2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.27 (Mon)

遅ればせながらの「上海が帰りの~♪ ♪」

こんばんわ。
松の実です。

数日前に一度大雪となり、庭は、まるで真冬のような様相となりましたが、
やはり冬の終わりの終わりです。
今は、もう、前回ご紹介したような春を待つ庭となっています。

真冬のような庭

東北海道の太平洋岸沿いの真冬は、晴天が続き、降雪量も多くありません。
ただし、冬の終わりには、ドカとドカと降ることが多々あります。
しかも水分をたっぷり含んだ重たい雪です。
母は昔よく、重たいドカ雪は春が近い証拠。
冬将軍が北に帰る途中に、この釧路地方に雪を落として身軽になって帰っていくと言っていたものです。


atarasiiwankogakita.jpg

ケンタの姉ちゃんさんからいただいたちゃんちゃんこを着ている茶々です。
ケンタの姉ちゃんさん、新しいワンコを迎えて
新しい生活をスタートさせたそうです。
millecoさんが紹介してくださっています。
可愛い、プードルちゃんです。
ケンタさんもあちらで目を細めていることでしょう。
ケンタさんとケンタの姉ちゃんさんには大変お世話になった茶々と私です。
可愛いプードルちゃんと又楽しく素敵な毎日を過ごされることを祈っています!
あっ、millecoさん、お誕生日おめでとうございます!

1kki.jpg

バリバリガチガチの台湾派、
大陸中国?そんなところ一生足を踏み入れることはないでしょう!
だった私が、ある中国大陸のドラマにはまり、
出張で否応なく上海に行き、
その街並みの美しさに魅せられ、
あの街を歩いて、感じてみないことには
次年度中国大陸誘致事業にも差し支える!なんて理由をつけて
3月10日よりたった3泊4日でしたが、行ってきました上海へ。

ANA.jpg

地方に住む人間にとっては、今や業界ではLegendなんて言われるJ〇LさんやA〇Aさんが
一番お得で確実な航空会社です。
今回は鶴のマークのエアラインさんのマイルを貯めたご褒美での航空券を利用しました(つまりタダ券です)

気流が悪かったせいなのか、羽田空港への到着も遅れ、
上海への離陸も離陸許可待ちで40分ほど遅れました。
ゴロゴロ滑走路を進む間に、次々と飛行機が着陸に向かう姿を見ることができました。
飛行機好きの私にとってはラッキー!です。

無事に離陸!
上海って台湾に行くよりも近いことを前回の出張で初めて知った私でした。
機内にて「この世界の片隅で」というアニメを見て泣いているうちに、
あっという間に上海上空でした。
下に見える上海近郊は海も陸地も茶色一色。

mousugu.jpg

最初は、どこまでも海でどこから陸なのかわからなかったくらいでした

areha.jpg

大混雑で有名な上海浦東空港上空でもかなり待たされましたが、無事にLanding。
そろそろ到着ゲートです~と言う時に見えたのは「えっ?これってあの世界初の総2階建てスーパージャンボのA380?」
エールフランスです。

エアバス

これだけで、上海に来て良かったと思いました。(単純そのものです)

前回の出張では大変優秀なJ〇BのCさんの後をついて歩くだけでしたが、今回は全く一人。
ここは大陸中国、台湾とは違うんだ!と肝にめいじていました。

上海浦東空港からはせっかくですから、リニアモーターカーなるものに乗ってみようと。
中国語で「磁浮」と言うらしいです。

リニアモーターカー

最高速度は一応430kmらしいのですが、時間帯によっては全然そのスピードは出さないようで、
私が乗った時は最高速度301kmでした。
う~ん、ちょっと残念。

夜の上海の街を一人歩いてホテルへたどり着けるか
これまた小心者の私は心配でしたが、
友人のアドバイスと前回出張時のホテルのひどさから学び、
航空券がタダ券だった分、ホテルはいつもより良いホテルを取ろう、
わかりやすい場所を選ぼう、と、取ったホテルのかいあって無事にホテルにチェックイン。

heya kara

お部屋から見える、これぞ上海!の景色に満足して
短い上海滞在の最初の夜は過ぎていきました。


22:24  |  その他  |  コメント(7)

2017.03.19 (Sun)

冬の終わりの終わり

こんばんわ。
上海から無事に戻ってきています、松の実です。

お彼岸ですね。

我が家の庭も冬の終わりの終わりが近づいていることがわかる状況となりました。

20100306192450528_20170319210604b76.jpg

こんなにあった雪も下の画像まで溶けてしまいました。

DSC_4155.jpg

さらにこの状態の庭になるまで、あと一歩です。



一昨日の地元紙「釧路新聞」に動物ネタが2つ掲載されていました。
一つは「飼い犬がお年寄りを見つけ知らせる・標茶」
標茶(しべちゃ、と読みます)にある老若男女が暮らす下宿屋さんで、
認知症のお年寄りの徘徊をワンコが知らせて事なきを得た、というものでした。

お手柄わんこ

お手柄ワンコとして大きく掲載されていました。
地元紙のこういう記事って好きです。
「おらが地方は自然も食も良いけどワンコも最高!」と思います。

DSC_4156.jpg

もう一つは「シマフクロウ」に関する記事。
この記事を読んだ時、狭い世界にいた時にはお互いに良いと思った相手でも、
広い世界に出ると、今までの相手が色あせて見えてかな?
それとももっと良い相手が見つかったのかな~なんて想像してムフフ~となっておりました。
ところが翌日の北海道新聞の記事によると、
自然界で繁殖のための縄張りを形成するのが難しくてのパートナー解消ではないか?ということでした。
厳しい自然界で生きていく術だったのでしょうか?

年度末です。
2017年度は事業の予算採りがさんざんな結果となり、
今から2018年度の予算確保に向けた各種申請の準備を考えなくてはいけない現実に
ぐったり~げんなり~の毎日です。
いろいろ「にんじん」をぶら下げても毎日の業務をこなしていく合い間には、
どこにも出口が見つけられないような錯覚に陥ることもしばしばです。
そんな時に開くのはこちらのぶうこ姫の画像です。

ぶうこさん

自宅のPCも職場のPCもトップにこの姫の画像を置いています。
どうにも煮詰まった時、姫の画像を開いて、
喝を入れてもらいます。
「何やってんのよ!四の五の言わずに片付けなさい」
「何見ているの?あたしを見ている暇があったら考えなさい!」
「ドン!さあ!手を動かすのよ!」等々。
その時々の状況によって姫が励ましてくれるのです。
私はワンコやニャンコ、或いはタンチョウなどの鳥でも、
一生懸命に怒っている顔が大好きで、
なかでもこのぶうこさんの一枚は、横に広がった耳、
カッと正面を見据えた瞳、鼻に寄せたシワにムキッ歯、完璧です。
もともとぶうこさんは私にとって特別な思い入れのあるワンコなのですが、
ぶうこさんがつまさんのお家で幸せワンコだったことを象徴する一枚のように感じています。
最初はどちらかというと影のある、少しおどおどして見えたぶうこさんが、
美しい毛並みとともにこの表情を見せてくれた時は、
ぶうこさん、女王様になった、と心底思いました。

飼い主さんにとっては、このムキーッと怒っている顔が大好き!と
言われるのは複雑だと思うのですが、
茶々の日記で紹介することを許してくださったつまさん
ありがとうございました。

これから新年度に向けて、ぶうこさんに喝を入れてもらう機会が増えそうです。
ぶうこ姫、もしかして怒っているでしょうか?
画像とは言え、人使いならぬワンコ使いがあらいわよ!って。

22:26  |  その他  |  コメント(14)

2017.03.02 (Thu)

冬の終わりの始まり

こんばんわ。
今日は一日雨降りだった釧路です。

ame.jpg

雨が降ると冬の終わりが近づいてきていることを実感します。
と言っても、春が近いわけではありません、東北海道の場合。
あくまでも冬の終わりです。
冬の終わりの季節が始まったことを雨で知るのです。
ややこしい?

そんな春はまだまだ先の釧路ですが、
スペインから春の便りが届きました。

S__966810.jpg

スペインはマドリードにお住まいの北海道出身、うさぎ年、
こたつさんからいただいたアーモンドの花の画像です。

S__966801.jpg

桜そっくりですね。
同じバラ科サクラ属とお仲間だそうですが、
違いは、花のつき方のようです。
アーモンドは木(枝)から直接花が付いているように見え、
桜は花柄と言って木(枝)から花をぶら下げる軸のようなものがあるのが特徴とか・・・
アーモンドは花柄があっても短いそうです。

S__966803.jpg

以上、父にそれって桜じゃないの?と言われて「アーモンド!」と言う自信がなくなって
慌てて調べた結果でございます~

スペイン、春、真っ盛りですね。
秋になったら、又こたつさんはアーモンド狩りに出かけて
230粒も拾ってくるのでしょうか?
今はまだ花が終わって夏が来て、
実となる秋は遠い彼方のようですが、
ここ数年の時間の早さを考えると、
あっという間にこたつさんから、
アーモンド収穫のニュースをいただきそうで、
今から「もう秋がやってきた」という自分のため息が聞こえるようです。

実際、この間、「ああ、又新しい年が来てしまった、今年もよろしくお願いします」と
書いたばかりのはずなのに、すでに3月です。

2月のデヴィちゃん


我が家のカレンダーは、2月のデヴィちゃんにさようならし、
3月のデヴィちゃんにこんにちわ、をしました。


3月のデヴィちゃん

昨年もいただいたデヴィちゃんのカレンダー。
昨年のものは、お茶目なデヴィちゃん満載で、失礼にもウチの父が
「なんだかふざけたワンコ」とのたまったのでした。
今年のデヴィちゃんは、昨年とは違います。
サナギが蝶になる?
おてんば娘が淑女に変身したかのようです。

表情豊かでかわいいデヴィちゃんであることに変わりはないのですが、
レディとしてのなんというか落ち着きと思慮深さが備わったような、
時としてハッとするような憂いを湛えたデヴィちゃんにも会える今年のカレンダーとなっています。

私、デヴィちゃんのいくつかの画像のタイトルを考えてみました。
「アタチのおかしゃん、おかしゃんのアタチ、ずーっと一緒」
「赤いブーツはアタチの自慢、誇り」
「アタチのおとしゃん、アタチだけの僕」
「デヴィ・スマイル・ミニョは千葉の女王ですから!」
「何?振り向かせた理由を述べよ」
「クイーン&プリンセス(マリーアントワネットとロザリー?!)」
「世の中には逆らってはいけない人がいる!」

どんなデヴィちゃんが写っているのかは、
デヴィちゃんまでお問合せくださいませ。


生意気に見える茶々

我が家に来て10日から2週間くらいの茶々。
慣れてきたころで、ちょっと生意気というかこましゃくれて見えます。
明日は、ひな祭りですね。
女子の皆さま、お楽しみくださいませ。


22:06  |  東北海道  |  コメント(13)
 | HOME |