2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.21 (Tue)

11月のいつもの日

寒いですね~

全国的に冷え込んでいるとか・・・
北海道は道央も道北も雪、雪、雪のようです。
早くも一日中マイナス気温の真冬日だったところもあったそうです。

こんばんわ~
茶々です。

ウチの梅、ストーブで顔が火照るのか、
微妙に顔を背けてお腹あぶり?です。

DSC_6117.jpg

ここ数日のあのお相撲のニュース、不可解ですね。
モンゴルのお相撲さん同士がケンカしました。
でも仲間内ではもう仲直りしました、以上!で終わるわけにはいかなかったのでしょうか?
ニュースの時間に長々とあの件について報道されるとげんなりする松の実です。
「たかが酒の席でのモンゴル同士のケンカじゃないか、ほっとけばよいのに」と。
大騒ぎすればするほど、誰か知りませんが、
事を荒立てたいヒトの思うツボのような・・・

アルゼンチンの潜水艦が行方不明だそうです。
なんでも3隻しかない潜水艦の1隻が行方不明になっているという
大変な事故?事件?です。
松の実は全く違うことを思ってしまいました。
潜水艦がたった3隻!
良いな~なんかとても平和な気がする~って。
ウチ等のアベさん、他国の脅威を強調して、
私らを煽って防衛費と言うの名の軍事費増加を目論むより、
優秀なソーリなら、不毛な軍事力増強なんかせずに
私ら国民を、日本を守って見なさい!と

ほんの少し前までは、
氷を見ない日のほうが多く、
氷が張っているのを見ると、今日は冷えたんだな~と思っていましたら、
もうすでに毎日、凍っていると言う状態となりました。

nichijyouni.jpg

梅も寒いのか、これまでにも増して早歩きで散歩します。

朝の散歩を終えての日課は寒さには関係ないようです。

日課です

テレビを見つめるお父さんに、
「ちゃんとスタンバっています!」と視線を送ります。

2日課です

お父さんがなかなかくれないと、
目的物(ヨーグルト)とお父さんを交互に見つめます。
すでに日課です。
梅の一日はここから始まっているのかもしれません。

そして夜は松の実が時にパソコンで仕事、
時にルームウォーカーでエクササイズ、
或いはテレビ等を見ている時間、
梅は彼女の特等席となり、
毛がつくのでもはや梅以外誰も座れない座らない
椅子で寛ぎます。

オダリスク

はなさんのようにゴージャスな
オダリスクを目指してみたのですが・・・

DSC_6114.jpg

お里が知れますね。

DSC_6116.jpg

鏡を見せてあげたいものです。

前回の電柱でくるくる回る黄色い物体は、
ハイジさん、ボビーままさんがコメントくださったように、
鳥さんよけ、特にカラスさんよけでした。
カラスさん達他の良い場所を見つけることができますように。


00:19  |  小梅  |  コメント(7)

2017.11.15 (Wed)

寒い朝

こんばんわ~
茶々です。

昨日は寒かったですねー
我が家はもうかなり前から夜寝る前にストーブのタイマーをPiとして
翌朝6時に自動的にストーブがONになるようにしています。
(冬になるとストーブは24時間稼働するようになります)

senakwoaburu.jpg

私もそちらの世界で松の実と暮らしていた時は
家の中で一番温かいストーブ前に陣取って家の中を監視しておりました。

松の実は、我が家に来てから梅が一度もストーブにあたらないことを不思議に思っていました。
若いから寒くないのかな?とも思ったようですが、
私は若い時からお家の中で一番温かい場所、或いは一番涼しいところで過ごしていたので、
関係なさそうだな、と思ったり。
もらいっ子だから遠慮しているのかな?ともチラリとほんのチラリと
思ったそうです。

DSC_6090[1]

この冬一番の寒さだった昨日朝、
2階から降りてきた梅はまっすぐストーブに向かいました。


ストーブにあたる

朝ごはんを食べる間以外、
散歩に出るまでずーっとストーブに張り付いていました。

皆さま、お気づきでしょうか?
梅は私とは反対にストーブに向いて暖をとっています。
家族に背を向けて温まっているんですね。

kaowaitsumoieni.jpg

上の画像は私、茶々です。
寝てはいますが、顔は家の中央にむけています。

梅に言ってあげたいです。
ストーブに向かっていると鼻が乾くよ。
お家の真ん中をいつも見ていたほうが良いことあるよ、と。
誰かが美味しいものを用意しているのもすぐにわかりますからね。

いつ雪が降ってもおかしくない寒さの東北海道。
松の実の恒例のリセットも本日無事に終了したそうです。
で、早速、たたこさんからいただいたお漬物で
リセットがうまくいったお祝いをしておりました。

tatakosanno.jpg

絶妙なお味の魚漬け、ほんのり甘い大根、そして大好きな赤かぶの甘酢漬け。
たたこさん、ご馳走様でした。
きっと松の実の体重は一晩でもとのおデブの体重に戻ったことでしょう。

emihanaさんがはなさんがてくてく歩く姿を
お披露目されていました。
わんこはただ歩くだけで可愛いと言ってもらえるそうです。
早速松の実が真似をして梅の歩く後ろ姿です。
お尻しか映っていません。



松の実は梅の内股が好きだそうです。
着物を着た女性が内股で歩く姿を連想するそうです。
松の実は外股でガシガシと歩くので、
梅の内股がちょっと羨ましいのかも知れません。

お座りした足も内股の梅です。

DSC_6092[1]

そして唐突ですが、下の動画に映っている黄色い風車みたいなものは
なんだと思いますか?
先日お仕事先の事務所(3階)の窓から見えた電信柱にくっついていました。
松の実はとても不思議に思い思わず動画に収めました。



ではでは、週末まで気合を入れてがんばりましょう。



01:11  |  小梅  |  コメント(16)

2017.10.26 (Thu)

東北海道にいるもの

こんばんわ~
茶々です。

台風・・・ひどかったですね。
今週末も台風、来るのでしょうか?

10月26日

私の住んでいた東北海道は、松の実が子供の頃からそう変わっていない大自然がいっぱいです。
野生の動物たちもたくさん一緒に暮らしています。

雨降り後は虫がたくさん

代表的なところでは何と言っても丹頂さん。
日本の、北海道のタンチョウさんは渡りをしません。
一年中この北海道で暮らしています。
「鶴」というのは渡りをするものだけを言うそうで、
渡りをしない北海道のタンチョウは丹頂鶴ではなく
丹頂が正しいのだとバスガイドさんが教えてくれました。
 
ヒトの世界と同じで、独り身のタンチョウさんもいれば
仲良しカップルもいます。

カップルのタンチョウさん

雨が上がった後は、虫さん達をみつけやすいのでしょうか?
こうして道路わきの牧草地で出会います。


雌鹿さんたち

北海道から狼さんが絶滅したせいで生態系のバランスが崩れて
エゾシカさん達が増えすぎたという説があるそうです。

雄鹿さん

雄鹿さんはたまにしか会えませんが、
雌鹿さん達はけっこう頻繁に出会います。
北海道をドライブするときは一年を通して
鹿さん達に衝突しないように、気をつけましょう。

アメマスだかヒメマスもうようよ

阿寒川や阿寒湖にはアメマスだかヒメマスだかがうようよいて、
フライフィッシングの聖地とおっしゃる方も。

キツネもいる

一時期、観光客の与えるヒトの食べ物が原因で皮膚病が蔓延して
激減したキタキツネさん達、少し復活してきたようです。
可愛い!と言っておやつをあげないようにしましょう。
キツネを私のいる世界に送ってしまうことになります。
又、可愛いキツネさん、たまに恐ろしい寄生虫を持っていることもありますから、
近づかないで、頑張って生きていくんだよ、とそっと見送ってください。

ヒグマもいる

ヒグマさんもいます。
こちらはお会いする機会はめったにありませんが
(お会いしたくありませんが、)
アイヌ語で「キムンカムイ」と言って、山の神と言う意味だそうです。
ちなみに丹頂はサルルンカムイで湿原の神です。
松の実はヒグマが目撃されました~等のニュースを見るといつも
熊さんに「頑張って逃げるんだよ~絶対にヒトに見つかれないようにするんだよ」と言ってます。

可愛い柴もいる

可愛い柴わんこも東北海道の釧路という街にいます。

そして我が家には可愛い柴の仮面をかぶったライオンがいます。







お父さんが「梅ちゃん、ライオンになれるの。シュゴイネ!」と甘やかすので
ライオンになっている時間がだんだん増えてきている柴わんこです。




*キツネさんとヒグマさんの画像は松の実のお仕事先の個人利用が認められているサイトからお借りしたものです。
23:49  |  小梅  |  コメント(14)

2017.10.19 (Thu)

10月も終わっていきます

こんにちわ~
茶々です。
後ろ姿で失礼いたします。




これは私の16歳の秋の後ろ姿です。

dotteri.jpg

で、こちらが梅、9歳です。
どってりしていますね。
背中がたるんでできた線に切れ目を入れて、
ピーナッツバター塗って食べちゃうぞ~と松の実が言います。

その梅、先日松の実にがっちり叱られていました。
理由はこちらです。

やってくれた

ゴミ箱に顔突っ込んで、使用済みのティッシュを引っ張り出して、
遊び散らかしたのです。
松の実曰く、遊び散らかすのは良い!
でも、使用済みのティッシュを引っ張りだすのはまかりならん!!!と。
こういうところ、私から見ると
「おバカだな~」とつくづく思います。

注射された
病院帰りの車の中は外を見る元気もない梅

慎重に慎重に投薬としつこいくらいのシッコ検査を経て、
梅の膀胱炎は3週間ほど前に無罪放免となりました。

ついでに血液検査と狂犬病の注射をしてきた梅。
血液検査は、我が家に来てすぐにした時よりも肝臓や腎臓の値が
良くなっていましたが、クレアチンの値は1.27と相変わらずです。
S先生のところではクレアチンは1以下を正常値としています。
私も定期的に血液検査をした時にはすでに1以上で、
松の実は、本当に1以下のわんこなんているのかな?と疑っています。
で、松の実、急にヒトはどうなんだろう?と思い立って、
自分の結果を見てみると、0.56(0.55~0.66が正常値とか)。
ヒトのほうが低いんですね~

お会計をしていると、珍しくS先生がでてきて梅に話しかけました。
「梅、お座り!」って。
梅、知らんふり~
S先生「梅、お座りしないんだね」と。
松の実「我が家に来た時はお座り、お手、おかわり、伏せ、待て、全部完璧でしたが、
我が家に貰われてきておバカになりました」と説明しました。

ごはん支度をしていると
ごはん支度で忙しい夕方、振り向くと梅がへそ天しています。

梅の病院が一段落したとおもったら、
ここ2週間ほど松の実が病院通いしています。
松の実は科学的な香り、強い香りが苦手です。
少し前から流行っているらしい「良い匂い」の柔軟剤、
女性から圧倒的人気を誇るフランスの某ブランドのハンドクリーム、
自分の使うおしゃれ着?洗い用の洗剤、
これらに反応して半年ほど前から咳をしていましたが、
3週間ほど前から急に咳が激しくなり、
これはお母さんと同じ喘息ではないか?と
不安になった松の実は病院に行きました。
レントゲンを撮って、先生の診察で言われたことは
「結果から申し上げますと、肺炎ですね」といとも簡単に。
松の実は一瞬目まいを感じ、入院?それとも
梅を残していくための終活?なんて思ったそうです。
先生「薬、だしますから飲んでくださいね。
効かなかったら、次に来た時にクスリ変えましょう」
松の実「それだけですか?私これから海外出張が3度ほど控えているんですけど」
先生「出張にクスリ持って行ってね」
松の実「運動は?犬の散歩がありまして・・・」
先生「あまり激しくなければ良いですよ」
松の実の肺炎のイメージは、
死ぬ前にかかるもの、
そうでなくとも高熱にうなされゲホゲホと咳込むと言うものでした。
肺炎って簡単になって簡単に治るんですね。
抗生物質を2週間飲んで昨日の病院では
「大体良いんじゃない」と先生。
抗生物質、バンザイ、\(-o-)/

suiteki.jpg

相変わらずキタナイ水の飲み方をする梅。
お水を飲んだ後は、ポタポタとお水をその辺りにこぼしつつ、
あごの下にもこうやって水滴をくっつけています。

初霜、初氷、初雪と一遍に済ませた釧路です。
関東も冷え込む毎日らしいですね。
皆さま、体調管理にはお気をつけください。
今年も残すところ2か月余りとなりました。
23:50  |  小梅  |  コメント(17)

2017.09.05 (Tue)

待ってます

こんばんわ~
茶々です。

03 庭と茶々 016

松の実の一年で一番苦手な3日間「釧路大漁どんぱく」が無事に終了しました。
当初、台風が直撃する予報だったのが、
普段の行いよろしい松の実?および関係する方々のおかげ、
晴れますように!と願掛けてくださった皆様のおかげで、
台風は来ず、花火もきれいに上がりました。

オルディネール

釧路大漁どんぱくの少し前、あの鹿肉が釧路で、
イエ、もしかしたら北海道でイエイエもしかしたら
日本で一番おいしい「オルディネール」で女子会+ワンジェントルマンで
お食事会でした。

DSC_5530.jpg

花咲蟹を使った前菜、
イワシとトマトのパスタ、
オヒョウとホタテの何とか、
そしてエゾシカのもも肉のロースト!
どれも絶品でした。
やっぱりここのエゾシカは美味しい!
とお腹をさすりつつ外に出て入口脇の
本日のおすすめ料理を見ると、
口がいやしい松の実は、
回れ右して今度はこのおすすめ料理を食べてから帰ろうか?と
思うのでした。
(思っただけで回れ右はしていません、念のため)


コスモス満開
どんぱく終了の翌日の昨日は一人車を転がして
阿寒湖で打ち合わせでした。
湖畔のコスモスが満開でした。

夏の終わりの阿寒湖

夏の終わりの阿寒湖では
秋もきれいに着飾って稼ぐぞ~と
静かな闘志を秘めたような雄阿寒岳でした。

samuino.jpg

そう言えば、どんぱく最終日の朝、
気温が9.7度と言う一桁でした。
丸くなって寒いことを主張します。

待っています

明日、梅に会いに来てくださる奇特な方々がいらっしゃるそうです。
梅、愛想よくしてね。
道中気をつけてお越しくださいませ。
梅もお酒を抱いて待っています。
23:10  |  小梅  |  コメント(9)
 | HOME |  NEXT