2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.31 (Thu)

阿寒湖のホテル

こんばんわ~
茶々です。
いよいよ2015年も最終日となりましたね。
松の実も今日が仕事納め、その後、彼女としては珍しい事に
お知り合いとお食事に行って美味しいものをたらふく食べてきたそうです。

トド?アザラシ?

食べ過ぎると、しばらくバレエのお稽古もお休みだし、
あっという間にリョウ君やこの私のようにトドかアザラシのようになってしまうよ~

さて、もう10日前になりましたが、
お父さんと松の実が泊まってきた阿寒湖に30年ぶりにできた
ホテル「ラビスタ阿寒川」です。

阿寒川に面したお部屋のほうがお高いようです。
こちらはお父さんのお部屋で、川側です。
窓に向かって川を眺めるように椅子がセットされています。

父の部屋

こちらは松の実の一応森側のお部屋、
ただし、松の実の部屋からも一部川が見えました。

お部屋

お風呂自体はとてもこじんまりとしたものですが、
外の景色が見える開放的な作りになっているので、
松の実は大層気に入ったようです。
お部屋のお風呂も温泉です。
もっとも温泉であるかどうかは温泉に興味のない松の実にとっては
どうでもよいことなのですが・・・・
初めてのホテル、これからお客様からお問い合わせがあるかもしれないし、と
がんばって大浴場にも行った松の実。
オフシーズンでほぼ貸切状態。
露天風呂はやはり川に面していて、
大げさに言うと3歩歩いたら川に手を付けられそう~という距離に
感じたそうです。
露天風呂につかりながら、エゾシカも入りに来たら面白いのにな~と
お馬鹿な想像をして楽しんでいました。

こちらは夕食。
ホテルの宿泊プランは今のところすべて1泊2食付きとなっていて、
夕食は会席料理風。

夕食

この画像のほかにブイヤベース風の鍋料理があり、
個性的なお出汁がなかなか美味しかったそうです。
他の料理は特に可もなく不可もなく・・・
お皿の数と見た目は頑張りました!という気合は伝わってきました。

「止肴」なるものを、牡蠣酢か飯寿司の三種盛りのチョイスということで
私は牡蠣酢、父は飯寿司を選択。

izushi.jpg

飯寿司、美味しかったです。
さらに「これは!」と思ったのがこのお皿です。
この角度からですとはっきりわからないのですが、
丹頂とまりもを描いていました。
少々ありきたりと言えばありきたりかもしれませんが、
素直に阿寒を代表する丹頂とまりもを描いたこのお皿、
松の実は大変気にいったそうです。

部屋から

松の実の部屋から見えた夜の景色です。
下に見える点々はエゾシカさん達の足あとです。

そして朝ごはん~
洋食と和食のチョイスで、二人共昨晩のこれでもか~と言う
お料理の数々に少々食傷気味となり、洋食で。

Too much な朝ごはん

ま~これも又、何というかちまちまと色んな物があるのですが・・・
松の実いわく、パンは美味しい、サラダとスープも普通に美味しい。
こんなこまごまとと色とりどり揃えなくて良いので、
パン、サラダに卵料理とそのお皿のものはできたての
熱々で提供してくれたら文句言わない!って。
それで、バナナ半分でもみかん1個でもつけてくれたら大満足だそうです。
聞くところによると、お値段も安くはないせいか、
ある程度年齢が上の方(と言っても車でなくては来にくいので高齢というほどでもない)
の利用が多いそう、
このやたら品数が多い夕食や朝食、満足されているのでしょうか?

今はすべて葉っぱを落としているホテルの周りの木々、
秋の紅葉がとても美しいそうです。
興味のある方がいらっしゃいましたら、是非、ご利用ください。
そうです、このホテル、テレビの地上波は入りません。
BSとwowowだけです。
俗世間を忘れて非日常をのんびりとお楽しみください、ということだそうです。
もちろん、携帯は通じます、大丈夫です。


お昼寝です

では、今年一年、松の実も私も大変お世話になりました。
もうお引越しして3年となるのに、
私のことを覚えてくださって一緒におひるねしてくださった皆様、
ありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年が皆様と皆様のワンコさん、ニャンコさんにとりまして
素敵な1年となりますように!

新年快楽!萬事如意!恭喜発財!
01:39  |  その他  |  コメント(10)

2015.12.27 (Sun)

1週間前

こんばんわ~
茶々です。
今日は真冬日だったと思われる釧路です。
正午頃の気温がマイナス2.5度、午後2時頃でマイナス3.4度ということは
恐らく今日は一度もプラス気温になっていないのでは?
ちなみに今はマイナス5.5度です。

2週間ぶりのリョウ君です。
さすがは柴ワンコのリョウ君、
松の実のことを完全に覚えてくれたようで、
車を停めて、松の実が車から出ると、
とっても寒い日だったにも関わらず、
のそっとお家から出て来てくれました。

irasshai.jpg

可愛いですね、リョウ君
挨拶してくれてナデさせてくれて、
これでおやつも上げることができたら松の実としては
天にも登る気持ちとなるのは必至なのですが、
飼い主さんがリョウ君の肥満を気にしているのを知っているため、
「おやつあげて良いですか?」とは言い出せない松の実です。

阿寒富士と雌阿寒岳

一週間前の日曜日、お父さんと松の実は阿寒湖畔に30年ぶりに新しくできたホテル
「ラビスタ阿寒川」にお泊りに行ってきました。

天気の良い日で、阿寒湖までの道のり、雌阿寒岳と阿寒富士が
とてもきれいに見えていました。
小学校2年生から高校2年生まで住んでいた阿寒町からも
この景色が見えていたので、この画像の景色は
松の実にとって「阿寒湖」を象徴するものなのですが、
阿寒湖畔の温泉街に入ってしまうとこの景色は見えません。

阿寒湖畔に住むヒトにとっての象徴はこの雄阿寒岳です。
お父さんも、阿寒湖勤務時代は毎日この雄阿寒岳を眺めていました。

雄阿寒岳

一週間前の12月20日、阿寒湖、全く凍っていません。
数年前までは、1月1日から「あいすランド阿寒」と言って、
凍結した湖の上で、ワカサギ釣り、スノーモービル、スケート、バナナボートに
4輪バギーなどを楽しむイベントが開催されていました。
ここ数年はなかなか1月1日からは始められないようです。

この数日、冷え込む日が続いたので、
凍り始めていることを願うばかりです。
このイベント目当てに台湾を初めアジア各国から
お客様が阿寒湖に泊まってくれるのです。

阿寒湖の方々、波打つ阿寒湖を眺めながらヤキモキしているのに違いありません。
私も微力ながら、早く阿寒湖が凍りますように!と
祈りを捧げたいと思います。

早くこおりますように

どなたですか?
単に寝そべっているだけ?とおっしゃる方は?

新しい阿寒湖のホテル「ラビスタ阿寒川」は、
その名の通り「阿寒川」のほとりにあります。
その昔、この敷地には渡辺淳一さんの初期の作品「阿寒に果つ」の舞台となった
「雄阿寒ホテル」がありました。
「阿寒に果つ」は渡辺淳一さんの高校の同級生で、
天才少女画家と言われた加清純子さんを
モデルにした小説です。
読んだことある方はいらっしゃいませんよね?
この小説は渡辺さんファン以外では、お父さんくらいの年代の方でないと
ご存知ないかと思います。
その加清純子さんが高校時代に阿寒湖で自殺したのですが、
その時に宿泊したのが「雄阿寒ホテル」でした。
雄阿寒岳の登山口の近くにあります。

阿寒川

雄阿寒ホテルはとうの昔に跡形もなく消えてしまい、
ラビスタ阿寒川は全くの新設ホテルです。
この辺りは温泉の源泉がたくさんあるそうで、
上の画像、手前の煙も温泉熱によるものです。

ホテルに到着すると、エゾシカさん達が出迎えてくれました。

見つめられて

もともとエゾシカの多い地域ではありますが、
地熱で草がまだあるせいか、鹿さん達、ゴロゴロいました。

地熱の影響で、ふきのとうが顔を出していました。

実はふきのとう

明日でお仕事はオシマイという方々、
良いですね~
ゆっくりお掃除して年越しの準備をなさってください。
松の実は30日まで働きます。
それを理由にお掃除もお正月の準備もしないでしょうね。
今日はたたこさんに、「旨煮」のおねだりしていました・・・・

15:56  |  その他  |  コメント(13)

2015.12.23 (Wed)

冬至

こんばんわ~
茶々です。

もうすぐクリスマスですね。
クリスマスパーティに忘年会に、クリスマスパーティに忘年会に、
クリスマス・・・とやっているうちに新年会が始まるんでしょうね。

今朝は雪が降った釧路です。
松の実は今年初めての雪かきを張り切ってやっておりました。

雪でした

とは言うものの、張り切って雪かきしても、
以前のように私がチェックしてあげられないので、
かなりいい加減な雪かきだったようです。

当時の冬至

街の中はクリスマスと新年が一緒に来るような勢いに満ちていますが、
松の実が憤慨しつつ帰ってきたところによると、
なんでもあのハイジさんが大嫌いなイ◯ンの
特設売り場でお雛様の販売が始まっていたそうです。
ソレはないでしょう?と私も思うわけです。
クリスマスとお正月が一緒くたになってしまうのは目をつぶりましょう、
でも、お雛様まで一緒というのはないんじゃない?と思うわけです。
まずはキリッと新年を迎えて日本のお正月を楽しみましょうよ・・・
1月1日からショッピングセンターなんかに行かずに、
寝正月でも昼酒でも良いから、
お家で元旦を心静かに迎えましょうよ、と思うのは、
私もあちらに引っ越して今度のお正月でまる3年が経ち、
下界のスピードについていけない者の戯れ言かもしれません。

今日は土曜日勤務の代休だった松の実、
行きつけの皮膚科に行ってお薬を貰ってきました。

薬局の

薬局のディスプレイがちょっと素敵でした。
カウンターの上を利用してのこの形。
良いと思いませんか?

ひな祭りの前に、お正月の前に、そしてクリスマスの前に
今日は「冬至」でした。
私がこの世にいた時も、我が家ではゆず湯ということはなくて、
かぼちゃでした。
しかもかぼちゃ団子を食べることが多かったです。

2015冬至

今年もお父さんと松の実はかぼちゃ団子入お汁粉でした。
お父さん作成のかぼちゃ団子、おいしく出来たそうです。
ちらりと見えるのはイトー◯ーカドー釧路店オリジナルの
北釧鯖のしめ鯖を使ったお寿司です。


冬至のご飯

私も老犬になってからはこうやって、
かぼちゃ入りおかゆを食べました。
あの頃は何を食べても美味しくって・・・・
松の実も面白がって色んな物を食べさせてくれました。
老犬になってからの可愛いこと以外の
ほとんどただ一つの飼い主孝行は、
「良く食べること」だったかもしれません。

lobby.jpg

こちらは、先日松の実がお父さんと一緒に行ってきた
阿寒湖に30年ぶりにできたホテルのロビーです。

ではでは、明日の祝日、有意義にお過ごしくださいませ。
00:41  |  その他  |  コメント(14)

2015.12.20 (Sun)

忘年会と札幌大人女子の会

こんばんわ~
茶々です。
下の私のように連日連夜の忘年会疲れでぐったり~という方は
いらっしゃいませんか?
犬づきあいの悪い私ですが、
この季節は別です。

忘年会疲れです

昨年の暮れも暮れ紫龍さん、まいるさんがお引越してきたし、
秘密にしていたビウイちゃんに、ぶっちゃんにトドさんを初め新しいお引越し仲間と
飼い主を思いながら楽しく過ごしています。

人付き合いの悪いウチの松の実も先日札幌で楽しくも有意義で
ちょっぴり切ない夜を過ごして来たようです。
素敵な大人女子の今年も頑張った会の画像はありません。
例によって食べること、飲むこと、しゃべること、泣くことに忙しかったからです。

DSC_0553.jpg
代わりに札幌駅PASEOに入っている「四つ葉ホワイトコージー」のホワイトパフェの画像を。

平日の夜にもかかわらず、ご参加頂いたのは、
michikoさん、なほみさん、クロちゃん母さん、こた母さん。
こた母さん、翌日は何かの講習会だったらしいけど、
居眠りしたりしなかったでしょうか?
michikoさんは、松の実のいわば憧れの方。
michikoさん、ururuさん、millecoさん、emihanaさんは、
松の実とは別次元の時間の流れを持っている素敵な尊敬すべき奥様方です。
micchikoさんとお会いするのは初めてでしたが、
その別次元の時間の流れには当然のことながら別次元の努力と手間があったことを
思い知った松の実でした。
michikoさんは松の実のお母さんと偶然にも同い年、
そのせいなのか、普段は泣いても静かに涙だけが流れるタイプなのに、
大泣きした松の実・・・恥ずかしい。
せっかくの楽しい時間なのに・・・・
次回は札幌で2泊してクロちゃん母さんのご親類の20歳のワンコに会いに行って、
小樽観光して、また、皆さんと一緒に飲めたら嬉しいな~と思った松の実でした。
ニャンコの達人であり、今回もしかして同じ感性の持ち主?と感じたなほみさん、
相変わらず落ち着いた話し方の中にエスプリとユーモアが漂うクロちゃん母さん、
別次元の生活には別次元の努力と考え方があることを教えてくださったmichikoさん、
同じく父親が残った境遇ながら、父親に対する思いが異なる努力と優しさのこた母さん、
又松の実をよろしくお願いいたします。

DSC_0555.jpg

松の実が行った日は雪がなかった札幌。
十勝には雪が残っていました。
東北海道らしい青空と雪景色です。

DSC_0557.jpg

わざわざ札幌まで行って、何を買ってくるかと思えば・・・・
四つ葉ホワイトコージーで販売していた
小麦粉、砂糖、牛乳が北海道産使用と書いてあったホットケーキの素。
美瑛産大豆使用とあったきな粉。
北海道産餅米使用とあったお餅。

ウチの松の実、「北海道産」或いは「釧路産」の言葉に弱いのです。
見かけるとつい買ってしまう悪いクセを持っています。

kushiro brand

釧路市内某イ◯ーヨーカドーで見つけた「釧路のいわし蒲焼き」「釧路のさば水煮」。
ここの店長さんは、とっても努力家です。
某イ◯ン系列、某激安ショップ?◯ラ◯アル、某コー◯に取り囲まれた状況のなか、
雇用を守るため、お店を守るため、地元振興のため、
様々な取り組みをされています。
で、松の実もついつい買ってしまうのですが、
その昔、缶詰は蕁麻疹の原因になる物質があると言われてから、
相当な覚悟を持たないと,缶詰を口にできない松の実なので、
未だ食べていません。買っただけ・・・

kikuimo_20151219230338212.jpg

こちらも某イ◯ーヨー◯ドーの惣菜コーナーで販売している
釧路市音別町産のキクイモチップス。
キクイモ、高血圧や糖尿病等、成人病予防に役立つ物質が含まれているとかで
スローズアップされています。
お父さんは「ブタイモ」と言います。
このチップスはごく普通の美味しさでした。
強いていうならば、じゃがいもより若干ヘラ辛い・・・そうです。

皆様ももし「釧路産」或いは「北海道産」を見かけましたら
どうぞお手にとってみてくださいませ。

明日も忘年会

私は明日も忘年会です。
松の実は約30年ぶりに阿寒湖にできた新設ホテルに
お父さんと二人で泊まりに行ってくるそうです。

どんなホテルでしょうか?

ではでは、皆様、いつまでも秋だと思ったら
急に寒くなったりの中、体調などくずしませんように。
00:16  |  その他  |  コメント(8)

2015.12.13 (Sun)

12月13日

こんばんわ~
茶々です。
12月13日です、皆さん、2015年、やり残したことはありませんか?
泣いても笑ってもあと半月で今年も終わってしまいますよ。



真ん丸になって登場の私です。
今朝は久しぶりに冷え込んで、お庭で頑張っていたすみれにも、
霜の花がまとわりついていました。

丸くなるりょう君to

昨日、松の実がバレエに行く途中、りょう君のところにお邪魔すると、
寒いのかりょう君も真ん丸になって寝ていました。
律儀な柴ワンコらしく、松の実だとわかると、
起き上がって「どうぞ」とナデナデさせてくれたそうです。
柴ワンコの鑑のようなりょう君です。

今年最後の台北出張ではワンコに好かれまくって帰ってきた松の実です。
画像がないのが残念ですが、まず最初、到着後すぐにコンビニ出かけると、
スピッツと白柴ワンコが松の実めがけて飛びついてじゃれついて、
大歓迎を受けたそうな。
中でも白柴ちゃんは、よほど松の実が気に入ったのか、
松の実の額に飛びつきかぶりつき、
一瞬松の実も「マズイ!切り傷作って明日からの旅行会社訪問はできない!」と焦りまくったとか。
頑丈な松の実の額からは一滴の血も流れ出ず、無事に仕事を完遂してきました。
2度目はある旅行会社前にいたコーギーちゃんも何故か松の実に満面の笑みとともに
飛びついてきたそうで・・・・一緒に行っていた市役所の若い男の子が
「松の実さん、スゴイ!ワンコが飛びついてきましたね。ワンコには好かれるんですね」と。
そうね・・・ワンコにはまだ相手にしてもらえているかもね・・・・ウチの松の実。

淡水にいたワンコ

次に会ったのは夕陽観賞施設訪問と称して遊びにいった淡水にいたダックスちゃん。
尻尾ぶんぶんふって、もっと私を撫でて~もっと私とお話して~とアピールしていたそうですが、
本当でしょうか?

天候が悪く残念ながら夕陽は見られませんでしたが、
若い漁師さんがシラス干しをしているところを見ることができました。

しらす干し

シラスと言えば、ホテル近くを散歩しているときに出会ったニャンコさんが
シラスを食べていました。

しらすを食べるニャンコ

きれいなニャンコさんでした。
ニャンコさんには懐いてもらえない松の実でした。

ホテル近くのこだわりの日本食店のウィンドウです。
「吉乃川」「越後平野」「五十嵐川」などのラベルが見えます。
新潟の地酒はソコソコに知名度もあり、お値段もお手頃で、
手に入りやすいのが多いのでしょうか?

ホテル近くの日本食店

たんまり酒税をかけられても、これだけ売られているのは
売れているからでしょうね。
羨ましい限りです。

今回はお手軽なローカルグルメで食事を済ませることが多かったそうで、
いつものように牛肉麺。
これは牛肉麺にトマトが入っている番茄牛肉麺。
松の実が好んでいただく紅焼牛肉麺よりあっさり味で、健康的です。

牛肉トマト麺

デパートのフードコートで食べた滷肉飯とワンタン定食。
滷肉飯は、醤油ベースのタレで煮込んだ豚肉のひき肉他をご飯にかけたもので
典型的庶民の味、B級ローカルグルメの代表格です。

フードコートの夕食

お店によってはけっこう油が多く感じられますが、
醤油味ですので、白いごはんによく合います。
滷肉飯めぐりの旅を楽しむ人も多いそうです。


この時期、台北は涼しく過ごしやすかったそうです。
半袖では寒く、コートが必要なほど、寒くはない、
ちょうどよい気候だったようです。

可憐な花

もちろん緑いっぱいで、こんな可憐な花も咲いていた台北出張を楽しんできた松の実でした。

次は札幌でステキな時間が待っているとか・・・

松の実、遊んでばかり・・・・・
18:32  |  その他  |  コメント(7)

2015.12.06 (Sun)

今年最後の出張へ

こんばんわ~
茶々です。

12月も1週間が過ぎようとしています。
スーパーでは、11月中旬から、正月飾りなどが売られていましたが、
12月になって、おおっぴらに正月用品が幅をきかせ、
お客様もなんとなく、その勢いに蹴落とされて、まだまだ時間はあるのに、
「買わなくちゃ」と思ってしまうようです。

それにしても年々早くなる正月商戦、これって単に正月前の
他の企画を考えるのが面倒な売場担当者が、
自分の商才のなさをごまかすために仕組んでいるのではないでしょうか?

隔離してほしい

世の中何かとせわしなくかつ物騒ですが、先日のニュースには
とても腹が立って、腸が煮えくり返るとはこのことか?と思いました。
なんでも保護した猫がうるさいのでガムテープでぐるぐる巻きにして、
それでも鳴き止まないので、トンカチで叩いたあげく、血が出て怖くなったから
公園に放置した、とか。
私も怒り心頭ですが、松の実は例によってブチ切れて、
同じように身動きできないようにぐるぐる巻きにして、
トンカチで血が出るまで叩いて、公園に放置してやるーっ!と叫んでおりました。

この方、人として完全に壊れていますよね?
イエ、ヒトというククリを超えて同じ生命を持つものとして、
正常ではありません。
松の実は、景気を良く見せかけるための今年度の安倍政権のバラ巻き予算や
兵器の購入に自分の収めた税金が使われるのは納得できないそうですが、
あのような方々を隔離するするための施設のためには、
どうぞどうぞ税金使ってください、と思うそうです。

根雪かと思ったけど1

釧路は11月末に降った雪が根雪になるかと思われましたが、
大雨で溶けちゃいました。

根雪かと思ったけど

先日、松の実は大阪で秋の靴を買ってきました。
でも、帰ってきたら釧路は雪におおわれ秋の靴は履けなくて、
来年の秋までおあずけか~とがっくり。
雪が溶けて買ってきた靴を引っ張りだして喜々として履いていました。

松の実の足はびっこたっこです。
右の足が大きいのです。
いつも思うのは、トーシューズも普通の靴も片足ずつサイズを選べたら良いのにな、
だそうです。

そんな松の実は明日(6日)から今年最後の出張にでます。
大好きな台北への出張です。
この出張は4月から決まっていて松の実が大変楽しみにしていたものです。
松の実の会社も所属するある観光団体のプロモーションです。
過去、現在、未来と、最も安定して送客してくれる台湾との関係をより強固なものにするための
プロモーションですが、当初聞いていた規模よりかなり縮小されているようで、
台湾びいきの松の実としてはがっかり。

先日の大阪・福井の旅でも大好きな粉ものをイッパイ食べてきた松の実。

美味しいもの

せめて大好きな台北で、大好きな粉ものを心ゆくまで楽しんで来れると良いね。

大好きな粉もの系

画像は前回の台北で、松の実の友人達と食べた水餃子、蒸し餃子、鍋貼(焼き餃子)です。

楽しい週末をお過ごしくださいませ。
02:01  |  その他  |  コメント(11)

2015.12.01 (Tue)

12月1日

こんばんわ~

茶々です

茶々です。
ななちゃんだと思った方?
残念、今日は正真正銘、私、茶々です。

とうとう12月になってしまいましたね。
松の実は、ゲッともウェッともつかない呻き声をあげておりました。
あまりにも時間が経つのが早くて、
頭も気持ちもココロも体もついていかないそうです。
地球の自転という慣性の法則に自分だけが則っていないような気分だそうです。
大体、地球の自転って慣性の法則?
(松の実の物理の実力は限りなく0点に近いものでした)

福井では、ななちゃんに会う前に観光らしきこともしてきた松の実です。

福井市内には、「コミュニティバスすまいる」という
一回の乗車が100円という太っ腹なバスシステムのルートが4ルートもあるのです。
横浜の赤い靴と言い、お金のある自治体は違いますね。


観光地巡り

福井城跡、県立歴史博物館、養浩館庭園などを「すまいるバス」を利用して周りました。
福井市はとてもきれいに整備された街でしたが、
今の美しい街にするためには、多くの困難との戦いでもあったようです。
戦争中の大きな空襲で、街が焼き払われ、復興が軌道に乗ったところで
今度は大地震で壊滅状態になってしまったそうです。
ほんの4年ほどの間に2度も街が破壊されてしまった歴史を持つ福井市だそうです。

県立歴史博物館では、松の実の車の基となったものと思われる古い車が展示されていました。
今の車を買う時に釧路ス◯ルの社長さんが、名車と言われた◯□△(松の実、忘れた)を
モチーフとして作ったんです、(車を指して)このラインやこの小ささ、
◯□△を髣髴とさせるんです、と力説されたそうです。

松の実の車の基

松の実、この車を見て、確かによく似ている~かえってこのままの形で
復刻してくれたほうが味わいがあったのに・・・と思ったとか。

お市の泉

ランチのお蕎麦食べたお店の前にありました。
あのお市の方の最後の地でしたね、ここは。
ちなみに、私の「茶々」はお市の方のお嬢さんの茶々さんからいただきました。
例え頼りない飼い主に愛想を尽かした後も、己の美貌と才覚で
犬生を切り開いていけるように、と松の実がつけたのです。

ななちゃんに会った次の日は、もちろん、宝塚でした。
松の実が関西に行きながら、宝塚に行かずに帰ってくることはありえません。

福井も温かでしたが、宝塚も暖かった。
花の道は11月も末だというのに椿だか山茶花だかわからないお花をはじめ
沢山咲いていたそうです。

何の花

中でも松の実の目を引いたのは、上の紫の花です。
けっこう背の高い木に咲くこの大きな花、なんという花(木)でしょうか?
お父さんに聞いても、「?」
恐らく、この辺りには育たない木ですね。

ななちゃんのところから帰ってきた松の実は、
すでに、次はどこへ行こうか?と思案中です。
正確に言うと、行きたい所はもう決まっていて、
休暇を取れる範囲内に行きたい所をすべて周って来れるかどうかを
調べ始めているのです。

松の実の行きたい所はこちらです。

犬っこ神社

私の老犬時代の後半、恍惚わんこに近くなった頃に
つまさんが送ってくださったものです。
今も我が家に大切にあるこの御札、
松の実はこの御札の神社にお礼参りに行きたいのだとか・・・
もちろん、あちらに行くからにはぶうたさんに会って、
できたら、もう少し北で開催されるもう一つのわんこのお祭りも行きたいと、
欲張っているわけです。

欲張り松の実の計画、うまく運ぶでしょうか?
20:55  |  その他  |  コメント(9)
 | HOME |