FC2ブログ
2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.01 (Sat)

無題、あえて無題

こんばんわ

8月1日

最初におことわりします。
今日の日記はあまりきれいなお話ではありません。

毎朝、私はロイヤルカナンの腎臓サポートをお湯でふやかしたものに
「バイタルワン」を振りかけたものを、一粒づつ松の実によって食べさせられています。

まだ眠いのに


ここのところ、食べさせられている最中に、よくモヨオシテしまうんです。
さすがに抱っこされたまま、するわけにはいかないので(そこまでボケて
いません)全力で、松の実のウデを振りほどき、膝から降りて背中を丸めます。

松の実も慣れたもので、すぐさま私のオシリの下にティッシュを重ねたものをしき
落下物に備えます。
が、私の後ろ足はかなり弱ってきている上に、寝起きです、足がプルプル~です。
その足を見ながら、松の実は考えていたそうです。
「いつか茶々は自分の落としたものの上にシリモチついちゃうだろうな~」って。
その日が今日やってきました。
「ふ~出た~」と気が緩んだとたん、私のオシリがストンと落ちていきました。

お家に入ろう

でも、今日は何とかセーフ!
松の実の察知が早くて私の尻尾をグイっと持ち上げたので、ブツの上に
お座りすることは避けられました。
踏み踏み祭りも心配だし、ブツの上のシリモチも心配だし、もう私だけで
トイレ部屋に置いておくことはできないと感じた松の実です。

それにしても、と松の実は不思議がります。
シッコよりもウンPのほうが先にコントロールが利かなくなるとは、と。
てっきり老化現象によるシモのコントロール欠如はシッコが先だと思っていたそうです。

垂れ流しというわけではなく、「したい!」と思った時にシートまで間に合わないんですよね。
昔は特にウンPは人が見ている前では、恥かしくってできなかったのに、
今は松の実が待ち構える前でしちゃうなんて・・・・我ながらショッキングなことです。

毎晩寝る前、豚さんの軟骨ジャーキーを2粒食べます。
以前は4粒だったのですが、腎臓によくないと半分になりました。
ジャーキーを探す私です。
後ろ足が弱って、前足と意識についていっていないのがよくわかります。
食べた後も、まだないかってしつこく探しているのは嗅覚の衰え?
それともただのいやしんぼ?

軟骨ジャーキー探します

[広告] VPS


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
22:04  |  茶々のこと  |  コメント(5)
 | HOME |