2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.12.31 (Wed)

良いお年を!

こんばんわ~。
今日も茶々です。
色々あったようななかったような2014年もとうとう最終日となりました。

2014年も終わっていきます

我が家はあまりにも寂しかったクリスマスよりは
「新年だぞ~」という気合が少しは入っているようです。


ちんまり口取り

松の実家では放っておかれっぱなしのお母さんの位牌の横に
これまた今だに私の骨が放っておかれています。
鶴居方面に出かける度、私を骨にした霊園の看板を見る度に
「ああ!又茶々の骨を預け忘れた~」と一人呟く松の実です。

たたこさんからいただいたスイセンの良い香りと口取り
わずかに松の実の新年への気合を感じさせます。
私のいない2014年のお正月に買った口取りを全部食べられなかったので、
このお正月はバラでちんまり用意した口取りです。
私とお母さんの好物なのにケチる松の実、
化けてでてやるぞ~

詰めただけ

相変わらず“詰めただけ”の「おせちもどき」です。
一段目のポテトサラダ、黒豆そして可愛い玉子焼き、
2段目のなます、3段目の旨煮はたたこさんが持ってきてくださいました。
ありがとうございます。
唯一松の実が作ったのはきんぴらごぼうだそうです。
ま~良いでしょう。

取り敢えずこのお重を一年に一回出して使ってあげることに意義があると言うものです。
このお重の箱蓋に購入した年月日、お店そして値段が書かれていました。
それを見て驚愕した松の実でした。
昭和55年、マル勝(お店の名前)、32500円・・・
とっくの昔にこのお店は姿を消しましたが、松の実の子供の頃は
今で言うキッチンウェア、陶磁器専門店でした。
32500円というのはお重としてはお安いのでしょうが、
超庶民の松の実の家としては破格のお値段です。
たかが一年に一度使うかどうかのものに、3万円~~~!!!
価値観の違いというのはこういう事を言うのでしょうか?
超庶民でも、豊かだったのですね、考え方が。

Welcome party疲れ

私はWelcome Party疲れです。
なんたってまいるさんと紫龍さん、2頭一度にこちらにお引越しだったのですから。
今年は伝説の女王、又は西のお嬢代表、さくらさんもお引っ越ししてきました。
昨年の秋に松の実は関西に行ってさくらさんに逢えて良かった、
ほたパパさんの写心展でもさくらさんに逢えて良かったと今も言っています。
ご近所のミンクもついこの間来たし・・・
残された飼い主さんは寂しいかもしれませんが。
又逢えますからね!

お世話になりました

今年も松の実が大変お世話になりました。

2015年もよろしくお願いします

新しい年もどうぞ松の実をよろしくお願いいたします。

皆さんもどうぞ良いお年をお迎え下さい。
2015年が皆さんと皆さんのワンコ・ニャンコにとって
素晴らしい年となりますように!
私もお空のお友達といつも祈っています。


21:39  |  その他  |  コメント(14)

2014.12.29 (Mon)

寂しくないね

[広告] VPS


こんばんわ。
大変ご無沙汰しておりました。
茶々です。

今日はワケあって、ちょっとお迎えにあがったのです。
誰をむかえてにきたのかっって?

か、可愛い~

まいるさんと紫龍さんです。
少し前に不調が見つかってから
まいるさんも紫龍さんも、ずーっと頑張ってきましたが、
紫龍さんは28日に、まいるさんは今日29日に
私のいる世界にお引っ越ししてきました。


松の実が昨年7月に日本の真ん中まで行って、
ナデナデさせてもらい、リードを持たせてもらい、
そして、怒られてきました(まいるさんに)

まいるお嬢

絶世の美女のまいるさん。
プライドも高く、なかなかはっきりきっぱり
嫌なものはイヤ、だめなものはダメのまいるさんでした。

松の実の忘れられない動画で、散歩に行きたくないまいるさんを
なだめすかしつつ、外に連れ出そうとすると、ものすごい勢いで
切れまくるというのがありました。
ガウガウ犬大好きな松の実も目がテンになってしまったほどでした。

紫龍さん

マダムキラーとして名を馳せた紫龍さん。
若い頃はかなりやんちゃさんだったという話も聞きましたが、
ハイジさんのところを訪れるおば様方お姉様方を一人残さず虜に
していました。
こういうワンコに勝てる女の子ワンコっていないですね。
でも、何故か嫉妬の対象にもならず、松の実は羨ましがっておりました。
私も羨ましい~

12月28日の青空

12月28日は松の実のお母さんの命日でした。
雪で埋もれたお墓参りに行って来た松の実です。
いかにも冬空の青が美しかったです。

今日の日本の真ん中のお空はどんな色だったのでしょう?

12月28日

紫龍さん、まいるさんと連日見送ったハイジさんとお母様のご心痛はいかばかりかと
私も心が痛みます。
2頭仲良く喧嘩しつつもやっぱり仲良くお互いを尊重しあってきたまいるさんと紫龍さん。
旅立ちも一緒が良かったんですね。
決定的に具合が悪くなって、お互いの状況を以心伝心で確認し合いつつ
この日とこの日に、と決めたのでしょうか?
一緒にお空に来ることができて良かったと、あえて申し上げましょう。


寂しくないね

ハイジさんとお母様はこれから寂しい毎日が続くと思いますが、
まいるさんと紫龍さんは寂しくないと思います。
なんたって普通は一人でやってくるのに
まいるさんと紫龍さんは二人一緒にお引っ越しなんですから怖いものなしです。
(ああ~でも私は少し怖いかも・・・・花子さんにぶうこ姫にももちゃんに・・・まいるさん?!)
紫龍さんは少し驚くかもしれませんね・・・まいるさんみたいなきっぱりはっきりお姉様ワンコが
ゴマンといて・・・

さてそろそろ一緒に戻ります。

ハイジさん、お母様、良かったら松の実と一緒に台北に遊びに行きませんか?
或いは、BOSS母さんやこた母さんとともに美味しいものを食べに冬の釧路にいらっしゃいませんか?

[広告] VPS


では、「また逢う日まで」でございます。
21:28  |  その他  |  コメント(9)

2014.12.26 (Fri)

後は新年

こんばんわ。
毎日、寒いですね。
一昨日の朝はマイナス11度、昨日はマイナス12度、
今日はマイナス13度の私の住む場所でした。
釧路市中心部から40分ほど車で行った丹頂の里ではマイナス18度だったとか。
阿寒湖も薄くではありますが、全面結氷したそうです。

寒いです。。

前回のクロちゃん母さんから聞いた仲間思いのダックス君のお話に
鶴菊さんもとてもホッコリ、でもクスっとなるお話を
コメントで教えて下さいました。
ワンコって家族・仲間意識が強いし、
思いやる、心配するという気持ちも持ちあわせていますよね。

茶々もまだうんと若い頃に私がお腹が痛くて居間でひたすら寝ていると
じっと私の横にお座りして私を見下ろしていたそうです。
(私は具合が悪すぎて茶々まで気持ちが回りませんでした)
それを見た母が「ああ、茶々があんたを心配している、なんていう姿なんでしょう。
可哀想に!」と言いました。
可哀想なのは具合が悪い私なのではないか?と思いましたが、
そんな抗議をする気力もなかった私でした。
その後茶々は日に日にその神経を太くしていき、家族が具合悪いくらいではへっちゃら、
せいぜい私が飲み過ぎてゲーゲーやっているのをみて
もらいゲロするくらいのワンコとなりました。

さて、冬至も過ぎました。
今年の冬至は遅番勤務でしたので、前日に父特製かぼちゃ団子入りの
おしるこを食べました。

かぼちゃ団子入おしるこ

そして、なんだか味気ないクリスマスも終わりました。

寂しいクリスマスケーキ

平成になって天皇誕生日がクリスマス直前の23日になってから
どうもクリスマスも正月もごっちゃの年末商戦になったような気がしてなりません。
そして、下手に休日があるためクリスマス気分が分散されるような気もいたします。
でも、これは天皇誕生日のせいではなく、私が単に年をとったということなのでしょうね。
そして茶々のいないクリスマスがさらに味気ないものにしていることは
間違いありません。
今年はとうとう「丸いバタークリームケーキ」さえ買いませんでした。
父とふたりショートケーキを食べておしまい。

冬至だろうとクリスマスだろうと師走だろうと関係ないのがこの方達。

ゴハンを待つスズメさんたち

エサ台に餌が入っていないのだけど・・・と庭の木に集団で留って
父と私にプレッシャーをかけます。
おそらく元旦も同じようにやってくると思います。

昨日は今年最後のバレエのレッスンでした。
ここ4ヶ月あまり履いていなかったポワントを恐る恐る履きました。

3ヶ月振りのポワント

何故大好きなポワントのレッスンを休止していたかというと、
コメントでお伝えしたかもしれませんが、2kgのダンベルを誤って
自分の右足親指の付け根に落としたのです。
一瞬足に何が落ちたのかわからないくらいに衝撃的な痛さでした。
2~3日腫れていましたが、普通に歩いてましたし、バレエも行っていたのですが、
ルルベ(背伸び)は問題ないのに、
タンジュ(ピンと張り詰める)のように足先を伸ばすというか
足で物を掴むように指先を中に折り曲げると鈍痛がしました。
で、しばらく涙をのんでポワントはなし。
久しぶりのポワントで嬉しくなって我が足を撮ってもらった次第です。
レッスンだけでもこうやってポワントを履いていられるのは後何年かな?と
ふと思いました。

我が家のカーテンを恐らく10数年ぶりに新しくしました。
私の部屋のカーテンも新しくなりました。
選んだのは父です。
正直、私はカーテンを選んだりするのが億劫でなりません。

父の趣味

本当はもっときれいなグリーンです。
このレースのカーテンが何というか少女趣味なのです。
見えるでしょうか?スパンコール付きのお花模様が散らばっているものなのです。
ウチの父の趣味、けっこう可愛かったんですね。
新しいものはキレイで気持ちが良いのですが、
茶々と一緒に見ていない物が増えていく、
茶々と一緒に見ていたものが消えていくのは寂しいです。

カーテンが寒色系になって見た目が涼しくなったなと感じていた矢先、
床暖房が壊れました。
しかも後期高齢者の父と昔なら立派な高齢者の私は
しばらく故障に気が付かなかったのです。
寒い日が続くな~くらいに思っていたのです。

床暖房がないと膝から下がスースーします。
これは、老犬の茶々がいなくて良かったです。
変温動物となっていた恍惚ワンコ茶々ではこの床暖房なしの
我が家で寝かされていたらすぐに肺炎でも起こしていたことでしょう。

最後は意味もなく茶々の定位置であるテレビの前で1280円の薄いタライの中の茶々です。
クリックで大きくなるはずです。

茶々とたらい

師走の忙しいこの時期、体調を崩すことなく
新しい年を迎えたいですね。



22:15  |  その他  |  コメント(9)

2014.12.21 (Sun)

爆弾低気圧と札幌

こんばんわ。
今年も残すところ後10日あまりとなりました。

我が家の庭に避難?
爆弾低気圧の中、我家の庭に避難するすずめさん達。ご飯をあげても食べるわけでもなくじっとここに佇んでいました。(もちろん後でご飯もたべました)

爆弾低気圧を何とかやり過ごし、お年ごろの通院とこた母さんに会うべく
木曜日の夜の夜行バスに飛び乗りました。
悪天候の名残もあったし、道路状況も悪かったと思うのですが、
バスはしっかり定刻通り札幌に到着いたしました。
ドライバーさんを尊敬!


札幌は雪でした

札幌は雪降でした。
どこもかしこも真っ白で美しく、そして雪の日特有の温かい日でした。
millecoさんが「北海道のナナカマドの赤がすばらしい」とコメントくださいましたが、
切手の図柄になっているような雪をかぶった真っ赤なナナカマドを
札幌の街のいたるところで見かけました。
赤と白、そのコントラストが美しいです。

いつもの病院でいつもの先生からの質問に答えていくと
「あら、良いじゃない!その調子、その調子」
「松の実さん、調子良さそうじゃない、顔色も良いし、
髪もちゃんとふんわりしているし、良いぞ~」って。
私は「今日は頬紅忘れたからアイシャドーのオレンジを塗ったんだけどな・・・
薄毛に悩んでいるのにな・・・」と心でつぶやいておりました。

いつかの食事
札幌でいただいた料理の画像がないので、いつかの我が家の夕食です。

こた母さんと黒ちゃん母さんとのお食事は私の
「焼き肉以外の韓国料理」というリクエスト通り、
すすきのにある小洒落たお店でした。

おしゃべりと食べるのに忙しく、写真は一枚も撮っていないことに
帰りのバスに乗って気が付きました。
どの料理も美味しかったのですが、
一つだけ不思議なことがありました。
こた母さんがトッポギを頼んだのですが、出てきたものをいくら探しても
トッポギらしきものは入っていません。
鶏肉とチーズのトッポギ、確かにチーズはたっぷりかかっているし
鶏肉もゴロゴロとありましたし、ポテトも3個くらい入っていました。
お兄さんに「あの~これってホントにトッポギ?」と聞いても
「そうですよ。トッポギです」って。
トッポギって韓国のお餅ですよね?
こた母さんの言うマカロニのお化けみたいなものですよね?

あまあまデレデレ黒ちゃん

黒ちゃん母さんのお話も面白かった。
こんなに甘甘デレデレの黒ちゃんなのに、
恐ろしくきかない一面もあるそうで、
かなり手を焼いたそうです。
黒ちゃん母さん曰く、「黒柴で麿呂眉のある子はちょっと特別かも」と。
そこで一時話題になったのが、millecoさんの銀河君
銀ちゃん、くしゃみしていなかったでしょうか?
黒ちゃんも銀ちゃんも若くて元気で賢くて甘えん坊さんなワンコということですよね。

ほのぼのとするお話も伺いました。
黒ちゃん母さんのご親戚にも18歳のマメ黒柴くんがいて、
最近飼い主さんがお家を空ける時はマメくんにおむつをしていくのですが、
何故か帰ってくるとおむつが脱げている。
不思議に思っていたら、ある日、外出してすぐに忘れ物に気が付き
お家に戻ってみると、同居するダックスワンコが一生懸命マメ君の
おむつを取ってあげている最中だったとか。
ダックスワンコ、マメくんのお尻が窮屈そうで
毎回毎回一生懸命脱がせてあげていたんですね。
仲間意識の強い、家族思いのダックスさんとマメくんを心の中でナデナデ。

その後恐ろしく滑るすすきの道路を緊張しながら歩いて
釧路にはまだ進出していない「スターバックス」に連れていってもらって
私のバスの時間までお付き合いいただきました。

他愛のない話、ためになる話、身につまされる話、
本当に楽しく美味しいひとときでした。
冬は是非釧路にお越しください。

こた母さんのパン

翌日は、こた母さんが持たせてくれたお手製ブランパンで昼食です。
美味しかったです。
噛めば噛むほどブワ~っと美味しさが口に広がります。
明日は、9月につまさんお手製のブランパンをいただいように
サンドイッチにしてランチとします。
そのつまさんのブランパンをいただいた際、
つまさんがしきりと「失敗したんです。膨らんでいないんです。
ホントはもっと美味しんです」と繰り返されていましたが、
私はあのパンのどこが失敗なのかわからなかったんです。
今回こた母さんのパンをいただき、
やっぱりあれは失敗ではなかったと確信しました。
9月に食べたあのつまさんのパンも今回こた母さんからいただいたパンも
同じように美味しかったです。
ホームベーカリーがあればただ、ミックスされた粉を入れてスイッチを押すだけと
言われたので一瞬買おうかな~ホームベーカリー、と思いましたが、
じっくり聞くとイーストがどうの、温度がどうの・・・とおっしゃる。
止めました、買うの。
札幌に行く度にこた母さんからいただくことにします。

たたこさんのたくわん

今日の夕食。
手前のたくわんは“たたこさん”お手製の本物のたくわんです。
本物のというのは、ちゃんと一度大根を干してから漬けてあるものです。
こちらも噛めば噛むほど味わい深く、しょっぱいんだけど甘い熟成された味わいでした。
こた母さん、たたこさん、ご馳走様でした。

凍っています

爆弾低気圧でたっぷり雪が降った後の昨晩
大雨が降りました。
そして今日の我が家の前の道路はデコボコの氷道となっておりました。
機敏性抜群そうな高校生の男の子も若くてしっかりと歩くワンコも転んでいました。
自分の車に辿り着くまで足がガクガク言うくらいに緊張します。
22:19  |  その他  |  コメント(16)

2014.12.16 (Tue)

今年も後半月

こんばんわ。
はた迷惑な師走の選挙もおわりましたね。
北海道民は、「アベノミクス」なんて北海道には
なんの効果ももたらしていないぞ~
という意思表示をささやかながら示したようです。

日本列島各地、引き続き寒波襲来で大雪に見舞われている地域があるようです。
釧路は申し訳ないくらいに穏やかです。
(ただし、気温は低いですよ)
もちろん積雪0です。

積雪0の釧路です。

12月も、イエ、今年もあと半月を残すのみとなりました。

我が家のご近所のこのワンコを覚えていらっしゃるでしょうか?

ご記憶でしょうか

emihanaさんのはなさんのブログ、「乗り切ろうね」を読んだ時から
ずーっとこのワンコのことを思っていました。
私の記憶では茶々とそれほど変わらない年齢の筈だったので、
この冬、大丈夫かな?と心配していました。

今朝、歯医者に行く途中のこのワンコの檻に張り紙がありました。

よく頑張りました

もう、茶々とご近所同士で仲良くやっているでしょうか?

ミンクという名前だったことも初めて知りましたが、
このワンコがとってもがんばり屋さんだったことは知っています。
2年ほど前にご主人が重い心臓病で療養中だった時、
ミンクもいっときかなり具合が悪く、奥様ももうダメかも、と
諦めかけたそうなんです。
が、ご主人が少しずつ日常生活に戻るにしたがって
リハビリも兼ねて、ミンクの散歩も開始したところ
ミンクも少しずつ復活したということでした。

ミンク、ご主人が以前と変わらない生活に戻ったのを見届けて
使命を全うしたんですね。
お店を切り盛りするご主人に負担をかけまいと、
旅立つ前の日まで自分の足で歩いていました。

ワンコのいない犬小屋

ワンコのいない犬小屋ほど寂しく悲しみを誘うものはありません。
"こさん"がご自分のお家を「ワンコのいない犬小屋」とおっしゃっていましたが、
我が家の家主は茶々だったように、"こさん"のお家も主は小太郎さんだったのです。
遊びにおいでとお誘いいただきましたが、
主のいないお家におじゃまする勇気はありません。

茶々と仲良くしてあげてね

茶々がいた頃からのご近所のワンコ達はこのミンクを最後に
皆あちらにお引っ越ししました。
釧路市△◯1丁目会にフルメンバーが揃って、
賑やかにしていることでしょう。

1417517954139.jpg

さて、少し前にも紹介したRIKUTO君です。
御年10歳12kgだそうです。
一緒にお仕事をする釧路を代表する若くて美しいお嬢さんのお家の柴ワンコです。
彼女とお仕事するようになってからずーっと
このワンコと遊ばせてもらいたいと思っていましたが
先日、やっと念願かなってご対面でした。
彼女もお母様も「珍しいです」とおっしゃるくらい私の周りを笑顔で飛び回り
「あそぼうよ!」と誘ってくれておもちゃを持ってきたりと大歓迎を受けました。
普段はどちらかというと知らない人にウウウ~と唸るらしいです。

ところが、飼い主さんがおやつを上げたとたん、
テンションがた落ち、そのテンションの低さが私に向けられ
「誰?君?」「どうして僕のウチにいるの?どうして写真撮っているの?」
「早く帰ってくれない?」と鼻にシワを寄せて怒り出しました。
ほんの最初だけの大歓迎でした。
それにしても何故におやつを食べた直後に急にご機嫌斜めになったのでしょう?

いつもかばんにぶら下げているケンタの姉ちゃんさんからいただいた
ミニアルバムの中の茶々を見ていただきました。

男の子ワンコに見えたらしい

お母様と二人して「わ~可愛いい!キレイ~」
私、ニンマリ~「ありがとうございます」
お二人「RIKUTOと似ているよね、ハンサムだよね」
私、「?ええ、美人だって言われたこともあるんですよ」
お二人「え~女の子だったのですか?てっきり男の子だと」
生前から秋田犬疑惑、チャウチャウ疑惑とありましたが、
あちらに行ってからとうとう男の子ワンコに間違えられてしまいました。

RIKUTOくんがきれいな顔つきですから、茶々のふてぶてしさが
男の子ワンコに見えたのかもしれませんね。
00:18  |  その他  |  コメント(18)

2014.12.12 (Fri)

宝塚と紅葉

こんばんわ。
前回、コレでもか、というくらい飛行機を紹介したのは
ほんの2日前かと思っておりましたら
すでに5日も経っていたとは!
12月になると時の経過が加速されているようです。

今朝、この動画くらいのうっすらとした雪が降っていました。

[広告] VPS


あっ、降ったのね、くらいに呑気に構えて出勤のため外に出てびっくりでした。
降った雪はいつの間にか雨に変わり、マイナス2度の地表では氷となっていました。

道路はまるで「ブラックアイスバーン」の見本。
ツルッツルッの箇所とヌルヌルの箇所がまだら模様のように現れました。
皆さん当然のようにヒドく慎重に、時速20~30kmでの運転です。
普段、15分で到着する我が職場に、今日は50分かかって到着しました。
もちろん遅刻です。
私の到着した後に同僚一人と上司一人がぐったり疲れて到着しました。
釧路市ととなり町釧路町合わせて路面凍結が原因と思われる交通事故が
100件ほどあったそうです。
雪はなくても冬なんですね、やはり。

バレエの帰り道は、お役所さんがたっぷりと塩カルを撒き散らしたようで
道路はほぼいつもの状態に戻っていましたので、明日の朝は大丈夫でしょう。

あの北斗星とデヴィちゃんと宝塚の旅からもう2週間以上経ってしまったのですね。

今年100週年を迎えた宝塚歌劇団、「全公演制覇!」と意気込んでおりましたが、
出張の嵐で、100周年も終わりの今、観た公演は今回を入れて3公演にとどまりました。
今年最初の公演、初舞台生の公演、そして、今年最後の今回の宙組公演です。
今回の宙組公演は、トップスターさんのサヨナラ公演です。
お芝居の終盤、おとなりの女性が何度も何度もハンカチで涙を拭っていました。
7年前の私と同じです。
その女性の気配を感じて私も又涙でした。

宝塚とOG公演

関西に行った一番の目的は宝塚OGの方々によるミュージカル「シカゴ」観劇でした。
まさしく10~7年前の私が退団公演では翌日も目の腫れがひかないほど
泣いて見送った方々が出演していたのです。
下のプログラムがそのシカゴですが、一体この方々にいくらお金を使ったのだろうと
この写真を見て考えました。
自分が夢中になって応援した女性たちが「宝塚トップスター」という肩書がなくなっても
宝塚出身を誇りに思いつつも、頑張っている姿を見るとやはり涙ナミダの私でした。
次は3月に行きたいと思案中ですが、行けるかな・・・

最終日は雨でしたし、寝坊してしまったので、京都まで足を伸ばすのは迷いましたが、
これが京都の紅葉かと感動いたしました。
お天気が良くなかったのと、私のカメラ技術の無さで
あの美しさをお伝えすることはできないのが残念です。

毘沙門堂2

東北海道の紅葉は黄色や橙色が主役で、
乾いて、澄んだ秋の空気の中、溌溂したエネルギーを感じさせる
ひたすら明るく元気なイメージです。

毘沙門堂

京都の紅葉は赤が主役で、今回の私のように歴史的建造物や寺院で見るせいか
「元気」「明るさ」よりも桜同様に散りゆく儚さやざわざわと心が不安になるような
妖しさを感じました。

小野小町

単純明快な東北海道の紅葉に対して幽玄の美とでも言うのでしょうか。

随心院門跡

行ってみて良かった京都でした。
新快速で新大阪から20分ほどで京都に着いてしまうのですね。

釧路市から隣の帯広市まではJRで2時間弱、
根室市まではバスで2時間半、北見市までは3時間です。

関西最後に食べたのが「にしんそば」。
小学6年で初めて関西に行った時にこの「にしんそば」を見て(食べていません)
何故蕎麦にニシンを乗せる?と不思議に思ったのを強く覚えています。
不思議イコールこの場合はどちらかというと否定形です。
蕎麦にニシンは合わないでしょう?という。

にしんそば

思い切って初めて挑戦しました。
やはり「不思議」な味わいでした。
どうしてわざわざニシンを乗っけるのか、理解できませんでした。
私の舌がお子様過ぎるのかもしれませんが、
ニシンと蕎麦を一緒に食べることで、特別な作用でもあるのでしょうか?

ニシン蕎麦、お好きですか?

まだ、お話したりないの

最後はデヴィちゃんです。
いっぱいお話してもらって、私がしゃべりすぎたのでしょうか?
ちょっと挑戦的な表情のデヴィちゃんです。
「アタチよりいっぱいキャンキャン言うなんて何様?」でしょうか?

賑わっています

庭のエサ台は今年の冬も賑わっております。
ではでは、楽しい週末をお過ごしください。
00:33  |  その他  |  コメント(18)

2014.12.06 (Sat)

飛行機と飛行機と飛行機

こんばんわ~
日本各地、寒波でとんでもないことになっていますね。
福井のななちゃんとななチロママさん、大丈夫ですか?
四国では亡くなられた方もいらっしゃり、
ごくまっとうに北国に降っていたのであればこんなことにならないのに、と
自然相手なのでどうしようもありませんが、つい恨み事を言ってしまいます。

デヴィちゃんと会ったあの日は晴天秋晴れ、とても穏やかで
ワンコの散歩と飛行機を眺めるには絶好の日でした。

飛行機好きな私のために、成田空港近く、飛行機の離陸、着陸が
眺められる公園に連れて行ってくださいました。



これは最初に連れていって下さった公園からのLanding.

そして、下はおそらくBOSS母さんがアップされていた飛行機と一緒。
お見事!Landing!

[広告] VPS


飛行機好きの私、昔は日本に乗り入れるほとんどの機体の区別がついていましたが、
この日は、JAL、ANA,キャセイ、中華航空、タイ航空、大韓航空くらいしかわかりませんでした。
ここ数年の航空業界を襲った荒波で消えていった航空会社も多く、又、雨後の筍のように
にょきにょき現れたLCCにいたっては全くわかりません。
デヴィちゃんのおとしゃんは私以上の飛行機好きですし、とてもお詳しいです。

take off

いよ~っ! Take off!

こんな重たいものが空飛ぶなんてやっぱり不思議です。

アンヨ、仕舞おうっと

車輪が仕舞われていきます。
Happy Landingを祈りました。

私の台湾時代、始終利用していた中華航空(チャイナエアライン)は当時、
中国大陸との関係を考慮した日本政府の図らい?で、羽田空港に就航していました。
ですので、成田空港には馴染みのない私、
前回のバンコクプロモーションで久しぶりに成田を使い
今だに空港に入る前に「検問」があることに驚きました。
一緒に行った仕事仲間とともに「時代錯誤」だの「税金の無駄遣い」
「検問する人たちの職場確保のためか?」等と失礼なことをほざいておりました。
このことをBOSS母さんに伝えると、全国ニュースでは報道されなくとも
地元では今も悲惨とも言える事件やトラブルが発生しているのよ、と
教えていただきました。
「百聞は一見にしかず」と言いますが、この場合は逆でしょうか?
何度現場を見ても理解できませんでしたが、一度聞くことによって
ものの見方が変わりました。
実施してください、検問。

ホテルの窓から

こちらは、大阪で宿泊したホテルの窓からです。
伊丹空港に着陸する飛行機がホテルの上を飛んで行くのです。
一年前にこのホテルを利用してこの事実を知り、
今回も飛行機が見える部屋をリクエストしました。

飛行機ばかり紹介していると、札幌のあのお方が
飛行機はいいから、早くワンコを出しなさい、ここはワンコブログでしょう?と
お怒りのつぶやきが聞こえてくるようです。


おとしゃんと見つめ合っています

おとしゃんと見つめ合うデヴィちゃんです。
可愛いですね。


こちらは、先日5分ほど遊ばせてもらった美しい柴ワンコです。

rikuto kun

茶々も雪の上で飛行機になっています。
釧路がこの光景になるのはいつでしょうか?
どうせなら早いところ、根雪になってほしいのです。

feiji~
22:53  |  その他  |  コメント(16)

2014.12.03 (Wed)

寝台特急北斗星

こんばんわ。
一昨日夜半から北日本は大荒れの天気だそうですね。
東北海道は風は強かったものの、「荒れ模様」というほどでもなく
もちろん大雪になるわけでもなく、同じ北国、これで良いのでしょうか?

雪が降りました

それでも、今日の午後いっとき、ほんのさわり程度の雪が降りました。
初雪は私がバンコク出張中だったそうですが、父も雪のカケラも見なかった、
というくらいだったそうです。
今日はかろうじて「雪」だとわかりました。

私の「北斗星とデヴィちゃんと宝塚の旅」の出発から1週間が過ぎました。
3月で廃止が決まっている「トワイライトエクスプレス」に乗るのが第一希望でしたが、
予約殺到で叶わず、なじみの旅行会社さんが頑張って取ってくださったこちらも
もって後2~3年の運行だろうと言われている
寝台特急「北斗星」の寝台B個室に乗車することができました。

B個室とA個室

左が私のB個室で、右は札幌からはお客様が乗らず、開けっ放しだったA寝台です。
B個室は2階屋風で、1階と2階の部屋に分かれています。
私は2階部屋、立ち上がることはできません。
もちろんお手洗いシャワー等の設備も皆無です。
比べてA寝台は広さも設備も豪華です。
もし、次の機会というのものがあるのであれば
乗ってみたい「A寝台」です。
私の今回のB個室の乗車券等合計で34730円(釧路-札幌-上野)でした。

食堂車で

夕食は予約制のディナータイムは遠慮して、
9時以降のパブタイムを利用しました。
食堂車、このパブタイムも翌朝の朝食タイムも利用客が少なくて
かなり寂しい雰囲気でした。

ちなみに、共用のシャワールームというのがありまして、
300円だったかな?で時間予約制なのです。
シャワーは6分間使用可能で、シャンプーを迷いましたが
思い切ってしました。
6分間ってけっこう長いです。
普段いかに無駄にシャワーを流しっぱなしにしているか気が付きました。

乗客は、私のような「鉄子」でもなく憧れ・記念乗車組もちらほら、
がっちりバリバリ「鉄」と「鉄子」がやはりちらほら、
想像以上に多かったのが、札幌以外から乗り込み、
上野以外で降りていく、純粋に「交通機関」、自分の足として利用している方々でした。
南千歳、苫小牧、登別、東室蘭、伊達紋別、洞爺、長万部、森、八雲、函館、
仙台、福島、郡山宇都宮、大宮と停車する他、数カ所で業務停車?があったようです。
宇都宮駅で降りていった作業着姿のビジネスマンはこのまま職場に直行するのかなー
日本のサラリーマンだわ~とお見送りさせていただきました。

朝食をとっている間、窓に広がるのは「ザ・日本の里風景」でした。
北海道の広い大地とは又ひと味もふた味も違った光景が広がりました。

なに連峰?

車窓を通してですが、見える風景は9月末の新潟と同じ季節。
あれから2ヶ月ですが、あの時の新潟同様に
山には「緑」があり、畑は刈り取られた後、
或いは緑が植わっている所と「秋」しかも東北海道の「初秋」の雰囲気でした。
本州は夏の終わりから秋、そして冬になるまでが長いんですね。

ところで、上の画像の奥に見える雪化粧をした山々はどこのお山でしょうか?
かなり長い間見えていました。

上野に到着

あっという間に上野駅でした。
もっと車内でのんびり、退屈を感じる時間があるのかとおもっていましたが
本当にあっという間でした。
う~ん、やっぱり乗ってみたい「トワイライトエクスプレス」!
札幌-上野間がこんなにあっという間であれば
札幌-大阪間もさほど長いと感じないと思います。

そしてデヴィちゃんに会いに行きました。

デヴィちゃん、私の希望通り私に合わせてキャンキャンとずーっとお話してくれました。
で、心配になったのが、デヴィちゃん、喉が乾いているのでは?でした。
BOSS母さんに「デヴィちゃん、お水、飲まなくて良いのでしょうか」とお尋ねすると
「大丈夫です。この子あまり飲まないんです」
この会話からしばらく経って、どこかのサービスエリアで、
再度「あの~デヴィちゃん、お水は~」としつこく言う私のために、
BOSS母さんがおとしゃんに「中で紙コップにお水を貰ってきて」と命令して
お願いしてくださいました。
おとしゃんが、お水はなかったから買ってきたよ、
とペットボトルを差し出します。
おかしゃんが手で水を受けた途端、
デヴィちゃんがものすごい勢いでお水に口をつけたのです。
「やっぱり喉が乾いていたんだ」と内心ホッとした私でしたが、
なんとデヴィちゃん、口をつけただけ。
おかしゃんが「ほら」と言っても、憮然とした表情のままお水を見ようともしなかったのです。
おとしゃんがおっしゃいました「ただのお水だもんね」と。
おかしゃんも「牛乳じゃないからね」と。

ただの水はいらないわ

味のないお水はキライですか?デヴィちゃん。
もしかして私と一緒で飲兵衛さん?

[広告] VPS


この動画の後でしょうか、前でしょうか?
耳を直そうと触ったら「ダメ、触らないで!」と言われ
スカートを直そうと触ったら「おかしゃん、知らない人がアタチのスカートを触る!」と
言いつけられたのは。
食べ物が運ばれてくると、耳もスカートもどうでもよいようです。
21:37  |  その他  |  コメント(13)
 | HOME |