2015年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.11.27 (Fri)

ななちゃん

[広告] VPS


こんばんわ~
茶々で・・・す・・・

dareda.jpg

↑ 私だと思った方~?

残念でした。
よく似ていますが、私ではありません。

nanachandesu_201511272313453e7.jpg

やり直しで・・・・茶々です。
スミマセン、これもウソです。

2枚の画像とも福井のななちゃんです。
ななちゃんはイヤかも知れませんが、
とななちゃん、よく似ていると思います。

大阪からサンダーバードに乗って松の実は
福井までななちゃんに会いに行ってきました。
サンダーバードに乗るのも福井にも行くのも初めてだった松の実、
車内に流れるオルゴール音?が華やかで、それでいて哀愁を感じる
彼女好みのメロディでした。

JR北海道の車内チャイムで松の実が覚えいているのは
「アルプス牧場」というとてもかわいらしいオルゴール音ですが、
サンダーバードのものと比べると少々地味なのは否めません。
お気に入りの車内チャイムってありますか?
これはあまりにも鉄のような質問でしょうか?

福井はとても落ち着いたキレイな街でした。
生活の豊かさを感じられる所でした。
旅行や観光という視点から見ると、
あまりメディアに大きく露出することもないようですし、
一般的なガイドブック等では、富山・石川・福井あるいは北陸と
まとめられたりしているようですが、
見るべき場所はたくさんあって、松の実ももう一度来てみたいと
思ったそうです。

ななちゃん、松の実がおじゃました時は
ひたすら寝ていたのに、松の実が撫で回したり、
こちょこちょしたり、イライラさせることを繰り返すウチに
むっくり起き上がってクルクルを何度も何度も披露してくれたそうです。

nanachan.jpg

時に哲学者風にボーッとしてみせたり、

wu~n suyasuya

時に、起き上がれない振りして、そのまま寝てみたり。
17歳と半年のななちゃんの一つ一つの動きが
数年前の私の動きと重なり、ただただ懐かしく愛しく切なく・・・・
そして激しく後悔の念も湧いたそうです。
どうして、こんなに愛しいものを夜寝てくれないからって怒ったり、
これみよがしにため息ついてみせたんだろう、と。
昔は、わんこ界の神童、理性の塊と言われた私の老犬時代は
かなりぶっ飛んでいましたからね・・・
そんな私に慣れていない松の実がオロオロしたのも
無理はないかな・・・・とちょっとは思う私です。


ななちゃんは、私とは正反対で、若いころは
なかなかはっきりきっぱりした性格で、
もっと簡単に言うとかなり激しい気性の持ち主だったようで、
ななチロママ家周辺の言わば女ボス的存在だったようです。
ななちロマママさんは、私の老犬時代が怪獣なら
「ななちゃんは福井だから恐竜か?!」なんておっしゃっていましたが、
今のななちゃんは、聖母マリアか菩薩のような佇まいでした。
松の実が抱っこしても、されるがままのななちゃんが恐竜であるわけないですよね。

抱っこさせてもらいました

私の怪獣時代は、顔近くに来るもの全てに噛み付いておりましたので、
そう簡単に私を抱っこすることはできなかったことでしょう。

老犬になってからの顔はよく似ていても、
生い立ちは随分と違うというこですね。
もう一つ、ななちゃんと決定的に違うのはその体重のようです。
ななちゃんを抱っこした松の実が最初に言ったのが
「ななちゃん、重い!」って。
レディに対して、失礼な松の実です。
でも、体重を聞いて私もびっくり。
ななちゃん、今も9kgあるそうです、立派です。
私は骨格が小さいこともありますが、
その昔9.9kgになった時、
「これ以上太ったら死ぬからね!」と松の実は
私の医者から脅かされていました。

ななちゃん、お肉もまだたくさんついているし、
ちゃんと自分で立ち上がれるし、
ご飯もいっぱい食べているし、
うんちもおしっこも自分でがんばっているそうです。
東京オリンピックをななチロママさんと一緒に見ることできますよ。

buabana.jpg

ななチロママさんが、ななちゃんと私の食べ方も似ているっとおっしゃるのですが、
似ていますか?
う~ん、これは・・・・ななちゃんに申し訳ないような・・・

もちろんおわかりかと思いますが、
上がななちゃんで、下が私です。


日帰りの福井の旅、とても充実して有意義だったと
大満足の松の実でした。
で、飽きもせず、サンダーバードの車内チャイム録音に励むのでした。

[広告] VPS


ななちゃん、又ね。

それでは楽しい週末をお過ごしください。
悪天候に見舞われている地域の方々、
お気をつけください。


*上2枚の画像とご飯を食べるななちゃん、ななちゃんを抱っこする松の実の画像は
  ななチロママさんのところからお借りしました。
  ななチロママさん、ありがとうございました。
23:54  |  その他  |  コメント(13)

2015.11.26 (Thu)

秋に旅立ち冬に帰る

こんばんわ~
茶々です。

なんだかアチコチで物騒なことばかりで、
憂鬱になりますね。
トルコとロシアなんて、あれはもう「戦争」と同じでは?
あの両国だけではなく、世界中がもう「戦闘状態」に陥っているように思ってしまいます。

そんな中、のほほんと松の実は3泊4日の旅行を終えて今日の午後帰ってきました。

松の実が釧路を発った日、釧路はまだ秋でした。
松の実の旅行先もとても温かくて、紅葉もまだまだ残っていて
秋まっさかり、イエ、もしかしてこれから秋なのかな?と思うくらいに
暖かい日が続いていたそうです。

秋に旅立ち

今日、松の実がたんちょう釧路空港に降り立った時、
釧路は完全に冬景色に変わっていました。
なんでも24日の釧路空港はほぼ全便欠航だったとか・・・
松の実は運が良いです。
お給料も安いし宝くじも当たらないけど、
いつもいつも台風や吹雪の合間をすり抜けて旅行を完結できている運は持っているようです。

雪が

松の実の小さい車は雪で覆われていました。
だらしない性格を後悔することが多い松の実ですが、
今日はそのだらしない性格に感謝したそうです。
冬が終わり春になり夏が過ぎても、雪下ろしの棒?モップ?は
車に積んだままだったのです。
ただ、パンプスだったことを激しく後悔したそうです。

冬になっていました

お家までの道のりはブラックアイスバーン。
市内に入ると某ショッピングセンター前の市道は除雪車が入っていないらしく凸凹の雪道。
我が家のお庭もすっっかり冬模様。

アイスバーン

家の前の道路は完全な圧雪状態というより、
これはアイスバーンですね。
自分の車からお家に入るまでに3度は転びそうになっていた松の実です。

さて、松の実が同僚や上司のヒンシュクを買いながらも
行ってきた街はこちらです。

なんでもここ数年は恐竜の街として注目を集めているそうです。

恐竜の街だそう

もちろん松の実は恐竜に興味があってここに行ったのではなく、
私のお友達に会いに行ってきたのです。

このくるくる回る姿。
似ています。
我ながらよ~く似ていると思います。


[広告] VPS


このくるくる回る姫は誰でしょう?なんて聞いても
松の実がコメントのお返事で既にお知らせしてしまっていますね。
福井のななちゃんです。
楽しく懐かしくそしてちょっぴり寂しく悲しい時間を過ごしてきた松の実でした。

皆様の3連休はいかがでしたか?

札幌の降雪量が40cmとか?
こた母さん、クロちゃん母さんはじめ札幌の方々、
雪に埋もれていないでしょうか?
01:15  |  東北海道  |  コメント(8)

2015.11.21 (Sat)

北の湖さん、

こんばんわ~
茶々です。、
夕方、チラチラと雪が舞った釧路市です。

今日から3連休という方も多いと思います。
松の実はなんと、ヒンシュクの5連休です。
明日からちょっとお出かけだそうです。

ちゃんとたどり着いて、いっぱい写真撮って皆様に
ご報告できるように、私も見張っていようと思います。

北の湖さん

元横綱の北の湖さんが亡くなりましたね。、
松の実は、小学校時代と20代の後半、相撲が大好きでした。
小学校時代は、まさしく北の湖さんが、出世街道まっしぐらの時代で、
貴ノ花びいきだった松の実は、昨日から報道されているとおり北の湖さんのことを
「憎らしいほど強い」、たまには負けてよ~なんて思っていました。

dosukoi.jpg

この頃、「大受」というぽっちゃりしたキレイなお相撲さんがいたこと、
先日、話題になった「猫だまし」もこの時代、三重ノ海さんが
北の湖さんに対して試みているんですよ。(北の湖関の勝ち)
この時の実況中継が「とてもめずらしいワザです。ああ、でも北の湖関には
全く通じなかったようです」と言ったのを覚えているのです。
北の湖さん、あの時のことちょっと恨んでいるから、
あんなに白鳳に対して冷たいコメントだったのかな~なんて思った松の実でした。

秋

北の湖さん、いかにもヒール、悪役のような外見からは想像がつかないほど、
真面目で相撲道一筋、且つ、後輩たちの相撲取りとしての人生が終わった後の
心配もするなど、思慮深い方だったようです。
早すぎる旅立ちではありますが、
極めた相撲道において現役のまま、しかも最高位と言える立場で
旅立ったのはお相撲の神様のプレゼントに違いありません。
不謹慎かもしれませんが、松の実は最高の旅立ちだと思うそうです。
北海道出身の北の湖さん、お疲れ様でした。

秋2

あちらには、松の実が大好きだった貴ノ花さんがいます。
一緒に相撲取りますか?
今度はたまに負けてください。

秋3

今朝、まだ松の実が寝ているころ、
たたこさんがお漬物を持ってきてくださいました。


たたこさんのお漬物

赤かぶお漬物はいつもどおり美味しい。
びっくりだったのは、沢庵の美味しさ。
たたこさんいわく、ビール漬けだそうです。
ビール漬けってビールで漬けるの?
勿体なくないですか?ビールが。

たたこさん、いつもごちそうさまです。

札幌のコタ母さん、もしかして昨日がお誕生日だったでしょうか?
私の最後の年、こた母さんに「おめでとう」をいう私を見つけた松の実でした。

コタ母さん、お誕生日おめでとうございます。
そして、皆様、今年最後の連休をお楽しみ下さいませ。
23:03  |  その他  |  コメント(10)

2015.11.18 (Wed)

「ありがとう」

こんばんわ~
茶々です。

松の実のリセットは昨日、無事に(何故か無事に)終了しました。
私も松の実も何故、当日ちゃんと目標の体重に落ちていたのか不思議でなりません。
なんたって、今年は禁酒しても、炭水化物断ちしても、運動しても、
まったく体重は変わらず、健康診断の2日前まで
目標より1.6kgオーバー。
松の実もすっかりあきらめて、もう成り行き任せと、それからは
体重計に乗るのを止めてしまったほどでした。

ルームウォーカーのおかげか

でも、当日はバッチリ~の目標値。
帰ってきてお父さんに「うちの体重計、壊れているんじゃない?」って
半分本気、半分冗談で言うと、やっぱり体重が落ちなくて困っているお父さん、
「そうかも!だからお父さんの体重も変わらないんだ!」と都合よく解釈していました。


松の実はお酒を再開

健康診断が終わって早速お酒も甘いものも解禁した松の実。
このまま、禁酒して、甘いもの断ちしていくと、、
来年の今頃慌てなくてよいのに・・・

何か御用ですか?
又来たの?何か用ですか? わんこ小屋をチェンジしました by りょうくん



私のこの日記を読んで下さっている若いお姉さま方、
「ありがとう」というドラマがその昔あったことをご存知でしょうか?
少し前からBS12で再放送されているのですが、
松の実はこれはをとても真剣に見ています。
どのくらい真剣かと言うと、「ぶらタモリ」を見るのと同じくらい真剣です。
コマーシャルをカットしてみたいので、毎晩毎晩録画して見ているくらいです。

毎晩、声を立てて笑ったかと思えば、すすり泣きしながら見ています。

撫でたい?

撫でたいですか? by りょう君


今再放送されているのは、病院バージョンで、
松の実が子供の頃お母さんと見ていたものです。

1972年放送開始だったそうですが、
まだこの時代、普通の日本人の暮らしはとても倹しくて、
水前寺清子さん演じる主人公「新(あらた)」のお母さん(山岡久乃さん)世代のセリフには
「戦時中」という言葉も頻繁に出てきますし、
東京の個人総合病院が舞台となっていますが、
病院勤務するスタッフのアパートにはお風呂もありませんし、
アパートが1Kというのでしょうか?
キッチンと居間兼寝室という設定です。

時代がそういう時代だったのでしょうか?
女性はとにかく「お嫁に行くのが当たり前」であり、
セリフの中にも「女たるもの、こうであらねば」
あるいは「亭主たるものは・・・」なんていう、
今の時代にこんなドラマを作ったらどこかの人権団体が
クレームを漬けること間違い無しのセリフのオンパレードです。
男優さんが頻繁にタバコを吸っているのも今では考えられないことです。

お母さんと二人で見ていいた時、松の実は9歳くらいらしいのですが、
9歳だと「赤い靴」を見ていた時で、
「赤い靴」と「ありがとう」が同じ時代という記憶がないそうなんです。
何故か「ありがとう」は「サインはV」と同じ時代という記憶だそうです。

最終盤、新さんがめでたく石坂浩二さん扮する虎先生と結婚するにあたり、
新さんのお母さんが、虎先生のお兄さんの奥さんのお母さんの介護をするために、
京都にいくらしいのですが、
この件で、昔お母さんと意見が合わなかったことを覚えている松の実です。
子供の松の実には、新さんのお母さんが何故新さんを置いて京都にいってしまうのかが、
理解できず、「行くことないのに!」と言ったらお母さんが「お母さんは、よくわかる、
新のお母さんは、新のために行くの」とイヤにはっきりきっぱり松の実に言ったことを、
これまたイヤにはっきりと覚えている松の実です。
これからその場面になったら、今の松の実は理解できるでしょうか?
今回の再放送で松の実の新たな発見は、兄弟って良いな~と。
児玉清さん、石坂浩二さん、岡本信人さんの三兄弟の会話が
羨ましくて仕方がないそうです。

こちらもどうぞ

こらがわもナデナデどうぞby りょう君


泣いたり笑ったりほっこりしたり忙しいドラマですが、
別の意味でも突っ込みどころ満載で、
色んな意味で感慨深いドラマだそうですよ~

悲しいのは、山岡久乃さん、乙羽信子さん、児玉清さんなど、
私と同じくこちらに来ているヒトの多いこと。
石坂浩二さんはあまり変わらないな~とか。
(変な北海道弁をしゃべる長山藍子さんも変わりませんね。)
水前寺清子さんも、あの佐良直美さんも、女優さんは、皆、ひざ上20cmくらいの
ミニスカート姿なのはびっくり。
で、山岡久乃さんも乙羽信子さんも膝がでているんですって。
そして佐良直美さんがとっても可愛いそうで、
20数年前、羽田空港のホテルでお見かけした
佐良直美さんの腰の低さ礼儀正しさを思い出した松の実でした。
で、ショックだったのは、ドラマで、
山岡久乃さん、乙羽信子さんの年齢設定が40代だということ。
これは今の松の実よりうんと若いことになるんです。
随分しっかりした40代と言うべきか、
あのころの40代ってここまで地味だったかな?と。


おばさんの相手は疲れる
おばさんの相手は疲れます by りょう君


この「ありがとう」が終わってしまったら、
どこかのBSチャンネルで紀比呂子さんの「アテンションプリーズ」や
ゆうきみほさんの「赤い靴」を放映してくれないかな~
NHKは「元禄太平記」や「天下御免」を放映してほしいとつぶやいている松の実です。
皆さんは記憶に残る、今、もう一度見てみたいドラマってありますか?
00:12  |  その他  |  コメント(7)

2015.11.13 (Fri)

お疲れちゃん・・・

こんばんわ~
茶々です。
松の実は無事バンコクの出張から戻りました。
デヴィちゃんのおかしゃんのように
お疲れちゃんに変身中です。
と言ってもお暇を愛する松の実、いつもダラダラ~いつも怠惰~
いつもお疲れ~なのですから
「変身中」という日本語は適切ではありませんね。
松の実がテキパキしている時があるとしたらその時が「変身中」です。

松の実のバンコク出張、昨年同様、
ホテルはBTSアソーク駅直結の大変立派なホテルでして、
大きなTerminal21というちょっとこじゃれたショッピングセンターにも直結していました。

バンコクの朝

このTerminal21が松の実達が帰ってきた翌日に火事になり、
周辺がけっこう騒がしいことになったようです。
良かった良かった、ちゃんと帰って来ていて。

数カ月前に爆発騒ぎのあったバンコク、
BTSに乗るにも、ショッピングセンターに入るにも、
松の実の職場となったトラベルフェア会場に入るにも
セキュリティチックのゲートをくぐらなければ入れないシステムになっていました。
でも、そのセキュリティチェックがちゃんと機能しているようにも見えなかったとは
松の実の感想。
もっともああいうものは「チェックしているんだぞ~」と「見せる」ことが
一番重要なのだとか?
成田空港でも帰りのバンコクスワンナプーム空港でも
セキュリティチェックで引っかかった松の実。
何がイヤッて、靴を脱いで、あちらが用意したスリッパを
履くことくらいイヤなことはないそうです。
松の実は潔癖症ではありません。
どちらかというと、バイキンのなかで生きている方で、
食事前に手を洗えなくたって全く平気、
その辺りのわんこをなでなでした後で、
そのまま食事をするのだって平気、
でも、あのスリッパだけは勘弁~だそうで、
日本では我慢して差し出されたスリッパを履いたものの、
バンコクの空港では、見るからに汚い、
消毒なんて絶対にしていない、あまりにも薄汚れたスリッパだったそうで、
スリッパを拒否して裸足(もちろんストッキングあり)で
再検査のゲートをくぐってきました。
あのスリッパ何とかならないのでしょうか?
今時のホテルのように使い捨てのスリッパを用意してくれないでしょうか?

チキンチャーハン

リセット中の松の実、夜のお食事のお誘いはことごとくお断りして
一度だけ半強制的にあったお夕食会でもソーダ水で我慢して来ました。
一人食べるのは大好きなタイのチャーハン。
昨年あまりの美味しさにびっくりしたナンプラーをじゃぶじゃぶかけていただいたそうです。

最終日のチャーハン

付け合せのキューブ状の生姜に玉ねぎ、そして唐辛子、
いったいどういうタイミングで口に入れると良いのか全くわからず、恐ろしく
ピーナッツだけ食べてきた松の実でした。
皆さんなら、この唐辛子、生姜、玉ねぎ、食べますか?

ナンプラーを釧路でも味わいたくてただひとつのおみやげが
セブン-イレブンで買ってきたナンプラーです。
リセットが終わったら唐辛子買って、ナンプラーに漬け込んで
鶏肉焼いて思いっきり付けて食べまくるそうです。

ナンプラー、お好きですか?

ナンプラー

ホテル滞在中の朝ごはんは毎日画像の豆乳でした。

朝ごはん

豆乳にナタデココ、はと麦の茹でたもの、何とかシードを加えて「美味しい~!
釧路に持って帰りたい~」とつぶやきつつ食べていた松の実。
今から12月の台北出張を豆乳が食べられることだけを楽しみにしているようです。

トラベルフェアの会場に朝10時から夜8時まで立ちっぱなしでお仕事して
酒も飲まず、食べるものもなるべくセーブしたつもりなのに、
体重は一向に変わらず・・・・
松の実いわく、絶対にウエストはサイズダウンしているのに、
何故体重計の数字が全く変わらない?と、
がっくりとうなだれております。


DSC_0205_1.jpg

もう一つ、松の実が考え込んでいるのが、
「日本の冬=雪」だろうか?ということ。

今回のタイFITトラベルフェアは、日本への誘客のためであり
北海道限定ではないのです。
日本各地からブースが出展してPRに努めました。
入口前のディスプレイが雪だるま、
日本各地に直行便を就航させるタイ航空のディスプレイも雪だるま、
日本の冬全体のイメージを雪で印象づけてしまったら
北海道は他の地域と何で差別化してPRしていけば良いのか?
又、雪の降らない地域の方々は松の実をは逆の意味で困惑していなかったのでしょうか?

昨年同様、タイの方々の日本旅行熱は高まるばかりのようです。
でも、釧路をはじめとする東北海道の認知度は相変わらず低いようで、
この事実にも肩を落とす松の実でした。

ushirosugata.jpg

「お疲れちゃん」を思いっきり満喫したら、
何か良い案が浮かぶかもしれません・・・よね?

01:19  |  その他  |  コメント(15)

2015.11.03 (Tue)

文化の日

こんばんわ~
今日も茶々です。
11月になりましたね。
あと2月で今年もオシマイだなんて、早いものです。
あちらの世界は、皆年も取らず、それぞれが一番輝いていた頃のままですが、
こちらにいらっしゃる方々は、なんたって「今日が一番若い」
明日はもう今日よりお年寄り~なんですから、
一年は過ぎれば体力、知力、気力、がっくりと衰えを感じることでしょう。
松の実ももちろん、一年経ったことを、
アルコールを止め、運動増やし、食事も制限している中
体重計が示す数値が全く変化しないことで感じているそうです。
1年年とった分、新陳代謝が衰えているんですね。
明後日からバンコクへ出張の彼女、
すっかりあきらめモードの今年のリセットです。

11月にもなるとこちらは晩秋も晩、晩秋です。
お庭も冬に向かっています。

晩秋

惰庵さんの画像によると、
関西は、まるで初秋のようです。
木々の葉っぱはこれから紅葉の盛を迎えるらしく、緑の葉っぱがいっぱいです。

こちらは常緑樹以外はほぼ葉っぱが落ちてしまいました。
バレエのお稽古場近くの公園もほぼ裸ん坊です。

そしてこれから根雪になるまで寒くて暗い日々が続きます。
松の実が早く根雪にならないかな~と願い続ける毎日なのです。

晩秋2

今日もりょう君です。
前回は全く無視された松の実でしたが、
先日は、りょう君のご機嫌麗しく、松の実が呼ぶとトットットーと近づいて
チュッとしてくれたそうです。

kocchimo.jpg

おまけに、ナデナデし放題だったそうで、松の実、もう少しでバレエのお稽古に
遅れるところでした。
無視される時のりょう君と甘えん坊全開のりょう君、
差が激しいようです。

gao~~~

あくびも披露してくれました。
松の実のナデ方が下手くそで、あくびがでちゃったのでは?と
思う私です。

番犬です

りょう君がたくさんお家(わんこ小屋)を持っているのは前回ご紹介しました。
りょう君、自分のお家の中に入っていることが多いので、
お家が好きなんだろうな~と思っていた松の実ですが、
飼い主さんとお話して判明したのは、
なんとりょう君、買ってもらうお家がことごとく気に入らないそうなんです。
それで、飼い主さんが、せっせと、これはどう?今度のはどう?と
市販のものを買ったり、大工さんにオーダーメイドで作っていただいたりで
これまで4つのお家を用意したそうです。

ひゃ~4つですよ。
しかもオーダーメイドのものなどははっきり言って、
我が家の壁よりも頑丈そうな素材でできているんです。
1280円のタライを12年間使い続けた私には考えられない贅沢です。

晩秋でした

さてさて、松の実は出張に行くし、私の出番も1週間はありませんので、
あちらに帰ります。
そうそう、私の一番輝いていた時代っていつ頃でしょうね~
お母さんと昼間にゆっくり散歩して、夕方はおとうさんと3kmほどの散歩を楽しみ、
夜は松の実にかくれんぼの相手をさせていた頃でしょうか?
お母さんがいなくなり、松の実とお父さんと仲を取り持っていた頃も
健気で柴女子力を発揮していたと思うし。
更に言うならば、松の実を下僕としてすべての世話をさせていた恍惚時代も
なかなかのものだったと思うんですけど。
あちらでの私、いつごろの私でしょう?
お友達わんこはいつ頃のお友達なんでしょう?
21:26  |  茶々のこと  |  コメント(12)
 | HOME |