2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.31 (Sun)

初夏の気配

こんばんわ。
あっとい間に5月も終わっていきますね。
5月最後の「ブラタモリ」を格別に面白く見終わってすぐ、
小笠原で震度5強の地震が発生したとのニュース速報がでました。
関東各地、けっこう強く、又長く揺れたようですが、
皆さん大丈夫でしょうか?

大丈夫ですか?

今のところ、ニュース等では深刻な被害は出ていないようですが、
夜間の大きな地震は翌朝になって被害がわかることもあるので、心配です。


26日から1泊で釧網本線の旅の出張でした。
「釧網本線」と呼んでいますが、国鉄からJRになり
支線の「標津線」が廃止されたので、実際はただの「釧網線」ですね。
ただし、この釧網線、鉄や鉄子にとっては憧れの、一度は乗るべき路線です。
たった一両編成で約3時間半の旅、
車内もまるで30年前にタイムスリップしたかのような
佇まいなのです。

日本最大の湿原、釧路湿原を通りぬけ、

釧路川

内陸を北上します。
線路脇の木々の新緑がキラキラと美しく、
そろそろ東北海道にも初夏の訪れか?と思わせてくれます。
昨年もこの日記に書きましたが、
私はこの季節の黄緑色の葉っぱが揺れる光景が大好きです。

そろそろ初夏

硫黄の匂いが漂う川湯温泉駅を過ぎると、
これまでとは少し違う、どこか違う風景に変わります。

平野が続き、畑作地域だということがわかりますし、
夏の気候も釧路地方より温暖だということも。

知床斜里駅に近づくと斜里岳が見えてきました。
そして次に見えたのは海別岳でしょうか?

斜里岳と海別岳

斜里岳と一緒に写っている木はポプラだと思うのですが、
釧路地方でポプラは育たないようです。

網走駅に近づくにつれて、線路脇はずーっと白い花がてんこ盛りになっていました。
車窓からなので、はっきりしないのですが
エゾノコリンゴでしょうか?
それともすももでしょうか?
釧路市内ではまだエゾノコリンゴは咲いていないので、
エゾノコリンゴだとしたら、やはり網走管内は温かいのですね。


エゾノコリンゴ?

釧網線の旅を長々と書いていますが、
もちろん出張の目的は釧網線に乗車することではなく、
タイの旅行会社さんをお呼びしての観光説明会に参加することでした。
そしてその説明会が開催されたのが、
網走市呼人(よびと)というところにあるホテルでした。

その呼人に行くには、網走駅に到着後、
今度は網走と札幌を結ぶ石北本線に乗り継いで行きます。

網走駅から約10分(もちろん普通列車、鈍行です)、呼人駅です。

呼人駅

この駅、めちゃくちゃ可愛かった。
これぞローカル線!という風情と侘びしさがありました。
この出張、この駅に降り立てただけで来た甲斐があったと思いました。
この小さな無人駅で、利用する高校生のために、
冬になると誰かがストーブを焚いてくれるのでしょうか?
列車はもちろんワンマン列車で一番前の車両のドアしか開きません。
名所案内の看板の前では、誰も乗降できないので、
あの看板が誰かの目に触れることは、もうないのかもしれません。

体操するYさん

観光説明会も懇親会も無事終了し、釧路に帰ります。
イヌ好き同年代女性Yさんは体操して前夜のお酒を体内から排出させます。
(ちなみに、タイの方々は台湾の方々と違い、飲まないので、
私は飲んでいません~)
Yさん、バチバチと写真を撮る私におっしゃいました。
「松の実さんが鉄子さんだったとは!」と。
イイエ、私、断じて鉄子ではありません。
鉄や鉄子って鉄道そのものに愛情を持っていますよね。
私のお知り合いの「鉄」は、列車内でうたた寝していても
線路の整備状況が充分行われているか、
ごまかされているか音でわかるそうです。

網走から帰った翌日は会議のため阿寒湖へ。
阿寒湖もやはり初夏の装い~

阿寒湖も初夏

北海道は東に行けば行くほど北海道らしさが残っていて、
そしてそれを感じるには冬がベストだと思っていますが、
今の時期も捨てがたいです。
(でも、寒いことは寒いです)

機会がありましたら、是非、初夏らしき東北海道へコートを持ってお越しください。

明日になっても深刻な被害はありませんように

余震が起きませんように。
明日になって被害が拡大している、なんて事のないように
祈っています。
00:36  |  東北海道  |  コメント(25)

2015.05.25 (Mon)

バラはまだですが

こんばんわ。
しつこいようですが、ストーブ焚いています。
湯たんぽ抱いて寝ています。

この季節、つい寒い寒いと愚痴ってしまうのは、
本州との差があまりにも激しく、
本当はこのくらいの寒さは北海道人にとっては何ということないのに、
テレビ等で見かける気候や服装とあまりにも違うので
実際の気温よりも寒く感じてしまうのかもしれません。

芝桜とオダマキ

寒い!と愚痴っていても、庭の花たちは次々と咲いています。
バラはまだですが、芝桜とオダマキ(だったはず)が満開となり
すずらんも咲き始めました。

咲き始め

気温が低い日が続いているせいか
たんぽぽはこの茶々が居た時のように今も咲いています。

たんぽぽの上

黄色い絨毯の上を恍惚顔で歩く茶々でございました。

たんぽぽの上2

昔、たんぽぽと言えば、ブチブチ摘んでは編んで花輪を作りましたよね。
それから、なんという名前だったのか覚えていないのですが、
茎を2つに裂いて相手のやっぱり2つに裂いた茎と絡めて引っ張りっこして
どちらの茎が切れちゃうかを競う遊びもありました。
そしてたんぽぽの茎と言えば白い木工ボンドのような液がベタベタとでて
それが手につくと茶色く変化して汚いの~
子供の頃ってどうしてあんな遊びができたのでしょう?
今の子どもはたんぽぽで遊んだりはしないのでしょうね、きっと。

昨年、あんみつに入っている豆は何?とここで聞いて
赤エンドウと教えていただきました。
今年も同じあんみつが六花亭で売られています。

六花亭のあんみつ

昔は、硬い寒天が好みでしたが、最近はホロホロと口に入れた瞬間に
崩れるくらいやわらかいのが好きになりました。
六花亭さんの寒天はまさしくそのタイプです。
豆も苦手でしたが、最近は美味しいと思えるようになりました。
好みって年取ると変わるのですね~
昔も今も変わらずこの赤いさくらんぼが存在していることに驚きつつ
やっぱり子どもの頃のように赤いさくらんぼは最後までとっておくのでした。
そして、どうしてこんな中途半端な味のものをありがたがって
最後までとっておいてから食べたたのかな~と不思議に思うのです。


疲れます2

明日は網走へ1泊の出張です。
いつかのように市役所の方とエッチラオッチラと
鉄と鉄子の憧れ「釧網本線」に揺られて行きます。
17時からの会合なのに、9:05分の汽車に乗らなくては間に合わないのです。

明日ご一緒する方は、同年代イヌ好き女性Yさん。
同じくワンコを虹の橋に送った経験を持ち、
二人打ち合わせの時に、ワンコの思い出話になりかけ、
ゲラゲラと笑いながら話していたはずなのに、
自分たちでもわからないうちに泣いていたという
情けない失態をやらかしてしまいました。
明日の道中はワンコ話厳禁です。
21:38  |  東北海道  |  コメント(13)

2015.05.20 (Wed)

寒いけど。

こんばんわ~
今晩もコート着て帰宅して
リビングにはストーブが焚かれ
外気温が8℃で、やっぱり寒いのです。

こた母さんの住む札幌では「ライラックまつり」が開催されています。
ライラックは札幌市の花で、釧路市の木はハシドイです。
同じモクセイ目ハシドイ属だそうで、ライラックも和名はムラサキハシドイ、
漢字だと「紫丁香花」、美しいですね。
不思議なことに、はしどい、と入力してもハシドイです。
漢字がない?
ハシドイの語源は枝先に花が集まるから「端集い」という説もあるそうですが、
ライラックもハシドイも同じ仲間なのに、
ハシドイはもともと日本に自生する植物だというのに、
扱われ方に差があるように感じるのは僻みでしょうか?

ちなみに、うちの母はハシドイのことを「ドスナラ」と言ってました。
大昔の宝塚の歌、「♫白いライラックの咲いた5月は君と初めて巡りあった時~♪」
と、歌っていると、「白いライラックってドスナラのことじゃない?」と、
夢もロマンもぶち壊すことを言っておりました。
母は水芭蕉のことも「にょろの枕」と呼んでおり、
そのせいか水芭蕉=ニョロのいる所と勝手に記憶が固まってしまいました。

数年前の5月20日

寒い寒いと言っても、この年よりははるかに温かいんですね。
5月20日でチューリップは蕾のままです。

いつものように山菜も山にはあるようです。
父のガールフレンドさんからいただきました。

ぜんまい

こごみのおひたしなんて何年ぶりでしょうか?
とっても美味しかったです。
小学校2年から高校2年まで阿寒町に住んでいた頃は、
家の後ろがもう山菜いっぱいの山だったので、
この季節はウドとこごみが毎晩のように食卓に上がっていました。
今思い出すと、あの頃はニョロに出くわすことも想像せず
よく山に入っていったな~と感心してしまいます。
今は、いくら美味しいこごみのためでも
山菜採りに山になど行けません。


最近、鍼灸師さんに勧められて、時々簡単なお灸をしています。

簡単お灸

体の経路?のどこかおかしいらしく、
お灸を全く感じないことが頻繁にあるのです。
2~3日続けるとモワーっと温かさを感じるようになるのですが、
少し休むと又「火が途中で消えてしまったのか?」と疑うくらい
何も感じなくなります。

お灸をするにあたり、とても不便なことが出てきました。
父も私もタバコを吸わないので我が家には
「ライター」というのものがありません。
仏壇も無ければお線香も上げないので
マッチもないことに気が付きました。
ガスの火で点けるのですが、
点火→所定の位置にセット→ひたすらリラックスという
一連の動作がとても慌ただしいものになってしまうのです。

ライターってスーパーのどの当たりを探せば良いの?
コンビニでは?
探したのですが、今まで買ったことのないものって
なかなか見つけられないものですね。
結局タバコを吸う上司に100円ライターください!とお願いしました。

moratta.jpg

これから初めてライターで火をつけてみます。
茶々がいたら、煙モクモクのお灸にどんな反応をしたでしょう?
もっとも茶々がいたら、冷え性になんかならなかったし、
お灸をする必要性も感じなかったでしょう。

どんな反応したでしょう

もう一つ、いただきもの。
先日の留守番勤務で一緒に勤務する同僚がくれました。

面白い、美味しい

外も中もパンダの表情が色々で可愛いです。
そしてなかなか美味しかったです。

21:03  |  東北海道  |  コメント(11)

2015.05.16 (Sat)

寒い!

こんばんわ~
ブルブルブル~寒いです!
現在外気温は5度です。
ここ3日ほど、凍るような寒さです。

もちろん朝も昼も夜もストーブつけて、
ちゃんちゃんこ着て、
湯たんぽ抱いて寝ています。

今年の出番は終了と思われたコートも復活させ
ストール巻いて出勤しています。

桜はオシマイ

観測史上最速で咲いた桜もオシマイです。

ほんの2~3日前に、これから釧路日台親善協会の飲み会です、
と書いたと思ったら、すでに一週間が過ぎたのですね。
最近は1年があっという間に過ぎるだけではなく、
一週間も知らぬ間に過ぎていくようです。
ますます歳取るのが加速度しているようです。


あっという間


飲み会に持っていった美味しいお酒です。
左は冬に風来坊さんかりんさんからいただいたもの。
純米大吟醸ですから、恐れ多くて一人で寂しく飲むには勿体なくて
こういう日まで温めておりました。
右のはこの飲み会に参加していた日台親善協会のおじさまから
ホワイトデーにいただいたもの。
奇しくもこちらも純米大吟醸。
贅沢にも大阪と新潟のお酒の飲み比べとなりました。

大阪のお酒はまったり~
新潟のきりんざんはあっさり~さらさらと水のようでした。

おじさま方二人には大阪のまったりが好評で
「粒子が違う!」と言いながらガブガブ~あっという間に
カラになりました。

風来坊さん、かりんさん、改めて
ご馳走様でした。


母の日の花

盛大に売られている母の日用のカーネションを見ると
物哀しい気分になり、あえてこの日のためのカーネションは
買わないのですが、今年は濃い紫のカーネションが素敵に見えて
買ってみました。
一本400円なり~


庭のチューリップも咲きました。

咲いた咲いた

今月31日は「釧路チューリップ&花フェア」というイベントが
釧路市内の公園で開催されますが、
1週間ほど前にすでにチューリップは満開となり、
新聞でもチューリップなしのイベントなりそうだ、と紹介されていました。
私も仕事の関係でこのイベントはここ15年ほど毎年行っていますが、
イベント当日にうまく満開とはなかなかいかないですね。

2000年5月22日


2000年5月の茶々とチューリップ。
チューリップを愛でているようですが、
これはヤラセです。
おやつのジャーキーをチューリップの花びらに挟んであるのです。


2010年のチューリップ

こちらは2010年の茶々とチューリップ、
この年あたりから「これが最後のチューリップとのツーショットかな」と
思い始めていました。
上の画像と比べると、天気も良くないせいか
茶々があきらかにしょぼくれて見えますし、
チューリップの勢いにけ落とされています。

本州各地は暑いくらいなんですよね?
熱中症にお気をつけくださいね。
私も凍傷にならないように気をつけます。

では、良い週末をおすごしください。
00:16  |  東北海道  |  コメント(15)

2015.05.08 (Fri)

ゴールデンウィーク後半

こんにちわ~
世の中はゴールデンウィークも終了し、
一生懸命働いているというのに
私のゴールデンウィークはまだ終わっておりません(オホホ~)
4日、5日と留守番勤務でしたので、その代休です。
明日もお休みですが、明後日はお仕事。
若年性認知症ではないか?と
かなり真面目に自分の頭を心配している私は、
勤務日と休日を間違えないように毎朝、
毎晩勤務表とにらめっこするこの10日間です。
私の年齢ではもはや「若年性」ではないだろう、
というご意見は却下でございます。

sakura.jpg

桜が咲きました。
もちろん今年も桜前線のゲッパ争いを繰り広げましたが、
観測史上最速の開花宣言となりました。

まだ裸のバラ

ururuさんのお庭ではすでにバラが咲いたそうです。
桜が咲いたとは言え、我が家のバラはまだほぼ裸ん坊。
やっと葉っぱが出てきたところです。

バラがまだ育っていないので、土の見えているスペースがたくさんあり、
ここにスズメさんがボコボコと穴を開けています。

スズメさんがあける穴

砂浴びなのか、土を掘って虫を食べているのか?
それとも「かくれんぼ」か椅子取りゲームでもしているのか?
ジッジッジ、ジュワジュワ、ピッピッピ言いながら、
忙しく穴を行ったり来たり。
たまに同じ穴に2羽入ってしまうと、小競り合いが始まります。
中には明らかにペアで仲睦まじく、
楽しいひとときを過ごしているらしいのも。


釧路市丹頂鶴自然公園でも、仲の良いペアに雛が誕生しました。

何もらっているの?

以前もご紹介しましたが、人間で言うと一回り姉さん女房の
ドウサンとエムコのペアです。
エムコは、昔ちゃんとパートナーが居たのですが、
管理する人間の都合で離されてしまって、
寂しく一羽で暮らしていたところに
野生のドウサンが数年前にフラリと飛来して、
エムコを見初め居付いてしまいました。
最初の年からほぼ毎年のように雛を孵しているのです。
この雛は4月25日生まれ。
隣のケージにも1日違いで生まれた雛がいますが、
実はその雛も本当のお父さんとお母さんはドウサンとエムコだそうです。
なんでも、エムコさん、卵を二つ産んでも、先に生まれた雛に気を取られて
2羽目をうまく育てられなかった過去があるそうで、
お隣のペアに生まれたのが無精卵だったので、
ドウサンとエムコの卵を抱いてもらったそうです。
鳥さん達ってダレの子なんて気にしないですね。
ドウサンとエムコに「こっちを見るんじゃない!」とガン飛ばしながら
一生懸命子育てしているようです。
「ようです」というのはこのペア、雛を人前に連れてきてくれなかったのです。
餌を運んでいる親の様子しか私のいる間は確認できませんでした。

もう一組、擬卵を抱えているペアがいるそうです。
擬卵とわかって抱かせているのは可哀想では?と思ったのですが、
なんでも年々タンチョウが増え、
それに伴い繁殖地が狭まっている東北海道では
とんでもない場所(滑走路の近くや農家の庭先)で
巣作りするタンチョウが出ているそうです。
そのような場合、親鳥には気の毒ですが
卵を保護し、この公園のように保護繁殖施設で暮らすタンチョウのペアに
預けることがあるそうです。
擬卵と保護した有精卵を取り替えっこして
育ててもらうんですね。

[広告] VPS


上の動画内の2羽、私はお互い独り身で、
お隣同士、憎からず思っているのか?と考えておりましたら、
左側はちゃんとパートナーが居て、
このお隣が接近してくるのが鬱陶しくてたまらない、
で、威嚇しているのだそう。
一方、右側の子はヒトの手で育てられたため、
警戒心薄く、仲良くしたいのにどうして邪険にされるのか
わかっていなのだとか。

この「丹頂鶴自然公園」、
冬期間の野生のタンチョウがワンサカ集まる施設と比べると
「飼育されているタンチョウしかない」ということで、
少々地味な存在ですが、じっくりと観察でき、
それぞれのペアの性格なども
比較できてなかなか興味深いところです。
スタッフさんにちょっと質問すると面白さも倍増です。
スタッフさんがタンチョウについて話す時、
我が子のことを話すようでもあり、
この施設を盛り上げるための同志を語るようでもありです。
「この子はヒトが大好きなんです」
「あのペアに頑張ってもらっているんですよ」等など。

丹頂鶴自然公園にいらっしゃる機会がありましたら
是非、スタッフさんに何か質問してみてください。
この施設を10倍楽しめます。

お昼寝

バレエに行く途中にいるワンコ。
ぽかぽか陽気の中、庭の土掘りを楽しみ
お昼寝です。
可愛い~このワンコ、ひたすら無表情なんですが、
そこも又可愛いのです。

どこがシャルロット風?

ハイジさんの大っ嫌いな
イ◯ンで見つけた「シベリア」。
私、この「羊羹サンド」のことを「シベリア」と言うことを知ったのは
「吉田類の酒場放浪記」でした。
この「シャルロット風シベリア」。
どこが「シャルロット」風なのかわかりませんが、
羊羹サンドは問題なし?

kucchane.jpg

寝て、食べて、飲んで、バレエに行って、鍼に行った
私のゴールデンウィークも後1日と半日です。
今晩は日台親善協会のおじさま方を飲み会です。

皆さんは楽しい週末が待っていますね。
Have a nice weekend!でございます。



11:06  |  東北海道  |  コメント(18)

2015.05.02 (Sat)

5月です、ゴールデンウィークです

こんばんわ。
あっという間に4月が終わり、
5月になりました。
世の中はゴールデンウィークです。
私も人様とは一緒ではありませんが、
一応ゴールデンウィークらしきものがあります。

ゴールデンウィーク初日

我が家のゴールデンウィーク初日の夕食です。
この季節限定北海道産アスパラガスに柏餅です。
本当はこの季節、時鮭のシーズンですが、紅鮭です。
お店で一目惚れした紅鮭でした。
私ってお魚を見る目があるのでしょうか?
思った通りの絶品でした。
柏餅が食べられるのは子供の日までの10日間あまり。
毎日のように食べています。
食べ貯めです。

5日前

職場近くの桜です。
これは5日ほど前の画像、この日17度くらいまで温かくなった後
今度は2日間ほど最高気温一桁前半という寒さでした。
はたしてこの桜、咲いたでしょうか?

我が家のチューリップはこの状態です。

茶々、見てるかな

教えたわけでもないのに、庭の花にイタズラすることなかった茶々。
あの茶色い毛皮が佇んでこそ、我が家の庭は庭として完成していたのでしょう。
茶々がいない庭にどんな花が咲いても
生きているという生命の躍動感のようなものが感じられません。

チューリップ見回り

私のゴールデンウィークは鍼とバレエで終わりそうです。
鍼治療院に咲く見事な水仙です。
きれいですね~

水仙真っ盛り

その鍼治療院で今日買ってきたのが、
今話題の「ココナッツオイル」です。
保湿のために肌に使って良し、
オリーブオイル同様お料理に使っても良いそうです。

どうやって使おう?

どうやって使いましょう?
実は私、ココナッツオイルの匂いが苦手なんですよね~
やはりオイルと言えどもあの甘ったるいココナッツの匂いです。
かかとにでも塗ってみましょうか?
ココナッツオイル、使ったことのある方はいらっしゃいますか?
又お薦めの使い方はありますか?

茶々と水仙

NHKで今、「ブラタモリ」をやっています。
私が初めて「タモリ」という芸人さんを知ったのが
同じくNHKの「テレビファソラシド」というバラエティでした。
一体何年くらい前なのでしょう?
あの番組以来、タモリさんの密かなファンでもあります。
子供心にも衝撃的だった4ヶ国語麻雀をもう目にすることはできないのでしょうね。
世の中には良すぎる頭をああいう形で使うヒトもいるんだ~と
不思議に思いつつも羨ましくもありました。
「ブラタモリ」、NHKのタモリさん復活で嬉しいです。

引き続き楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。
20:28  |  東北海道  |  コメント(16)
 | HOME |