2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.28 (Sun)

ゆっくり、頑張って~

こんばんわ~
もしかして冬にむかっているのか?と錯覚するほど寒い釧路です。
釧路だけではなく北海道全体が寒さに覆われているようで
阿寒湖や知床では雪が降っているそうです。


そんな寒いゴールデンウィーク初日の昨日、
釧路湿原をゆっくりのんびり走る「くしろ湿原ノロッコ号」
今年の運行を開始しました。

2013ノロッコ号

ノロッコ号も今年で運行開始から25年だそうです。
釧路にお越しの際は是非、ご乗車ください。
でも、もう少し暖かくなってからのほうが良いかもしれません・・・
湿原の風を感じながら走るのはちと寒すぎです。


honya~
はなさんだと思った~?


この日記にリンクを貼らせていただいている茶々の先輩やお友達達の
多くが茶々同様お引越しを済ませ、又あちらで茶々と遊んでくれていますが、
まだまだここで飼い主さんと老犬の王道をがんばって進むお友達もいます。

その一頭がemihanaさんのはなさんです。

はなさん、2~3年前の茶々とそっくりなのです。
顔つきも、その体型も、繰り広げられている多くのことが
あの頃の茶々と同じなのです。


テーブルくぐりもお得意でした

はなさんもテーブルくぐりがお得意のようです。
あっ、でも茶々はお洋服に穴は空けなかったし、
背中にももちろん穴は空けませんでした。

はなさんは寝ていました

こんな格好のまま寝ていたはなさん。
これは茶々の負けでしたね・・・
茶々はたぶんこの姿勢では眠られなかったハズです。

こんなこともできました

ウチの茶々はこんなポーズもお手の物で
さらにでんぐり返しに進化して行きました。

何の事ない、ストレッチでした

こんなヨガごときのポーズを取っては、
息の根が止まるかと思うほどびっくりさせ
飼い主に緊張感を与えることに成功していた茶々です。

はなさん、「ノロッコ号」のようにゆっくりのんびり老犬の極意を会得してくださいね。
なんなら四半世紀かけて老犬の奥義を極めても良いかと存じます。

引き続き、楽しいゴールデンウィークをお楽しみください。

明日は札幌のホッキョククマのツインズと
レッサーパンダ達に会いに行ってきます。
少しは温かくなると良いのですが・・・・
23:33  |  その他  |  コメント(26)

2013.04.26 (Fri)

何で?どうして?

こんにちわ~
明日からゴールデンウィークでルンルン(死語ですね)という方も多いかと存じます。
私は一応今日からゴールデンウィークです。
と言ってもアチコチに留守番勤務があり、
ゴールデンウィーク気分も半分と言ったところです。

いよ~っ!


本州各地では桜前線も終盤に入ったようですね。
北海道上陸は今月末でしょうか?
それとも5月まで持ち越しかも・・・・

少し前にコメントをくださるbさんがとっても素敵な画像を奥ってくださいました。
bさんは昨年も同じく長野高城公園の桜の画像を送ってくださり、
茶々の日記で紹介させていただきました。

桜の団子


桜のお団子状態です。
この状態は山桜が主流の東北海道ではなかなかみられないのです
高遠の桜はなんでも「タカトウヒガンザクラ」と言い、
古くから「天下第一の桜」と称されてきたそうです。


中央アルプスを望む


中央アルプスを背景にした桜です。
その名前の通り日本離れした雪の山々と極めて日本的な桜が
一枚の画像に収まっている不思議さと美しさ。

ちなみにbさんは、ワンコがたくさん公園にいたので、
ワンコに目がいってしまって桜を楽しむことを忘れかけてしまったそうです。
(bさんは昨年のお花見でもお引越しした愛犬に似たワンコを見つけて
目が釘付けとなってしまったそうです)


私、ふと思ったのですが、何で又ご大層に日本アルプスなんだろう?と。
ウチの父や若い頃の私のように外国かぶれしたどこかの日本人が
偉そうに知ったかぶりして「アルプス」の名前を拝借したのかな?と思いましたら
1881年に刊行された『日本案内』の中で、飛騨山脈を調査したイギリス人鉱山技師の
ウィリアム・ゴーランドが、ヨーロッパのアルプス山脈に因んで、
そこから見え山脈と周辺の山々を「日本アルプス」と紹介したのが由来だそうです。

私は本家本元のアルプスも日本アルプスも見たことがないので
比べることはできないのですが、ゴーランドさんは
ヨーロッパのアルプス山脈の面影をこの日本の山々に見たのでしょうか?


ところで、「アルプス」と聞いて、何を一番に思い出されますか?
私は「♪アルプスいちまんじゃく~こやりの上でアルペン踊りをさ~踊りましょう♪」です。
この歌も不思議な歌詞ですよね。
小学生の頃歌わされました。
その頃は歌詞の意味など考えず、アルプスだからヨーロッパの歌だろう、と
思っていたはずです。
この歌って29番まであるとご存知でしたか?
29番まで歌える方ー?
一万尺(3030m)は日本アルプスの高さを表しているってご存知でしたか?
私は、29番の歌詞のうち、飛び飛びに記憶がありました。
小学校3年生から6年生までの担任だった先生が山好きな方だったので
小学生に支障のない歌詞のところを教えてくれたのでしょう。
「花摘み」と「雉撃ち」の意味を教えてくれたのもこの先生でした。

今日は私の「不思議ちゃん」熱が高かったようで、
読む文章読む文章ひっかかります。
バードウォッチングに目覚めて久しいハイジさん
「ツバメさん、来ないかな?若いツバメさんでも良いよ!」と
発言されていました。(きゃ~っ!大胆!)
もちろんこの「若いツバメ」の意味はわかっておりますが
何故にツバメなの?と不思議に思うと、
なんと平塚雷鳥さんの恋物語までその由来は遡るのだそう。
「若いツバメ」も随分と歴史的かつ由緒正しい?ものだったのですね。


東北海道の桜はまだ先の話で、寒い日が続いているのですが
春を感じさせる時鮭漁が今年も無事に始まりました。


初物の時鮭


初物の時鮭です。
とっても良いお値段でしたが、
それはそれは美味しく、ぺろぺろぺろりんと食べてしまいました。


ご飯・ごはん・gohan


若い頃はお米も魚も食べなかった茶々ですが、
年取ってからは両方とも好きになったようです

私のご飯も一緒

もっとたくさん、茶々と一緒に時鮭、食べたかったです。

長崎Bさんが教えてくださったとおり、
雨が降ってきた釧路です。

それでは楽しく有意義な?ゴールデンウィークになりますように!


16:15  |  その他  |  コメント(28)

2013.04.21 (Sun)

コチョコチョ~

こんばんわ~
3時ごろから雪になった釧路です。

雪になりました

ものすごい勢いの雪なのですが、画像に収めるのは難しい~

我が家の庭のチューリップも下の3年前と同じくらいに育っているのですが、
この雪で凍えてしまうかもしれません。

3年前の春2

19回茶々と春を迎え、こうしてチューリップの成長を一緒に見守ってきましたが
今年からは茶々がいないことを改めて感じるこの頃です。


北海道新聞紙上に「お~い栗之助」という4コマ漫画があります。
(おそらく他紙でも連載されているはずです)
時代漫画?で栗太郎という少年に飼われている栗之助というわんこが頻繁に登場し、
わんこ好きな人間の感情のツボにはまるエピソードが多いのです。

先日の漫画もその一つ・・・・

kochokocho.jpg

このワンコに「脇の下コチョコチョ」って一度はやったことありませんか?
私は何度も茶々にしました。
そしてこの栗之助のように「何?」って不思議がられ
あるいは軽蔑のまなざしで見られたこと限りなく・・・・

茶々は脇の下も顎の下もくすぐったくないようでしたが、
笑いこそせずとも茶々が「感じる」ところはありました。

足の裏のちょっと上のとっても柔らかい毛が生えていたところです。
そこをそ~っとそ~っと擽ると、かなり気持ち悪いらしく
ものすごい勢いで足をバンバンって蹴る、
或は何とも言えない足の動き―足裏を開いて閉じてをしようとしていました。
それが面白くて何度も擽ると、例によって侮蔑の一瞥を私に投げて
大きなため息とともに私の横から去っていたものです。

このあたり


こんなことばかりしていた私、
茶々、まだ怒っているかな?


気持ちよく寝ているといたずらされた



このワンコの感じるスポット、
ワンコによって違うのでしょうか?
脇の下や顎の下が「くすぐったいワン」というワンコはいますか?



17:42  |  思い出  |  コメント(37)

2013.04.16 (Tue)

おみやげは買いますか?

こんばんわ~
関西から帰ってくると、お庭にクロッカスが咲いていました。

クロッカス咲きました

でも、夜中から明朝にかけて雪が降るそうです。
まっ、想定内のことですね。
もちろん、スタッドレスのままの私の車です。

せっかく咲いたクロッカスが凍えないことを祈るのみです。

旅行の楽しみは、名所旧跡等の見学もありますが、
その土地ならではの美味しいものをいただくこと、
そして、待っていてくれる方に、或いは自分へのお土産を
買ったり、買うのを迷ったり~
今回、待っていてくれるヒトはおりませんでしたので、
(いつもは父に何かを買ってきます)
お土産らしいものは購入しなかったのですが、
吉野でズラリ~と並んだお土産屋さん、
どこも似たようなものを売っているのですが、
延々と続くそれらの土産店を見ていると
何か買って帰らねば!と思ってしまった私は
格好のカモというやつでしょうか?

吉野ですから買いましたよ。

吉野葛

吉野葛とそれらの製品です。
買う時からちょっと考えていたのです。
「この葛を買って私ははたして使うことができるだろうか?」と。
お店のおじちゃんが品物を袋に詰めながら、
「葛のレシピを入れておくからね」と言いつつ、
最後にしっかり私の目を見て、やたらと力を込めておっしゃいました。
「頑張って作ってね!」と。
おじちゃんにはわかったのですね。
私がよほど頑張らないと、この葛を使うことはできないと・・・

吉野葛の胡麻豆腐

今日の夕食です。
葛は使いませんでしたが、パカっと開けてわさびをちょこっと乗せるとオシマイ!の
葛入り胡麻豆腐をいただきました。
買ってきた甲斐がありました。

お土産を買ってしまう派ですか?
それとも、どうせ買っても~と我慢出来る派ですか?

関西に行って私が葛を買ったり、
たこ焼きを食べて終わりになるわけがないことは
この拙いブログを読んでくださっている皆様はとうにお見通しだと思います。
3年半振り?の宝塚観劇をどっぷりと楽しみました。

東京と宝塚で観劇

私が3ヶ月に一度は宝塚に、ひと月に一度は東京宝塚劇場に通いつめていたのは
2007年12月までの話です。
この日記を始めて最初の夏にm太郎さんと大阪でお会いして以来の
宝塚であり関西の旅でした。

宝塚は世代交代が早い世界ですので、
顔も名前も知らないジェンヌさんばかりの舞台でしたが、
やはり宝塚は宝塚!
昔と同じようにどっぷりと夢の世界にひたり、観劇の最後のほうは
以前同様、この時間が終わっていくのが悲しくて、
ジェンヌさんの全力の舞台で心が洗われて、
ただ涙がダラダラと出て行くのです。
客席は暗いので、私の涙なんか誰も気にしません。
流れるに任せた涙が出切ったら、運動をした後のような
心地良さと体の軽さを感じるのです。

少し変わった観劇の楽しみの一つに、ショーなどで出番を終えたジェンヌさんが
全速力で舞台袖に引っ込む姿を追いかけることがあります。
全力で舞台で歌ったり踊ったりした後、次の場面のために
必死で舞台袖にはけていく姿を見ていると私も明日から仕事を頑張ろうと
何故か思えるのです。


寝て待ってあげた頃


今回、土曜日に一回、日曜日は朝6時半の新幹線に乗って
東京で11時開演の公演を一回観劇して帰ってきました。
私の宝塚通い、復活してしまうかも、と少し嬉しく、少し恐ろしい思いの私です。
何故、恐ろしいか?宝塚ってハマると色々とお金が飛んでいくのです。

又宝塚に行ってきたのね


21:28  |  その他  |  コメント(57)

2013.04.15 (Mon)

楽しい、美味しい関西

こんばんわ。
先週の木曜日から昨日まで3泊4日の関西旅行に行っておりました。
父の80歳を関西にいる叔母たちがお祝いしてくれるということで
計画した今回の旅行でした。
短命の父方の家では、父が80歳到達最初の人間です。

大阪城
最初の夜のホテルから見えた大阪城


せっかくだから一生に一度のつもりで「吉野の桜」に合わせておいで~という
叔母たちの意見をきいてこの時期にしたのですが、
例外的に早くに、そして一度に咲いてしまった吉野の桜、
残念ながらその素晴らしさを実際に見ることはできませんでした。
これは、またの機会があると思えばなんということはありませんね。

それでも遠くの山はこの美しさでした。

吉野の桜

桜はなくとも、計画を変えられずに集まった旅行客がワンサカ!
田舎者の父と私とこちらから参加した叔母は10分ほど歩いただけで
あまりの人波に眩暈を起こしてしまいました。

吉野の桜と人波を堪能した後は、私は父と別れて
一人梅田を目指し、数年前まで3ヶ月に一度は宿泊していた
慣れ親しんだ阪急系の某ホテルに宿泊。

地震そのものよりも携帯の緊急地震警報音にひたすらびっくりした朝を迎え、
3年ぶりの宝塚大劇場を目指しました。


夢にまでみた大劇場の「たこ焼き」です。

宝塚大劇場のたこ焼き

私は、ここのたこ焼きが日本で一番美味しいと信じております。
初めてここのたこ焼きを食べた時は、ほとんどカルチャーショックでした。
北海道で食べるたこ焼きとは全く違う食感だったのです。

たこ焼きってぼそぼそしたお団子のようで、
ソースの味でごまかされて食べるイメージだったのが、
大劇場のたこ焼きはフワフワッのとろ~り!
もう、美味しいのなんのって!夢中になって食べていました。
一皿はたこ焼き、もう一皿は明石焼きと、
以前は一度に2人前を食べていたほどです。

ある宝塚関係のサイトで、やはり私のようにここのたこ焼きが一番!と書き込んだ方に、
関西在住の方が「あのたこ焼きを美味しいと言われると複雑・・」書いてあるのを見て
本物のたこ焼きはもっと美味しいのか!と、いつか関西人が「美味しい!」と思う
たこ焼きを食べてみたいと思い続けている私です。


宝塚はたこ焼きも美味しかったのですが、
桜もまだまだとても綺麗でした。

宝塚の桜

昔は「宝塚ファミリーランド」と言って遊園地?だった場所に
今はイングリッシュ・ガーデンやら、ドッグラン、ワンコを初めとする
小動物と触れあえる施設があります。


北海道犬のふぶきちゃん


北海道犬のふぶきちゃんです。
以前顔なじみになったスタッフさんから、
日本犬はなかなか他のワンコと仲良くできないので
ふれあい広場に入れることができずに別飼育になることが多いと
聞いたことがありました。
このふぶきちゃんもそのパターンなのでしょうか?
ボーダーコリーと2頭でケージに入っていました。

こんな可愛い座り方をするふぶきちゃんと仲良くしたかった私です。


家を完全に空けるなんてこの家を買った年以来のことでしたので
茶々にお留守番を頼んで行きました。

茶々は留守番

ちゃんとお花も綺麗に咲かせて、泥棒もよせつけず、
昔のようにきっちりお留守番してくれていたようです。


お留守番していました

たとえ、3泊でも旅行は、日常とは違うちょっとした緊張感や期待が
良い気分転換になります。
次はいつどこへ向かって旅立てるでしょうか?
仕事とお財布と相談しながら、次の計画を練って行きましょう。
計画を立てるのも旅行の楽しみの一つですよね。


21:50  |  その他  |  コメント(15)

2013.04.08 (Mon)

新しいお友達

こんにちわ。
この数日で茶々のお友達が相次いで虹の橋にお引越しをしました。
偶然にも2頭とも関西在住で白いワンコです。

お友達が増えました


太郎君は茶々と私の最も古いお友達ワンコの一人です。
もう10年ほど前に「宗さん」という飄々と生きる老犬ワンコのサイトで
お友達になりました。
大きくてハンサムで気が良くて、飼い主さんがいつも
頭に何やらおかしなものを乗っけても優しい微笑みをたたえつつ
モデルを努めていました。
超高級羽毛布団に横たわる姿は、どこかの王族のような風格を漂わせていたものです。

そうそう、背中に鶴が飛んでいました。
白いワンコですが、背中の薄いベージュの毛で飛翔する鶴を描いていたのです。
私は、タンチョウの街「釧路」のPR大使になって貰いたいと思っていました。
タンチョウを背負うワンコがPRする釧路、
絶対受ける!一時はまじめに思っていました。
実現していたら、今時のゆるキャラなんて足元にも及ばない人気を博したことでしょう。

大きなワンコなのに、19歳まで頑張りました。
m太郎さんに看取られて、静かに穏やかに虹の橋に向かったそうです。

お友達をお迎えに

もう一頭はこちらでも紹介させていただいたことのある
おばばさん(本当の名前は、はなさん)です。
茶々の晩年も晩年になって応援のコメントをくださり、ご縁が始まりました。
私は茶々以上のぶっ飛びはそうそう居ないのでは?と思っていたのですが、
上には上がいるものですね。
はなさんのそれは、本当に凄まじく、紹介された動画を見ては
「う~ん」と唸るしか能のなかった私です。
頭のなかにある悪いでき物がそうさせていたそうです。
茶々より大きなはなさんには小さすぎるだろうな~と思いつつ
ダメもとでお送りした茶々の車椅子を上手に乗りこなしてくれたのは
本当に嬉しかったです。
珍しく父と二人仲良く、車椅子でグルグルするはなさんの動画を見入っていました。

はなさん、若い頃は辛い時期もあって、老犬と言える年になってから
もーちゃんさんのお家に来たそうですが、
それからの「やかまし家」では楽しく愉快な毎日だったことでしょう。
はなさんも18歳6ヶ月まで頑張りました。

心配しないで


太郎君もはなさんも、飼い主さんと一緒に居たい!
飼い主さんの「まだまだ一緒に居てね!」という思いに応えるため、
本当によく頑張ったし、お世話をさせてあげての
あっぱれ!なお引越しだと思います。

安心して眠ってね


飼い主さんにとっては、生活の全て、生きる全てのワンコの引越しの
「どこかあっぱれじゃ~」と思われることでしょう。
時には、もっとしてあげる事があったのではないか、などと
ご自分を責めたりすることもあるかもしれません。

私も、今だに後悔と反省の毎日ですが、こんなダメ飼い主のもと
私の「茶々、もっともっと一緒に居てね」という私の願いを叶えるため、
限界以上に頑張ってくれた茶々に感謝の気持でいっぱいです。

仲良くするから


m太郎さん、今度は美味しいたこ焼きのお店に連れて行って下さい。
もーちゃんさん、泉屋のスパカツを完食するため、釧路にいらしてください。

どちらも必ず実現する日が来ると信じて待っています。

釧路の遅い春の中、我が家で最初に咲いた白い小さな花を
白いハンサムワンコと白い美女ワンコに捧げます。

スノードロップと言うそうです。


最初の花
23:54  |  その他  |  コメント(32)

2013.04.05 (Fri)

4月5日金曜日

こんばんわ~
新年度に入って初めての週末ですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

運命のままにおひるね


BOSS母さんのお仕事は一山越えたでしょうか?
ボビーままさんの痛みは和らいだでしょうか?
はなさんは今日も4本の足の他に大切な鼻も上手に使って
体を支えているでしょうか?
おばばさんはまだまだんもーちゃんさんと一緒にいるため
何か口にすることはできたでしょうか?


私はこの一週間本当に珍しいことにトイレに立つ時間も惜しいほど忙しく
何も考えずにひたすら仕事を片付けることに集中していましたら、
5時半の終業時間になって「ああ、もう5時半、茶々が待っているから帰らなきゃ」と
今だに思ってしまった自分にびっくりした次第です。

そんな忙しい中、お久しぶりに同じような年の女3人が集まって
美味しいものを食べに行きました。

行ったお店は3人のお気に入りの「オルディネール」という
こじんまりとしたフレンチレストランです。

オードブルいろいろ

オードブルです。
手前の楊枝に刺さったもの何かお分かりになるでしょうか?

私は一瞬食べずに茶々に持って帰ろうかな?と考えました。
砂肝です。
茶々が大好きだったスナギモです。
私はあの独特の歯ざわりが苦手なのですが、
茶々は大好きでした。
スナギモと人参ともも肉を炒め煮したものを長い間食事としていました。
まとめづくりをしていたのですが、作りたてのものは
大喜びで食べていましたが、2日目からの一度冷凍したものは
いかにも不味そうに食べたら良い方、匂いを嗅いだだけでフンと言って
立ち去ることが多かったのです。
究極のグルメか単なる我儘か?

白糠産エゾシカ肉

この日、白糠産エゾシカもも肉のローストの美味しさにひたすらびっくりしました。
何度か紹介してきたように、北海道ではエゾシカが増えすぎて
「鹿肉を食べましょう」キャンペーンを何年も展開しています。
ただ、これまで食べたエゾシカで本当に美味しいと思ったのは
ほんの僅かです。

このエゾシカのローストは、ヨーロッパ等で「ジビエ」として珍重される
というのが初めて理解できた美味しさでした。

この美味しさ、観光で釧路にいらっしゃるお客様にも味わっていただきたいです。


鼻の命ずるままにおひるね


人が開発や乱獲で自然体系を壊してしまったのでエゾシカが増えすぎて、
今、エゾシカにとって北海道は住みやすい場所ではありません。

2週間ほど前の新聞にこんな記事が掲載されていました。

3本脚のエゾシカ

こんなハンディを負いながらも、少ない餌を何とか見つけ、
ハンターから逃れ、冬を越せたシカもいれば、
おそらく健康体だったのに、ハンターに仕留められて
私の口に入ってしまうシカもいる・・・

運命って? (1)

命もその命持つ運命も不思議です。
21:54  |  その他  |  コメント(27)

2013.04.01 (Mon)

4月・April・卯月

こんばんわ~
今日から4月です。

今月もケンタの姉ちゃんさんが作ってくださった茶々のオリジナルカレンダーを
一人めくりました。

4月April卯月


上の2枚の茶々は私達家族を監視というか見張っています。
冬の間、茶々もななちゃんボビーさんのようにストーブにくっついておりましたが、
茶々はいつも背中をストーブにつけて顔はリビングの中央に向けられて
やはり見張りを怠りませんでした。
いつもいつも家族を見はっていた茶々ですが、
本当は見守ってくれていたのかもしれません。

そして、ついこの間「虹の橋に戻ります」で私が使った茶々もいます。
実はこの茶々は、おやつのある場所へ誘導しようとしているのです。
最後は一応ワンコとしての勤めを果たす茶々です。
この後の茶々のため息が聞こえてくるようです。


昨日、3月31日、阿寒から阿寒湖にかけては雪が降り、
釧路でも気温が下がり、再度このような氷の花が咲きました。
今度こそ最後だと信じたいです。

3月31日の朝

3月31日はこんな冬模様であっても、4月となれば
気温は昨日と一緒でも「春」を感じるものです。
新年度であり、日本では1月同様新しい年の始まりでもあります。


監視中2


この新年度から変更になること、良いことばかりではないようですよ~
厚生年金支給開始年齢が男性60歳から61歳に引き上げられます。
全国の電力会社10社が電気料金を値上げするそうです。
我が北海道電力さんも夏以降の値上げを目指すそうです。
(目指さないでいただきたいものです)
小麦粉が値上げになるそうです。
(大好きなパンが値上げされるのでしょうか?北海道産小麦、ガンバレ~)
家庭用の食用油も値上がりするそうです。
(これは我が家にはどのくらいの影響があるのかちょっと予測不能)
65歳までの雇用確保が義務付けられたそうです。
でもこれは正社員の話ですよね、きっと。
私のような1年毎の契約社員に関係する改正では
契約更新を繰り返して5年を超過した者は、
本人の申し出により無期限の雇用を確保されるというものがあるそうです。
雇い止め防止のためだと思われますが、
今日の4月1日から数えて5年を過ぎた者が対象なのです。
そんなの会社は5年後の今日の少し前に解雇してしまえば同じではないでしょうか?
今日4月1日の段階で5年以上同じ事業所で契約更新を続けてきた人間達に
無期限雇用の申し出をさせてくれなければ意味のない改正だと思います。
そういう私は平成9年より一年一年契約を更新してきて今に至っていますが、
毎年2月は契約更新ナシを言い渡されるのでは?とドキドキです。

とりあえず、今日から一年は又同じ会社で働くことができます。


下の画像は3年前の4月2日のお庭に佇む茶々です。

春?

庭の様子は3年前のとほぼ一緒ですが、茶々がいません。
これから季節が変わり、庭の様子が変わるたびに
茶々がいない庭を実感するのかもしれません。


茶々のいない2013年4月1日の庭


4月1日、本当なら希望と期待に満ちた明るい話題を
書きたかったのですが、批判と愚痴になってしまいましたので、
最後は笑えるかな?という動画をご覧ください。
やはり3年前の4月の茶々です。

[広告] VPS


すごい格好で眠りにおちていますよね。
次はちょっと無駄に長いのですが、よろしければ見てあげてください。

[広告] VPS


最後の咳が、人間のおじいちゃんのようではありませんか?
起きがけにゴホゴホガーッて。

今手元に残っている動画はすべて茶々が年をとってからのものです。
もっと若い頃の動く茶々も欲しかったな~と今更ながら思うのです。

20:04  |  その他  |  コメント(25)
 | HOME |