FC2ブログ
2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.25 (Tue)

サバ読み

今日も秋晴れ!な釧路でした。
日に日に涼しくなり、日に日に空気の透明感が増すようです。

秋晴れ

今日のお父さんとの散歩中、若いワンコを連れた方に「ワンちゃん、いくつくらいですか?」
と聞かれたお父さんは「17歳です」と答えていました。
それを聞いて私はお父さんを睨みました。
まだ、16歳と7ヶ月です、と言ってほしかったです。
年を多くサバを読むってアリでしょうか?

秋晴れ2

その方は、「後ろ足はかない弱っているようですけど、毛並みやツヤがまだまだ
良いですね。若いですよ」とおっしゃいました。

私の後ろ足は、日によって、時間によって、かなりその動きに差があります。
調子の良い時は、若い頃の脱臼の後遺症で、歩くリズムが若干ヘンですが、
かなりスタスタ歩けます。

たたずむ私


我が家の近くのアパートに一人暮らしをされている腕と足が不自由なおばあさんがいて、
いつも私も見ると「ワンちゃん、今日の調子はどう?頑張ろうね!」って
声をかけてくださいます。

初めて会った時、おばあさんは松の実に「ワンちゃん、どうしたの?歩けないの?」と
聞きました。
松の実は「もう年なので仕方がないんですよ。16歳ですから」と答えると
「可哀想だね、でもそれは仕方がないね、私と一緒だ~。調子の良い時も
悪い時もあるからね~」と言いました。
それ以来、会うといつも私に直接話しかけてくれるようになったんです。
おばあさんの腕と足も日によって随分違うようです。
手押し車を押しながら、やっと歩いている時もあれば、杖さえつかずスタスタ
歩いている時もあります。

お父さんと散歩中


松の実はこのおばあさんを羨ましく思ったり、ちょっと尊敬もしています。
手足が若干不自由ですが、いつもキリッとした雰囲気で、一人の生活を楽しんで
いるように見えます。
たまに、施設の車が来て乗り込んだり、或は降りるのを見かけるので、
デイサービスのようなものも有効に活用されているのでしょう。
それほど安くない民間のアパート代を払っていけるだけの経済力が
あるのも羨ましいです。

松の実もおばあさんにならなくてはいけないのなら、あんなおばあさんに
なりたいと思うそうです。

イチョウにクレマチス

お庭のイチョウにクレマチスが絡み付いて行って、狂い咲きです。
クレマチスはイチョウのてっぺんまで届いてしまったんです。
イチョウの木、ちゃんと大きくなれるでしょうか?
本州や道央ではイチョウ並木って一般的ですが、東北海道では気温が低くて
ちゃんと育たないんですよ。
ウチのイチョウも小さくて細くてひょろひょろです。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
21:57  |  茶々のこと  |  コメント(4)
 | HOME |