FC2ブログ
2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.12.16 (Tue)

今年も後半月

こんばんわ。
はた迷惑な師走の選挙もおわりましたね。
北海道民は、「アベノミクス」なんて北海道には
なんの効果ももたらしていないぞ~
という意思表示をささやかながら示したようです。

日本列島各地、引き続き寒波襲来で大雪に見舞われている地域があるようです。
釧路は申し訳ないくらいに穏やかです。
(ただし、気温は低いですよ)
もちろん積雪0です。

積雪0の釧路です。

12月も、イエ、今年もあと半月を残すのみとなりました。

我が家のご近所のこのワンコを覚えていらっしゃるでしょうか?

ご記憶でしょうか

emihanaさんのはなさんのブログ、「乗り切ろうね」を読んだ時から
ずーっとこのワンコのことを思っていました。
私の記憶では茶々とそれほど変わらない年齢の筈だったので、
この冬、大丈夫かな?と心配していました。

今朝、歯医者に行く途中のこのワンコの檻に張り紙がありました。

よく頑張りました

もう、茶々とご近所同士で仲良くやっているでしょうか?

ミンクという名前だったことも初めて知りましたが、
このワンコがとってもがんばり屋さんだったことは知っています。
2年ほど前にご主人が重い心臓病で療養中だった時、
ミンクもいっときかなり具合が悪く、奥様ももうダメかも、と
諦めかけたそうなんです。
が、ご主人が少しずつ日常生活に戻るにしたがって
リハビリも兼ねて、ミンクの散歩も開始したところ
ミンクも少しずつ復活したということでした。

ミンク、ご主人が以前と変わらない生活に戻ったのを見届けて
使命を全うしたんですね。
お店を切り盛りするご主人に負担をかけまいと、
旅立つ前の日まで自分の足で歩いていました。

ワンコのいない犬小屋

ワンコのいない犬小屋ほど寂しく悲しみを誘うものはありません。
"こさん"がご自分のお家を「ワンコのいない犬小屋」とおっしゃっていましたが、
我が家の家主は茶々だったように、"こさん"のお家も主は小太郎さんだったのです。
遊びにおいでとお誘いいただきましたが、
主のいないお家におじゃまする勇気はありません。

茶々と仲良くしてあげてね

茶々がいた頃からのご近所のワンコ達はこのミンクを最後に
皆あちらにお引っ越ししました。
釧路市△◯1丁目会にフルメンバーが揃って、
賑やかにしていることでしょう。

1417517954139.jpg

さて、少し前にも紹介したRIKUTO君です。
御年10歳12kgだそうです。
一緒にお仕事をする釧路を代表する若くて美しいお嬢さんのお家の柴ワンコです。
彼女とお仕事するようになってからずーっと
このワンコと遊ばせてもらいたいと思っていましたが
先日、やっと念願かなってご対面でした。
彼女もお母様も「珍しいです」とおっしゃるくらい私の周りを笑顔で飛び回り
「あそぼうよ!」と誘ってくれておもちゃを持ってきたりと大歓迎を受けました。
普段はどちらかというと知らない人にウウウ~と唸るらしいです。

ところが、飼い主さんがおやつを上げたとたん、
テンションがた落ち、そのテンションの低さが私に向けられ
「誰?君?」「どうして僕のウチにいるの?どうして写真撮っているの?」
「早く帰ってくれない?」と鼻にシワを寄せて怒り出しました。
ほんの最初だけの大歓迎でした。
それにしても何故におやつを食べた直後に急にご機嫌斜めになったのでしょう?

いつもかばんにぶら下げているケンタの姉ちゃんさんからいただいた
ミニアルバムの中の茶々を見ていただきました。

男の子ワンコに見えたらしい

お母様と二人して「わ~可愛いい!キレイ~」
私、ニンマリ~「ありがとうございます」
お二人「RIKUTOと似ているよね、ハンサムだよね」
私、「?ええ、美人だって言われたこともあるんですよ」
お二人「え~女の子だったのですか?てっきり男の子だと」
生前から秋田犬疑惑、チャウチャウ疑惑とありましたが、
あちらに行ってからとうとう男の子ワンコに間違えられてしまいました。

RIKUTOくんがきれいな顔つきですから、茶々のふてぶてしさが
男の子ワンコに見えたのかもしれませんね。
00:18  |  その他  |  コメント(18)
 | HOME |