2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.30 (Wed)

初次見面~中国大陸~上海

こんばんわ。松の実です。
いよいよ明日から12月なんですね。
寒いはずです。

今年最後、イエ、おそらく今年度最後の出張である上海から無事に帰ってまいりました。
この出張、とっても楽しみにしていたと同時に、
とっても緊張もしていました。
初めてお会いする網走市役所の方と
この事業の催行者兼添乗役のJ〇B北海道の大変優秀な中国人スタッフCさんと3人きりの出張だったのです。
人見知り激しい私としては、見知らぬ方々との3人きりの出張・・・・
それだけで、胃が痛くなる思い。
しかも、台湾の友人からは「PM2.5が半端ないよ!マスク、マストだからね!」、
以前旅行で上海に行ったことのあるわが社の会長からは「上海の水は臭い!
シャワーも耐えられなかった」と脅かされました。
J〇BのCさんからは、出発の前日にお電話をいただき、
「上海、ものすご~く寒いです。厚手のコートを持って、
スカートは止めたほうが良いです。ズボンでお願いします。
本当に寒いですから!」とアドバイスをいただき、
下半身デブの私にズボンで会社訪問は無理~
でも、そんなに寒いなら普段はあまり穿かないけど、
せめてタイツを買っていこうと出発に朝に買い込みました。
(実際、上海は恐ろしく寒かったです。Cさんは3日目、発熱しました。
タイツ買って行って良かったです)

人民元

あっという間に上海浦東空港に到着、なんだか無闇・無意味に広い空港を
Cさんを見失わないように歩いて、あっという間にホテル。
ホテルの両替機
で人民元を手にいたしました。
この両替機なるもの大変優れモノで、我が釧路にも是非1台!と思った次第です。

最初

上海最初の食事は2日目の昼食。
蟹みその豆腐煮込み、外婆東坡肉、ターツァイの炒め物等を頂きました。
トンポーローが絶品でした。
上海でいただいたお食事、すべて美味しかったです。
あっ、最後の夜に食べた「酸辣湯」だけはいただけなかった。
Cさんが、「味付けし直してください」とオーダーしていたのにもびっくりしましたが、
あのまずさにもがっかりでした。
ただし~台湾でいただく料理と比べてどうだったか?と言うと、
上海でいただいたのが庶民的なレストランばかりだったせいか、
蒋介石が台湾に来るときに優秀な調理人を皆連れて行った、という話は
本当だったのかな?と思った程度でした。

お食事は取り立てて可もナシ不可もナシという程度でしたが、
上海の街の雰囲気には惚れました。
台湾でも古い建物や古い街並みの残る「老街」と言われるところを
好んで歩く私には、見どころ満載!なんとも雰囲気のある上海の街でした。
ひと昔前の釧路市のポスターのキャッチが
「釧路という異国」というものだったのですが、
上海は中国大陸における「上海という異国」という感じを受けました。
Cさん曰く、上海は人も他の地方とは違い、
洗練されているし、親日度も格段に高く、まるで別人種だと。
ますます異国、上海?

小麦粉の工場

ホテルのすぐ近くにも以前はイギリスの会社が小麦粉工場として使っていたというビルがあり、
これから保存のための修理が行われるそうです。

いつまでもいつまでも街をそぞろ歩いていたい、と心底思いました。
とは言うものの、仕事ですので、観光は夜だけ。

展望台としては世界一の高さという金融センタービルに高いお金を出して上ってきました。

上海

ザ・上海ですね。
この場所も網走のYさんが「行きたい!」とおっしゃらなければ、
私は行くことのなかった場所ですので、Yさんに感謝、感謝です。

北海道ツアー

10月にお招きした旅行会社さん、ちゃんと東北海道のツアーを作ってくださっていました。
ありがたや~非常感謝~

bikkuri~

こ、これは?私が何を血迷ってこんな画像を貼ったか?と
軽蔑されてしまうかもしれませんが、このカード、夜になってから、
ホテルの部屋のドア下から差し込まれていたのです。
「え~っ!大陸中国でコレって有りなの?」と心底驚いてパチリと。
30年前の台湾であれば、こんなカードではなく、
部屋に電話がかかってくる、あるいはもっとひどい時は
直接部屋にやってくる、なんてことがザラでしたが・・・・
大陸中国でこんなものを目にするなんて!
Cさんが教えてくれました。
こんなの、日常茶飯事だって。
大陸中国への勉強不足でした、私。

DSC_3386.jpg

初めていただいた「菊花茶」。
最初は独特の香りが鼻につきましたが、
2度目からは上海の濃い味の家庭料理に合って美味しい~に変わりました。

ドラマに出ていた

この半年、私がはまりにはまった中国ドラマに頻繁に登場したカクテルです。
大女で性格キツク、いかにもとっつきにくい様相の私が、
コンビニで「きゃ~これって実在の商品だったのね。ドラマに出ていたのよ。買わなくっちゃ」と
喜ぶ私を不思議そうに、少し引き気味に見ていたYさんでした。

上海、はまりそうです。
昼間の上海を歩いてみたくて、早速3月上旬のフライトを押さえました。
emihanaさん~、今度こそご一緒いただけませんか?

ミーハー松の実

上海でもワンコやニャンコを見つける度に喜んでいた私ですが、
Yさんはバリバリ猫派、Cさんは絶対犬派、
二人ともワンコもニャンコもどっちも好き~と言う私が信じられない、と
おっしゃいましたが、そんなことないですよね?

ここ数日の鳥インフルのニュース。
胸が痛いです、心配です。
犠牲になった鳥さんたちのためにも
一日も早く終息しますように。


22:46  |  その他  |  コメント(12)

2016.11.19 (Sat)

11月が終わっていきます

こんばんわ。
松の実です

先週の土曜日に台湾の出張より戻り、
そのスーツケースの中もかたづけられないまま、
昨日より、台湾出張のものを出しながら次の出張のものを詰め始めています。

一度は白くなった

出張前に一度雪が降り、庭も雪化粧しましたが、
その雪も溶け、寒々しい毎日が続いております。

tatakosannno.jpg

たたこさんからいただいたじゃがいもで作った餡入りいも餅です。
(作ったのは父)
じゃがいもが良かったせいか、正直、これまで食べたことがないほど、
粘りがあって、美味しい、まさに絶品イモ餅でした。
たたこさん、ごちそうさまでした。

このイモ餅をお腹に詰め込んで、台湾に飛びました。

北海道コラボメニュー

羽田経由の鶴のマーク航空会社の機内食は、
あら、嬉しや!北海道コラボレーション。
デザートは六花亭のマルセイバターサンド。
いつもは残してしまうことの多い機内食ですが、
しっかりいただきました。
JALさん、北海道のPRありがとうございます!

BOSS1ハスキーと

台湾初日、お仕事の合間を縫って出かけたのは、
3月名古屋と7月道東の旅をご一緒した台湾Kさんのお誘いで
ワンコ雑誌の撮影所。
今、台湾ではハスキーや柴等の立ち耳のワンコが人気らしいです。
この日のモデル犬ハスキーさんとまずはウチの新しいBOSS1が記念撮影。
6月に赴任した新しいBOSS1は、40代から50代にかけて、
犬ぞりレースにのめりこみ、ハスキーとエスキモー犬3頭と暮らし、
北海道大会で1位になったこともあるという経歴の持ち主。
ワンコたちは皆茶々と同じ場所に引っ越してしまい、
私同様、今はワンコのぬくもりを懐かしむだけだとか・・・・


ハスキーと

続いて私も記念撮影。
釧路から茶々が食べていたおやつを持っていきました。
BOSS1の画像も私のも、プロの方が撮ってくださったものですが、
その様子を見たKさんが言いました。
「松の実さんは、ワンコと一緒だと、本当に良い顔だね。
私たちには絶対に向けてくれない笑顔だよね」と言い放ちました。
全く顔付が違うそうです。
そんなに普段と違う顔であれば、
ここはBOSS1ともども堂々と顔出しでいきましょう!

Kさんの発言を聞いたBOSS1は「松の実さん、事務所でワンコ
飼ってあげようか?」!!!
「ダメです~ワンコがいたら、私、ワンコ係となり、
それ以外の仕事はしなくなります~」と答えました。

よほど普段の私は面白くない顔をしているのでしょうね・・・

ワンコいた (2)

そしてそして、あのワンコもちゃんといましたよ。
いつものホテル近くのいつもの屋台街に。

屋台の下

屋台の下で、丸くなっていました。

この屋台街に新しいワンコも仲間入りしていました。

ワンコいた (1)

雑貨屋さんの店先で眠るワンコです。
このワンコ、上のいつものワンコと雰囲気が良く似ています。
初め、いつものワンコかと間違ってしまいました。
雑貨屋の子らしく首輪がこの子のはキラキラでしたので、
いつものワンコとは別ワンコだと分かった次第です。

ワンコと食べ物の画像ばかりで、
本当に出張だったのか?仕事はしてきたのか?と
疑問に思われるかもしれませんが、大丈夫です。
ちゃんと仕事もしてきました。

次は春先からずーっと楽しみにしていた
初めての大陸中国は上海です。
上海でemihanaさん
とお会いできないのが残念ですが、それは次回といたしましょう。
では、皆さま、楽しい週末をお過ごしくださいませ。
00:21  |  その他  |  コメント(15)

2016.11.03 (Thu)

11月です。冬です。

こんばんわ。
松の実です。

まだ釧路にいます。

上海一行が帰国した翌日から一気に冬になった釧路地方です。
あの紅葉が美しかった阿寒湖は、すでに3度ほど雪が降り、
今日は真っ白になっていました。

私の住む釧路市内中心部も、今日こそ雪が降るぞ~と言われ、
やっとやっと、冬タイヤに替えてきました。

少し前強い霜が降りて、庭の片付けを始めた父でしたが、
花たちを引き抜いたまましばらく放置されていました。

霜が来て

以前は一気に庭をきれいにして来年のための
仕事をしていたようにおもうのですが、やはり年齢には勝てないのか、
それとも父も茶々のお手伝い(見守り)がないと、
やる気が起こらないのか・・・・

PA300034.jpg

数年前、と言っても、もう、恍惚ワンコの入り口にいた頃の茶々です。

PA300031.jpg

冬が本格的に来る前の父の庭仕事を手伝って(邪魔して)います。

PA300024.jpg

若い頃の茶々は恐ろしいほど賢く、
やって良いことと悪いことの区別が教えなくてもわかっていたので、
このように畑の土のなかに入ってしまうなんてことはなかったのですが、
目も見えなくなってズボッとはまってしまった茶々でした。

PA300025.jpg

歩きにくい土にはまってしまって、
内心びっくりして、「困った!」と思ったに違いありません。

PA300026.jpg

「あわわわ~」という茶々の動揺が伝わってくるようです。
それでも、まだこの頃は自力でこの土の中から脱出できました。
「やれやれ~」という声も聞こえそうです。

PA300027.jpg

この時の様子が私としては、可笑しくも悲しく、
当時、庭仕事のお手伝い~なんてこの日記に書いたのを覚えています。
着ているお洋服はたたこさんのモモちゃんからいただいたものでした。
最初から茶々のためのお洋服かのように似合っていたと今でも思うのです。

足が冷たい

父も私も茶々がいなくなって庭に出る、
植物の確認をする回数が激減しました。

家の中も茶々がいないとうすら寒いし~
庭もくすんでいく一方です。
私の体重も落ちません(これは茶々とは関係ない?)

22:00  |  その他  |  コメント(7)
 | HOME |