2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.29 (Thu)

暖かいと・・・

こんばんわ~
茶々です。

前回、この私のベターっとした画像をご紹介したところ、
はなさんBOSSさんはこの姿勢はしなかったと教えていただきました。
みんながするわけではないのですね。

ベターって。

怠惰な飼い主に合わせた私のこの姿勢だったのでしょう。


昨日は代休で、お昼のおばさんバレエのお稽古に行ってきた松の実です。

石炭列車

日本で唯一となった臨港鉄道の石炭列車が走っていました。
鉄さん、鉄子さん、あこがれの臨港鉄道です。
多い時でも1日4往復しかしないので、こうして踏切で走行する石炭列車に遭遇するのは
けっこう珍しい事なんです。

つれない

久し振りにりょう君に会えたのに、暖かでしたが、風が強かったせいか
わんこ小屋から出てきてはくれませんでした。
松の実、がっくり。
以前は呼ぶと反応してくれたそうですが、
しばらくぶりだったせいか、松の実のこと、忘れっちゃったのでしょうか?
全く反応してくれなかったそうです。

そう、天気予報で2~3日気温が上昇して暖かい日が続くので
農作物に注意しましょう、と言っていました。
これを聞いた松の実は、低温で農作物に注意はわかるけど、
高温で農作物に注意って、どうして?
一体何を注意するの?と不思議がっていました。

バレエのお稽古で、「今日は温かいね~」と
おば様方が口々に言い合います。
ちなみにこのクラスではなんと松の実が最年少なんですが、
お一人のおば様がおっしゃいました。
「こう、暖かくては、お漬物、漬けられないね」と。
続けて「魚漬け漬けようと思ったけど、もう少し待たなきゃダメだね。」と
おっしゃったのです。

松の実、農作物ではなかったけど、
この季節の思いがけない高温に不都合があることを理解したそうです。
そして、食いしん坊の松の実はいつも上司からいただく
鮭の飯寿司を心配していました。
飯寿司にとっても、この季節外れの高温はよろしくないに違いありませんから。

手が出ていますよ

バレエの帰りにもりょう君に会いに行った松の実。
りょう君、前足揃えて、ちょこっと小屋から出して寝ていました。

gussuri2.jpg

ぐっすり寝ていました。

りょう君、わんこ小屋が好きなんですね。
彼は3つほど自分のお家を持っているのですが、
きっとお家に入って安心するタイプなのでしょう。

私も、一応、ハウスインハウスとでも言うのでしょうか-
お家を持っていました。
物の本で、お家で暮らすわんこにも、自分のスペースを確保してあげるため
ハウスを用意しましょう、とあったので、松の実が買ってくれたらしいのですが、
私は、一度たりとも自分から使ったことはありませんでした。

怒っています

若くて元気な頃は狭い場所が大っ嫌いで、
ご存知のように居間の真ん中にベターっとするか、
テレビの前で家族を監視していました。

この画像の私は松の実に無理やり、この陳腐な小屋に入れられて
かなり不機嫌です。
怒り心頭に達していると言っても良いくらいです。
結局このクッションで出来た小屋は、私が目出度くボケて、
運動会を開催している時期に解体され、
衝突防止として壁に貼られてその役目を終えました。

皆さん、寒くなったり、暑くなったり、
体調の管理が大変ですね。
松の実の職場も風邪さんが大流行しているそうです。
皆さんも風邪にはお気をつけくださいね。

では、まだ一日ありますが、楽しい週末をどうぞ~


20:59  |  東北海道  |  コメント(10)

2015.10.26 (Mon)

観光客になって

こんばんわ~
今日も茶々です。
きっと次回も私です。
絶対に松の実はリセット失敗を自分で言うのが恥ずかしくて
そのご報告まで私にやらせる気です。
なさけな~い。
まだ時間があるのに・・・・

4年前の初雪の日

札幌は雪が降ったそうですね。
松の実は昨日留守番勤務だったのですが、
釧路も午後3時頃がちらちらと舞ったそうです。
阿寒湖畔は昨日朝、雪化粧していたそうです。
冬です!

さて、今月の初めに台北に行った松の実。
ここ数年、プライベートで台北に行くときは、
なるべくまっとうな観光客になって、
ガイドブックに載っているところを一つは行ってみよう、
やってみようと決めているのです。

変身写真を試したり、 宜蘭にタロコ号で行ったり、
侯硐という猫村に行ったりしてきました。
前回は、日本統治時代の民家が点在する青田街に行き、
ガイドブックには必ず載っている近くの茶芸館でお茶もしてきました。

まず、松の実が今回足を伸ばしたのは、こちらです。

三峽名物

台北市中心部からMRTとバスを乗り継いで1時間~1時間半くらいでしょうか?
三峽という古い街並みが保存されている街です。
こちらのコメント欄でこた母さんが「食べたことありますか」と聞いてくださった
三峽名物「金牛角」を食べてきました。
形はクロワッサンですが、もっちりとして食べごたえがあり、
少々油っぽかったそうですよ。
サクサクカサカサのクロワッサンよりもお腹の持ちが良さそう~

赤レンガが続く

三峽老街と言われる古い街並みですが、台湾の「老街」と言われる所、
大体がきれいに修復しすぎてしまい、
何となく味気なく感じてしまうことが度々だそうです。

この日、とにかく暑くって、松の実はこの老街を歩きながら、
クラクラとめまいがして、ここで倒れたら、
誰か私のバッグからパスポートを見つけて
台北交流協会(大使館の役割をするところ)に連絡をしてくれるだろうか?と
考えたそうです。

台湾の人は皆さん、とても親切ですから、
フラ~っとしただけで、助け舟をだしてくれるでしょう。
この行き帰りのバスの中でも、
MRTでも、とにかく、年配の方、妊婦さん、子供連れの方が
乗ってくると、我先にと、争うように席を譲り合うそうで、
松の実もゆっくり座っていられなくて、ずーっと立っていたそうです。

暑くて暑くてゆっくりするところもない三峽を早々に切り上げて
台北に帰る事にした松の実、来る時と同様にバスに乗りました。
どうもそのバスは台北市の中心部まで行くようなので、
来た時に使ったMRT駅では降りずにバスの終点まで乗っていることにしたのですが、
これが、失敗でした。
バスは延々と急ブレーキ、急発進、急カーブを繰り返しながら、
知らない街から街へと進んだそうです。
いい加減不安になってきたところで、見覚えのある風景のところに来たので、
降りることにした松の実が気がついたのは、
松の実が三峽から乗車した時は乗車時に運賃を15元払うスタイルでした。
でも少し前から、皆さん降りる時にお金を入れているようです。
松の実は、、「払ったのにもう一回払え」と言われるのかしら?
と不安に思いながらも「謝謝~」と降りると
運転手さんも「謝謝」って言ってくれたそうです。
このドライバーさん、多くの乗客のどの人が支払い済みなのか
覚えているなんて!と驚いた松の実でしたが、後日先輩、同期と話していて
教えられたところによると、途中で支払いシステムが変わるのは
運賃区間が変わるというとこで、本来松の実はふた区分を乗車したので、
降りる時も15元入れなくてはいけなかったそうです。
バス代を踏み倒した北海道人と、罵られた松の実でしたが、
同じく先輩曰く、台湾のバスは親切でアバウトだから、
この次乗った時に「前回払い忘れました」と言って倍の金額を入れればOKだと。
松の実、この次、忘れずに払ってね。
バス代踏み倒すなんて北海道人の恥だよ。

バスに延々と揺られたおかげで予定よりかなり遅くなりましたが、
頑張って次の目的地を目指した松の実でした。

淡水


松の実は、台湾を含む釧路にいらっしゃるお客様に釧路の夕日は世界三大夕日の一つです、
なんてご紹介している手前、台湾随一の夕日スポットと言われる「淡水」に行きました。


淡水の夕陽2

淡水にも「老街」と言われる古い街並みがあったり、
素敵なカフェがあったりするそうなのですが、
やっぱり暑くって、しかも夕日目当てのすさまじい人波に恐れをなした松の実は
街巡りをすることなくぐったり疲れて台北を目指したそうです。

夕日は空気が澄んでいる分、釧路のほうがビカビカときれいだと思った松の実ですが、
淡水の夕日スポットは夕日を眺める施設が充実していて、
ガイドブックに掲載されている通り、素晴らしいデートスポットだったそうです。
松の実がさっさと台北に帰ったのは一人でいるのが寂しくなったからかもしれませんね。

淡水の夕陽

三峽は一度見て納得したそうですが、
淡水はもう一度行ってみたいと言う松の実です。

12月の出張で時間があったら、
同じく夕日を売りにする淡水に視察にいきませんか?と
お仕事仲間をお誘いしてみようかな?と考える松の実でした。

ではでは、次回までお母さんのところに戻ります。

次も私
00:52  |  その他  |  コメント(10)

2015.10.22 (Thu)

酸っぱ~い、美味し~い

こんばんわ~
何故か茶々でございます。

久し振りに来てみると、釧路は寒いですね。
昨日の朝は1度だったそうですよ。
マイナスになるのも時間の問題です。
おお、寒い~

酸っぱい わけではない

今日私がご紹介するものを考えると、
こんな顔になります。
口の両側奥からヨダレ?唾?が湧いてきます。

松の実の大好きな梅です。
今年もいただきました。

まずは8月にmillecoさんから頂いた小梅です。
小梅だけど、しっかり実もついていて、食べ始めると
ついついもう一つと口に運んでしまう松の実です。

millecosanno.jpg

そして先日、takiさんから頂いた大きな梅です。
食べごたえがあって、これ一つでお酒2合は飲めてしまうのでは?と
松の実が増える体重を少々心配しつつ、少しずつ食べています。

ume.jpg

takiさんからは昨年に続き、梅酢も頂戴いたしました。
昨年しば漬けづくりに挑戦して、味は良かったものの、
キレイな色を出せずにドドメ色にしてしまい、
ハイジさんからは
画像をアップしてみせなさい~どこが悪かったのか教えてあげるから、と言われても
あまりの色にお見せすることができなかった松の実でした。

松の実のリベンジです。
茄子ときゅうりを刻んで梅酢をヒタヒタとかけました。

リベンジ

なかなかよい感じではありませんか
松の実、この画像の段階で全部食べてしまいました。

うまくいきそう

もう少し時間をおこうかな?と考えたそうですが、
昨年のような色になったら、悔しいから、それに、十分美味しいし、と
ポリポリと食べちゃいました。

すっぱいわけではない

お口の中に唾、湧いてきましたか?

millecoさん、takiさん、ありがとうございました。

残念ながら、松の実、いつもの様に現在一年に一度のリセットに入っているため、
梅もお酒もお預けです。
この一月既にお酒は飲んでいないのに、体重計は全く変化しません。
勝負の日は11月17日、でも11月5日から11日まで
可哀想にバンコクへの出張です。
夜9時過ぎから始まるお食事会が待っています。
うちの松の実、美味しいタイ料理を前にグッと我慢できるでしょうか?

現在次年度の予算関係のお仕事で、
思うように食事を調整できないそうで、
今年は初のリセット失敗になる予感のする松の実です。

蓮の実のデザート

酸っぱい次はほんのり甘いものをどうぞ。
今月初めの台北の雲南料理店で出た蓮の実のデザートです。
ココナッツミルク(だと思います)のなかに
ハスの実の砂糖で煮たものが浮かんでいるものです。
甘すぎず、又ココナッツの香りも強くなく、
とても美味しく頂いた松の実でした。
台湾のこの系統のデザート、お持ち帰りできず、
この場でしか味わえないせいか、とてもおいしく感じるそうです。

明日も冷え込むのでしょうか?
湯たんぽ変わりの私がいなくなってから松の実は
本物の湯たんぽを抱いて寝ていますが、
ちゃんと息をする湯たんぽが恋しくて、
固い湯たんぽを抱っこする度に寂しくなるそうです。

明日一日頑張ればお休みの方、
Have a nice weekend! でございます。

今週末、松の実は2日間ともお仕事だそうで、
ダイエットが、リセットが、とうなだれています。

23:08  |  その他  |  コメント(14)

2015.10.17 (Sat)

晴れ!晴れ!晴れ!

こんばんわ。

日に日に冬に近づいている釧路です。
ここ数日、朝の最低気温は限りなく0度に近く、
昨日は初氷初霜だったそうです。


さて、私、金運、男運、くじ運、仕事運は全くないのですが、
このところお天気にだけは恵まれています。

今月初めには爆弾低気圧と台風をくぐり抜け
台北旅行を無事終了させましたし、
今週火曜日から2泊3日で仙台の旅行会社の方々に釧路を紹介する旅にでおりましたが
3日間ともにバッチリ秋晴れで、
紹介したいところはすべてご覧いただきました。

オンネトー

まずは阿寒湖から車で20分ほどのオンネトーです。
2度の悪天候による強風で葉が落ちてしまっている木もたくさんありましたが、
紅葉が残っている木々も多くありました。

これぞまさしく釧路の秋晴れ、という天気に
逆さ雌阿寒と逆さ阿寒富士も見ることができました。

なんとか紅葉も間に合った

なんとか紅葉も間に合い、ワンコにも会えました。

ワンコにも会えた

このワンコ、いかにも雑種という風貌が良い味わいです。

釧路名物、世界三大夕日の一つと言われる
釧路港に落ちる夕日もご覧いただきました。

夕陽もご覧いただいた

麻生副総理が「河野太郎とかけて北海道釧路と解く。その心は湿原(失言)が多い」と
おっしゃったそうですね。
私は単純に麻生さん、釧路湿原のこと知っていたんだ、と嬉しくなりましたが、
こういう形で「釧路湿原」と出ることを心良く思わないヒトもいるようですね。

せっかくですから、是非、麻生さんにも河野さんにも雄大な釧路湿原を
感じていただきたいものです。
ご自身の失言やらホラももっとスケールの大きな雄大なソレとなるかもしれません。

釧路湿原を感じていただくにはカヌーでの釧路川下りをお勧めいたします。

カヌー日和

エージェント方々も大変感動され、一番お若い方が漕ぎもせず、
微動だにされないので、具合でも悪いのかと心配していましたら
感動のあまりボーッとしてしまったそうです。

釧路と言えば・・・

「ザ・湿原」という風景です。
ガイドさんも、ここが一番湿原を感じるところかもしれませんね、ということでした。

旅行会社の方々は、「この季節のこの地域の素晴らしい物を
一番素晴らしい環境で見ることができて、感動です。
ただし、この自分の感動をそのままお客様に伝えるのは
少し危険かもしれません。悪天候にぶつかったお客様と
我々の印象にはかなりの差がでることでしょう」と
褒めているのか貶されているのか、わからない言葉を頂戴しました。

月に見送られて

お客様は月に見送られながらお帰りになりました。

北海道から見ると近くて遠い東北地方ですが、
東北海道への旅を考えてくれたら嬉しいです。

Have a nice weekend

では、皆様 Have a nice weekend でございます。
00:58  |  東北海道  |  コメント(11)

2015.10.10 (Sat)

台湾で会うワンコ

こんばんわ。
あっという間に10月10日となりました。

私は爆弾低気圧と台風をすり抜けて
いつものように台北に息抜きの旅に行っておりました。

台北は暑かったです。
連日32度という釧路の真夏よりはるかに暑い気温にクラクラし、
屋内に入れば冷房がキンキンに効いて寒い寒い~
北海道が秋も深まり外は寒く、中は暖房で暑く!という時期に入っているので
このギャップは真夏に行くよりも体に堪えました。

青空1

それでも湿度は6月や8月と比べると格段に低く、
一応台北の「秋」も感じて来ました。
青空も心なしか真夏より爽やか?

ピンクの花が可愛い木
ピンクの花が可憐です

ワンコにもたくさん会いました。

宝石店のワンコ

宝石店のワンコです。
宝石には興味がありませんが、宝石が並ぶ棚の下にいたワンコとは
お友達になりたいと思いました。
看板ワンコとしては、ダイヤモンドや翡翠の一つも買わない客には
愛想を振りまく必要なし、という風情で目も合わせてくれませんでした。

お弁当屋さんのワンコ?

こちらは開店前のお弁当屋さんの前に哲学者風に佇むワンコです。
このシャッター内にもワンコがいるようで、吠える声が聞こえていましたが、
このワンコにはそのワンワンも私の猫なで声も聞こえないのか
じっと一点を見つめて瞑想しているかのようでした。

台湾犬

台湾狗、台湾の地犬というのでしょうか?
台湾原産の黒ワンコで、国際的な機関にも登録されていると台北に住む友人が
教えてくれました。
通りを歩く黒いワンコ、飼い主らしきおじちゃんに「このワンコは台湾狗ですか?」
と聞くと「そうですよ、台湾狗です」と言うので
写真を撮らせていただきました。
おじさんが、名前を呼んで静止させてくれました。
ワンコ、本当に台湾狗でしょうか?

淡水のハスキー

淡水にいたアイスクリーム屋さんのシベリアンハスキーです。
台湾ではハスキーが人気のようで、
今回随分とハスキーさんに会いました。
どのハスキーもとても穏やかでやさしい表情でした。
この灼熱の台湾でハスキーって可哀想では?と思い飼い主に聞くと、
家はワンコのために冷房全開!って言ってました。 

人懐っこい

こちらは先輩同期といつものバカ話の後の帰り道で、出会った柴ワンコ。
とんでもなく愛想が良く、人懐っこい、
申し訳ないけど柴とは思えないフレンドリーさ!
飼い主のおじさまは日本語がお上手で、
ご子息は台湾大学で教えていらっしゃるそうです。
(台湾大学とは日本で言うところの東大です。)
わざわざそれを教えてくださるのはやはりご自慢の息子さんなのでしょうね。

それにしても、と思うのは、この柴ワンコさんもですが、
以前会ったZAIZAIさんさんといい、そして6月の
旅游節で会った柴ワンコと言い、
日本でイメージする柴ワンコとは少々風貌、趣が違うように思います。

良く言えば優しく穏やかで明るく、悪く言うと脳天気でパッパラパ~で締まりがないのです。

そしてもっと言うならば、あのシベリアンハスキーたちも
ハスキーらしい、キリッとした顔立ちのコには会いませんでした。

先輩とのバカ話の末、達した結論は
ヒトも動物も生まれ育った国、地域の顔形、風貌になるというものでした。
ヒトも、たとえ、欧米系のヒトでも日本で生まれ日本語を話し日本で日本風の生活を続けると
姿形、表情もどこなく日本人のそれらしくなり、言葉は悪いのですが
バタ臭さが抜けていくように思います。
そして台湾に生まれ育ったハスキーや柴ワンコも
台湾の馬馬虎虎(まあまあ)、没関係(大丈夫・気にしない)の空気のなかで、
ちょっと間延びしたのような(失礼)、でも優しく穏やかなワンコになるのでしょう。

北海道の柴

台湾の柴もハスキーもみんな味わいがあって良い子です。
欧米で暮らしている柴ワン達、バタ臭くなっているかな?

東北海道に20年いた柴ワンコも
厳しい冬と経済状況と飼い主のキツイ性格の影響を受けて
それらしいなかなか良い面構えだったと思うのです。

3連休の皆様、お楽しみください。
20:10  |  その他  |  コメント(13)
 | HOME |