2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.26 (Sun)

オーバーチュアかチューニングか?

こんばんわ~
茶々です。
せっかくの日曜日だったのに、
日本各地大変な一日でしたね。
九州地方は台風による暴風雨、
東京では、小型機の一般住宅を巻き込んだ墜落にホテル火災・・・・
明日は今日より良い一日であることを祈っています。

さて、この2~3か月、松の実の心配はお父さんが
もしかして、いよいよ、ついに・・・ではないか?ということです。

sorosoroka.jpg

かなり以前から耳が遠いお父さん。
松の実が普通の声で話しかけると聞こえないらしく、まったく無視されます。
我が家のテレビのボリュームの目盛で言うと、
松の実は通常7~8で見ますが、以前のお父さんは14~16ぐらい、
で、最近松の実が何気にテレビをつけるとボリュームの目盛が22~24になっていて
大音響が狭い居間に響くということになっています。
明らかにお父さんの耳、悪化しています。
松の実をイライラさせるのは、耳が遠いという事実ではありません。
お父さんは会議等に出てくると、「○○さんの耳、遠くてこちらが疲れちゃう~」などと
元同僚さんのことを言うのです。
松の実が「お父さんは人のことは言えない。目が悪ければメガネをかけるのだから
補聴器を考えてほしい」と言うと、逆切れのごとく「お父さんは聞こえている!」と。
耳が聞こえにくければ、それだけ刺激も少ないのだから
ボケる可能性も高くなるのでは?と考える松の実です。

oiwatomerarenai.jpg

体力の劣えも甚だしく、歩く速度はまるで老人そのもの、
加えて松の実が気になっていたのは、家の中をすり足で歩くお父さんでした。
ちょっと調べると認知症の方々の一つの特徴として
すり足やらよちよち歩行があるらしいです。

dounimonaranai.jpg

さらにさらに10日ほど前のこと。
朝7:30くらいに、いつもはまだパジャマなのに、
突然着替えて出かける様子のお父さん。
松の実「どこ行くの?」
お父さん「顔を洗う石鹸が切れたから◇◇に買いに行く」
松の実「今、何時だと思っているの?そのお店、まだ開いていないよ」
お父さん「でも、顔を洗う石鹸がないんだ!◇◇だったら開いているに違いない」
何かに憑りつかれたように石鹸!石鹸!と言い張るのです。
松の実「一回くらい別の石鹸で洗っても何事も起きない。まるでボケ老人の言動だよ。」
と言いつつネットで調べた開店時間を見せると我に返ったように、
店が開いていないなら仕方がない、と
大人しくなったのでした。
「洗顔石鹸がない」→「買ってこなくては!」のみの考えになっていたお父さん。
お店は開いているに違いないと、何の根拠もなく
自分勝手に信じこんでいたお父さん。
あきらかに尋常ではありません。
その瞬間の状況を客観的に把握して判断することができなくなっていたとしか思えません。
これはいわゆるシニアフェスティバルの開始を告げる花火のようなものでしょうか?
はたまたオーケストラのチューニングのようなものでしょうか?

赤
赤いカバー

とここまで書いて少しお休みしていたら、
お父さんが先日、ある集会に参加してきたそうです。

集会とは、あの安倍さんの暴挙(一部の人には快挙?)以来、
日本各地で開催されているあの法案に反対するものです。

無党派だか超党派だか市民レベルだか・・・とにかく
特定の政党さんの主催のものではなく、
昔教員で、北海道の教員の多くがそうであったように
似非アカだったお父さんに「何か喋ってください」という話があったそうなのです。

aka.jpg
赤いサルビア

お父さんが嬉々として松の実に報告したところによると、
「安倍さんはその人生において様々な悲しいことがあったでしょうが、
最大の悲劇は中学3年生の時に私の社会科の授業を受けなかったことです」と言ったそう。
更に、「私の社会の授業の最初に生徒にさせたことは憲法9条を暗記させることでした」
と言ってその場で憲法9条を全文諳んじてみせたそうです。
松の実はお父さんに「受けた?」と聞ききましたら、
「大受け!」って
お父さんの「アカ」復活でしょうか?
そして、これは昔とった杵柄においては
ボケも遅いということでしょうか?

akaniosareru.jpg
赤い花に押され気味の私

趣味を持たないお父さん、耳が遠いのに放置しているお父さん、
刺激が少ないことはボケ道まっしぐらを加速させるに違いありません。

アカでもなんでも良いので、刺激的な生活をしてほしいと願う松の実です。
安倍さんの暴挙がお父さんに「こうしちゃおられん~」と思わせたのであれば
あの暴挙もお父さんや松の実にとっては意義があったかもしれませんね。

雨に打たれてバラが咲く
赤いバラを捧げましょう

お父さん、頑張れ~加油!
20:45  |  その他  |  コメント(10)

2015.07.20 (Mon)

3連休も終わりました

こんばんわ~
本州各地、梅雨が明け、夏本番、暑~い毎日が続いているようですね。

東北海道もそれなりの夏を迎えております。
それなりの、と言うのは、エアコンPiも必要なく、
ストーブOnもなしの毎日のことです。



そして、釧路の夏は霧の季節です。
湿気がたんまり~でダルいのです。
当然のごとく今日も茶々です。

庭のつるバラが咲きました。
右側のお花はなんだかお父さんが自慢していましたが、
私も松の実も名前は忘れました。

つるバラと


その昔、こっちの世界にいた時に私も宝塚のスターさんのように
(かなり疲れてはおりますが)
つるバラを背負っておりました。

茶々も背負っていました

今月の初めに千葉よりブンタさんご夫妻が釧路にお越しになりました。
約3週間、ご主人の運転する車で北海道をアチラコチラ~と。
苫小牧jに上陸後、留萌、稚内、網走、釧路、えりもと、行っていない端っこは
根室半島と函館くらいではないでしょうか?

ブンタさんのおみやげ
ブンタさんがおみやげに下さったワンコのトレイで酒を飲む松の実です。
オカズはセブンイレブンのゴーヤチャンプルー
ブンタさん、ありがとうございました


ブンタさんのご主人が興味深いことをおっしゃいました。
「北海道の道は何キロで走って良いのかわからなくなる時がある」と。
高速道路は整備されていませんが、一般道でも、車も人もそれほどないので
ついつい高速感覚でスピードを出しがち、ということかと思ったら、
「制限速度の標識が少ないし、わかりにくです。本州では道路上に頻繁に
制限速度が書かれているんですよね」と、おっしゃるのです。
道路上に書いたものは雪が積もると見えなくなるから北海道では
あまり意味がないしな~標識のないところは自動的に60kmで走ればよいのでは?と
単純に考えた松の実ですが、ブンタさんのご主人のように真面目な方は
あまりにも制限速度の標識がないと、「ここは何キロで?」と思うのかもしれませんね。

松の実は逆に制限速度の標識にはそれほど注意を払っていなくて
「流れにのる」ことを最も重要視した運転を心がけているそうです。
これでも、松の実、ゴールド以外の免許証を持ったことがありません。

最近の松の実のお楽しみ、R君です。

先日もお散歩に行く所でした。

これから散歩

普段から顔を合わせているはずのニャンコが気になるR君です。

ニャンコが

R君の飼い主さんとニャンコさんの飼い主さんと松の実が
おしゃべりする中で、珍しく興奮したようです。
しきりとニャンコにちょっかいだそうとしていました。

何か文句でも

残念ながらニャンコさんのほうが上手。
シャーッと威嚇した後のこの鋭い眼差しで
R君を圧倒していました。

3連休も今日でオシマイです。
楽しく有意義な休日を過ごされましたか?
19:30  |  その他  |  コメント(18)

2015.07.14 (Tue)

夏です!

暑いです!
いや~本当に暑いですね~なんてこのくらいで
暑い暑いと言っていては、暑いを通り越して沸騰していたのでは?と
思われる39度や38度にもなった地域の方からお叱りを受けそうです。
でもでも、一昨日は松の実の住む釧路市も瞬間的に30度になったのですよ。
釧路の観測地点が比較的涼しい場所なので、公式では26度くらいでしたが、
松の実の家の外気温を示す温度計は30度を超えていたそうです。

それでも松の実達東北海道人は、「暑いね~寝苦しいね~」等と言いながら
笑っています。
この夏あと何回この言葉を言えるかわからないですからね。



お察しの通り、茶々です。
すっかり怠け癖のついた松の実です。
暑いし、人使いの荒い松の実を放って早くあちらに帰りたくて
いやがらせしました。

hanahana_20150714200303d4d.jpg

どうです?
在りし日の私の実力を彷彿とさせる出来栄えでしょう?

boroboro.jpg

お父さん、この芝生を見て何も言わないのは
いよいよ「ボケ」た?


マッサマン・カレー

少し前のお父さんと松の実のお昼ごはんです。
前回の札幌でこた母さんからいただいたマッサマン・カレーです。
年取って未知の味に拒否反応を示すかもしれないお父さんのために
いつも食べているカレーと半分半分にしました。
やはり初めてのマッサマン・カレーだった松の実曰く
「台湾で食べる何かの料理みたい」。
恐らく落花生の味と香りが松の実に台湾で食べる料理を思い出させたのでしょう。
マイルドで大変美味しかったそうです。
お父さんも完食、良かった良かった。

たたこさんのラデュッシュ

こちらは、たたこさんからいただいたラディッシュの甘酢漬けです。
なんとラディッシュもたたこさんが育てたラディッシュ。
いつもながら、たたこさんの酢の物は美味しい~と言って、
あっという間に食べてしまった松の実でした。
ちなみにかぼちゃは千葉県産。
今どきのかぼちゃはね・・・と期待しないでいただいた松の実。
なんと美味しかったそうです。


こた母さん、たたこさん、ご馳走様でした。

日曜日のことでした。
いつものようにイトー◯ーカドーでお買い物していた松の実。
どこかでお会いした方が松の実の前に。
あちらも松の実の顔を見てちょっと考えていました。
お互いに「ウン?」「ああ~っ!お久しぶりです」
「ご無沙汰しています」
私が20年間通った動物病院の先生の奥様でした。
私の先生は、はっきり言ってかなり個性的で、
好き嫌いが別れるところだと思いますが、
奥様は文句なく良い方。
優しいし、頼りになるし・・・私が膀胱炎で苦しんでいた時も
松の実に「ねんねができていれば大丈夫です」と断言してくれたものです。
私が若い頃は何かと「死んじゃうよ」と脅すのが専門の先生と
「茶々ちゃんは良い子だからね、大丈夫ですよ」と安心させてくれるのが専門の奥様、
案外これはこれで良いお仕事分担だったのでしょうか?

奥様「本当にご無沙汰しました~」
松の実は心の中で「もうワンコがいないんだからご無沙汰も仕方がないじゃない」と
相変わらずのことを思っていましたが、
先生のお子様達も成人されてお家を離れたと聞いた瞬間に
松の実ったらビャ~と泣きだしてしまったのです。
慌てたのは奥様です。
もう、松の実、恥ずかしすぎ!
良い年したおばちゃんは笑うのも泣くのもちゃんと場所を考えてからにしてほしいです。
「そうだった、茶々と暮らし始めてから少ししてから先生のところに
赤ちゃんが生まれたんだ」と思い出したら泣いていたそうです。
松の実の思考回路、どうなっているの?

暑いし、疲れているんだから理解不能なことはやらかさないでほしいです。

何に入っているの

最後は、もうおなじみになったバレエに行く途中にいるワンコR君です。
R君、飼い主さんがお花を植えるばかりに準備してあったプランターに
すっぽり~
R君の下には土が入っていて、R君の鼻にも土が・・・
フィット感が気に入ったのでしょうか?
何かにフィットさせるのが好きなワンコやニャンコっていますよね。

今晩8:00からBS放送していた清水ミチコさんが出ていたニャンコの番組、
ご覧になった方はいらっしゃいますか?
どのニャンコたちも可愛かったですね
CMの前に出てくる柴ワンコも可愛かった。


松の実のお知り合いの柴ワンコさん、
毎年扇風機が置かれる場所の前にお座りして
扇風機を出してください、とお願いしたそうです。

暑い地方の外ワンコさんたち、少しでも涼しい思いができますように。
これから台風が来る地方の外ワンコさんたち、
吹き飛ばされないように気をつけてもらってください。
21:03  |  東北海道  |  コメント(19)

2015.07.08 (Wed)

30年ぶりの

こんばんわ~
何故か今日も茶々です。
そして少しは温かくなったとはいえ今日も寒い釧路です。
そしてそして昨日東京から帰ってきた松の実は東京も寒かった!と
ガタガタ震えながら、台北から帰ってきてから一度として「暑い!」と思ったことなく、
体の芯がいつも冷えているように感じるとか。

今日は7月7日(もうすぐ終わってしまいますが)、七夕です。
と言っても北海道の七夕は8月7日が一般的です。

2004年7月7日
2004年7月7日の私、茶々です。

今日は誰かさんと誰かさんが一年の一度の逢瀬を許される日ですね。

一年に一度でも良いから会いたい人、
一年に一度だったら会っても良い人(?)など、
皆様にはいらっしゃいますか?

残念ながら松の実には両方いないようです。
私に会いたいそうですが、一年に一度ではイヤだそうです。
そんな松の実ですが、七夕よりも一足早く30年ぶりの逢瀬があったのです。

30年

台湾時代の会社の同期会でした。
少し前にご紹介したように、66期だった松の実です。
日本人社員66期11人が台北に集められてから30年の月日が流れました。
30年前から数年間は同僚として働いていたので、
一番長く会っていなかった人で27年ぶり位でしょうか?
11人中10人が思い出の羽田東急ホテル(今は羽田エクセルホテル東急)に集まりました。

2009年7月7日
2009年7月7日の私、茶々です。


誰かが集まる度に「きゃ~〇〇ちゃん、変わっていない~!」という声を聞く度に
イジワルで天邪鬼な松の実「嘘だ!誰の顔にも体にもしっかり30年の月日の流れた跡が
見えるではないか」と毒づき、
「ねえねえ、止めようよ、皆変わっているよ、なんだか年取ったことを
お互い慰めあっているようで居心地悪いよ~」と口に出し、座をしらけさせる松の実でした。
とは言うものの、ソコは同期です、松の実の性格を熟知しているので、
「傷口に塩を塗りこむ行為かもね」等とうまく取り繕ってくれるのでした。

30年前よりふくらんだ人、こけて貧相になった人、
11人中、正真正銘独身は松の実一人、つい最近独身に戻ったもの一人、
最近3度めの結婚をしたという強者もいて
平均すると一人約1.2回の結婚をしたことになるのね・・・・
(こんな計算アリ?)

集まった10人それぞれに公平に30年という月日が流れ、
一人ひとりその人生に立ち向かってきたのかと思うと、
松の実は深い深い感慨にとらわれるのでした。
どの人生も幸せなことばかりではなく、
今も様々な葛藤を抱えながら生活している同期もいるようです。
それでも、キャッキャッとはしゃぎ笑い、
思い出を共有できる同期というのはありがたい存在、
大げさにいうと人生の宝とも言える存在だと
心の底から思った松の実でした。

まだ子育て中の同期もいますが、
いつか台北で同期会が開かれたら・・・と
まだそんな計画もないのに、夢見る松の実でした。

雨の横浜

同期会の翌日は、少し前にururuさんのところで
紹介されていた横浜に行ってきました。
本当は一日かけて、赤レンガ倉庫、大さん橋、中華街、
シルク博物館などを見てくる予定だったのですが、
生憎の雨!
それも朝方は小雨だったのが、だんだん本降りになり
おまけに北海道と大して変わらない寒さ!
東京だ~夏だ~暑いんだ~と思い切り夏仕様で出かけた松の実、
赤レンガ倉庫で急遽スカーフ買って首に巻き、
その後の見学を諦めていました。

雨の平日の赤レンガ

平日の雨降り、さすがの横浜の赤レンガ倉庫も人出は今ひとつで、
松の実も次回、又楽しもうと、横浜を後にしました。

2つのルートで観光名所をめぐるバス「あかいくつ」に大変お世話になりました。
このバス、桜木町駅前からグルグル観光スポットを巡って桜木町駅前に戻ってきます。
一周り乗車したままでも良いし、途中で降りても良いし、
一回の乗降車で100円という太っ腹なバスです。

あかいくつのバス

さすがは国際観光都市横浜です。

さて、30年という月日の重みを松の実と松の実の同期の
今と昔でご紹介しようと思いましたが、
恩と義理に生きる柴ワンコとして、それは止めておきました。

2012年7月7日
2012年7月7日の私、茶々です。

代わりに、私の8年間の変貌でお楽しみください。
その昔、ワンコの1年はヒトの7年に相当するなんて言われていましたが、
それはどうなんでしょう?
松の実の30年の変化よりもはるかにマシな私の8年=56年?
00:41  |  その他  |  コメント(15)

2015.07.03 (Fri)

久し振りのワンコとのおしゃべり

7月に入り、ほんのすこし温かくなった釧路です。
とは言うものの、朝と夜にストーブをPiとすることに変わりはありません。
日本のほとんどの地域では、ストーブをPiではなく
エアコンをPiかと思われます。

bara to shakuyaku

我が家の庭も芍薬が咲き、
バラも咲きました

こんばんわ~
茶々です。

茶色と緑


私のうしろにある、鉢植えのブルーベリーは今はなく、
残ったもう一本の
この冬の終わりにスズメさんが芽を食べ尽くしてしまったので、
花は咲かず、今年のブルーベリーの収穫はゼロのようです。


松の実の通うバレエのお稽古場近くのニャンコです。
手前のニャンコはいつかのキャバクラニャンコです。

oyako.jpg

奥に隠れている白いニャンコさんと親子だそうです。
どちらがお母さんだったのか、
忘れてしまった松の実です。
松の実はお父さんがそろそろ認知症になるのでは?と恐れていますが、
私は松の実自身が認知症になってしまうほうが早いのでは?と
心配しています。

キャバクラニャンコさんはその名の通り、
とってもフレンドリー、でも白いニャンコさんはとっても臆病だそうです。
飼い主さんと松の実が話している間も、
お家に入りたがって哀れな声で泣いたと思えば、
松の実が怖くてガレージの後ろに隠れたりしていました。
可哀想に・・・松の実もさっさと帰って上げると良かったのに。
そんな臆病な白いニャンコとは反対に、
もう一匹、キャバクラニャンコN02と言われるニャンコが
私もおしゃべりに混ざるにゃ、と言わんばかりに
塀の上にヒョイとやってきました。

塀の上

このニャンコさん、野良さんだそうです。
キャバクラニャンコの飼い主さんが餌を上げているそうで、
「もう一匹兄弟らしいのがいるけど、最近見ないのよ、
どこかで死んじゃっているんでしょうね。」と。、
キャバクラニャンコ親子も元は野良さんだったそうです。
ニャンコは自由に生まれて、自由に旅立ち、
人と暮らすのもそのニャンコの意志、と飼い主さんは考えているようでした。
都会だったらいろいろ問題はあるのかもしれませんが、
この釧路、しかもこの地区は比較的昔からの釧路人が住む所で、
うるさいことをいう人もいないのでしょうか?、
これもアリなのかな?と思った松の実でした。

本当の松の実のお目当てはこちら、
柴ワンコのRくんです。

P1010994.jpg

あの真っ黒になっておひるねをしていた柴ワンコさんです。
飼い主さんが「ごめんなさいね、うちのR,愛想なしなんです」とおっしゃっていました。
いいんです、いいんです!柴はみんな愛想なしです!と答えた松の実。

先日、いつものようにバレエに行く途中で、
R君に挨拶に寄った松の実でした。
R君は飼い主さんとこれからお散歩に行くところでした。
そうしたら、無表情、愛想なしR君、松の実に駆け寄って
スリスリしたと思ったら、チュッとしたそうです、
そして目をキラキラさせながら「僕、これからお散歩なんだよ!」と言いつつ
「ちょっとだけならなでで良いよ」言いながら、横向きに立って
松の実にナデナデさせてくれたそうです。
外ワンコらしい、ゴワゴワのR君でした。
R君を見送る松の実を2度ほど振り返り
「じゃ~ね~」と言ってくれたR君だったそうです。

松の実、完全にアブナイ人です。
その証拠にR君の飼い主さんが
「ワンコを亡くした時、辛かったんですね・・・」としみじみおっしゃったそうです。

その次のバレエの時も、やっぱりR君にご挨拶。
水を飲んでいる時に「R君!」と声をかけた松の実。
R君、びっくりして水を飲むのを止めたばかりか、
ゲホゲホとむせていました。

急に呼びかけないでください
水を飲んでいる時に声をかけないでください。

お気の毒・・・R君。
これからも松の実がご迷惑をかけると思います。
なんなら、吠えて追っ払っても良いですし、
しつこいようなら噛み付いてもOKです。

すでに7月。
もう今年も半年が過ぎたのですね。
皆様 Have a nice weekend! でございます。
22:31  |  その他  |  コメント(8)
 | HOME |