2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.28 (Thu)

抱っこさせてくれるワンコはいませんか?

こんばんわ~
昨日の朝、恐らくこの冬(まだ冬です)最後とおもわれる樹氷が見られました。

この冬最後

とても寒くとても綺麗な朝でした。

でも本州では桜が真っ盛りなんですよね?

“ブンタさん”が送って下さった桜です。
(ありがとうございました)

ブンタさんからの桜

隅田川沿いの桜だそうです。
これを送ってくださったのは4~5日前ですから、
もうこの桜も散りかかっているかもしれませんね。

3月から4月にかけて日本は本当に縦に長いと実感します。


抱っこされています
母に抱っこされています。


私の体調不良は少しずつ改善されていますが、
全く改善されず、日に日にひどくなっているのが
「肥満」と「肩こり」です。


肩こりは何故か左肩だけ恐ろしく痛みます。
厳密に言うと左肩からぐるりと腕の付け根が痛いのです。
頼みの鍼も効果なし・・・・
経験したことのない痛みに、思わず大昔少女の頃に読んだ漫画やらドラマに
よく出てきた「骨肉腫」でなかろうか!?と考えたくらいです。
それは冗談ですが、「もしかして茶々がとり憑いているのかも!」と
鍼灸師さんに言うと、ワンコ大好き鍼灸師さんは真面目に
「そうかもしれませんね~」!!


次に考えたのが、全く逆のことで、
これまでずーっと抱っこしてきた茶々がいなくなってしまい、
左肩にかかる重みがなくなったので、体のバランスが崩れて
左肩が痛むのでは?です。
特に寝たきりになってからは、抱っこして左腕で茶々の前体重を受けて
ご飯を食べさせたり、昔から抱っこが好きだった私と茶々ですから
何かというと抱っこしていましたから・・・・

お父さんに抱っこされています
父に抱っこされています。


この肩の痛みを解消するために?
どこかに抱っこさせてくれるワンコはいないかと探しても
これが適当なのが見つからない~
茶々の実家のワンコやさんにはたくさんワンコがいますが
ほとんどがプードルなんです。
プードルでは軽すぎて・・・・
一頭ハンサムな柴ワンコはいるのですが、
奥様曰く「抱っこ?無理です!私達でさえできません!」と。
そうなんですよね・・・・

けっこう抱っこ嫌いワンコって多いんですよね。
茶々の日記を初めて少し経った頃、
抱っこ嫌いのワンコが多いことに驚いたものです。
「ウチのワンコは抱っこされまいと、足を踏ん張る」というコメントを
いただいたこともありました。
茶々は「あっ、抱っこだわ~」と思うとぴょんとしてくれたのです。

どこかに抱っこさせてくれるワンコはいませんか?

ガールフレンドさんに抱っこされて
父のガールフレンドさんに抱っこされています


ちなみに、この肩の不調を「おばさんバレエ」(マダムクラス)で嘆きましたら、
私よりお姉さまの面々が「松の実さん、それは50肩よ」ときっぱりおっしゃいました。
何をしても治らないけど、時期が来たらスッキリ痛みは消えるそうです!!!

松の実に抱っこされて
私が抱っこしています。
22:32  |  東北海道  |  コメント(37)

2013.03.25 (Mon)

一人遊びが好きな人、できないわんこ

こんばんわ~
少し前まで市内の裏通りはアイスバーンでしたが、
今はもう釧路市内ほぼ全域、道路は乾いています。
道路脇の黒く薄汚れてしまった雪の塊が春が近いことを感じさせます。

変わらないスズメさん

すずめさんは相変わらず、餌を食べにやって来ます。
最近はすずめさんの「餌はまだか?」のさえずりで目を覚ましています。


少し前に旭川のボビーままさんの杏樹さんが
ティッシュを箱から引っ張りだして遊んでいました。(イタズラしていました)

これまで何度も紹介してきたように茶々はイタズラというものを
全くしないワンコでした。
ただ、杏樹さんと同じくティッシュを引っ張りだすことは
一度だけしたことがあるのです。
喘息だった母は20年前のコメ不足の時も「お米がなくても我慢できるけど、
Kl◯enex(Kl◯enexだけが鼻も口まわりもかぶれることがなかったのです)
が無ければ生きていけない」と言うほど、Kl◯enexを側においておりました。

遊んでいます

ある日、母と二人テレビを見てると、母が私を突っつきます。
ふと、茶々を見ると、床に置かれたKleene◯の箱から、
夢中に、そしていかにも楽しそうにティッシュを一枚一枚引っ張りだしては
ペッとしています。
全部出し終わった所で、母が「茶々、珍しいね~茶々がこんなことするなんて~
ほ~れ~もう一箱あげるから、遊びなさい」とテーブルに転がっていた
どこかでいただいた景品の安いティシュを茶々にあげました。
なのに茶々は、ティッシュ遊びが飽きたのか、
或いはイタズラはやはり隠れてするのが良いのか
はたまた母と同じくKleene◯ではなけれがイヤだったのか
新しい箱をただ困惑しながら見つめるだけで、
それから2度とティッシュ遊びをすることはありませんでした。

母も私も茶々がイタズラしているのが嬉しくて楽しくて
もう一箱どうぞ!と言ったのに・・・・

遊んでいる振り

茶々と私は、性格がそっくりです。
人見知りで内弁慶、頑固で生意気で人を小馬鹿にするところなど
嫌になるくらい似ておりました。
ただし、一人っ子で子供の頃も大人になってからも一人遊びが好きだった私と違い
茶々は一人遊びができませんでした。
おもちゃを買ってあげても、誰かが一緒に取り合っこなど
一緒に遊んであげないと10秒たりとも一人では遊びませんでした。

誰か遊んで

大きなボールでも小さなボールでも必ず人(私)と一緒に遊ばないと
すぐにポイだったのです。

ボールを取ります

もっと遊んであげると良かったな~と今になって後悔する私です。

ボール取って来ました







21:38  |  思い出  |  コメント(24)

2013.03.20 (Wed)

春の雪でしょうか?

こんばんわ~
本州各地桜が咲き始めているというのに
釧路は雪です。
最後に近い雪であることに違いはありませんが、
この景色は同じ日本とは思えないのではないでしょうか?

最後に近い雪?

水分をたくさん含んだ雪です。
雪かきしなくても明日の夕方には溶けてくれるかもしれません。

3年前の3月上旬

これは3年前の3月上旬、きっと「雪だよ~」と言って、
もうヨタヨタだった茶々を無理やり雪の中に置いたに違いありません。
迷惑顔?の茶々です。


そしてこちらは3年前の3月19日の画像です。
お昼ごろまでは今日の庭もこんな感じで、
茶々がいたら春を見つけようとしていたかもしれません。

3年前の3月19日

あの5種類のお米のうち、「森のくまさん」と「夢しずく」を続けていただきました。

「森のくまさん」の日の夕食です。

森のくまさんの日

「森のくまさん」は例えて言うならば、超辛口の日本酒を一口飲んだ時のようでした。
粘りももちもち感もふっくら感もあるのに
何故だか甘さをほとんど感じない、とってもあっさりとしたものでした。
可愛いネーミングとは別の大人の味わいのお米でございました。

今日は「夢しずく」でした。

夢しずくの日

和食でも洋食でもOKの万能選手とあったので
お肉にしてみました。
塩麹に漬けて焼いた豚肉が焦げてしまったのが残念。

“さくらちん”さんが、粘りのあるお米が好きな私にはどうかな?と
コメントを下さいましたが、適度な甘味とお米一粒一粒がしっかりとした感じが
美味しかったです。
粘りがない、とは感じなかったです。

2日ともに私にしては珍しく、3品も火を使って作ってしまいました。
雪になったのはこのせいでしょうか?


おかずが毎日違うので正しい食べ比べとは行きませんが、
“鶴菊さん”のように「我が家のコシヒカリ」なんてものには一生縁がない
東北海道の庶民ですから、けっこう楽しいおコメの食べ比べです。



今日の茶々の前です。

ぼた餅に和菓子

約束通り「ぼた餅」を買ってきました。
そしてお彼岸用の何やらレトロで大きな和菓子もありましたので
甘い甘いアンコが好きな茶々に、と思い買って来ました。
なんと一つが525円!甘くて父は一口食べてギブアップ!
私は茶々になったつもりで4分の1ほど食べました。
きっとこれは虹の橋の他のワンコ達も甘すぎて食べられないかも・・・
茶々は最後に食べた口取りの甘さを思い出したでしょうか?

雪かきを見守る私

では、雪かきをしてきます。
ずーっと昔の茶々は、一緒に庭にでて雪かきを見守ってくれました。
雪かきを終えるとそのまま夜の散歩に行ったこともあります。

年取ってからの茶々は、上の画像のように玄関で見守る振りをしていました。
21:09  |  その他  |  コメント(31)

2013.03.18 (Mon)

美味しいものと、おもしろいものと、おもしろくないこと。

こんばんわ~
松の実です。
雪ではなく雨が降っている釧路です。
本州各地恐ろしいほどの強風が吹き荒れているとか・・・・
華奢な方もそうでない方も吹き飛ばされないように
お気をつけくださいませ。
私は以前、強風の中モコモコのロングのダウンコートに
大きなカバンを持って歩いていた際、
表面積がいつにもまして大きくなっていたせいか、
突風をもろに膨らんだ体とカバンで受けて
まじめに体が浮きそうになりました。


しっかりね


私は元気に飲んで、食べて、おばさんバレエで汗を流し、
適度にお仕事もガンバッテおります。

少し前からお酒のお供として大活躍していた白魚の紅梅煮です。
日本の真ん中の最近はバードウォッチングに目覚めた方特製です。

ハイジさん特製紅梅煮

こんなに大きな白魚を見た記憶がなく、最初の一口は勇気が要ったのですが、
(何やら煮てしまわれた際の苦悶の表情を浮かべているような・・)
食べてみると後ひく美味しさなのです。
あっさり味なのにコクがあるというか・・・
ご馳走様でした、ハイジさん。

先日、お向かいのお米屋さんで面白いものを見つけました。

一番美味しいのは?

お米屋さんお薦めのお米5種を2合ずつパックにしたものです。
味見として格安販売しているので、同種のものは2パックまでとなっていました。
私は面白くて全種類を一パックずつ購入。

ひと言コメントや炊き方のアドバイスが嬉しい心配りだと思います。
最初にいただいたのはななチロママさんいらっしゃる福井の「夢ごごち」。

その日の夕食です。
相変わらず代わり映えのしない食事ですが、この日の甘エビは絶品でした。

代わり映えのしない夕食

夢ごこちはもっちりとした歯ごたえがある私好みのお米でした。
普段我が家で食べているミルキークイーンも粘りのあるお米ですが、
夢ごこちのほうがもっちり感に重さがありました。

今は明日の夕食で何を試そうか思案中です。
皆さんは画像の中のお米たち、召し上がったことはありますか?




茶々がいない寂しさで、心に余裕がないせいか、
ちょっとしたことが気になったり、解せなかったりするようです。

どうしたものか・・・

先週の金曜日に地元紙に掲載された記事です。

中途半端な記事

エゾシカ猟をするハンター達へモラルの徹底を呼びかけるのが主旨だと思うのですが、
この件でそれを訴えるのはいささか極端すぎるというか、
無理があるように思えてなりません。
タイトルに「誤射か?故意か?」なんていうのは
明らかに行き過ぎだと感じてしまうのです。
「故意か?」なんて、なんの根拠も証拠もないのに、
読者の感情をただただ煽っているように感じます。
せっかく一度は助けられたワンコの命が、こんなことで亡くなってしまったのは
飼い主が放してしまったからというのが最大の原因だと思うのです。
確かに、誤射だとしてもそんな間違いを犯してしまう未熟なハンターに
このような場所で鹿討をすることは許されないことですが、
飼い主さんが放してしまわなければ、こんな事にはならなかったのです。
このワンコの保護団体は極めて良識的かつ常識的な団体なので、
こんな形で記事になってしまって残念でもあり、
この記事がこの団体も望んでいる内容なのか?という疑問すら覚えます。
田舎の山林、ワンコ達を自由に歩かせてあげたい、
「何も起こらないだろう」という想定と安心感も理解できますが、
放してしまったワンコの全ての責任は飼い主にあると思うのです。
いろんな意味でとても後味の悪い記事でした。


グダグダしないの

明後日はお彼岸ですね。
アンコが好きだった茶々のためにおはぎ、じゃなかったぼたもちを
買ってきましょう。

23:18  |  その他  |  コメント(26)

2013.03.01 (Fri)

3月・弥生・March

タッタッタッタ~

[広告] VPS


松の実不調につき、助っ人として虹の橋から出張サービスの茶々です。
虹の橋にいる割には足取りがヨタヨタ~には目を瞑ってくださいませ。

パラパラパラリ~ン

3月弥生March

ケンタの姉ちゃんさんが作ってくださったカレンダーも3月です。
我ながら可愛い私が4枚!
ケンタの姉ちゃんさん、私が松の実に家に来たのが3月だと
覚えてくださっていたのでしょうか?
それとも偶然でしょうか?

私は3月25日だったか、20日だったか・・・とにかくその辺りに
松の実の家にきました。

茶々ですけど、何か


もう小さくて可愛くて、お母さんもお父さんも松の実も私の虜でした。
下の画像は3月28日のものです。

ha~~i

とにかく私が一番可愛くて、賢く美人だと信じているお父さん、お母さん、松の実、
いつもいつも「茶々は可愛い」「茶々は賢い」「茶々は美人」
「ヒトの子は神童もただの大人になるけど茶々は大きくなっても柴犬界の天才」などと
言われ続けてきたので、私もすっかりその気になっておりましたら、
虹の橋には私よりもっと賢く美しく可愛いワンコがいっぱいです。
死んで初めて世間の広さというか厳しさを実感した次第です。

それでも虹の橋は良いところです。
チンピラ風、女番長風、絶世の美女、ガウガウわんこ、
女の子とみればとりあえず声をかけるイタリア男風、憂い顔、
イルカに乗った少年風、優男風、いつもハッピー脳天気、キャピキャピガール
いつも甘えた声で話さないと気が済まないワンコ
とありとあらゆるワンコがいます。
でも、皆、怖がらないし、羨まないし、バカにしないし、仲間はずれにはなりません。
深窓の令嬢として核家族の中で育った私、内弁慶、愛想なし、人見知りで
恥ずかしがり屋ですので、最初は虹の橋の仲間達にも戸惑いましたが、
今は私もみんなと仲良くやっています。

遊ぶ?

松の実は風邪がやっと治ったものの、
すっきりしない体調が続いているそうです。
それでも、ハイジさん、こた母さん、たたこさんと過ごした
3日間は楽しく美味しかったそうですし、
関西の旅行会社の方々に釧路をご紹介した3日間も
それなりに充実していたそうです。

ハイジさんと言えば・・・・

釧路っこのソウルフード
ハイジさんの画像をお借りしました。ありがとうございました。


この釧路っ子のソウルフードともいうべき「カツミートスパゲティ」(通称:スパカツ)
を食べた時のことでした。
熱々の鉄板にミートがパチパチ跳ねて落ち着かないハイジさんは
鉄板を回れ右させてカツが乗っている方を向こう側(反対側)にしました。
パチパチが収まって、フォークでスパゲティをつつき始めたハイジさんが
訝しげにとなりのこた母さんに囁きました。
「ねえ、私、カツミートを頼んだよね?私のカツがないんだけど・・・」って。
こた母さんも松の実も一瞬「???」の後、大爆笑でした。
ハイジさん、自分で鉄板をぐるりとしたのに~って!
釧路で最初の食事で素晴らしいボケを披露してくださり、
これから始まる3日間が楽しくなることが保証された瞬間でした。

ハイジさん、こた母さん、又お越しくださいね。


茶々より美人?
ちょっと私より美人?


このボードに描かれた私、私自身よりもちょっと可愛く女の子っぽく
描かれていますよね?
私の写真を基に手描きされたものです。
名古屋のくうちゃんさんと千葉のブンタさんが松の実に
プレゼントしてくださったのです。
ピンクのバラを背負って何やら宝塚風・・・少し気恥ずかしい私です。
くうちゃんさん、ブンタさん、ありがとうございました。

さて、そろそろ虹の橋に戻ります。

気軽に呼び戻さないでね
じゃね~


頑張っていっぱい"ももっちさん”とお嬢さんたちと楽しんだももえさん
虹の橋に来ることになったのでちゃんとお出迎えしようと思っていたのに、
松の実に呼ばれてしまって・・・
もう気安く呼び戻さないでほしいものです。

ももえさん、仲良くしましょう!

  
12:41  |  その他  |  コメント(62)
 | HOME |