2015年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.04.26 (Sun)

白い人気者2

こんばんわ。
何となく世の中はすでにゴールデンウィークの雰囲気ですね。
私も明日から4日間働くと3日間の休みです。
せっかくの3連休が、バレエとご飯したくと鍼で終わっていくことが
寂しくなんとも勿体無いと思うのです。

2010011020382254b_201504242340328dd.jpg

これからご紹介する白い人気者に対抗すべく
今日もちょっと可愛い茶々を探してみました。

さて、釧路市動物園のシロクマさんたち。
ツヨシも水の中ではよく遊ぶんですよ。
ツヨシもミルクもおもちゃで遊ぶって知能が高いんだな~と感心いたします。

ツヨシも遊びます

茶々はおバカだったのか、おもちゃでは遊びませんでした。
一人っ子の私は、子どもの頃リカちゃん人形を買い与えられ
いつまでもいつまでも一人で遊んでいました。
リカちゃん、いずみちゃん、わたるくん、リカちゃんママに、
ちょっと背の高いレディリカちゃんなるお人形も持っていました。
ついでに、このレディリカちゃんシリーズで確かジュンとアヤというお人形もありました。

動物園で午後一番のイベントは「パクパクタイム」です。
まずツヨシにホッケや鰈などのお魚が投げ入れられたあと、
最後に牛肉の塊が投げ入れらました。


[広告] VPS


あまりがっつくという食べ方ではないですね。
最後の一口を食べ終えた後の、「あれ?もうなくなっちゃった」という
おとぼけの表情が可愛いです。

[広告] VPS


ミルクはまだまだ子ども、育ち盛りです。
早く早くとケージをガシガシします。

ツヨシと違い、ミルクは魚の他に、りんご、さつまいも、トマト等が与えられていました。
飼育さんのお話では、数日前のトマトがいかにもまずそうなものだったそうで、
案の定ミルクは見向きもしなかったとか。
イッチョマエに味がわかるのですね。

おまけです。
ウサギさんです。

ゴロゴロいるので1頭連れて帰ってこようかと思いました。

一緒に帰ろう

茶々も充分可愛いのですが、
シロクマさんの可愛らしさとの違いは迫力がないからだと思いました。
老犬と言われる時期のほんの一時期、
ガツガツと迫力満点で食べていた茶々です。

[広告] VPS


さてさて市議選の結果でも確認しましょうか?
釧路市議選は定数28人のところ31人が立候補しています。
31人のうち女性はたった3人。
女性の活躍を!といくら叫ぼうと、数として圧倒的マイノリティのままでは
どうにもならないと思います。
一番身近な地方政治から変わっていかないと。
取り敢えず女性候補者の方々には当選していただきたいと思うのです。

では、楽しく有意義なゴールデンウィークをお過ごしください。
21:15  |  その他  |  コメント(18)

2015.04.25 (Sat)

白い人気者

こんばんわ。
金曜日の夜です。
もうすぐゴールデンウィークですね。
皆様、楽しい計画はありますか?
今年はゴールデンウィークも5連休、
シルバーウィークも5連休だそうです。

残念ながら私に、何か楽しい計画があるわけではありません。

さて、ドライブで向かったのは今や世界の人気者となった
あの白いモフ☆モフがいるところです。


遊び好きです

遊び好きで、何でも2足歩行が得意だそうで・・・

世界の人気もの

釧路市動物園のシロクマ「ミルク」です。
ファンの方が動画サイトに投稿したのをきっかけに世界中からファンが
ミルクを一目見ようと釧路市動物園を目指しているそうです。
と言うのはかなり大げさですが、
人気者であることに間違いないようで、
この日、明らかに欧米から来たであろう恐ろしく立派なカメラを抱えた夫婦と
香港から来たという若い女の子に出会いました。

平日の動物園、シロクマ以外の場所ははっきり言って人っ子一人いない状態。
ミルクの前だけが人だかりでした。

[広告] VPS


この日は、少々気温が高めだったせいでしょうか?
お得意の2足歩行は見せてくれず、
ずーっと水の中でご機嫌で遊んでいました。

女の子なのに男の子と間違えられて、お婿さんに来たり、
女の子だとわかってから、ずいぶんと年上のお婿さんを迎える羽目になった
もう1頭のシロクマ、ツヨシびいきの私としては
ツヨシだって水の中では可愛く遊ぶのに、と、
少々複雑な思いでミルクを見つめておりました。


将来的には、ツヨシもミルクも大きな運動場で、一緒に過ごさせたいようですが、
今はまだ別々に運動場に出てきます。
午前中がミルク、午後からツヨシです。

sorosoro.jpg


そろそろ、ミルクがお隣の小さな運動場
(運動場とは言えない、まさしく“小展示スペース”)に
移動の時間です。
ミルクも引っ込む時間がわかっているのか、
食べ物の匂いでもするのか、帰りたがっていました。

ミルク、バイバイ~

と、ツヨシの登場待ちます。

と、・・・・・

[広告] VPS


ナイスなボケをかましてくれる釧路市動物園の飼育員さんでした。
彼はミルクの落し物を片付けに来ました。

[広告] VPS


ツヨシ、登場です。
可愛いな~
一応、ミルクの去ったあとを嗅いで、ちゃんと引っ込んだんかな~と
確認しているようです。

ツヨシ~!!!とおもいっきり黄色い声で声援を送っておきました。

おまけです。

お股を干していらっしゃいます

格子がジャマでわかりづらいのですが、
ライオンの奥様がお股を干していらっしゃいました。
頑張ってまた可愛い双子ちゃんでも産んで頂戴!

もう一つおまけです。

ミルクやツヨシの可愛さに敵う茶々を探したのですが、
ダメかもしれません。

茶々 2ヶ月半

楽しい週末をお過ごしください
00:16  |  その他  |  コメント(4)

2015.04.23 (Thu)

春めいて

こんばんわ。

関西に住むかりんさん風来坊さんが、
この春は天候が良くなくて・・・とおっしゃっていましたが、
昨日、NHKでも日照不足による農作物への影響が広がっていると報道していました。
お野菜の高い冬をやっとやり過ごしたのに・・・

今日は、代休。
本当はおばさんバレエに行くつもりだったのですが、
あまりにも春らしい良い天気だったので、
バレエはサボってちょっとドライブしてきました。

春を感じる

庭には春を感じさせる翁草が咲きました。

酪農地帯である郊外に車を走らせると
最近はあまり見かけない鯉のぼりを発見!
青空にきれいに泳いでいました。

最近はあまり見かけない

昼食はこの地域の牧場榛沢牧場のeビーフを使った中華定食。

半沢牧場の牛肉

お肉も美味しかったのですが、
春巻きがちゃんとアツアツなのが嬉しかったです。

近くの牧草地はまだ緑ではなく、
雪がやっと溶けました~状態です。

牧草畑はまだこんな感じ

だいたい「ふきのとう」がこの状態です。
いかに東北海道の春が遅いのか、
改めてご理解いただけると思います。

fukinotou.jpg

それでも今年は早いほう。
桜の開花予想が5月13日ですから。
そういえば、松前に続いて札幌でソメイヨシノが咲いたそうですね。
北海道にもソメイヨシノがあったとは。

楽しいひとときを過ごし、
帰りがけに野生のタンチョウさんが一羽で
道路脇の牧草地にいるのを発見。

白点はタンチョウ

遠くの白い点がタンチョウさんです。
ペアになりそこねた若いタンチョウでしょうか?
それとも、数年前までここによく来ていたペアが連れ合いを
亡くしたのでしょうか?

夕食は、毎年この時期になると必ず紹介してきた
東北海道の春の味覚「時鮭」です。
まだまだお高くて、一切れが400円ほど。

新モノ時鮭

釧路の時鮭漁はまだ始まっていないので、
根室産の時鮭でした。
富良野産のアスパラガスとともに。

今日は春づくしの一日でした。

3時間ほど外で楽しく歩いたり写真撮ったりしておりました。
帰ってきてから「シマッタ~」と後悔。
日光湿疹でした。
春らしいと言ってもコートを着てストール巻いてという出で立ちの涼しさなので、
日焼けのことまで気が回りませんでした。
一昨年も同じ失敗をしたので、昨年は気をつけていたのですが・・・
もう紫外線は夏と同じなんですよね。

ホットケーキ?

茶々も美味しそうに食べている画像を探しました。
ホットケーキでしょうか?
ご機嫌で食べていますね。
00:37  |  東北海道  |  コメント(9)

2015.04.18 (Sat)

飲み会続き・・・

こんばんわ。
寒い日が数日続いていますが、
それでも少しずつ春が近づいています。
阿寒湖の氷割りも始まりました。
(とは言うものの阿寒湖は昨日も雪でした)

庭のチューリップもらしくなってきました。



茶々のパトロールのない3度めの春の庭です。

前回の台湾のお客様との乾杯の疲れも取れないうちに、
ここの所、仕事とプライベート両方で飲み会が続いています。

釧路日台親善協会総会と懇親会の後に
地元新聞社社長と台湾つながりの方に拉致された先で
出されたのがこちら。
マスターが「ホントにひっさしぶりに北海道産のものが入ったからね、
食べて行きなよ」と有無を言わさず、一人一皿。

nanda~

なまこです。
なまこ酢です。
決して嫌いではないのですが、やはり見た目にはなかなか厳しいものがありまして、
なるべく見ないように口に運びました。
この日は紹興酒をお猪口くらいのグラスで
3杯くらいと日本酒熱燗を5合くらいでしょうか?
久しぶりの深酒です。
夜中に吐いても、もう、もらいゲロをしてくれる茶々はいません。
(吐いていませんよ!)


今日は今日で、バレエのおばさんクラスと先生で飲み会。
「獺祭」の純米大吟醸酒が手に入ったから~と先生のお誘いでした。

dassai.jpg

今日の午後は若者クラスに入れてもらって
大好きなパリ・オペラ座バレエの専属ピアニスト、
シルヴァン・デュランの演奏によるレッスン用CDでの
バーレッスンをご機嫌にこなし、

わさびが美味しかった

トウシューズを履いてのセンターレッスンも若者と一緒に最後までやり遂げ、
滝のような汗をかき、レオタードが絞れるくらいになろうとも

デザート

こんなに酒を飲み、肉を食べ、挙句に、
こんなこってりしたハイカロリーなデザートを食べてしまえば、
今日のレッスンで消費した以上のカロリーを摂取したのは
間違いないです・・・・

2010112317462731c_20150418223123803.jpg

お酒もデザートも美味しかったのですが、
何となく損したような気分になっているのは
我儘、勝手な理屈というものでしょうか?


nakayokushimasu.jpg

ひと月ほど前に、あちらでの茶々に新しいお友達が増えたようです。
先にお引っ越ししていたお兄さんワンコさんと仲良くしつつ
飼い主さんを見守りつつ、飼い主さんがオキシトシンを出しまくるご縁を
見つけてくれるかもしれません。

私も見つめ合いたいです。





23:34  |  その他  |  コメント(14)

2015.04.11 (Sat)

台北で会った可愛い子たち

こんばんわ。
寒い日が続く東北海道です。
昨日仕事で行った阿寒湖畔では雪が舞っていました。
昨日、一昨日と台湾のちょっとエライお客様がいらっしゃり
通訳謙アテンド業務についておりました。

元気うさぎで頑張った
元気うさぎを胸に付けて頑張りました。

台湾式乾杯を心から愛する方で、且つ、お酒も強いと言う前評判に
釧路のちょっとエライ方々もビビりまくり。
ここは、先手必勝です。
お客様に「乾杯しましょう」とお誘いを受けるまえに
釧路側が入れ替わり立ち代わり乾杯をお誘いいたしました。

元気うさぎさんのおかげでしょうか?
お客様、つぶれました・・・・
我ながらうまくいったと自負しております。
takiさん、ありがとうございました。

さて、台北から帰ってきてもう2週間以上になるというのに
ダラダラと台北レポートです。

台北の街をあっちへフラフラ~
こっちへフラフラ~と歩きまわりますと、
可愛い子にもたくさん出会いました。

2日目、朝ごはんを済ませて、孔子廟と保安官という健康祈願の廟を目指していた時、
前をがヨタヨタと歩いては花壇の壁にぶつかり
又、ヨタヨタ歩いてはベンチにぶつかるエリザベス・カラーをつけたワンコを
発見いたしました。
明らかに見習い恍惚ワンコさんです。

19歳のワンコ

19歳のワンコさんです。
飼い主さんに写真を撮って良いですか?と聞くと
勿論と言いながら、ズボッとカラーを取ってくださいました。

可愛いです、一生懸命一生懸命あの独特のリズムで歩いていました。

台北そごうの前にいたレトリーバさん達です。
親子ではないとか。

街の真ん中そごうの前

保護ワンコやニャンコのための寄付を募る団体の
PR犬のようでした。
まっとうな団体なのかどうかはわかりませんが、
100元(400円位)を箱に入れると
啓発誌のようなものを渡されました。
中には芸能人の誰ソレがいくらいくらの寄付をしました、等の記事とともに
自然界で禁止されているトラバサミ?にかかってしまって傷を負ったワンコを
助けた記事などが掲載されていました。

そごうの前

どこかの通りに見かけたワンコ。
カメラが好きではないようで、
絶対にカメラを向いてはくれませんでした。
カメラを下ろすとちゃんと私を見てくれるのです。

恥ずかしがり屋のワンコ

雙連の市場付近の小路にいた白い大きなワンコ。
とても人なつこいきれいなワンコでした。

白い大きいワンコ

日本の秋田犬ですか?と聞くと
「似ているでしょう?でも違うの。たぶん雑種」だそうです。

こちらも雙連の市場付近に停められていたタクシーのボンネットの上で
暖を取るニャンコです。
確かにこの朝はヒンヤリとしていました。

ナデナデしようと手を伸ばしたら
「シャーッ」と怒られました。

タクシーで暖を取るニャンコ

こちらはあまり可愛いとは言えない名前もわからない鳥さんです。

P1010623.jpg

空港近くの小さな公園にいました。
公園には馬やら何やらのオブジェがあり、
その近くでじっとしていたので最初はこの鳥も作り物かと思いました。

可愛いワンコやニャンコに出会いましたが
出会えば出会うほど、やっぱりこのワンコが一番可愛いと思うのでした。
23:01  |  その他  |  コメント(11)

2015.04.08 (Wed)

春はまだまだ~

こんばんわ。
寒いですね。

一昨日は薄紫色の名前の判らない、でも可憐な花が咲いていたかとおもえば、



昨晩は、旭川も札幌も、そして関東でさえ雪が降ったそうですが、
もちろん釧路も降りました。
そして今も寒いです!
ブーツを仕舞ってしまったことを後悔しています。
足首がスースーします。

薄っすらと雪

前回、ご飯を目の前にした茶々が不満そうだというご指摘をうけましたので、
ちゃんと茶々にも美味しいものが与えられ、
自ら機嫌よく食べていた事もあったという画像でございます。

200910172103436a3_201504081102081de.jpg


しつこく台北で食べたもののご紹介です。
台北3日目は生憎のどしゃ降り(人工雨という話でした)。
お気に入りの朝食やさんに行く気力もなく、ベッドでウダウダしておりましたが、
エイヤッと街歩きにでました。

日本統治時代の建物が残る青田街と
おしゃれな雑貨屋さんやカフェ等が集まる永康街を散策しました。

朝ごはんを食べていないのと、いくら台北でも3月のこの日は雨のせいか
とても寒くて、近くの茶芸館に避難しました。
「回留」というお茶もデザートもオーガニックにこだわったお店です。
大変人気のお店で日本人の団体客がワ~っと来てガーッとお茶を飲み、
サササ~ッと帰って行きましたが、せっかくの茶芸館、
もう少しのんびりとお茶を楽しんでいただけたらな~と。

茶芸館で一休み

いただいたお茶は「野生岩茶」。
少し強い味ですが、こんな雨降りに飲むとスッキリしますよ~というお店の方の
お勧めでした。
紅茶と烏龍茶を足して2で割ったような味わいで、確かに体も温まり
雨と寒さで体にたまった冷たい湿気を洗い流してくれるようでした。

お茶菓子

お茶とデザートのセットになっていまして、そのお茶菓子がこれまた美味しかった。
全て手作りだそうで、どれもほんの一口ずつのせいか、
もう少しいただきたいな~と思わせる落ち着いた味わいでした。
左から手作りのドライフルーツ(中でも柿ゆべしみたいなものが美味しかった)、
お米を使った中華風ケーキ、
クッキーにパイナップルジャムを乗せたもの(ジャムも手作りとか)、
小豆を使ったモチモチしたケーキ。
この小豆のデザートが不思議な美味しさでした。
モチモチした食感は何を使ってだしているのか?
砂糖の甘さはほとんどかんじられないけど、
ゆっくり噛んでいるとじんわり甘くなってくるのは
どのように作り上げているのか?

台湾のデザートは一般的に味わいがマイルドで
素材の味を活かした物が多いのです。
私は口に入れた瞬間、
とらえどころのないくらいに優しい味わいがたまらなく好きなのですが、
インパクトの強い味わいが好きな方には、
少々物足りなく感じることでしょう。

台北の茶芸館、お茶のことがわからなくても、
それほど、中国茶が好きではなくとも、
又、一人旅でも、ゆっくりとその情緒を楽しむことができます。


台北の雑誌編集長とお夕食をご一緒するべく
待ち合わせ場所の南京東路と龍江路の角に向かいました。

中華航空

懐かしの中華航空ビルです。以前はここが本社でしたが、今は台北支店。
ビルは半分がオフィスビルで半分はホテルとして使われているようです。
Two Leavesさん、見てくれているかな~

台北にいる頃頻繁にこのビルに来たわけではありませんが、
思い出すのはチケットを買うためにお金を下ろす際、
旧漢字の壱. 弐. 参. 肆. 伍. 陸.~を使わなくてはならず、
書けない日本人だと見ると「良いよ、こちらで書いてあげる」と
言ってくれた銀行のおばちゃんです。

お食事は極めてローカル色の高い場所で、
先輩や同期とは絶対に食べられないものをいただきました。

台湾のお友達と

左上は小菜といって前菜にあたるものでしょうか?
作り置きされているものが多く、好きなものを取ってきます。
一皿30元(約120円)。
豚の耳の炒め煮、いんげんとひき肉の辛くて酸っぱい炒めもの、
牛肉のどこの部位だったかを煮たもの。

右上は「紅油抄手」と言って、簡単に言うとワンタンのラー油たれ和えでしょうか?
四川料理店ではかなり辛いものもあるようですが、
ここのはかなりマイルド。
私は、テーブルにある唐辛子がジャリジャリ入ったラー油を足しました。
一椀60元(約240円)
左下は魚のすり身団子入り麺。
あっさり味のブリブリすり身でした。
こちらは一椀70元(約280円)
どれも安い!そしてなかなか美味しい!
「紅油抄手」は又食べに来たいけど、さすがに一人で来る自信はないな~と
お店を眺めつつ、ワンタンを味わいつつ考えておりました。

最終日の昼食

最終日のお昼はお決まりの「牛肉麺」を。
そして何故かどうしても食べたくなってオーダーしたのが紫芋の「西米露」
時として、私の苦手なココナッツミルクの香りが強いものがありますが、
ここのはまあまあでした、
「食べたい!」と思った、思った通りの味でホッと安心。
牛肉麺がいただけなかったのが最後の食事の心残りとなりました。

[広告] VPS


茶々も麺類が大好きで、
私達がうどんの日は茶々にも必ずうどんをあげていました。
もっと若い頃から食べさせてあげると良かった。

全国的に冷え込んでいるようですね。
風邪などひかないようにお気をつけ下さい。
11:44  |  その他  |  コメント(10)

2015.04.05 (Sun)

新年度になりました

こんばんわ。
新年度になってはや5日目ですね。
気持ちをセットアップすることもなく、
なし崩し的に毎日が過ぎていきます。

父の脱腸の手術は極めて順調に終わり、
昨日はもう歩けるようになりました。
父もあまりにも簡単に順調に終わり大好きな「病人」を満喫できず、
拍子抜けしているようです。

昨日、スーパーで「国産たけのこの水煮」を見つけました。
真空パックではなく、いかにもお店で茹でました~というパック詰めでした。
この季節、台湾に行くと、「たけのこのサラダ」が食べられます。
茹でた筍に台湾独特の甘いマヨネーズを付けていただくのです。
私はこれが大好きなのですが、先日の台湾では食べてきませんでした。

エグい

日本のマヨネースと筍で食べたらどんな感じ?と思い、
やってみました。
と~ってもエグかったです。
めちゃくちゃエグミが強かったです。
台湾の筍と種類が違うのでしょうか?
それともあの独特の甘いマヨネーズがエグみを和らげて
「筍のサラダ」を完成させているのでしょうか?

でも、今日の筍のサラダ、決してまずくはなかったですよ。
又見つけたら、同じように食べてみようと思っています。

ご飯です

筍のサラダを食べてこなったかった私は
台湾で何を食べてきたでしょうか?

プライベートの台湾では、ホテルを朝食付きのプランにしないので、
朝ごはんは外に出ます。
お気に入りはいつものホテルから歩いて10分ほどの「世紀豆漿大王」
あのカエルさんを売っていた朝市を冷やかしながら歩いてMRT雙連駅の近くです。
典型的台湾の朝ご飯やさんで、家族経営の広くもなく、おしゃれでもなく
それほど清潔でもなく、でもそんなお店でも、ガイドブックに載ったことがあるせいか
私のような日本人がやってきます。
そしてそんな日本人のためにこのような日本語のメニューも用意しているのです。

P1010402.jpg
クリックで大きくなるはずです

前回、仕事である日系企業を訪問した際に、
東北海道は「台湾のお客様に来てほしい、来て欲しい、と言いながら
現実には、受け入れの努力をしていないではないか?
台北ではかなり小さな店でも、メモ書きのようなものではあり、
往々にして変な日本語が書かれていることがあるけど
日本人のためにメニューを用意しているでしょう?
東北海道のお店でもあのくらいのことはしてよ。
立派なメニュー表を作れなんて言わないから」と言われたのでした。
この意見はごもっともです。
財力のある飲食店は、お金をかけて、
翻訳の会社と印刷会社を儲けさせて
立派なメニューを作りましたが、
結局従業員の方が日本語のメニューとのリンクできず
活用されていないケースが多々あるのです。
お金をかけず、自分の達の工夫と、
やってくるお客様にもお手伝いいただきながら
せめて、メニューくらいは用意したいと思うのです。


台湾の朝ごはん

朝ご飯やさんには台北2日目と4日目に行きました。
豆乳と蛋餅と花巻。
花巻は白いお饅頭の生地を期待していた私には
少々がっかりのパンのような生地でした。
4日目は豆乳と焼餅、サクサクで皮がほんのり甘く
サラッと塩味の玉子焼きが挟まっています。
絶品!あと2個は食べたかった~

ここの豆乳は甘すぎず、しみじみと台北の朝ごはんを食べているという
温かい気持ちにさせてくれます。
そして、仕事がある時は、「頑張るぞ~」と思いますし、
今回のように完全にプライベートでは、
れからスタートする台北の一日を楽しもうとワクワク気分にさせてくれるのです。

馬鹿話はタイ料理とともに
絶品グリーンカレーとタイ風ザンギ(by 北海道出身の先輩)、空芯菜の炒めものと青パパイヤのサラダ、蝦餅、どれもとっても美味しかったです


先輩と同期との馬鹿話は台湾では高級デパートである「そごう復興館」のおしゃれな
タイ料理をいただきながら繰り広げました。
先輩に「あんた、ブログに私達の会話を馬鹿話って書いたでしょう?
悪かったね、馬鹿で」って言われました。
馬鹿話って誰とでもできるものではないので、
その馬鹿話ができる、私にとってはとても大切な先輩と同期です。
たたこさん、ハイジさん、こた母さんとは、
同年代で、4人共独身、片親だけが残ったという共通点のもと
今或いは将来抱えるであろう問題等をやはり笑いなながら馬鹿話にかえて
語り合うことができます。
そして、この台北では、先輩=既婚の子無し、
同期=既婚の子ありだけど子供たちは独立、
独身の私と、おかれた環境が異なる女3人の馬鹿話です。
どんなステキなご主人やお子さん達がいても、
最後は自分が自分の始末をつけることに変わりはなく、
私のように独身で一人っ子は、何もかも「自分ひとりでやらなくてはいけない」けど
「私一人で全てをやってしまえる」とも言えます。
どの人生もプラス・マイナスゼロに限りなく近いものなのではないかと
馬鹿話をしていると思えてくるのです。


芝麻豆花と紅豆山薬豆花

あえて、タイ料理のレストランではデザートをオーダーせず、場所を変えました。
同期が連れて行ってくれたのはどのガイドブックにも必ず掲載されている
有名な豆花のお店「騒豆花」でした。
プリン、ゼリーなど、プルプル、モニョモニョ系のデザートが大好きな私、
この騒豆花は行ってみたいお店の筆頭でした。
私がいただいたのは右側の山芋入りお汁粉風の豆花でした。
温かくてじんわり甘くて、そして山芋も小豆もほんのり土の香りがいたしました。
この山芋って何の種類なのでしょうか?
日本のあのネバネバの山芋ではなかったです。
先輩と同期は胡麻ダレ?胡麻餡?の豆花。
これは見た目よりもかなりあっさりしたお味でした。
胡麻にしても、小豆にしても味付けがかなりマイルドなので
たくさん食べることを前提としているのか、
量が「デザート」の範疇を超えていました。
お腹がチャプチャプになりました。
この量のおやつ、食後ではなく小腹が空いた3時のおやつとしていただくのが
正解かもしれません。

geppu.jpg

いつもながら、プライベートの台北でいただく全てが美味しいです。
6月中旬の台北出張が決まっていますが、
仕事で行くと、台北の美味しさも半減とまでは言いませんが
3割減なんですよね。

今日は雪が降るのでは?というくらいに寒い釧路です。
明日からまた一週間ですね。
乗り切りましょう。

01:02  |  その他  |  コメント(14)
 | HOME |