2013年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.27 (Sun)

動物園へ行こう

こんばんわ~
日曜日の夜です。
ただいま外気温は6度です。

ここのところ、休日でもお仕事が入ったり、
どこかに行こうと思っても雨降りだったり台風だったりでしが、
今日はまあまあの秋晴れ。

お昼はいただきもののへぎそばを食べました。

へぎそば


せっかくの「へぎそば」ですが、「へぎ」と言われる器があるわけでもなく
「一口ずつ食べやすいように盛り付ける」余裕があるわけでもなく
茹でたら、が~っと食べたい私なので、こんなスタイルになりました。
ツルツルとのど越しがよく、あっさりとして、
いくらでも食べれてしまうお蕎麦でした。
ご馳走様でした。
(薬味くらいないのか?と思った方、ご心配なく・・・父にはあります
私はお蕎麦だけを味わいたいのです。)

午後からはどうしようかな~
お家いたらやっぱりリセット中にも関わらずいただいた
大好きな「きなこねじり」に手を出してしまいそうですし・・と
釧路市動物園でライオンの赤ちゃんが生まれたので
会いに行くことしました。

リセットなのに・・・
渋い色の布巾も一緒にいただきました


アルパカの子供も10月初めに生まれていたのでした。
この子たちお父さんは一緒ですが、
お母さんは別。
お母さん2頭はそれぞれ1日違いで赤ちゃんアルパカを
生んだのだそうです。
お父さん~凄い~

相次いで生まれたアルパカの子供

一人の子が葉っぱを咥えて近づいて来ました。
葉っぱをもらってあげるべきだったでしょうか?

動きまわるレッサーパンダ

レッサーパンダの敷地にある木が美しく紅葉していたので
一緒に画像に収めたかったのですが、チョロチョロ動き回るこの子と
私の技術では無理な話でした。

お母さんと仔ライオン

そしてお母さんライオンと子ライオンです。
見えていませんが右端にもう一頭子供が隠れております。
新聞にも掲載されておりましたが、
このお母さんライオン、なかなか迫力があるのです。
こうやってガンを飛ばすだけではなく、
子ライオンが人がへばりつくガラスに近づくと
人と子ライオンに割って入って人に我が子を見せないようにするのだそう
(お母さんが子供を守ると言うヤツですね)

[広告] VPS


私がいる間に「ぱくぱくタイム」となり
お肉の用意されたお隣のお部屋が開きました。
子ライオン達は肉にかじりつき持ち歩きますが
まだうまく噛み切れないようでした。
たまに、噛みきれなくって「オエッ」となっていたほどです。

[広告] VPS



お母さんライオンはひと通り子ライオン達が肉に飽きるのを待ってから
食べ始めた姿に感動でした。
あのガン飛ばしも母親としての愛情の深さ故なのですね。


我が家の夕食はイ◯ン釧路で買ってきた「ババカレイ」の煮付けでした。
新聞ではサンマが豊漁とありましたので、
今年最後のサンマにしようかと思いましたが、
お魚コーナーのおじちゃんが「サンマはもうね・・・脂がね・・・
あんまりね・・・勧めない・・・かな?」と。
歯切れが悪い!!!
私「じゃ、こっちのババカレイは?」
おじちゃん「そっちのほうが断然絶対美味しい!!!」って。

27日の夕食


いつものように、お酒を惜しげも無く使ったせいか
おじちゃんの言うように「断然絶対美味しい」ババカレイの煮付けでした。

あれ?茶々は?

[広告] VPS
20:28  |  東北海道  |  コメント(23)

2013.10.25 (Fri)

あえて・・・

こんばんわ~
台風の進路は少しそれたようですが、
それでも暴風雨への警戒が必要な地域があるようですね。
皆様もお家もお気をつけくださいませ。
釧路も朝から雨降りです。

ここのところ、世の中、面白くないニュースが続きます。
我が家の第2の台所と言っても良い某大手スーパーさんに
お米を卸していた会社の産地偽装事件、
私の愛する阪◯阪◯系列ホテルなどのメニュー食材誤表示、
黒ネコさんの温度管理の問題などなど・・・

学習能力ない人多いんですね


特に食品関係は、数年前の北海道ミートホープ事件を始め、
北海道の「白い恋人」に、あの「赤福」の賞味期限改ざん事件など、
数年おきに食品関係の不祥事が続いてきて、
いくらでも表沙汰になる前に正すきっかけはありそうなものなのに
自分のところの不正はバレないって思っていたのでしょうか?

ここは茶々に懐かしの喝!を入れてもらいましょう。



ただ、私はこういうことある度に、末端で働いている人を思います。
大きな組織の末端で働く多くの人達は与えられた業務をただ真面目にこなしています。
でも、きっと今日も阪◯のレストランで働くスタッフ達は
お客様から怒られたり、イヤミを言われたりしたことでしょう。
黒ネコのお兄さんも「もうオタクに宅配は頼まない」なんて言われたかもしれません。
自分たちもそんな不正が自分の会社で行われていたなんて
恐らく知らなかったであろうスタッフがお客様からの苦情の矢面に立たされることに
組織とはそんなものと思いつつも理不尽さを感じてしまうのです。


嘘はいけません


昔、母が冬に緊急入院した時にスイカが食べたいと言いました。
近くのイ◯ンで買ったスイカは、とても酸っぱく苦味すらもありました。
「これはもしかして腐っているのでは?」と思った私は
イ◯ンに電話をしましたら、すぐに果物担当者がスイカをひとつぶら下げて
我が家にお越しになり台所に散らばったスイカを味見をして、
「腐ってはいません。冬のスイカですから・・・でも、美味しくないですね。
私が持ってきた方を切ってみましょう」と味見をしつつ、
「こちらのほうがかなりマシです。こちらを召し上がってください」と
言って帰って行きました。
父も私もその素早い対応に「さすが大手さん」と感心したものです。

ふんばって

一昔前、頻繁に宝塚観劇のために梅田の新◯急ホテルに宿泊していました。
ある時若かったので、風邪をひいたまま大阪に飛んだところ、
ホテルの部屋の暖房が苦しくって仕方がない!でも、暖房を調整することも
切ることもできないというのです。しかも窓も開かない・・・というのですが、
フロントの方が「特別に」と何やら工具を持ってきて
お部屋の窓を開けてくださいました。
「気をつけてくださいね。落っこちないでくださいね。お大事に!」と言いながら。
一時期朝食に出ていた昔のレシピを再現したというカレーを褒めましたら、
ものすごい勢いで嬉々としてそのカレーの美味しさを語り出したスタッフさんも
忘れられません。


新潟中越沖地震後のことです。
ワンコの預かり施設への支援物を送るため黒ネコさんに持ち込みました。
宛先を見たお兄さんが言いました「これ新潟行きですね。」
「ワンコへの支援物資なんです」と答えた私に
「けっこう重くて、高くなってしまうので
重量を一ランクさげておきますね」とおっしゃったのです。
さすが黒ネコさん!と感激したものです。

応援しています

週末のお買い物はいつもどおり「イ◯ン釧路」に行きましょう。
12月の関西旅行では、もちろん阪◯系列ホテルを予約しました。
宅急便は次も黒ネコのお兄さんに来ていただきましょう。

では、週末をお楽しみくださいませ。
私のリセットは続きます~


23:56  |  その他  |  コメント(20)

2013.10.21 (Mon)

再見!

こんにちわ~
昨日は冷たい雨が降り続いた一日でした。
代休だった私は一歩も外に出ることなく
ウダウダと家で過ごしながら、
茶々がいないな~茶々がいたらな~と思いながら
見ても面白くもないテレビをみたり、
テレビに集中していないからいつの間にか寝ていたり・・・


遅れられない


台湾メディアをお連れしての釧路ご案内の旅も
とうとう最終日。
この日は何があっても、とにかく15:25分の釧路空港発の
飛行機には皆さんをお乗せしなければなりません。

遅れは許されないのです。

最初にお連れしたのは、この夏にオープンした
「くしろ港食堂ジョナサン」です。

漁港である「副港」にあり、
漁を終えて魚を水揚げさせた漁師さんや
魚市場で働く方々の朝ごはんの場所ともなっていて
旬のお魚を使った定食類が人気です。
お値段もとてもリーズナブルです。

港食堂ジョナサン

私のは「卵かけご飯」550円です。
この朝水揚げされたばかりのサンマの塩焼きが付いていました。
ホクホクフワフワのサンマと大好きな卵、
お野菜が足りませんが、1食や2食、
お野菜がなかろうとどうってことありません。
(サラダや煮物が付いたお高めセットもあります)
ここは釧路プリンスホテルの姉妹会社さんが経営しているので
釧路プリンスホテルご宿泊で朝食券をお持ちの方は
朝食券で対応できるそうです。
移動の交通機関がないので、タクシー利用になりますが、
その価値はありです。
水揚げされたばかりのサンマを詰めた箱が移動する光景がみられて
カモメが飛びかい、台湾メディアも大喜びでした。
そんな中、「あと15分で食べてね」と冷たく言い放つ私でした。

カヌーで釧路川下り

大急ぎで塘路湖に向かい、
カヌーで川下りを楽しんでいただきましたが、
ものすごい向かい風で、カメラを構えてばかりで
いっこうに漕がない台湾メディアを尻目に
「ノロッコ号に遅れる~」と必死のヒシコになって
私は漕ぎましたよ~
余談ですが、このカヌー漕ぎ、50肩に効いたようで
痛みが翌日から激減しました。
ただし、腕の内側の筋肉痛になりました。

touro wanko

塘路駅前のイモ団子屋さんにいたワンコです。
このワンコ、人を見るとギャンギャンなきます。
少し近づいて話しかけるとおとなしくなりますが、
「又ね」と言って離れるとギャンギャンを再開するのです。
なかなかユニークな風貌でしょう?


そして「釧路湿原ノロッコ号」です。
良かった~間に合った~

そしてノロッコ号

昼食も予定どおり食べて写真撮ってもらって
無事に空港へCheck-inできました。

駆け足の秋の釧路・グルメの旅、お楽しみいただけでしょうか?
有意義な取材旅行になったでしょうか?

心地良い疲れ

疲れましたが、私も楽しい3泊4日でした。



16:50  |  その他  |  コメント(25)

2013.10.19 (Sat)

釧路ご案内の旅3

こんばんわ。
朝の気温が低いので昨晩からタイマーでストーブを作動させています。
もっと寒くなると今度は夜通しストーブをつけます。

台湾のメディア5名様の旅は続きます。
14日の朝は和商市場の勝手丼からスタートでした。

勝手丼

勝手丼とは、ごはんを買って、後は思い思いに好きなお刺身を乗せて
自分だけの自分勝手な海鮮丼を作っていただくのです。

ご飯のサイズも大中小と選べます。
サンマやクジラを入れているチャレンジャーもいれば、
ホタテ、マグロ、カニ、イクラと定番でまとめている方もいます。
朝食だったにもかかわらず、皆さん、舐めたのか?と思うほどきれいに
召し上がってくださいました。

お腹を膨らませていただいたところで
タンチョウ探しに出発しました。

デントコンーン拾い

この季節、冬期間タンチョウの給餌場となるところでは
まだ本格的に餌やりを開始していません。
ただ、鶴居村付近の道道やら村道脇の畑では
デントコーンの刈り入れが終わったばかりなので
こうしてタンチョウが落ちているコーン目当てにやってくるのです。

sorachan2.jpg

天気がよければほぼ100%どこかしらの畑で
タンチョウの姿を見ることができます。
ここで出会ったのが柴ワンコのソラちゃん6歳です。
もう、台湾メディアほっぽって走っていきましたよ。
最近では大変珍しいことにこのソラちゃん、
心ゆくまでナデナデさせてくれました。
ご主人と日本中旅して歩いている幸せ柴ワンコ、
柴の男の子なのに、優しい女の子のような顔立ちでした。
又会えるかな?


突かれるよ~

釧路湿原西側からの眺望を堪能してもらおうと立ち寄った
北斗展望地でエゾシカさん、しかもオス!と遭遇です。
しかもこのシカ、柵があるからと安心しているのでしょうか
逃げないのです。
最初は距離をおいてカメラを構えていたメディアもだんだん図々しくなって
この距離です。
ドライバーを務めてくださっていた釧路日台親善協会の事務局の方と私、
「突かれるよ~そんなに近寄らないで~」と一応声に出しつつも
自分が突かれたらイヤなので、遠くから声をかけるのみ。
おとなしくモデルを務めてくれたエゾシカさんに感謝です。
残念ながらエゾシカさんの出現以降、雄大な釧路湿原の風景が
顧みられることはなかったです。
生き物に敵うものなし?


本当は昼食には厚岸の味覚ターミナル「コンキリエ」で牡蠣をご紹介する予定が
またしても時間が・・・・・!で、急遽、私のお気に入りのカジュアルフレンチ
「オルディネール」にご案内。

オルディネールの鹿のロースト

ランチセットにこのエゾシカのモモ肉とロースのローストを一切れずつ
味わっていただきました。
シカの画像を撮ってきたばかりでも、「可哀想~」などとは言わずに
取りあえず「食べる」のはさすが台湾人です。記者魂です。
相変わらず絶品のシカ肉でした。
女性二人には好評だったここのお料理ですが、
男性二人は、釧路に来てどうして洋食?と思うようで
食いつきが今一つだったのは残念でした。
寿司や炉端焼だけではないところも紹介したかったんですけどね。

マスターに先ほど見たオスジカの画像を見せると
「ああ、これはもう育ちすぎ。美味しくないです」と。
美味しいお肉になれないあのオスジカさん、
頑張って生き抜いてさらに立派な角を持って
釧路湿原に君臨していただきたいものです。

細岡駅 可愛い~


大急ぎで北斗展望地のちょうどお向かいにある細岡展望台に行き、
約1名混じっている「鉄」の方の依頼により、
可愛い駅舎「細岡駅」の画像を撮り、この日の私の任務を終了でした。
そうそう、細岡展望台への途中でキタキツネも出てきて、皆さん大喜び!
タンチョウ、エゾシカ、キタキツネ、すべて野生です。
大自然のまっただ中にいることを改めて感じてくださったようです。

私もこの日はソラちゃんはじめ生き物に出会えた一日だったので
嬉しい、楽しい疲労感でした。


疲れた~
17:30  |  その他  |  コメント(18)

2013.10.18 (Fri)

長い一日~

こんばんわ。
今朝はとうとう0.3度まで冷え込みました。
当然のように霜が降りたようです。

台湾のメディア4名プラス台北在住日本人旅行作家をお連れしての
釧路ご案内の旅は続きます。
当初の予定よりも遅れること40分、次は摩周湖を目指します。
途中「もうダメ~お手洗い!」と叫ぶ某台湾雑誌記者のために
立ち寄ったのは、道の駅「摩周温泉」
ここで、アイスクリーム店「クリーム童話」を紹介し、
地元の生乳を使ったこだわりのアイスクリームを試食してもらいました。
私のことを添乗員と思ったのか、店員さんが大好きだという
「桜餅」のアイスをごちそうしてくださいました。
本当に桜餅の香りとアイスの中もち米のプチプチが入っていました。
クリーム童話さん、道の駅「阿寒丹頂の里」の売店にもありますので
召し上がってみてください。
美味しいです。

さて摩周湖です。

摩周湖第3展望台

馴染み深いのは第1展望台からの眺めですが、
これは第3展望台からの眺めです。
冬はクローズされます。
途中、「摩周湖、ちゃんと見えるかな?」と心配する記者達に言いました。
「私がいるから大丈夫!摩周湖が霧で見えなかったら、結婚できる、とか
結婚が近い、なんて言うけど、実は私は摩周湖が見えなかったことがない!
もちろん独身!結婚の予定もナシ!私がいる限り、今日も摩周湖は見える!
万一見えなかったら、松の実さんもとうとう結婚か~とお祝いしてちょうだい」
なんて冗談飛ばして着いた摩周湖はご覧のとおりでした。
さっそくフェイスブックに松の実シャオチェの犠牲のモトに我々は摩周湖を
見ることが出来た~と書き込む不届き者もおりました。

摩周湖の反対側を見ると・・・

硫黄山と屈斜路湖

硫黄山と屈斜路湖です。
第3展望台の記憶がなかったので、この景色は
私にもとても新鮮でした。

標茶町の「多和平」です。
ここは台北在住の日本人旅行作家Kさんが
絶対絶対に行きたい!と主張した場所です。

多和平

約2600頭の乳牛と約120頭のサフォーク種の羊が
放牧されています。
360度の展望、地平線の見える展望台として有名です。

寒くてビュービュー風の吹きすさぶこの日(13日)、
雪虫が飛んでいました。
まさかね~と思っていたら16日の初雪だったのです。
やっぱり雪虫が飛ぶと雪が降る説は正しい?

多和平2

そして案の定、シラルトロ湖の夕陽には間に合わず、
仕上げは釧路が発祥の地「炉端焼き」を紹介しながらの夕食で
「炉端煉瓦」へ。

社長自ら焼き方となっての大サービス!

謝謝 社長

長い長い一日が終わりました。

記者の方々も私もぐったり~の一日でした。
家に帰ってバタンキューの私と違って、
真面目な台湾記者の方々は夜中の2時3時まで、フェイスブックへのアップや
画像の整理をしていたそうです。

目も回った、疲れた


20:54  |  東北海道  |  コメント(12)

2013.10.16 (Wed)

冬の匂い

こんばんわ~
先週土曜日の夜に台湾の旅行作家やメディアの方々5名が
到着しました。
3泊4日で釧路の取材旅行の始まりです。
昨年も実施した「釧路日台親善協会主催」の
台湾ブライダルフォトモニターツアーと同時に取材旅行も実施されました。
私は勤務先から派遣されて5名様のアテンドでした。
こういうお仕事は大好きです。
正直、事務所で電話取ったり
パソコンとにらめっこしているよりずーっと楽しいです。
とは言うものの、10年前とは体力が違っていますので、
連日7:00ホテル出発の23:00終了はキツカッタです。

バンビ茶湯

1日目~
この日は移動距離が長く、運転手さんが大変!
釧路-阿寒湖-摩周湖-多和平-釧路です。
この季節日没が16:40くらい、風景の取材はなんとしても
その前に終わらせなければなりません。

まずは釧路と阿寒湖を結ぶ国道240号線上にある
「バンビ茶屋」で、紅葉鑑賞です。

「バンビ茶屋」って正式名ではありません。
ここは全く個人の方がご自分の趣味で30年かかって
造園された場所なのです。
地元民は単に「バンビ」と呼んでいます。

バンビ茶湯2


約6000坪の敷地にご主人が集めた北海道の木々を中心とした
植物が植えられています。
鑑賞はどなたでもご自由にと言うスタイルで、
もちろん無料です。

コルチカム?

コルチカムという私が見たことも聞いたこともないお花もありました。
このお花、なんとなく「春」の花って感じがしませんか?
でも今どき咲く花だそうです。

この花もこの紅葉たちも今日の台風と台風が運んできた?
雪で散ってしまったかもしれません。

ここのご主人もおっしゃっていました。
よく見頃は?と聞かれるけど、昨日まできれいでも、強い霜が来て
一晩で葉っぱが全部落ちてしまうことも珍しくない・・・と。

滝見橋2

阿寒湖でモーターボートに乗って、滝口という紅葉の名所で下船して
雄阿寒岳の登山道を歩いて滝見橋へ出てきました。
ここも紅葉の名所です。
阿寒湖はがっちり雪が積もったそうですから
台湾の記者達が見たのが今年最後の輝きだったかもしれません。

台湾の記者達のあまりにも熱心な取材振りでこの段階で
すでに40分ほどスケジュールよりも遅れていて、
夕日の取材はすっかり諦めモードの私でした。


秋の匂いする・・・かな?

この日記も遅れ気味です。
本当は1日目を全てご紹介しようと思っていたのに・・・

上の茶々も思いっきり遅れております。
すでに秋の匂いなんかしません、きっと。
もう冬の匂いがブンブンでしょう・・・・
20:51  |  その他  |  コメント(19)

2013.10.09 (Wed)

つい・・・

こんばんわ~
台風の影響なのか雨が降り続いている釧路です。

さっさと次の更新をしないといつまでも
下着の付け方談義にハナが咲きそうなので~

札幌の“こた母さん”の上司さんが、釧路出張の際に
おいしい釧路ラーメンをお召し上がりいただいたそうです。
上司さん、どうもありがとうございました。

北海道はラーメン王国とも言われます。
一番有名なのは「札幌ラーメン」
太麺味噌味こってり味が特徴でしょうか?
函館ラーメンと旭川ラーメンがそれに続くようです。
大変残念ながら、私は函館ラーメンも旭川ラーメンも
食べたことがありません。
旭川のボビーままさんはかなりの頻度でラーメンをお召し上がりですが
いつもいつも旭川ラーメンではないようです。
そして10年ほど前からクローズアップされてきたのが
釧路ラーメンです。
細麺あっさり味のスープは醤油が多いかな?
お店によっては縮れ極細麺を使っているところもあります。

釧路ラーメンの代表格

画像は先日お仕事で食べに行きました、地元民に人気と言われる
「いわまつ食堂」の醤油ラーメンです。
とてもとてもオーソドックスな美味しいラーメンでした。

細麺が多いのは、昔、ラーメンと言えば屋台が主流だった頃
極寒の釧路でお客様を待たせる時間を短くするため説や
漁師町の釧路、気が短いヒトが多く、太麺が茹で上がる時間を
待てなかった説があるようです。

釧路ラーメンがクローズアップされた頃、
昔東京の専門学校生だったころ、あちこちに京風ラーメンとうたった
チェーン店があったことを思い出しました。
あんみつなどの和風デザートと共に提供され
女子向けのお店で細麺にあっさりスープのラーメンを食べつつ、
これのどこが京風なのだろう?と思っていました。
(釧路で食べてきたラーメンとの違いがわからなかった)
今もあのラーメンチェーン店はあるのでしょうか?

本物の京風ラーメンというのもやはり細麺であっさり味ですか?
そして皆さんの地域のラーメンの特徴は?

私、ラーメンにはそれ程こだわりを持っていないのですが、
北海道産小麦100%、スープに使う材料も全て道産或いは国産、
100%国産ラーメンを謳い文句にするラーメン店があったら
きっと通うことでしょう。
「北海道産」「国産」の字にとても弱いのです。

先日、札幌でつい買ってしまったものです。

国産・道産


国産小麦使用手作りマロンバウンドケーキと北海道産100%のはちみつです。
はちみつは一回分のスティックになっていてとても使い勝手がよいです。

こちらは先日コンビニで見つけてついつい買ってしまったお菓子たち・・・
リセットだというのに、こんなものを買ってどうするのか?と思うのですが、
この「北海道産」の字に負けてしまうのです。

北海道のこむぎとじゃがいも

特にこのかりんとう、「春ゆたか」、この名前は
北海道小麦の品種名そのものなんですよ。

国産小麦だから、あるいは道内産はちみつだから、と言って
輸入物と味の違いがわかるのか?と言われると、
正直「わからない」ものが多いのですが、
応援の意思を表明したくリセットに失敗するのも覚悟の上で
買い物カゴに入れるのでした。

こちらも純国産でした。

純国産

くるんと上向いていた国産犬の証のしっぽは
老化により引力に負けて下をむいているのが残念な画像です。
ヒトも老化で地球の中心に向かってお肉がドンドン下がっていきますね。
ワンコも同じで、茶々なんか首まで下がっちゃいましたから~

あああ、首が重い!

最後にBOSS母さんがお好きだという茶々と新聞紙です。

20:35  |  その他  |  コメント(40)

2013.10.05 (Sat)

◯十肩

こんばんわ。
阿寒湖や摩周湖、屈斜路湖で有名な川湯では
紅葉の美しい季節を迎えているようです。
13日~15日まで、台湾のメディアの方々を案内するお仕事があり、
昨年は紅葉が遅く見ることができなかった方が再度、
紅葉を期待していらっしゃるのですが、
今年は間に合わないかもしれません・・・・
残念です。
3度目の正直で来年もお越しいただきましょう。

Rose.jpg
庭のバラたちが美しいです

この2週間ほど、又してもひどい肩の痛みに悩まされれいる私です。
以前はコンクリートで肩全体を固められたような感覚でしたが、
今回は左肩だけがとにかく痛むのです。
何か金属的に痛い。
太い釘が肩に埋没しているような感覚です

ボビーままさんが以前、◯十肩は繰り返すと教えてくださいました。
これはまさしく◯十肩に違いありません。
長らく◯十肩に悩まされた父も、
きっとそうに違いないと言います。

ウデに刺さっています

そして例によって頼ったのは鍼です。
毛が生えていってぶっといですが、ウデです。
ウデに鍼が刺さっています。

頭に刺さっています

あまりにも私が痛い、痛いと訴えたせいか
(痛いのは鍼ではなく肩です)
お初の体験で、頭にも刺さっています。
頭に刺さっている間だけ痛みが消えます。
取って5分すると痛みが戻ります。

ミミのツボ押し

耳の肩、目、自律神経などのツボ押しです。

以前は多少痛くても腕の上げ下げなどの動きに支障を感じることは
あまりなかったのですが、今回は大ありです。
ブラジャーをするのに痛かったと教えてくださったのは
やはりボビーままさんですが、私は前で止めてから回すので
その不都合はありません
(と以前のコメント欄で返信を書いたら もーちゃんさんに思いっきりそれは
かなり「イケていない」ことだということも教わりました)
ただし、車でシートベルトをする時に痛いです。
買い物などのある程度重たい物を左で持つと痛いです。

運動は必要

この茶々が「運動は必要」と言っていますが、
バレエをしている時は一時痛みは消えます。

夜中の運動会するわよ

正直、ずーっとバレエのレッスンをしていたいくらいです。
バレエのない日は、家でルームウォーカーで歩きますが、
これまたずーっと歩いていたい気分です。
休むことなく歩き続けた茶々も五十肩だったのでしょうか?ねエ・・・・


[広告] VPS


20:24  |  体調  |  コメント(42)

2013.10.01 (Tue)

10月・神無月・October

こんばんわ
10月です、神無月、神様のいない月だそうです。
神様はどこに?
そしてOctober、第10の月だそうです。

10月・神無月・October

ケンタの姉ちゃんさんが作って下さった茶々のカレンダーも
残りわずか2枚となりました。

10月の茶々は全部恍惚ワンコと呼ばれた頃の茶々です。
お隣の秋色を背景に秋を満喫しているような茶々や
私が編んだ網目も何もあったものではないセーターを着せられて
強制ひなたぼっこが終わりややお疲れ気味の茶々、
ペチュニアをバックに女の子のような茶々、
やはり強制ひなたぼっこは終わり寒かった~と
言っているような茶々。
どれも懐かしいです。
そして、この頃はもう恐ろしく軽くなっていた茶々ですが
それでもその重さが恋しいです。


きつねさん2


私の住むあたりは湿原に比較的近いので、
キツネが目撃されることがシバシバです。
以前もこの画像のように居間からキツネさんを撮った画像を紹介しました。
雨降りだった今朝も、我が家の斜め向こうから小走りにやってきて
我が家とお隣の間をピョコピョコと駆けていきました。
後ろ足にケガしているようで、片足を上げてピョコピョコしていたのです。
この画像のキツネより、痩せて毛もボサボサでした。
あの足では、野生の鳥やらネズミを捕ることはできないでしょう。
ゴミの管理が厳しい現代では住宅街をさすらっても
口に入るものは皆無と思われます。
どこかの家の物置の下でひっそりと息を引き取る運命なのかもしれません。
なんとか足が自然治癒するまで生き延びて、
餌が豊富な湿原か春採湖周辺までたどり着けると良いのですが・・・

秋の日差しと風
2009年10月の茶々


住宅街にでるキツネで思い出したことがあります。
それは私の大嫌いなニョロ、蛇さんです。
本州ではかなり都会とも言える住宅地にも平気で出没するそうですが、
そのニョロさん達は、そこを生息地としているのでしょうか?
だとしたらどこに居て、何を食べて生きているのでしょうか?
釧路湿原にもあの方々はウジャウジャといますが、
住宅地に現れることは皆無です。
(釧路湿原のニョロ達、賢いです。出てきてはイケナイことを
理解しているのかも)
キツネやエゾシカが住宅地で目撃されることがありますが
彼らは迷い込んだのあり、人の密集地を生息地としているわけではないのです。
大昔の専門学校生だったころ三重から来た子が
蛇なんて、その辺りの民家のコンクリートの塀の模様に絡まっていることが
よくあるよ~なんて言っていたのを聞いて卒倒しそうな私でした。


頭がぽかぽか
2010年10月の茶々

今日は出かけに、あのキツネを見てしまったので
ずーっとキツネが頭から離れません。
今はどこにいるでしょう?

爽やか秋晴れ~


今日の雨が止んだら、一気に秋が深まり
冬の足音が聞こえて来そうな釧路です。

明日はさわやかな秋晴れとなりますように!
20:32  |  その他  |  コメント(31)
 | HOME |