FC2ブログ
2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.19 (Sat)

冬の終わりの東北海道ツアー

こんばんわ。
松の実です。

添乗員もどきを務めた十勝・釧路・オホーツクの5泊6日のツアーを終わって帰ってみると、
我が家の周りは確実に冬の終わりが近づいていました。

冬が終わっていく

お隣の玄関先には福寿草が咲いていました。

福寿草

でも、まだ春ではありません。
東北海道の晩冬~冬の終わりは長~いのです。

まだ春ではない 

私の添乗員もどき台湾旅行社視察旅行は千歳空港から始まりました。
今回は台湾台北市と高雄市からそれぞれ5社ずつ、
プラス某航空会社の高雄支店の方と、通訳兼皆様のまとめ役の方と
総勢12名でした。

ご参加の方々同士も初対面、私は、前回の台湾プロモーションで
お二人だけお会いした方がいらっしゃいました。

DSC_0868.jpg

帯広に一泊した後は、十勝管内視察です。
これぞ十勝平野です。

最初に目指したのは「然別湖」

DSC_0857.jpg

北海道の湖ではもっとも標高の高いところにあるそうです。
冬には全面結氷し、湖上には、一冬だけの氷の村「然別湖コタン」が出現します。
上の画像はコタンのアイスシアター。
他に、湖上温泉、チャペル、Ice Barや氷の宿泊施設もあります。

最も簡単な体験としては氷で「マイグラス」を作ること。
台湾の皆様にも挑戦していただきました。
皆さん、躊躇することなく、あっという間にグラスを完成させ、
赤ワインやオレンジジュースを注いでもらっていました。 

bannba.jpg

次の視察は今や世界で唯一となった「十勝ばんえい競馬」・・・

私も初めて見る「ばんえい競馬」。

正直に告白しますと、この「ばんえい競馬」なるもの、苦手でした。
レースのためだけに恐ろしく重たいソリを引かせ、ムチを打ち・・・と
否定的な思いしかありませんでしたので、なるべく先入観を持たず、
一生懸命見学しようと努めました。

やっぱりダメでした。

十勝ばんえい競馬は、間近でレースを見学できることが
醍醐味となっていますが、当然ムチを打つ音もリアルに聞こえまして、
もう、その音で私、体がキリキリとして、「やめてーっ」を叫びだしたい気持ちを
抑えるのが精一杯でした。
見学した最初のレースで、すべての馬がゴールしても一頭だけ、
坂で苦戦してました。
恐らく10分はかかったのではないでしょうか?
私には馬が「嫌だ~こんなの嫌だ~苦しい~」と言っているように聞こえて
又々体がキリキリ、ヒステリーが起きそうでした。


DSC_0884.jpg

案内してくださった方の説明はとても丁寧で解りやすく、
馬への愛情も感じられました。
十勝の観光資源として大切に扱われていることも充分理解できるのですが、
個人的に、或いは、生理的にとでも言うのでしょうか、私には、
その魅力を理解することはできませんでした。

帰ってきて、父に「ばんえい競馬、やっぱりダメだった」と報告すると、
その昔、馬は働く仲間だった父は、鬼の首を取ったように、
「お父さんはもともとあれは嫌い!なんでこの現代に馬をあんな目に
合わせないといけないのか?動物愛護に反する」とイヤに感情的に
まくし立てます。
普段は動物愛護の「ド」の字もないような人間なのに・・・

父は馬肉も毛嫌いしていますが、
案外、その昔、働く仲間だった馬に対してひどいことをして
後ろめたい思いを抱いているのでは?と勘ぐってしまうほど
感情的になった父でした。

お彼岸なんですね

見学2レース目は皆さん、馬券を買ってみましょう、となり、
三人ほど見事「当てました」。
お一人は1000円賭けたので、4800円になったとかで
次の視察地だった六花亭本店で皆にお菓子をご馳走してくださいました。

十勝の視察を終え、私の本来の受け持ち地区である釧路に向かいました。
この日は、道東自動車道「阿寒IC」開通の日でした。

だまされないわ

東北海道の冬の終わりは春ではありません。
冬にさようならを言う時期が長いのです。
ある方がこの東北海道ならではの春の前の冬の終わりに
名前を付けたいと言い出しました。
その方は、「厳寒の冬」の後に来る普通の冬の状態を言い表したいそうですが、
私はどちらかと言うと、初冬・真冬(厳冬)・晩冬に続くこの「時期」に
命名したい思いがあります。
何か素敵な名前、思い浮かびましたら、教えてくださいませ。

ちなみに私が思い浮かんだのは「結冬」。
弓取り式の前の結びの一番、
春の前の結びの冬。
中国語でオシマイを表す結束の結。
でも、これだと次に繋がるイメージではないんですよね・・・
ぶっつり切れてしまうイメージ。

どうかお知恵を貸してくださいませ!

00:24  |  その他  |  コメント(9)
 | HOME |