2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.31 (Sat)

2016年大晦日

こんばんわ。
松の実です。
大晦日です。明日はもう新年、2017年、平成29年です。
一つ又トシをとるわけですね。
ただ、時間の流れだけはみんな平等に流れているわけですから、
皆さん、一緒にトシをとりましょう~


aosora taiyou kearashi hasunohakoori

今年の冬は、とっても冬らしくて、良い感じです。
連日、マイナス10度以下が続いて、昨日朝も、
すっきり晴天、青空のもと、釧路川には蓮の葉氷がサラサラと流れ、
けあらしが発生していました。
これぞ私の愛する冬の釧路の朝です。

雪は好き

雪もこのくらい積もって白い世界となっています。

一人忘年会からおじさんおばさん忘年会を終え、
翌日は釧路市で、こだわりの肉牛農家を営むご夫妻との忘年会でした。
繁殖から肉牛として農場を去るまで、輸入飼料を使用せず、放牧と国産穀物のみで
育てているのです。

会場は「オルディネール」、私が思う釧路一美味しいエゾシカ肉がいただけるお店です。

yuruneno.jpg

十勝のユリ根の冷たいポタージュと仙鳳趾の牡蠣。
マスターが、そのまま別々に召し上がっても良いのですが、
是非、牡蠣をスープに入れて食べてみて!とおっしゃいます。
う~ん、ちょっとそれは気持ちが悪い・・・・お腹壊しそう・・・と思いつつ、
素直で小心者の私、アドバイス通り、エイッと牡蠣をドボン~
今まで食べたことのない味、美味しさ。
子供のころ、生ハムとメロンの組み合わせが想像できす、???だったのが、
大人になっていただいて、その美味しさにびっくりしたのと同じ感覚でした。
もう一度食べたい!

絶品エゾシカ

絶品エゾシカ、いつも通り、いつも以上に美味しかった~
この日は、ノンアルコールだったのが悔やまれます。
ブランド肉牛農家のご主人、「イヤ、シカ肉でこの味だされたら、
牛肉の立場がなくなっちゃいますね・・美味しいです」と。
(イエイエ、ご主人のアンガス牛もいつまでもいつまでも食べていたい美味しさでございます)

このエゾシカを年内にもう一度食べたくて、
最後の忘年会もこのお店をリクエストした私。
ご一緒いただいたのは、たまにコメントをくださる「そみさん」でした。

そみさんは、私の地元釧路での数少ないお友達の一人、
そして、心から尊敬している方です。
年下ながら、そして華奢と言うよりは弱弱しくさえ見えるのに、
ワンコニャンコのため、街のため、町内会のため、
大人になってからもう一度勉強したいという方々のために
毎日忙しい日々を送りつつ、自分の勉強もしっかり続けているのです。
「退屈が一番の幸せ」の私とは正反対です。


前菜盛り合わせ

まずは前菜盛り合わせ。
盛り付けも美しく、ニンジンのピクルスの美味しさが印象に残っています。

で、エゾシカです。
エゾシカのローストは、モモ、ロース、ヒレとチョイスでき、
私たちはモモ肉を選びました。

DSC_3584.jpg

エゾシカはちょっと・・・と思っている方に是非、
ここのエゾシカローストを味わっていただきたいです。
エゾシカへのイメージが一変すること間違いなしです。

美味しい数々の忘年会も終わり、
お正月は炊事をしないぞ~という意思表示のための重箱も詰め終わりました。

無題

茶々のいない4度目の新年です。

大切な家族とのお別れのあった方、
新しい家族を迎えた方、
いろいろあった今年もあと3時間です。
新しい年が皆さまにとって素敵な年となりますように!
17:37  |  その他  |  コメント(16)

2016.12.23 (Fri)

続く忘年会とクリスマスプレゼント

こんばんわ。
松の実です。

昨日午後から降り始めた雪は
お昼頃にはいったん止んだものの、夕方から又降り始めました。

事務所の前の松の雪が重たそうです。

DSC_3546.jpg

我が家の土地は猫の額ほどなので、
私の車を停めておくスペースがなく、
お向かいの有料駐車場を借りております。



その駐車場は、某企業さんが従業員さんのために複数台契約しているところでもあり、
お金持ちの某企業さんは、従業員のために除雪を業者に委託しております。
今日のような大雪だと、当然除雪車の登場となるのですが、
それが朝早いのです。
大体6時ごろ・・・今朝は5時に入っていました。
某企業さんからは、除雪しやすいように、私の車も駐車場から出してほしいと、
お願いされており、車を出せば、私の駐車スペースも除雪してくれるので、
雪の中を我が愛車を移動させるための除雪を朝も早くから始めるわけです。
今朝は私も頑張りました。

DSC_3528.jpg

実は昨日も朝5時起きでした。
めでたく、JR北海道の石勝線が復旧して記念すべき再開1号の
6:26分釧路発スーパーおおぞら2号のお見送りをしたのです。
観光関係者約7名(ちょっと寂しい!)でお見送り、
でも乗客も寂しくって約20名・・・・(バス1台分にも満たない数)
お昼はお昼で、こちらは賑々しく札幌からの第1便スーパーおおぞら1号の
お出迎えのため、釧路駅に沿線地区のゆるキャラやマーメイドくしろとともに集合しました。
到着のお客様は・・・約50名とやはり少々寂しさ漂うものでした。
そして、この後の便は大雪のため、運休となってしまったのでした。

がんばれ~JR北海道さん。

DSC_3540.jpg

さて、私の忘年会は続きました。
一人忘年会の翌日は、おじさんおばさん忘年会でした。
おばさんは私一人、同世代のおじ様3人との飲み会でした。
某地方紙の社長に就任したお仲間のささやかなお祝いです。

gouka osashimi

釧路でおそらく一番歴史ある写真館の社長、
大きな神社の宮司、
そして地方紙社長。

この3名と私の共通点ってなんだと思いますか?
3名様とも台湾好き、台湾派なのです。
「台湾」というだけで、お誘いをいただくと、
のこのこ出ていく私です。

「瓢」という少々お高いお食事処。
お刺身の彩も美しく、又、とても新鮮でした。


mennmenoyuni.jpg

写真館社長が新社長のために特別に手配したのが
こちらの「めんめの湯煮」。
この赤い魚、北海道では「めんめ」「きんき」あるいは「めいめいせん」と呼ばれています。
私が幼稚園の頃くらいまでは、この「めんめ」は雑魚扱いでした。
庶民中の庶民であった我が家の定番メニューがこのめんめの湯煮と
ホッキのカレーライスでした。
たくさんあるぞ~安いぞ~たくさん獲るぞ~と獲りすぎてしまったんですね。
いつの間にかめちゃくちゃな高級魚となってしまいました。
ちなみに、お肉よりも安かったのでカレーと言えばホッキだったものですが、
今ではお高くってもったいなくてホッキをカレーになんぞ使えなくなってしまいました。
高級店でいただく「めんめの湯煮」は昔の湯煮とは別物でした。
昔の我が家の湯煮は字の通り、茹でただけ。
醤油つけて食べました。
先日の湯煮は、昆布だしに大量のお酒を使い、
絶妙の塩味に、スープ―も美味しくいただきました。

明日はクリスマスイブですね。
私も我が家もイブだろうと、なにも特別なことはしませんが、
こちらの画像をいただいて、一気にクリスマス気分となりました。
あまりの可愛らしさに思いがけないクリスマスプレゼントを
いただいたようです。
皆さんにもクリスマスプレゼントのおすそ分けです。

received_1629243257378175.jpg

ご存知デヴィちゃんです。
なんだかちょっと必死な表情が何とも言えないです。
デヴィちゃんが「ングルベルで寂しいあの人とあの人とあの人のところにクリスマスを届けなきゃ!」と
つぶやきつつ走っているようです。
デヴィちゃん、BOSS母さん、ありがとうございました。

それでは、皆さま、聖誕快楽!
18:21  |  その他  |  コメント(12)

2016.12.21 (Wed)

忘年会~一人のんびり偏~

こんばんわ。
松の実です。
今日から少し寒さが緩んだ釧路地方です。



とうとう、お隣十勝の養鶏場で鳥インフルエンザが発生して、
26万羽もの鶏さん達が殺処分(こんな言葉使いたくな~い)となってしまいました。
北海道でこういう形で鳥インフルが発生したのは初めてらしく、
又この冷え込みの厳しい時期の作業で、
国の指定する鳥インフル発生時における処分時間を守れなかったそうです。
1000人体制で作業にあたったということですが、
肉体的にも精神的にもつらい作業だと想像いたします。
この養鶏場のみで封じ込めできたことを祈るばかりです。

さて、世の中も私の周りも私自身も忘年会シーズンは続いています。

今年の夏はとうとう夏休みらしい休みをとることができませんでした。
12月に入り、仕事はかなりお暇になりましたので、
先日一人でお気にいりの場所に一泊旅行でした。

shirokunaru.jpg

阿寒川です。
紅葉の季節はそれは素晴らしい景色が広がりましたが、
この冬も又良いのです。
し~んと静かで、川の流れる音だけが耳に入ってきます。

onnsenn mowamowa

温泉嫌いの私が唯一好きな温泉宿です。

阿寒川のほとり

「ラビスタ阿寒川」です。
又か~と思われたことでしょう。
10月の末に父と二人で行ってきたばかりです。
ですが、この時すでに、あまり時間をおかずに又来る!
又ここのお風呂に入りに来る!と決めていました。
父は「もう飽きた。Tちゃん一人で行ってきて」となんともありがた~い言葉をかけてくれましたので、
お言葉に甘えて~
大浴場はほぼ貸し切り状態、しつこいのですが、
温泉嫌い、露天風呂なんてどこか良いのかわからないと言ってきた私が
阿寒川に面した大浴場の露天風呂につかり、
川面を眺め、水の音を聞き、ゆけむりに包まれてひたすらぼーっと。

「おひとり様」の食事でも、窓に向かっての席なので、
他のお客様の気配に邪魔されることなく
ゆったり自分のベースで食事を楽しめます。

tsurutsuru.jpg

この日は日本各地の「鶴」のつく日本酒の利き酒べセットが用意されていました。
この中から3種類をチョイスします。


ツルの飲み比べセット

私が選んだのは、千歳鶴 柴田 、越後 鶴亀 、賀茂鶴。
利き酒なので、おちょこサイズかと思えば、けっこうな量でした。
越後鶴亀、賀茂鶴、柴田の順位付けとなりました。

皆さんならどれをチョイスされるでしょう?

DSC_347.jpg

お食事の中で美味しかったのは、
この「タチ」(タラの白子)入り茶碗蒸し。

ro-suto Pork

ローストポーク。
ローストポークは付け合わせのリンゴのコンポートの生ハム巻と一緒にいただくと、
複雑な味わいがお酒によく合いました。

一人忘年会の夜は、静かにゆっくりと過ぎていき、
束の間の贅沢を味わいました。

チャイニーズニューイヤー時期の観光客が入ってくる前に
再訪したいところです。

一人忘年会はこの一晩で終了。
翌日から2晩続きで別の忘年会が待っていました。

明日、秋の一連の台風の影響で不通となっていたJR北海道石勝線が復旧します。
年前に開通して良かった。
帰省時期に間に合った良かった。
明日、第一便のお見送りとお出迎えのお仕事が入っているのですが、
お客様、たくさん乗っていらっしゃるでしょうか?

23:54  |  その他  |  コメント(13)

2016.12.12 (Mon)

忘年会~ホワイトイルミネーション偏

こんばんわ。
松の実です。

とうとう12月になってしまいましたね。
「師走」という言葉にふさわしく何やら気ぜわしく
あっという間に10日も過ぎてしまいまsた。

師走という言えば、忘年会の季節です。

札幌のお年頃の病院の後は、
michikoさん、クロちゃん母さん、こた母さんと忘年会でした。
michikoさんが予約してくださったお店は大通り公園の真ん前。
ホワイトイルミネーションがばっちりという特等席。

WI1.jpg

しかもメインイルミネーションが目の前でした。
素敵なお店の予約をありがとうございました、michikoさん。

WI2.jpg

そう言えば、このお店に一番最初にやってきたのは私だったのですが、
予約をしてくださったのがどなたか存じ上げず、
唯一フルネームを知っているこた母さんの名前をお店の方に告げても
「そのお名前では承っておりませんね・・・」
「クロちゃん母さんで入っているわけないし・・・michikoさんて名前だけでは・・・」
と、お名前を存じ上げないながらも忘年会をする、という、
今更ながら、茶々から始まったご縁の不思議さを感じました。

osashimi colourful

今回、なほみさんにお越しいただけなかったのですが、
次回、遅い新年会の時にはお会いできると嬉しいです。

永谷〇のお吸い物で茶碗蒸しを作る方法、
こた母さんが何故お料理教室を留年することになったのか?
いかにお舅、お姑や義理の兄弟と付き合うか、
年越しはどうするか?
話題はつきず・・・・

一週間ほど前、こた母さんはデヴィちゃんを囲む女子会があったそうで、
その時の様子を教えてくれたのですが、
編み物ができたらワンコのセーターを編んであげられるのに…という話になったそうで、
BOSS母さんが「松の実さんなら編めるよね」とおっしゃってくれたそうなんです。
(BOSS母さん、ありがとうございます!)
解せなかったのは、その話を披露してくれたコタ母さん、「BOSS母さんがね、松の実さんなら編める」って、
というくだりで、何故かクロちゃん母さんもmichikoさんもコタ母さんも笑い出したことです。
コタ母さんが続ける「ハイジさんと私で松の実さんはないでしょう、と言い合ったの」と言う前に、
3人さんが笑い出したのはどういうことなんでしょう?

pinkno.jpg

BOSS母さんはきっとこのセーターを覚えていてくださったのですね。
私、編めるんですよ~ただ、面倒くさがりなので、
目を飛ばそうと、間違えようと、ほどかずにそのまま編み進めるので、
人に見せられるものには仕上がらないだけなんです~

TVtoumo light up

お食事の後は、大通公園にイルミネーションを見に行き、
私のバスの時間までお茶をご一緒いただき、
来年も元気でお会いしましょう、と賑やかにお別れとなりました。

michikoさん、クロちゃん母さん、こた母さん、ありがとうございました。

翌日は釧路が大雪、昨日は札幌が大雪でした。

根雪になるか

この雪、根雪になるでしょうか?

今年天候不良が続き、野菜がとんでもないお値段になっていることは
周知の事実ですし、私が行くスーパーでは、
「今年は天候不良のため野菜も果物も例年とは品質が違うので
日持ちしません。すぐにお召し上がりください」と注意を促しています。

この天候不良は、自然界にも影響を与えているのでしょうか?

庭に来るスズメさん達が例年の2倍はいます。

エサを待つ

我が家の庭の電線に止まって、父と私に餌をくださいな、と
プレッシャーをかけます。
エサ台の横の芍薬(石楠花?又忘れました)にも止まって待つのです。


今年はスズメさんだけではなく、鳩さんやカラスさんまでも
スズメさん達のために撒いた餌をついばみにやってきます。

スズメさん用のエサは、カラスや鳩には小さすぎて、
いくら食べてもお腹の足しにはならないようなものなのに、
必死でついばむのです。
あまりの必死さに、私は追い払うこともできません。
父も、3度に2度は見逃し、3度に1度くらいの割合で、
追い払っています。

これは悪天候、特に東北海道は、これまでなかった台風というものが
一度ならずも来たせいでしょうか?


fuyugakita.jpg

スズメさんもカラスさんも鳩さんも
皆無事に新年を迎えることができますように!

00:59  |  その他  |  コメント(13)
 | HOME |