FC2ブログ
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.21 (Tue)

11月のいつもの日

寒いですね~

全国的に冷え込んでいるとか・・・
北海道は道央も道北も雪、雪、雪のようです。
早くも一日中マイナス気温の真冬日だったところもあったそうです。

こんばんわ~
茶々です。

ウチの梅、ストーブで顔が火照るのか、
微妙に顔を背けてお腹あぶり?です。

DSC_6117.jpg

ここ数日のあのお相撲のニュース、不可解ですね。
モンゴルのお相撲さん同士がケンカしました。
でも仲間内ではもう仲直りしました、以上!で終わるわけにはいかなかったのでしょうか?
ニュースの時間に長々とあの件について報道されるとげんなりする松の実です。
「たかが酒の席でのモンゴル同士のケンカじゃないか、ほっとけばよいのに」と。
大騒ぎすればするほど、誰か知りませんが、
事を荒立てたいヒトの思うツボのような・・・

アルゼンチンの潜水艦が行方不明だそうです。
なんでも3隻しかない潜水艦の1隻が行方不明になっているという
大変な事故?事件?です。
松の実は全く違うことを思ってしまいました。
潜水艦がたった3隻!
良いな~なんかとても平和な気がする~って。
ウチ等のアベさん、他国の脅威を強調して、
私らを煽って防衛費と言うの名の軍事費増加を目論むより、
優秀なソーリなら、不毛な軍事力増強なんかせずに
私ら国民を、日本を守って見なさい!と

ほんの少し前までは、
氷を見ない日のほうが多く、
氷が張っているのを見ると、今日は冷えたんだな~と思っていましたら、
もうすでに毎日、凍っていると言う状態となりました。

nichijyouni.jpg

梅も寒いのか、これまでにも増して早歩きで散歩します。

朝の散歩を終えての日課は寒さには関係ないようです。

日課です

テレビを見つめるお父さんに、
「ちゃんとスタンバっています!」と視線を送ります。

2日課です

お父さんがなかなかくれないと、
目的物(ヨーグルト)とお父さんを交互に見つめます。
すでに日課です。
梅の一日はここから始まっているのかもしれません。

そして夜は松の実が時にパソコンで仕事、
時にルームウォーカーでエクササイズ、
或いはテレビ等を見ている時間、
梅は彼女の特等席となり、
毛がつくのでもはや梅以外誰も座れない座らない
椅子で寛ぎます。

オダリスク

はなさんのようにゴージャスな
オダリスクを目指してみたのですが・・・

DSC_6114.jpg

お里が知れますね。

DSC_6116.jpg

鏡を見せてあげたいものです。

前回の電柱でくるくる回る黄色い物体は、
ハイジさん、ボビーままさんがコメントくださったように、
鳥さんよけ、特にカラスさんよけでした。
カラスさん達他の良い場所を見つけることができますように。


00:19  |  小梅  |  コメント(12)

2017.11.15 (Wed)

寒い朝

こんばんわ~
茶々です。

昨日は寒かったですねー
我が家はもうかなり前から夜寝る前にストーブのタイマーをPiとして
翌朝6時に自動的にストーブがONになるようにしています。
(冬になるとストーブは24時間稼働するようになります)

senakwoaburu.jpg

私もそちらの世界で松の実と暮らしていた時は
家の中で一番温かいストーブ前に陣取って家の中を監視しておりました。

松の実は、我が家に来てから梅が一度もストーブにあたらないことを不思議に思っていました。
若いから寒くないのかな?とも思ったようですが、
私は若い時からお家の中で一番温かい場所、或いは一番涼しいところで過ごしていたので、
関係なさそうだな、と思ったり。
もらいっ子だから遠慮しているのかな?ともチラリとほんのチラリと
思ったそうです。

DSC_6090[1]

この冬一番の寒さだった昨日朝、
2階から降りてきた梅はまっすぐストーブに向かいました。


ストーブにあたる

朝ごはんを食べる間以外、
散歩に出るまでずーっとストーブに張り付いていました。

皆さま、お気づきでしょうか?
梅は私とは反対にストーブに向いて暖をとっています。
家族に背を向けて温まっているんですね。

kaowaitsumoieni.jpg

上の画像は私、茶々です。
寝てはいますが、顔は家の中央にむけています。

梅に言ってあげたいです。
ストーブに向かっていると鼻が乾くよ。
お家の真ん中をいつも見ていたほうが良いことあるよ、と。
誰かが美味しいものを用意しているのもすぐにわかりますからね。

いつ雪が降ってもおかしくない寒さの東北海道。
松の実の恒例のリセットも本日無事に終了したそうです。
で、早速、たたこさんからいただいたお漬物で
リセットがうまくいったお祝いをしておりました。

tatakosanno.jpg

絶妙なお味の魚漬け、ほんのり甘い大根、そして大好きな赤かぶの甘酢漬け。
たたこさん、ご馳走様でした。
きっと松の実の体重は一晩でもとのおデブの体重に戻ったことでしょう。

emihanaさんがはなさんがてくてく歩く姿を
お披露目されていました。
わんこはただ歩くだけで可愛いと言ってもらえるそうです。
早速松の実が真似をして梅の歩く後ろ姿です。
お尻しか映っていません。



松の実は梅の内股が好きだそうです。
着物を着た女性が内股で歩く姿を連想するそうです。
松の実は外股でガシガシと歩くので、
梅の内股がちょっと羨ましいのかも知れません。

お座りした足も内股の梅です。

DSC_6092[1]

そして唐突ですが、下の動画に映っている黄色い風車みたいなものは
なんだと思いますか?
先日お仕事先の事務所(3階)の窓から見えた電信柱にくっついていました。
松の実はとても不思議に思い思わず動画に収めました。



ではでは、週末まで気合を入れてがんばりましょう。



01:11  |  小梅  |  コメント(16)

2017.11.11 (Sat)

11月になりました

こんばんわ~
茶々です。
疲れています、私。




何故かというと、11月1日から5日まで松の実は上海・杭州へ出張で、
その間、初めての試みとして、梅はお父さんのガールフレンドさんKさんのお家に預けられたのですが、
その監視をわんこの神童だとうたわれた私は自らの任務としたからです。

上海へ

私の激務などお構いなしの松の実は上海までの機中で
「僕のワンダフルライフ」というわんこの映画を見て辺りもはばからず涙し、
上海浦東空港のイミグレーションでは、おそらく250人は列を作っている外国人入国者を前に、
19あるカウンターのうち3つしか開けていない体制に激怒していました。
イミグレを通るまでに約50分かかり、飛行機到着後から空港をでるまで
1時間半かかったそうです。
年配者や体の弱い方に中国旅行は無理ですね・・・
貧血起こして倒れる人がいてもおかしくないような状況だったとか・・・
これまた、イミグレの職員がチンタラチンタラ・・・早く仕事しようとゆっくり仕事しようと
もらえる給料に差が出るわけでもないから~ってことなのでしょうか?
こういう現実を見ると、好きになった上海に遊びに行くのも
ためらってしまう松の実でした。

上海での仕事はひたすら食べること・・・・
と言うのはウソですが、添乗役を務めてくださった中国人Rさんの人脈で、
御馳走になることが多く、次々と出てくる料理を勧められるのは、
なかなかハードでもあったそうです。

上海de

上海蟹の季節だそうで・・・と言っても松の実はこういうのを食べるのがメンドクサイので、
私、食べられないのです~と言ってせっかく用意しくださった方のご厚意を拭いにしてしまったのでした。

上海蟹、東坡肉、ヒシの実の炒め物、ゆり根と銀杏の炒め物(おいしかった!)
何故か毎回出てきた鴨のロースト?ベビーレンコンと炒め物(白いものはレンコンのうんとと小さいもので
ちゃんと穴もあいています)、菊花茶など。
今回、上海から杭州に移動したのですが、
上の最後の画像はそちらででいただいた料理の前菜の数々、
レンコンの穴にごはんを詰めて甘く味付けしたものや、
「すあま」のようなお餅状のもの等、杭州料理、なかなか個性的でいながら、
どこか懐かしいような味わいのものが多かったそうです。

高鐵4

上海から杭州までは新幹線で移動。
ご一緒したお隣町のお偉い方が「埋められちゃったらどうしよう?」とおっしゃるので、
「大丈夫です!私がちゃんと掘り出して差し上げます」と答えた松の実です。
松の実・・・自分だけは埋められないと思っているようです。

杭州には二つn世界遺産があるそうです。
一つは西湖。

seiko.jpg

もう一つは京杭大運河。
北京と杭州を結ぶ約2500キロメートルに及ぶ距離だそうで、
歴史でならった遣隋使の時代から、工事が始まったそうです。
松の実が感動したのはその大運河が今も物流に使われていることでした。

運が

コンテナ―を乗せたタンカーがひっきりなしに運河を通っていました。

運が2

運河沿いの一部には、古い街並みが残っています。

新幹線が埋められることもなく無事に松の実の出張は終わりました。

梅はKさん宅でおおむねお利口にしていたと思います。
お父さんが遊びに来て帰って行った後に、
ギャンギャンヒンヒンワオンワオンと泣きわめき、
Kさん宅のあらゆるところをお父さんがいないか探しまくってました。
この様子を見ていた私は思いました、梅ってバカじゃなかろうか?と。
お父さんに向かって「帰っちゃいやだ」「連れて帰って!」と
泣きわめかないと意味ないではないか?と。
2日ともお父さんが帰った後に同じことした梅。
頭が弱いのかもしれません。
大体、いい加減、お家でトイレができたら、
どこに預けられることもないということを理解してもよさそうなのに・・・・

ではその少し頭がゆっくりな梅が「おいで」と呼ばれて
やっぱりのらりくらりとやってくる様子です。


週末ですね。
楽しい週末となりますように。
00:49  |  その他  |  コメント(12)
 | HOME |