FC2ブログ
2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.24 (Thu)

冬の終わりの北海道ツアー3

こんばんわ。
松の実です。

今はまだ冬の終わりであって春ではない東北海道。
寒いな~と思ったら
案の定、空から白いものがハラハラ~と
その内ビャーっと。

春ではない

こうなりました。我が家の庭。
春ではありません。
冬の終わりです。

先日の冬の終わりの東北海道ツアー、
北見を後にして向かったのは網走市。
網走監獄博物館を見学した翌日は、「流氷Day:」
前夜の懇親会で、「これまで十勝、釧路と天気に恵まれ、見せるべき物は
すべて予定通りご覧いただいた。後は流氷を残すのみですから、
網走さん、明日はちゃんと流氷を引き寄せておいてくださいね」と
網走市の関係者の方々にお願い(脅し)したのに・・・・

ひたすら青い

乗船した流氷観測船オーロラ号は、ただ青い海と青い空の中
進むばかり・・・・

「皆さん~船から流氷を見られなかったので、
次は流氷館で流氷を見ましょうね」と
「オホーツク流氷館」へお連れいたしました。

天都山の眺め2

「オホーツク流氷館」は天都山という大変眺めの良い高台にあります。
オホーツク海・網走湖・能取湖・ 濤沸湖・藻琴湖・知床連山、
時には阿寒の山々などが一望でき、
「天の都にのぼるような心地」ということから「天都山」と名づけられたそうです。

流氷ソフト

流氷がどうしてできるのか?などをレクチャーいただいた後、
この流氷館でしか食べられない「流氷ソフト」をご馳走になりました。
青いトッピングは流氷をイメージした塩で、
クリームはキャラメルテイスト。
このソフトクリームを食べにもう一度来ようかな?と思ったほどでした。

流氷って、アムール川(真水)が流れ込み、この地特有の風が吹き、
そして千島列島のせいでオホーツク海というのは言わば閉ざされた海という、
三つの要素が奇跡的にかみ合いできるそうです。
今更ながら、大変勉強になりました。
添乗員もどきの役得でございます。

流氷ウォーク

その流氷をお散歩してみましょう、と
知床ウトロの体験観光業者さんが「流氷ウォーク」を
実施しています。
参加者は業者が用意するドライスーツを着込みます。
ちなみに、この流氷ウォーク、参加希望者は、
身長、体重、靴のサイズを申告する必要があります。
(本当です、この体重を聞く役目だった添乗員もどきの私・・・・
聞辛かった~)

流氷に乗ったり、流氷と流氷の間の海にプカプカ浮いたり・・・

今年は流氷が少ないので、上の画像も実は
こんな風に、海岸沿いにちょっぴり残った流氷上で
実施されていました。

流氷ウォーク

今回参加した最高齢は63歳、最年少は27歳、
皆さん、こんなちょっぴりの流氷でもとっても楽しかったと、
笑顔がはじけていました。

不思議ワールド

最後の夜のお宿はウトロの海外沿いに建ち、
ロビーは不思議ワールドが広がっていました。

chacha to watashi

そのホテルの売店がおもわず買ってしまった茶々と私です。

明後日から日本の真ん中への旅に出る私ですが、
明後日26日は北海道新幹線が開業される日です。
新聞もローカルニュースも「道民の悲願達成」などどお祝いムードに溢れていますが、
本当に道民の悲願だったのであれば、
何故、日本に最初の新幹線が開通してから50年もかかったのでしょう?
半世紀ですよ。
北海道民は実はそれほど新幹線を望んではいなかった?
国が北海道を軽んじていたから?
北海道出身の代議士のセンセイ方がお努めを果たしてくれなかった?

日本の真ん中でお天気に恵まれますように!
桜と美味しいものを楽しみにしている台湾の記者達が
満足の行く良い画像を撮ることができますように!
00:37  |  東北海道  |  コメント(7)
 | HOME |