目まいがするほどかがやいていた紅葉、
今日は雨降りだったので、くすんでしまったことでしょう。
この雨が止むと、いつ強い霜がきてもおかしくありません。
強い霜がくると、葉っぱたちはもう木に付いていることができなくて
ハラハラと地面に落ちるのです。
紅葉、もしかすると桜よりも儚いかもしれません。

sorosoroowakare.jpg

そろそろカラフルな我が家のお庭ともお別れの時期です。
こちらも強い霜が来るとお花たちは皆落ちてしまいます。

sorosoroowakare2.jpg

私がいなくなってから、なんとなく寂しい、しまりのない庭でしたが、
梅が来てからは、庭全体が生き生きとして見えたと、
めずらしく意見の一致したお父さんと松の実です。

上の2枚の画像、
梅の顔があまり見えなくて寂しいですか?



では、梅です。

toruna.jpg

この梅、何をしている最中で、
なんと言っているかおわかりですね?

一週間、乗り切りましょう!
00:08  |  東北海道  |  コメント(9)

2017.05.15 (Mon)

桜が咲きました

こんばんわ~
茶々です。

寒いです!
ここ数日、まるで雪が降るのでは?と言うくらい寒いです。
最高気温が6度だの7度だの・・・

今年も日本一遅かった

そんなうすら寒い中、やっと釧路にも桜の開花宣言が出ました。
今年も栄えある日本一遅い桜です。

桜

お庭のカタクリも咲きました。

katakuri.jpg

こたつさんが、「傍若無人大いにけっこう、ガンガン行っちゃって~」なんておっしゃるから、
梅、調子に乗っています。

行儀が悪い

食事時、お父さんの足を踏み台に食卓をのぞき込む、
或いは直接食卓に足を掛けるなんてこともやってのける梅。
私よりちょとばかり足が長いのでこういうことをやっちゃうんですね。
もっとも私の足が長かったとしても、
ワンコの神童の私がこういうことをしたとは思えませんが。

行儀が悪い2

松の実は何もくれないのをわかっていますから、
狙うはひたすらお父さんです。
ま、このあたりは私も一緒でした。
ワンコは、誰に狙いを定めると良いのか
本能で嗅ぎ分けるのです。

行儀が悪い3

梅のこの目、この媚びた表情!
もう恥ずかしくって見ていられません。

お父さんもこの食卓に上ってくるのはどうか?と内心思っているようですが、
相変わらず何も言いません。
松の実が梅への怒りを抑えているのを感じてか、
「行儀が悪いけど、まあ、これはこれで可愛いと言えば可愛い」って
なんだかよくわからないことを言うお父さんでした。

どこでも足をかける

どこにでも足を掛ける梅。
これは自分のご飯はもう食べ終わったのに、
まだ残っていないか?とごはんを置いてあった場所を確認しようとする梅。

これを見たお父さん、「梅ちゃんは身体能力が高いね」

どう思います?
前回、梅の食べ方を「これはガツガツとは言わない」とか
「上品ですよ」なんてコメントをいただきましたが、
この梅の行儀、どうしたものでしょう?

そういえば、本当のガツガツとはどういうものか
デヴィちゃんが見せてくれるそうです。
お父さんも松の実も梅のガツガツとどう違うのか楽しみにしています。
22:29  |  東北海道  |  コメント(15)
 | HOME |  NEXT