2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2011.02.28 (Mon)

怪獣と春の陽気

こんばんわ~
今日は又、「今度こそ春?」と思わせるような温かな日でした。

今度こそ春?

例によって外にいる時間のほとんどを寝てすごしましたが、
温かだったので、いつもより長く外にいました。


残り少ない雪

駐車場の雪も少なくなりました。

最後の雪かしら

今年の最後の雪かもしれませんし(有り得ませんが・・)
私にとって最後の雪かもしれません(有り得ます)ので、
名残に食べておくことにしました。

食べておこう

18回の冬を過ごしきましたが、
雪を食べたのはこの冬が初めてだったんですよ~
松の実は何故今年になって雪を食べるのかな~と不思議に思うそうです。

先日、松の実は私の薬を取りに行った際に、
改めて私の首の問題と、私がとっても悲しげにヒンヒン言うことを
次の二つの動画を持って先生に相談しました。

[広告] VPS


先生は、ヒトから見て悲しげに見えても、
ワンコが悲しくてヒンヒン言っているとは限らないし、
私の場合は高齢による痴呆なので、悲しくもないし、
辛くもないと思うとおっしゃったそうです。
松の実が「ヒトにも老人性うつ病があり、抗ウツ薬が有効なように
茶々にも気分が明るくなる薬はありませんか?」と聞くと、
先生は「たとえワンコに老犬性ウツ病があったとしても、
それはもっと前の段階のこと。ヒトも100歳のヒトが
ウツだのなんなのとは言わないでしょう」と。

[広告] VPS


「首はどうしようもないよ。老化の症状には段階と周期があって、
もしかしたら、この首もいつかパタリと止まるかもしれないし、
ずーっとこのままかもしれない。
茶々の意思に反して巻いて巻いて~になっていたとしても、
それを止めさせるようなことはかえってストレスになると思う。
首を巻くつもりはなくても巻いてしまう、でも巻いていって
何か障害物があるとなったら、二重のストレスでしょう?。
だから、何もしないほうがよいんじゃない」とおっしゃったそうです。

私がこうやって怪獣に変身しても私はさほど辛くも悲しくも切なくもない筈、
でもそれを見守るヒトは本当に辛いし大変だし神経的にまいってしまいがちだから、
松の実さん、ゆっくりのんびりおおらかに、ね、とおっしゃった先生。

松の実、がっくし、と首を私と同じくらいに下げてお家に帰ってきました。
22:17  |  日常  |  コメント(12)

2011.02.26 (Sat)

春は遠く

こんばんわ~
昨日の日記は「春かと思った~」としましたが、
やはり、思っただけで、春ではありませんでした。

昨晩、私に変わって日記を書いた松の実が
そろそろ寝ようかな~と思いつつ外を見てびっくり!
かなりの雪が降っているではありませんか。

雪が降っていました


今日は留守番勤務だったので、朝、雪で車が出せなくては大変です。
えっらいこっちゃと言わんばかりに飛び出して雪かきをする松の実でした。

幸いにも、普段の松の実の行いの良さのせいか、
雪かき後、雪は止んだようで、今朝は快晴、私も例によって
雪を食べつつ寝たりして~

冬のお庭に戻りました

春先のようだったお庭も一気に冬の姿に戻りました。

この一週間、松の実はとにかく天ぷらが食べたくて食べたくて・・・
お昼ご飯は全て天ぷらを食べていました。
松の実の家では揚げ物は一切しません。
天ぷらもフライもお家では作らないのです。
後片付けも面倒ですし、自分で作ると自分は揚げたてを食べられないからです。

ですから、たまに無性に天ぷらが食べたくなる松の実です。
松の実の天ぷらのお昼ご飯、一回目。

天・天・天丼

凄いボリュームの天丼です。
大食いの松の実も半分ほど食べたところでギブアップです。

天ぷら2回目。

天丼食べるつもりが
八千代本店の「昼膳」
目がいやしい松の実、どうせならお寿司も~と欲張ったメニューです。
美味しかったです。
天ぷらもこのくらいの量だと美味しくいただけますね。
3回目。

ひよりご膳

全日空ホテル「雲海」の月替わりメニュー「ひより御膳」です。
ミニ生ちらしと冷そば、そしてミニ天丼です。
これはいつもお客様が多くなる人気メニューだそうです。
松の実は丼の下にタレが沈んでご飯にタレが沁み込んでいるのは好きではなく、
このミニ天丼は天ぷら衣にだけタレがかかっているタイプだったので
とても美味しくいただいたそうです。

なんだか見ているだけで胸やけがしてきますね・・・

大昔、松の実がまだほんの子供だった頃、
1~2年に一度くらい「めっぱ」をこしらえると、
お母さんが「あっ、めっぱ!油が足りないんだよ。今日は天ぷらね」と言って
天ぷらをジュワジュワ揚げてくれたそうです。

「めっぱ」ってわかりますか?
目にできるニキビみたいなものです。

この「めっぱ」イコール油が足りない「天ぷら食べなきゃ」って
正しいことだったのかどうか、今となってはわからない松の実です。


私も最後の砦の「食欲」は健在です。

残されたもの

夕食はこうやって食器を口元にセットしてもらったら自分で食べます。
朝ご飯は、今も松の実に抱えられて、一粒づつ、
腎臓サポートのふやかしたものを口に入れて貰います。
以前はよくペッとドライフードを出したりしていましたが、
呆け力で機嫌よく食べます。
最近は特にヨーグルト付きですから。

[広告] VPS


ではでは引き続き楽しい週末をお過ごしください
21:08  |  その他  |  コメント(22)

2011.02.25 (Fri)

春かと思った~

こんばんわ~
東京は今日20度まで気温があがったそうですね。
私の住む釧路も昨日から変な天気です。
冬だというのに濃い霧が出ていました。

冬なのに霧とは・・・

今朝も暖かく、プラス気温でした。

春先のような庭

まるで春先のようなお庭です。
マイナス気温であろうと、プラス気温であろうと寝てしまうことに
変わりはない私です。

もちろん、春はまだまだやってきません。
明日からまた少し冷え込むようです。
東京は今日は20度、明日は9度だそうですよ~
こちらの明日の最高気温は0度だそうです。
妥当な気温です。

ちょっと画像が暗いのですが、下の私、何をしていると思いますか?
引き続き松の実は私のこの「巻いて巻いて~」の首を何とかしようとしています。

こ、これは・・・

シャンプーハットもダメ、便座カバーもダメでした。
本日もごちそう様」のハイジさん初め数人の方からご提案いただいた、
携帯枕を首にセットされたのです。

[広告] VPS


首をお腹のほうに巻くことはさすがにできていませんが、
前足の邪魔になっているのです。
いかにも文句ありげな私です。

でも、松の実、この動画を撮りながら「クックッ」と笑っていました。
大昔の中国の囚人が板に穴を開けて、その中に頭を入れられて
フラフラしている様子を思い出して、私のこの姿が似ていると言うのです。

結果的にはこれも却下でした。
何故なら、無理やり、この枕をつけたままでもでんぐり返しをしたからです。
何をつけても無理やりにでもでんぐり返しをするのであれば、
何もつけないほうが安全なのかな~と悩む松の実です。

オムツのお尻がキュートでしょう

楽しい週末をお過ごしください。
気温差の激しいこの数日、
ワンコも人も体調管理に努めましょう~

私は今晩の夜中の活動に備えて、体力を温存するべく
しっかり睡眠をとっています。



21:45  |  日常  |  コメント(16)

2011.02.23 (Wed)

2月23日(水)

こんばんわ~
私の悲しくていつも怪獣状態にたくさんの励ましのコメントや
応援のコメントをありがとうございました。
昨日も今日もやっぱり悲しくて面白くなくて怪獣になっていますが、
松の実もお父さんもそういう私に慣れてきたようです。

うらめしや~

ただし、昨晩はあまりにも悲しくて、辛くて(何が?)
40分おきにギャンギャンと言っては松の実を起こしてしまいました。
何回目かに松の実を起こした時、まだ午前2時半で、
松の実にとっても私にとっても、とても長い夜になりました。
眠れなくて長い夜は辛いですね・・・


牛になっちゃう?


この数ヶ月、家にいると、なかなかまとまった時間がなくて
読む本もエッセイーなどの軽いものに限られていた松の実。
この間の札幌出張の際、列車の中で読む本を持ってこなかったことに気がつき、
釧路駅の売店で「どうせ寝るための本だし~」と
軽い気持ちで買ったのがこの本でした。

泣いた

釧路から札幌まで特急スーパーおおぞらで約4時間弱です。(車だと6時間弱)
その昔、札幌出身の松の実の先輩が、「札幌から4時間列車に乗ってもまだ北海道内なの?
ロシアに行っちゃうんじゃないの?」なんて言っていましたが、
広い北海道、しかも北海道は北海道で一つであり、四国や九州のように分県されていません。
札幌一極集中っていうやつです。
九州新幹線が開通しますが、北海道はまだまだです。
釧路と札幌間には高速道路もまだ全線開通には時間がかかります。
似たような小さな道路を何本も作っていないで、
幹線道路をきちんと整備してほしい、新幹線も札幌まで伸ばすことが重要なのではなく
札幌から先、稚内、網走、根室といった地方に伸ばすことが重要だと思う松の実です。


さてさて、そんな4時間を少しでも快適に或いは心地良く眠りに入るために
買ったこの「ジーン・ワルツ」ですが、松の実、寝るのも忘れて読みました。
そして泣きました。
一つの小説、読む人にさまざまな読み方があると思います。
松の実はここに登場する5人の妊婦さん(後に4人)に釘付けとなりました。
一人はおなかの赤ちゃんが無脳症で、生まれた直後に亡くなる運命なのに
お母さんである妊婦さんは、10ヵ月おなかで頑張って生きた子に
この世の光を一目見せるためだけに産む決心をします。
もう一人のヤンキーさん出身の妊婦さんの赤ちゃんは
重度の障害、腕がない、そして、他にも小さな障害を併発しているかもしれないと
知らされつつ出産を決意します。

松の実のお母さんは松の実がおなかにいる時に先生から
「きっと、知恵遅れか奇形児が生まれるからおろしたら?」と言われたのに
何を思ってなのか、松の実を産みました。
松の実の頃は医療がそれほど進んでいなかったせいで、
先生の見解は幸運にもはずれ、
松の実は一応手も足も2本ずつちゃんとあったし、
頭は悪かったけど・・・障害の範囲外でした。

小説の中では、やっぱり無脳症の赤ちゃんはこの世に出てすぐに
お母さんの腕の中で亡くなっていきました。
ヤンキーさんの赤ちゃんはやっぱり両腕がなかったけど、
ヤンキーさんは赤ちゃんを見て「可愛い」と言いました。

お母さんを思ってなのか、自分ももしかしたら亡くなっていった赤ちゃんや
腕のない赤ちゃんだったかもしれないからなのか
とにかく涙出て仕方がなかった松の実でした。

松の実が生まれて少ししてから、お母さんは松の実の片方の耳が
異様に小さいことに気がついて「やっぱり・・・」と思うと共に
「このくらいなら・・・・」と思ったそうです。
その松の実の耳、子供の頃は明らかに片方が小さかったのですが、
大人になってイヤリングをするようになったあたりから
どちらが小さいほうの耳がわからなくなりました。
きっと耳自身がイヤリングがちゃんと見えるように頑張ったんだと
松の実は思うそうです。


この小説、映画になっているそうですが、
映画を見ようかどうか迷っている松の実です。

映画をご覧になった方、いらっしゃいますか?

私の出番が少なかったので、一月前の私の動画です。

ikidaore~

こうやってよく行き倒れている私ですが、
その行き倒れるまでです。

[広告] VPS



たった一月前ですが、今はもうしない(できない)角っことの力比べをしていますね。


[広告] VPS


一度目に行き倒れになりかけながら、もう一回頑張ったけど、
力尽きて・・・・です。
20:12  |  その他  |  コメント(12)

2011.02.21 (Mon)

いつも怪獣、いつも悲しい

こんばんわ。
この2~3日で、老化の階段を今度は数段UPしたようです。
とにかく、面白くないのです。
世の中の全てが面白くなく悲しいのです。
寝て起きてはヒンヒンと言いながらヨタヨタと歩き回り、
ドテっとこけては、立てない!!!と言ってこれまでとは
まったく違う声で喚き続けます。

[広告] VPS


お水を飲ませてもらっても、
ちゃんと口に入ってこないと言ってはギャンギャン。
ウンチがでないと言ってはギャンギャン。
眠れないと言ってはギャンギャン。
眠りたくないと言ってはギャンギャン。
自分でも何が気に食わないのかわかりません。
 
松の実はどこか苦しいのか?と心配もしていますが、
ご飯はしっかり食べています。

つかの間の平穏


私が静かで平和でいられるのは、ご飯を食べている時と
ギャンギャンに疲れて行き倒れてひと時の眠りについている時だけです。

今では自分で立てないほうが圧倒的に多いのです。
下の動画は自分で立てた時です。

[広告] VPS




昼も夜もこんな調子を続けています。

でんぐり返しなんて可愛いものです。
世の中が逆さまに見たときに松の実のカメラが見えて
びっくりしてでんぐり返りました。

[広告] VPS




このでんぐり返しの前にもヒンヒン言っていますね。
何か悲しいのです・・・

つかの間の平穏2

松の実は言います。
私がお留守番の時、一人でギャンギャン言っているのかと思うと哀れだって。
お留守番であることを理解できると良いのですが・・・

私のこのなにやら悲しい思いって、
ヒトでいう老人性うつ病みたいなものでしょうか?

コメントをくださるスマイルさんのモモさんは
18歳8ヶ月でよく食べてよく寝て、暴れまくって怪我しても
元気いっぱい、だそうですが、モモさんは明るく楽しく暴れるのかな~?
私もどうせ暴れるのなら明るくいきたいものです・・・
22:30  |  体調  |  コメント(21)

2011.02.20 (Sun)

「ペッ」と美味しいもの

こんにちわ。
昨日、今日と、この釧路にも春かしら~と思ってしまうほどの
暖かな天気です。
降った雪もどんどん溶けています

コレでも寝ています

温かくて気持ちが良いから、ではないと思いますが、
やはり外にでるととりあえず寝る私です。
フカフカの雪の中で、鼻を埋めて寝ています。
たまに起きて、雪をシャリシャリ食べてそのまま寝ます。


昨日の朝、私が朝ごはんを食べる前に、
松の実がキッチンでこんなものを見つけました。

ペッと・・・したらしい

誰かの薬です。
「あれ~薬がおちているよ~」と松の実。
キッチンで薬を飲むのはお父さんと松の実です。
お父さん、てっきり自分の薬だと思って必死になって調べましたけど、
「TC326」という薬はないな~って。
松の実の薬でもないみたい・・・・

「!」もしかして、と私の薬を調べるとありました・・・・
どうも私の肝臓の薬のようです。
私は朝ごはん前だから、薬はまだだし~
それに私はキッチンでは薬は飲まないのに~

前の晩、夕食後の薬をまたまた飲んだ振り~でヨタヨタと歩いて
キッチンで「ペッ」としたようです。
お父さん「コレ、茶々が口から出したんだよ、汚くなっているもの」
一度くらい飲まなくても平気だけど、
安くないお金を払っている薬、ちゃんと身体に納めてもらわないと
松の実は損したような気分になるそうです・・・

最近は呆け力のせいで、薬もちゃんと飲む私ですが、
美味しいものはまだ「美味しい」とわかるんですよ。
たとえば昨日のお昼ご飯のお汁粉。

お汁粉美味しい

最近、朝ごはんのときにはこのヨーグルトをほんの少しまぶしてくれる松の実。

朝ごはんに食べる

これまでの倍量の朝ごはんを食べています。
私はもう自分で食器に口を持っていくことはできないので、
お留守番だと、出されているおやつを自分では食べられないのです。
なので、朝ごはんを少し多く食べるようにしたんです。
美味しい朝ごはんなら倍でも3倍でも食べられます。

美味しいものだけわかる

もうシッコをする場所なのか、そうでないのか、
夜なのか、昼なのか、ほとんど何もわからない私ですが、
「美味しいものだけはわかるんだね、茶々は。最後の砦だね」と
お父さんが言います。
14:52  |  日常  |  コメント(13)

2011.02.18 (Fri)

わたしの屋根に雪つもりつ

こんばんわ。

今日のタイトルに「!」となった方、
松の実と同じく“大島弓子”さんの漫画を多く読んできた方でしょうか?

私の背に雪つもりつ

昨晩から雪が降り続きました。
上の画像のようになった私を見て、
突然、大昔に読んだ大島さんの漫画を思い出した松の実です。
一時期大島さんの漫画にどっぷりはまっていた松の実です。
仕事も辞めて、お家も出て、誰にも会わずに一人で生活したいな~
なんていう気になったときに大島さんの漫画を読むと
「とりあえず生きていけばよい」という気持ちになれるそうです。

今日はどっぷりと水分を含んだ、
まるで新潟は「ぶうたさん」地域のような雪でした。
午前中は比較的暖かでしたが、午後から気温は下がり続け、
松の実の帰宅時には道路はごらんのようなアイスバーン状態です。
お水をいっぱい含んだ雪と低い気温・・・・
スケートリンクになるのは簡単だったようです。

アイスバーン

一昨日、病院の帰りに乗ったタクシーの運転手さんは自称「ワンコ大好き」という方でした。
ま~よくしゃべること~
まず私を一目見て「どうしたの?具合悪そうだね」と言いました。
松の実「もう18歳なんですよ、だからどうしても弱ってきていて...]
運転手さん「可哀相だね~見ていられないね~」と言います。
私も松の実も「可哀相」と言われるのは好きではありません。
松の実、ちょっとムキになって「可哀相ではありませんよ。もう18年も頑張っているし、
人間も年を取ったら同じように弱りますよね」
運転手さん「いや~可哀相だよ。ウチのワンコはさ、元気いっぱいでさ~」から始まって
運転手さんのワンコがいかに元気があって可愛いかを聞かされた私と松の実です。
そして話の切れ目切れ目には私に目をやって、「いや~可哀相でみていられないよ~」
を繰り返します。
よほどお得意の大怪獣に変身して、私の喚き声で運転手さんの口を塞いであげようかと
思いましたが、松の実がイライラの局地に達していることがわかったので
大人しくしてあげました。

ikidaore~


運転手さん、ワンコ大好きと言う割りにはわかっていないのね~
私もほんの3~4年前までは、元気いっぱい、今日のような雪の日は
目をキラキラさせながら走り回って、松の実に遊ぼう!と誘ったりしていたのに・・・
運転手さんのワンコもあと10年もしたら今の私と同じようになるのに・・・

運転手さんのワンコも私と同じくらい長生きできますように。
そしてそのとき、飼い主の運転手さんは「可哀相で見ていられないよ~」なんて
言わずにちゃんとワンコのことを見てくれますように。

ああ!ちょっと今日は愚痴愚痴のイヤミな日記になってしまいました。

下の画像の私、何をしていると思います?
バンザイはしていますが、心から万歳をしているわけではありません。

でんぐり返った後

食器台の近くででんぐり返しをして身動きができなくなっているのです。

助けてくれないの?

恨めしげに助けを求めてみましたが、
松の実は食器台をどかしてくれただけでした。
松の実にはもう少し「可哀相で見ていられないよ~」の気持ち、
あっても良いかな?
21:08  |  その他  |  コメント(18)

2011.02.16 (Wed)

温かい日

こんにちわ。
今日はなんとプラス6度まで気温が上がりました。

私も外で寝るだけではなく少しだけ運動もしました。

プラス6度!

ちょっと歩くと雪に足をとられてこけてしまいました。

滑った・コケタ

こんな暢気に外でフラフラする前に、なんと今日は病院に行ってきました。
昨日の晩、今年の1月1日の夜のように、ゼイゼイ、ハアハアと荒い息を繰り返し、
しかも肝臓が悪くなった時のように身体を変に折り曲げてゼイゼイ言っては
起き上がることを繰り返した私です。

先生は「無理に連れてこないでね」とおっしゃっていたので、
直前まで迷っていた松の実ですが
今日は診ていただいたほうがこれからも安心と思ったそうです。

いい迷惑です!

昨晩寝ていないものですから、ちょっとくったりしていた私。
先生が「前回は9月だから、採血してみようか・・・
無理せず、ダメそうだったらすぐにあきらめようね」
と、おっしゃいましたので、松の実は先生と看護師さんに
「茶々、噛みます。気をつけてくださいね」と言って診察室を出ようとしました。
以前は先生が見られると緊張するから出ていて!とおっしゃったのです。
ところが、後ろ足から採ってみるから顔の方を押さえてちょうだいって。
松の実「へ?この犬、噛むんですけど・・・」って
私のことを狂犬のように言うのに腹が立ったので、
本当に松の実の手の甲に噛み付いてやりましたヨ。
松の実「ね!噛むんです」
先生「だから噛まれないように押さえていてね」と
至極まっとうに当たり前におっしゃいました。
松の実、ありったけの力で私を抑えるものですから、
苦しくって、せっかく比較的大人しくしていたのに、
堪忍袋の緒が切れて「ギャンギャン、オンオン」怪獣に変身しました。

血液検査の結果は松の実も先生も想像したのとは逆に
とてもよい結果でした。

病院の前


腎機能
BUN 33.8(前回 34.0)
Crea 1.09(前回 1.18)
肝機能
GPT 68.1(前回 254)
GOT 36.7(前回 46.0)

BUNは高めですが、他の3つはここ数年で一番良い数値ではないでしょうか?
ただし、赤血球の容積とやらが少し少なく、
貧血までではないけど・・・ということでした。
他の赤血球の値もなにやら低め、全然関連はありませんが、
血糖値もここ数年で一番低くて、松の実、単純に
「茶々、もしかして栄養が足りていないの?」と頓珍漢なことを思う始末。

腹ごなし


結局、問題の荒く苦しそうな息は、心臓だけではなく、
鼻や気管支など、呼吸器全ての要因が考えられるので、
抗ヒスタミンを増やすか、気管支拡張剤を増やすか、ということで
次の薬から抗ヒスタミンを今の4分の一錠から
2分の一錠に増やすことになりました。

腹ごなし2

血液検査の結果を聞いて、私の呼吸についてお話をしているときは
完全に私、起きてしまって、頭がすっきりするとともに病院いにいることへの
怒りもこみ上げてきました。
ず~っとギャンギャン、会話が聞き取れないくらいに喚きたおしました。
先生「じゃ、そういうことでね」って。
松の実「そういうことってどういうこと?」と思うまもなく診察室を出ていました。
「茶々、うるさいよ」と老犬の私を小突きました。
松の実、ヒドイと思います。
14:21  |  体調  |  コメント(24)

2011.02.14 (Mon)

ヴァレンタインデー

今日は2月14日ヴァレンタインデーだそうです。
ワンコはチョコレートは食べられませんから、
私としては特に関心がないイベントです。
松の実も、普段はこの釧路ではお目にかかれないチョコを少しだけ買って
お父さんと一緒にいただくくらいです。寂しい~!

どこにいるかというと


昨晩、松の実が帰宅してリビングのドアを開けた途端に目に飛び込んできたのは
このくったりした私です。


お父さんに抱っこされています

そうして次に松の実が理解したのはお父さんが私を抱っこしていることでした。
お父さん、ぼんやりとテレビを見つめていました。

一度に二つの事柄が松の実の悪い頭を駆け巡りました。
一つは「とうとう茶々・・・逝っちゃった?」
もう一つは「とうとうお父さん・・・・ボ・ケ・タ?」

一瞬言葉に詰まった松の実・・・最初に発した言葉は、
お父さんに「茶々、抱っこしているの?」でした。
(見れば抱っこしているのはわかるだろうってもんです)

お父さん、「あんまりヒンヒン煩いから抱っこしたら寝ちゃった」と
至極まともに答えたので、どっと安心した松の実です。


一昨日、少しまとまった雪が降った釧路です。
今日はいつものようにしっかり晴れました。
お庭に出された私が松の実のために美味しいものを作ってあげました。


まず、私お得意の身体の折り曲げです。
少しずつ少しずつ巻いていきましょう。
新雪ですので、鼻がついたのを良いことに
雪をいただきながら巻いていきました。

作り方 その1

さらに最後の仕上げにぎゅっと巻き込みました。

ぎゅっと巻き込んで

後はそのまま、ドサッと倒れこむと出来上がりです。

ベーグルになっています

こんがり焼けた美味しそうなベーグルのようでしょう?


今日はヴァレンタインデーですが、もう一つ、
昨年夏の終わりに虹の橋に旅立った「BOSSとおかしゃん。時々デヴィ!
のBOSSさんの誕生日でもあります。
一緒に18歳になることはできませんでしたが、
今頃、あちらで皆からお祝いして貰っていることでしょう。
そういえば、BOSSさんのおとしゃんの誕生日でもありましたよね?
Happy Birthday!




21:23  |  日常  |  コメント(18)

2011.02.12 (Sat)

首に巻かれているものは

こんばんわ。
本当に久しぶりに吹雪の釧路です。

さてさて、昨晩疲れきって「どうとでもしてちょうだい」状態だった
私の首に巻かれていたものは・・・・

邪魔なのです

結果的にはこれも失敗でした。
とても邪魔で、私は「首が中に入らな~い」とギャンギャン言ったのです。

この首に巻かれているもの

こうやって画像で見ると、首を中に巻き込めなくて一見良さそうなんですけどね・・・

それは。。。

BOSS母さん、mさん、コロたすさん、ハイジさん、こたつさん、さすがでございます。
正解です。

便座カバーです。

便座カバーです

タオルを巻いてみたところ、後ろも前も同じ厚さになってしまって
いかにも重たそうに見えたので、このカバーなら、前から横の部分にだけ、
詰め物をできるはずって松の実がわざわざ買って来たのです。
詰め物は割れ物を包むときに使うプチプチです。

お父さんが私の「こんなの邪魔だ~」の声を理解して松の実に
外すように言いました。
これで無理やりでんぐり返しをすると、変な重さや力が首にかかって危険ですしね。

今日は思う存分ゴロン~ゴロゴロゴロ~ンと一人ででんぐり返っていました。
松の実は次の手を考えるそうです。

セルフうでまくら

疲れましたので、自分で腕枕して寝ています。

松の実はこれから雪かきだそうです。
明日は留守番勤務の松の実、明日の朝の雪かきだけは避けたいようです。

ところで、私のこの日記の画像が携帯ではご覧いただけない問題、
残念ながら松の実にはわかりません。
松の実の携帯でも画像は×印になって見えないそうです。
どうしてでしょうか?

引き続き3連休だぞ~という方、楽しい休日をお過ごしください。
20:06  |  日常  |  コメント(19)

2011.02.11 (Fri)

さっぽろ雪まつり

こんばんわ。
さっぽろ雪まつりでちょっとしたお仕事だった松の実は
今日の6時半頃帰ってきました。

駅からお家までのタクシーに乗っている間がいつも一番ドキドキするそうです。
「茶々、ちゃんと生きているかな」と。

もちろん私はちゃんと生きていましたヨ。
ちょうどご飯を食べていました。

ご飯中でした

食器を置いてある台から引きずり落として
その際に食器もバラバラになりましたが、
もちろんそんなことお構いナシの私です。

雪まつりはもの凄い人だったそうです。
昨年の今頃もやはり、松の実は同じお仕事で一日だけ雪まつり会場にいましたが、
比べものにならないくらいの人の多さでした。
特に台湾、香港、中国大陸からのお客様初め今年は、
マレーシアかタイからのお客様と見られる方々が多かったそうです。

赤レンガ前のゆきだるま


昨晩から降り続いた雪がとてもきれいに木に花を咲かせていました。
赤レンガ前の雪だるまとその回りの木々が今日は一番きれいで可愛かったかも、
とは松の実です。

お仕事の前にこの広場を散歩した松の実。
迫力の大雪像もこの自然の美しさには適わないかも~と思いながら、
台湾や香港からのお客様に混じって写真を撮りまくりました。

松の実がよく道を尋ねられることは以前にも書きましたが、
今回もやっぱりでした。
回りには他の人もいるのに何故か
「大通りはどっちですか」と聞かれた松の実。
松の実は札幌はあまり得意ではありません。
碁盤の目の街はわかりやすいようで、
ビルが立ち並ぶ都会では同じような交差点ばかりで、
ふと瞬間に方向感覚が狂うように感じます。
例によって松の実は教えてあげることができません
「すみません、私、地方から来たのでわかりません。
でも駅はこちらです」と答えにならない答えをすると
その方は「駅がこちらなら大通りはこっちです。ありがとう」と
言ってくださったそうです。
良かった良かった。

池の鴨たち


北京広場の大雪像です。
素晴らしいですね~

北京広場の大雪像

雪まつりの会場ではほんのチラッとですがジュン母さんと会うこともできました。
ジュン母さんとジュン母さんのお友達であり、
松の実もほんのちょっぴりお知りあい?の方からのお土産です。

おみやげ

ありがとうございました~

昨日の昼間をほとんど寝て過ごし、
「コレは夜中は暴れるな~」とお父さんを恐怖に落とし入れ、
案の定ギャンギャンとした私ですが、
お父さんが心配したほどではなかったようで、
松の実への報告もあっさりしたものでした。

むち打ち症のようです

さて、この私、疲れきって、生気のない顔をしていますね。
首に変なものを巻かれてムチ打ち患者のようです。
私が首に巻かれているものはなんでしょうか?
22:00  |  その他  |  コメント(10)

2011.02.09 (Wed)

最後のジャングルジム?

こんばんわ~
雪が全く降らない釧路・・・・
朝晩の冷え込みはまだ厳しいものの、日に日にお庭の雪が溶けて行きます。

雪がなくなっていきます

だからと言って、この釧路に春が近いわけではありません。
断じてありません。
コレで終わる釧路の冬なんて、それこそ「異常」以外の何物でもありません。
寒かろうが、雪かきが大変だろうが、いつもと同じ冬でないと困ります。

ちなみに画像のような、土はガンとして凍ったままで、
雪がなくなり、芝生が出てしまうのはあまり芝生にとってよくないそうです。

そんな芝生になるはずの所でいつものように寝る私です。

2~3日前の夜、少し足腰の調子の良かった私は、
久しぶりにジャングルジム遊びをしました。

通り抜けま~す

食卓の椅子の横棒を前にしばし考える私です。
「通り抜け行きま~す」

左腕クリアです


ヨッと頑張って左腕クリアです。

いよいよ残ったのは最後の後ろ足です。
行きま~す。

最後の足です

4本も足があるのに、老化で衰えの激しい私の足腰・・・・
鼻の助けも借りて、後ろ足クリアです。

もしかしたら、私の最後のジャングルジム遊びだったかもしれない!と思う松の実。
動画で撮っておけば良かった~と悔やむことしきりです。
「また、やってみせてあげるよ」と言ってあげたいのですが・・・



電灯を消さない夜にも慣れてしまったのか、最近またヒンヒンギャンギャンと
夜中になると悲しくなる私。
正直、もう運動会はできません。
とにかく、歩いていも、寝ていても、コケても、悲しいのです。
不安なのです。
昨晩は午前2時から5時までずーっとグズグズ~ギャンギャンでした。

松の実は言います。
「今晩もヒンヒン、ギャンギャンして良いよ。
でも明日の夜はお願いだから大人しく寝てね」と。
明日の夜、松の実は札幌出張でいません。
私がいつもどおりギャンギャンすると、お父さんが松の実に
いかに私の世話が大変で、いかにお父さん自身が寝られなくて大変だったか、
そして、血圧が上がりそうで、具合が悪い等と、
滔々と恩着せがましく松の実に愚痴るのです。
そのウダウダは私のギャンギャンよりも松の実の神経に障るらしく、
二人の間は一触即発状態になるのです。

午前3時の女健在

夜中に寝ていないので、当然昼間寝る私・・・・
松の実が言いました。
「私も夜中寝ていないのに・・・昼間も寝られない」って。
19:41  |  日常  |  コメント(18)

2011.02.07 (Mon)

引き続き頭の問題

こんばんわん!

こんばんわん!

いきなりの寝顔、しかも鼻ムギュの寝顔で失礼します。
今日の私、私らしくない色とプリントに縁取られていますが、
コレ、何だと思いますか?

子供の使うシャワーハット?なんです。
首というか頭を巻き込んで巻き込んで、
でんぐり返しを繰り返す私を見かねた松の実が
要は首が巻き込めなければ良いはず、と、こんなものを買ってきて
私の首にはめ込みました。

でんぐり返しいきま~す

全然、このシャワーハット、用をたしませんでした。
首の周りにビラビラあって邪魔なだけでした。
でんぐり返しも普通にできちゃいました。
松の実、がっくり・・・・でんぐり返しができてしまうのであれば
こんなものをつけているのは危険なだけですから~


シャワーキャップ  失敗1

シャワーハット、失敗です・・・・

落胆のため息をもらす松の実ために、
せめて良いところ、元気なところを見せてあげようと、
ご飯を一生懸命食べました。

食べられるうちが華

ワンコの象徴、犬歯をむき出しにして食べます。

食べられるうちが華2

無理な体勢でも頑張って食べます。

お父さんと松の実はあの札幌のジュン母さんお手製の餃子です。
スープにしていただきました。
モチモチのツルツです。

餃子スープ

とっても美味しかったそうです。
ジュン母さん、ごちそう様でした。

インフルエンザがヒトの間でも大流行しているそうです。
皆さんも、餃子等スタミナのつくもの食べて、
ウィルスを跳ね返してください。
21:09  |  日常  |  コメント(15)

2011.02.06 (Sun)

晴天続き その2

こんばんわ~
今晩も鼻をこすりつけんばかりに運動に余念のない私です。

hanahana.jpg

目も閉じたままですし、なにやら瞑想しているようです。
「瞑想」といえば真っ先に思い出すものは何ですか?

松の実は「タイス」だそうです。でも、曲はまったく覚えていないそうです。
もう一つ思い出すのは、専門学校時代のルールで、各授業の始まりに必ず
「Meditaion for one minutes」と当番のヒトが声をかける習慣があったことです。
ちなみに宗教関係の学校ではありません。ごく普通のビジネススクールです。


松の実のお客様ご案内の旅は続いて、厚岸(あっけし)に行き、
厚岸名産「牡蠣」のご紹介、そして今年開通90周年を迎えた
「花咲線」のご紹介でした。

厚岸、道の駅「味覚ターミナルコンキリエ」で、牡蠣を堪能していただきました。

厚岸重

松の実がいただいたのは、「厚岸重」、牡蠣の照り焼きと
同じく厚岸特産シラスの天ぷらのコンビネーションです。
シラスの天ぷらがとても美味しかったそうです。

1両だけの花咲線は、典型的ローカル線で、
釧網本線とともに「乗り鉄」の方々のあこがれの路線です。

花咲線

鶴見台で又丹頂鶴を見ていただきました。
本当にウソのような青空ばかりの3日間でした。

ウソのような青空

SL冬の湿原号に乗車していただき、釧路市内春採湖そば「六花亭」のコーヒーショップから
世界3大夕日の一つといわれる釧路の夕日を見ていただきました。


六花亭の夕日

なんと言っても天気が良かったので夕日もバッチリでした。
皆さんも釧路にお越しの際は、美味しいケーキとともに
美しい夕日をご鑑賞ください。

松の実はお客様にとって釧路で何か一つでも美味しいもの、楽しいもの、
「へ~」と思ったことがあった3日間だったと良いな~と願っています。

シッコするのも力が要ります

コレは昨日の私です。
めずらしくお庭でシッコです。
最近、うんPするのも、シッコするのも、ご飯食べるのも
ぜ~んぶとっても疲れます、体力を消耗するのをヒシヒシと感じます。
そして、これ等をいたした後はゼイゼイ言いながら、ぐ~っと寝てしまうのです。
21:44  |  東北海道  |  コメント(10)

2011.02.05 (Sat)

晴天続き

こんばんわ~
暖かい日が続く釧路地方です。
おそらく三日連続プラス気温ではないでしょうか?

3日連続プラス気温

先日の私のでんぐり返しの日記では、
「茶々すごい!ウルトラCじゃない!」というコメントを
ちょうだいできるかと思っていましたが、
半分だけのでんぐり返しだったせいか、残念です!
最近はでんぐり返しにも慣れて来たせいか、
中途半端なものが多いのです。


2日から札幌からのお客様を2泊3日で釧路地方をご案内していた松の実でした。
天気に恵まれ、3日ともウソのような青空が広がった釧路でした。

今回は釧路の美味しいもの(海のもの、山のもの両方)をご紹介することも
大事な役目でした。

zennsai.jpg

釧路フレンチを提供するレストランのランチです。
前菜は釧路産「オヒョウ」を使ったサラダ仕立てです。
オヒョウは「大浜」と書く場合もあり、ヒラメのような白身魚です。、
ヒラメよりあっさり、モチモチしているのが特徴です。
お野菜はこの季節ですから、ゴボウのピクルスのみ釧路のものとか・・・

スープは「オニオングラタン」で、
比較的小さな食器一杯におよそ一個の玉ねぎが使われているそうで、
チーズはお隣町「白糠町」産、酪恵舎さんのものでした。

真鱈のなんとか


メインは今旬の真鱈です。
下のほうれん草は釧路市阿寒町産の「ちぢみほうれん草」。
何でも、寒くって縮みこみながらも成長したとても甘いほうれん草だとか・・・

続いて訪れた「阿寒国際ツルセンター」ではタンチョウが
貰ったえさの魚をつついていました。

お魚Getのタンチョウ

カラスが、「タンチョウ、魚を落としてくれないかな~」と待っていますね。
そんな中、ちゃっかりお魚をゲットしたとんびです。

おこぼれGETのとんび

いつもはタンチョウのほかに白鳥もたくさんいるのですが、
浜中町の白鳥から鳥インフルエンザが出たことや、
お金をかけて確保したタンチョウへの餌をそうそう他の鳥たちにまで
分け与えることができないのか、
白鳥はロケット花火で追い払われてしまったそうです。

仕方がないこととは言え、白鳥に同情してしまう松の実でした。
ここで不思議だったのは、タンチョウはロケット花火では逃げないことでした。
初めて、花火を使った時はタンチョウも驚いて逃げたそうなのですが、
2度目以降は飛び去るのは白鳥だけとか・・・
まるでタンチョウは花火は自分達に向けられたものではないと理解しているようです。

何故そこで

松の実のお客様との2泊3日のご紹介は明日も続くそうです・・・

今晩もこんなところで行き倒れた私です。
おやすみなさい~
明日、お休みの方、引き続き、楽しい週末をお過ごしください。
松の実のように「明日はお仕事!」の方、お気の毒です。
頑張ってください。
22:02  |  東北海道  |  コメント(9)

2011.02.03 (Thu)

ギャンギャン言っています

こんばんわ~


開きになっています


今日も松の実はおそ~くにならないと帰ってきません。
私に薬を飲ませて、朝ごはんを食べさせるためだけに
帰ってくるようなものです。

ここ数日、老化力がアップしたようで、昼間や夜の早いうちの運動会でも
「立てない!」とヒンヒンギャンギャンと言うことの多い私です。

先日もその運動中にキッチンで、ややしばらく立てなかった私です。
2分ほどかかって結果的には立ち上がったのですが・・・


[広告] VPS




ギャンギャン言って、松の実かお父さんが「ヨイッショ」と
起こしてくれるのを期待しますが、
この家でそんなに老犬に優しい人間はいないようです。


[広告] VPS




それにしてもこんなに泣き続ける私を撮り続ける松の実!
ある意味偉いと思います。
普通だったら、「可哀相に、どれどれ~」と言って助け起こすのが
飼い主というものですよね。

普段はもっと横着で、私のギャンギャンが聞こえると、
私を見にもこないで「茶々、頑張って!茶々はまだまだ自分で立てるよ~!」と
テレビを見ながら、パソコンしながら、ルームウォーカーしながら、
或いは飲みながら声だけ私にかけます。

実際、不思議なことに今のところ、なんだかんだ~で
私は、自分で立ち上がってはいるのです。

でも、コレが夜中だと、松の実はすっ飛んできて、
無言で私を回収します。
そのすばやいこと!
夜中にギャンギャンされると煩くって仕方がないからだそうです。
ギャンギャンのギャンが聞こえた段階で、さっと起きて、
私を回収して、バタンと自分の布団に倒れる松の実なのです。


近い将来、自分では立ち上がれなくなったとき、
松の実とお父さん、ちゃんと私が立てないことに気がついてくれるでしょうか?


歯もへたっています

足腰もへたっている私ですが、
歯もかなり年季が入ってチビています。
歯がないところもあれば、磨り減って?短くなってしまった歯もたくさん。
何より、ワンコの歯ってこんなにスキッ歯でしたか?
22:18  |  体調  |  コメント(7)

2011.02.02 (Wed)

ほろ酔いぷりん

こんばんわ~

数日前の日向ぼっこ

今日、明日、明後日と松の実はお客様をお連れして
釧路市内初め、厚岸や釧路湿原をご案内して、
釧路の美味しい食べ物等もご紹介しています。
帰りが遅くなり私の日記を書いてもらうことができません。
なので、あらかじめ書きためたものです。

今日は最近松の実お気に入りの釧路で生まれたプリンをご紹介します。
名前は「ほろ酔いプリン」です。

ほろ酔いプリン


釧路市内でアイヌ文化のエッセンスを取り入れたフレンチを提供する
「イオマンテ」さんが考案作成したものです。

釧路のミルクと釧路の地酒福司、
そしてフランス、ゲランドの塩が使われています。

先日初めて食べた松の実とお父さん、「美味しい!!!」って声をあげていました。
松の実は、プリンやゼリーなどが好きですが、
お父さんはこういう歯ごたえのないものはお得意ではありません。
でも、これは美味しい~って一気食いしていました。
私は残念ながら、お酒が入っているので食べさせてもらえませんでした。
濃厚でありながら、くどくない、でも、カラメルソースもプリンも
味わいが際立っているそうです。

ほろ酔いプリン2

このほろ酔いぷりん、我が家の近くにあるガレット専門店「イオル」や、
釧路フィッシャーマンズワーフMOO」内、「中野物産」でもお買い求めいただけます。


haa~~~

最後に最近の私の水飲みの様子です。
体力の衰えなのか、水を飲みながら、一瞬止まってしまって?
或いは寝てしまって?鼻を水につけたままブクブクしてしまって
自分でびっくり!ということがよくあります。

[広告] VPS


老衰の前に溺死するかもしれない私です。

21:04  |  東北海道

2011.02.01 (Tue)

やっぱり首の問題

こんばんわ~


あああ、首が重い!

昨晩は釧路の鉄道好きな方、東京の鉄道好きな方、
台湾からいらした鉄道好きな方とお食事だった松の実です。
皆さん、その世界では、名前の通った方ばかりです。
「SL冬の湿原号」が運行されるこの季節、
世界中から鉄道ファンや写真家が集まってきます。
昨日は特に重連運行の日だったそうで、いつにもましてマニアの方々が
釧路に集結!だったようです。

あっ、松の実は「鉄子」さんではありません、念のため。

今度の週末は、釧路の「こおり祭り」です。
松の実の職場近くの会場では、その準備が行われています。

自衛隊の方々がメインの雪像?氷像?を作成中です。

こおり祭り準備中2


さて、相変わらず私の頭は下がるどころか、
日に日に首のおなか方向への巻き込み度が激しくなっています。
松の実が「茶々、おなかが気になるの?」と聞いてきますが、
私のおなかは松の実の下っ腹みたいにでているわけではありませんので
気になりませんが、私の意に反して首は中へ中へと向かうのです。


コレがエスカレートすると

こうやって頭を壁に押し付けたり、床に押し付けたりしているうちに
こんななってしまいます。

こうなります

潰れています。
ほとんど二つ折れ状態です。

ご飯の入った食器に口を持っていこうとすればするほど
何故か鼻で床をほってしまうのです。
やはり頭の問題というか、意思の伝達をつかさどる神経が
プッツンしているのではないでしょうか?


[広告] VPS


この時は首を巻き込んで、一見にっちもさっちも行かなくなったようですが、
自分でリセットしていますね。
お父さんが、私を見て、「ありゃありゃ」って言ってます。
ありゃありゃ言う暇があったら、助け起こしてくれても良いのに!

[広告] VPS


この時は半分でんぐり返しをしてしまいました。
コレ半分だけですが、もっときれいなでんぐり返しをするときもあります。
松の実は目撃するたびに息が止まり、
心臓がキュ~ッとなるそうです。




明日から松の実は又、お客様をご案内する旅にでます。
何とかお泊りは逃れた松の実ですが、
帰りはかなり遅いので、いただいたコメントへのお返事は
金曜日以降になってしまうかもしれません。
それでもこの私のでんぐり返しに賞賛のコメントをしたい!という方は
是非、お願いいたします。
20:53  |  体調  |  コメント(15)
 | HOME |