2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.11 (Tue)

怪獣 小梅

こんばんわ~茶々です。

我が家に9歳の柴わんこ「小梅」が来て3日目が過ぎていきます。

小梅、勝手がわからず落ち着かない様子です。
可愛そうに、他に頼る相手がいないものですから、
あの面倒見の悪い松の実の後をひたすら追い、
姿が見えなくなるとヒンヒン、キャンキャン泣く始末。

昨日の松の実の出勤時には、
ぎゃお~と泣きわめき、
松の実を引き留めようと、
出窓に直接飛び乗ろうとして失敗して大コケし、
お父さんと松の実がダイエットのために使うステップを踏み台に
再チャレンジしてめでたく出窓に上がった小梅でした。

demado.jpg

お父さんが撮ったボケボケの画像ですが、
何やら得意そうです。



外を見る余裕もでたようですが、時折何を思い出してか、
ヒンヒンと泣いては、家の中をくるくると歩きまわり、
時にはまるで狼のような遠吠えを披露し、
お父さんを慌てさせてました。
お父さんたら、遠吠えの様子を
動画に撮っていたくらいです。
よほどびっくりしたのでしょう。

demado3.jpg

こちらは今朝の松の実の出勤時。
松の実が外から撮った画像です。
哀れっぽいですね~

今のところ、とにかく散歩大好き、
しかもほとんど駆け足状態で、
これが続いたら松の実の体力は持たないのは必至です。
今日、松の実が私の実家で、
ご主人に「ご主人の情報はウソでしたね」と申し上げると、
ご主人きっぱりと「それはまだ慣れていないからです。
慣れるととてもゆっくり一緒に歩くヒトを気遣いながら歩きます」とおっしゃいました。
う~ん、ホントに慣れていないからなのか、
松の実のことを気遣う相手と認識していないのか、どちらでしょう?

DSC_4323.jpg

今、お父さんと松の実にとって、
小梅と暮らしを続けるにあたっての最大の問題は、
小梅が家の中でシッコ・ウンチができないことです。
ペットシートを置いているのですが、全く無視です。
朝と夜の弾丸お散歩時にシッコとウンチをきちんと出しているのですが、
これから松の実の恐怖の留守番勤務、
8時出勤で運が悪いと23時帰宅なんていう日も出てきます。
その時に我慢して我慢して膀胱炎になったら大変、
大体シッコくらい好きな時にしたほうが体のためと思う松の実としては、
何とかして小梅にペットシートで用を足してもらいたいのです。

DSC_4324.jpg

この家でトイレができない問題に比べたら、
速足、駆け足、ランニング散歩もどうでも良いことです。
家の中でトイレ、実家のご主人は、
小梅、ちゃんとできますよ、と言うのですが・・・・
どうも彼女、実家では猫かぶっていたのではないでしょうか?

DSC_4309.jpg

松の実が梅ちゃんは偉い!と心底彼女を褒めたのは、
「梅ちゃんは自分でちゃんとご飯が食べられるんだね!偉い!エライ!えらい!」
「しかもツブツブがいっぱいのご飯を食べられるんだ!!!エライ!」
「そして、完食?!偉いね~」ということでした。
悪かったですね、私はツブツブなんて遊んでもらいながらではないと食べなかったし、
自ら完食することもあまりなかったし!
でも、私はグルメだったまでですよ。

小梅だか梅だか、明日は今日より我が家に慣れていると良いね。
20:56  |  小梅  |  コメント(17)
 | HOME |