2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.19 (Sun)

冬の終わりの終わり

こんばんわ。
上海から無事に戻ってきています、松の実です。

お彼岸ですね。

我が家の庭も冬の終わりの終わりが近づいていることがわかる状況となりました。

20100306192450528_20170319210604b76.jpg

こんなにあった雪も下の画像まで溶けてしまいました。

DSC_4155.jpg

さらにこの状態の庭になるまで、あと一歩です。



一昨日の地元紙「釧路新聞」に動物ネタが2つ掲載されていました。
一つは「飼い犬がお年寄りを見つけ知らせる・標茶」
標茶(しべちゃ、と読みます)にある老若男女が暮らす下宿屋さんで、
認知症のお年寄りの徘徊をワンコが知らせて事なきを得た、というものでした。

お手柄わんこ

お手柄ワンコとして大きく掲載されていました。
地元紙のこういう記事って好きです。
「おらが地方は自然も食も良いけどワンコも最高!」と思います。

DSC_4156.jpg

もう一つは「シマフクロウ」に関する記事。
この記事を読んだ時、狭い世界にいた時にはお互いに良いと思った相手でも、
広い世界に出ると、今までの相手が色あせて見えてかな?
それとももっと良い相手が見つかったのかな~なんて想像してムフフ~となっておりました。
ところが翌日の北海道新聞の記事によると、
自然界で繁殖のための縄張りを形成するのが難しくてのパートナー解消ではないか?ということでした。
厳しい自然界で生きていく術だったのでしょうか?

年度末です。
2017年度は事業の予算採りがさんざんな結果となり、
今から2018年度の予算確保に向けた各種申請の準備を考えなくてはいけない現実に
ぐったり~げんなり~の毎日です。
いろいろ「にんじん」をぶら下げても毎日の業務をこなしていく合い間には、
どこにも出口が見つけられないような錯覚に陥ることもしばしばです。
そんな時に開くのはこちらのぶうこ姫の画像です。

ぶうこさん

自宅のPCも職場のPCもトップにこの姫の画像を置いています。
どうにも煮詰まった時、姫の画像を開いて、
喝を入れてもらいます。
「何やってんのよ!四の五の言わずに片付けなさい」
「何見ているの?あたしを見ている暇があったら考えなさい!」
「ドン!さあ!手を動かすのよ!」等々。
その時々の状況によって姫が励ましてくれるのです。
私はワンコやニャンコ、或いはタンチョウなどの鳥でも、
一生懸命に怒っている顔が大好きで、
なかでもこのぶうこさんの一枚は、横に広がった耳、
カッと正面を見据えた瞳、鼻に寄せたシワにムキッ歯、完璧です。
もともとぶうこさんは私にとって特別な思い入れのあるワンコなのですが、
ぶうこさんがつまさんのお家で幸せワンコだったことを象徴する一枚のように感じています。
最初はどちらかというと影のある、少しおどおどして見えたぶうこさんが、
美しい毛並みとともにこの表情を見せてくれた時は、
ぶうこさん、女王様になった、と心底思いました。

飼い主さんにとっては、このムキーッと怒っている顔が大好き!と
言われるのは複雑だと思うのですが、
茶々の日記で紹介することを許してくださったつまさん
ありがとうございました。

これから新年度に向けて、ぶうこさんに喝を入れてもらう機会が増えそうです。
ぶうこ姫、もしかして怒っているでしょうか?
画像とは言え、人使いならぬワンコ使いがあらいわよ!って。

22:26  |  その他  |  コメント(14)
 | HOME |