2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2013.02.01 (Fri)

2月・如月・February

ぱらり~
松の実です。
茶々がいないので私一人でこの素敵なカレンダーをめくりました。

2月です

ケンタの姉ちゃんさんが作ってくださった茶々のオリジナルカレンダーです。
2月は雪景色を背景に最近の茶々のアップを集めてくださいました。

このひと月、あっという間でもあり、長かったようでもあり、
或いは何も感じなかったようでもあり・・・

今もこの家に茶々がいないことにひたすら違和感を感じています。
寂しいとか悲しいとか虚しいというよりも
圧倒的に「いない」という事実に違和感を感じてしまうのです。

2010年2月1日
2010年2月1日

台湾から帰ってきて、親と一緒に住もうと決心して
買い求めたこの家、茶々も一緒にこの家にやってきたのです。
今思えばこの家の主は茶々だったのです。
主のいない家はもう「家」ではないようです。
本当は「引越そう」と父に言いたいのですが、それもできず、
小さなことでも何か生活パタンを変えたくて
スマホにしたり、ipadを買ったりしました。
もともと携帯の利用頻度が極端に低い私、
ますます使わなくなりました。
ipadにいたっては、もしかしたらもう2度と箱から出すことは
ないのかもしれない、と思うくらい何がなんだかわかっていません。(笑)


2009年2月雪の降った朝
2009年2月雪の降った朝です

Leeさんのお坊ちゃまさんが旅だった時、
私はLeeさんが「大好きなシンガポールに行こう!」
となるべく早く思えると良いと思い、
事実そのようにお願いしたように記憶しております。
そして今回は私自身、私の心の拠りどころでもある台北に行って来ました。
台北の喧騒はいつもと一緒で私を安心させ、
30年近いお付き合いの先輩、同期、後輩も30年前と変わらず
バカバカしくも楽しく、そして優しく
周りの台湾人に負けないくらいにキャッキャッと大声で話し、
ゲラゲラと笑うひとときは、私の気持ちのリセットに
力を与えてくれました。
近いうちに万全な体調で訪台して、
さらにパワーアップしたいと思っています。

円山大飯店の白梅
台北では梅があちこちに咲いていました。

さて、2月です。
2月と言えば、節分にバレンタインデイですね!
今年は3連休もあります。
その3連休に、もう茶々はいないというのに
この私にわざわざ日本の真ん中から会いに来てくださる奇特な方が
いらっしゃるようです。
(吹雪を一緒に背負って来ないことを祈っています。)

母がいた頃、2度ほど節分に豆まきをしたことがあります。
古い日記にも紹介しましたが、豆を撒く父の後を
これ以上楽しいことはナイッて顔で
ピョンピョン飛び跳ねながら追っていた茶々の姿を
しっかり覚えています。
ちなみに窓を開けるのが面倒(寒いし、外に撒いた豆が汚いし)な
我が家の豆まきは「福はウチ~鬼もウチ・・・・」でした。

遥か昔
遥か昔、庭で雪とじゃれる

このひと月、茶々のあちらでの新しいお友達が増えた、とのご連絡を
数名の方からいただきました。
若いころはベッドをひっくり返す名人(名犬)だった
とてもハンサムな柴ワンコさん、
のんこ。さんはワンコの彼とふたり暮らし、
のんこ。さんの誕生日を一緒に過ごして旅立ったそうです。
いつもコメントで茶々を応援してくださった
cherryさんのさくらさんも、cherryさんに素敵なご縁をプレゼントして旅立ちました。
そして、eikoさんのわん太さんは1月18日に、
eikoさんご夫妻に見守られるなか、静かに旅立ちました。
今回初めて知ったのですが、わん太さんは阪神淡路大震災の被災犬だったそうです。
18年前の1月17日を体験して、
今年、その翌日の1月18日に旅立ったわん太さん。
虹の橋で、今後起こるであろう自然災害時に、
以前より良い対応が被災動物や被災された人間にも
できるように見守ってもらいたいです。

花とわん太
わん太さんです。雰囲気が茶々と似ていると言ったら失礼でしょうか?


どのワンコも飼い主さんと一緒に生ききり、
その旅立ちも自分で見事にセッティングしていったようです。
次の再会まで、台湾の喧騒に負けないくらい賑やかに
華やかに過ごしていてもらいたいです。

相変わらずグダグダとしてしまいました。
あまりにもシマリがないので、老い始めの、でもまだまだ元気で
「頑張っている」茶々をご覧ください。

[広告] VPS


足が滑っても滑っても頑張って食べる茶々でした。
良い週末をお過ごしください。




*一部修正・追加しました。
 
22:09  |  その他  |  コメント(140)
 | HOME |