FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.10.27 (Sat)

リパーゼ

こんばんわ~
茶々です。

今日は一日雨降りでした。
一雨ごとに冬になっていく道東です。

最後のかがやき

秋になり、気温が下がるにつれ、霧の釧路に別れを告げ、
ひんやり空気と澄んだ青空にいらっしゃいませ~の季節、
世界三大夕陽の一つと言われる釧路の夕陽が美しい時期です。

夕日を撮る人

晴れた日は、連日美しい夕陽をひと目見ようと、
或いはカメラに収めようと、夕陽鑑賞スポットの幣舞橋には
多くの人が並びます。

正直なところ、夕陽ってどこの夕日もそれなりに美しいと思うのです。
でも、燃えるような大きな夕日が真正面に(春と秋)落ちていダイナミックな光景を
街の真ん中で見られるのは釧路くらいでしょう。

夕日を撮る

こちらは釧路フィッシャーマンズワーフMOOの前の岸壁から夕陽を撮るお二人。
冬に向かうにつれて、夕陽の位置はずれていきますが、
それはそれで趣があります。

び、び、びょういん


梅です。
びっくりしているのでなく、恐怖でひきつっております。
病院です。

び、びょういん

前回の血液検査からひと月が経ちました。

リパーゼ

結果は、相変わらずのリパーゼ数値の異常です。
S先生「う~ん、吐いたりしていないんだよね?様子見だね。
体質かも知れないし・・・・次は年明けにでも来てみてね。」
松の実「えっ?年明けですか?そんなに空ける・・?」
S先生「だって、もうすぐ11月だよ。もちろん何か変わったことあったら
すぐに連絡ちょうだいね」って。
松の実は、梅のリパーゼの数値もショックでしたが、
もう「年明け」という言葉が出る季節になってしまったことに
驚いたようです。
ウチの松の実、呆けて一人違う時間帯を生きているんじゃないでしょうか?

もうすぐ冬

「もう少しですね!」

もうすぐよ~
「もうすぐです」

冬がくるわよ~

「冬がやってきますよ~っ」

親子で日向ぼっこ

先日の秋晴れの日のお散歩で、日向ぼっこする猫の親子に会いました。
一体何匹の子猫さんを抱えているのかわかりませんでしたが、
子猫さん達、安心しきって日向ぼっこを楽しんでいるようでした。
ちゃんと冬を越せますようように!



21:58  |  小梅  |  コメント(9)

2018.10.18 (Thu)

冬に向かって

こんばんわ~
茶々です。

今朝、梅と松の実が起きた時、外の気温は0.9℃!




梅の朝の散歩では道路わきの草が真っ白になっていました。
初霜?
寒いわけです。
こうしてこの地域は秋に終わりを告げ、
冬への準備を進める時期となりました。

tannchou_20181018215432db9.jpg

郊外の道路わきのデントコーン畑では刈り取られらた後の、
零れ落ちたコーンを目当てにタンチョウが集まっています。
いかにも釧路らしい風景だと思います。


DSC_2046_20181018215431330.jpg

お日様がでると、まだ「秋」を感じる温かさです(と言っても、この時点で気温は5~6℃)

DSCPDC_0001_BURST20181018071645180_COVER.jpg

お日様の中で秋色の梅です。

DSC_2059.jpg

相変わらず、松の実が一生懸命夕食の支度をしていると、
ヘソ天になる梅です。

DSC_2060.jpg

あまりにも長くひっくり返っているので、包丁をおき、
濡れた手でお腹をなでる松の実です。
それにしても何故、松の実が忙しい時に限って
ひっくり返るんでしょうね~

先月末の台北で会ったワンコ達です。

グレートピレニーズ

彼?彼女?はグレートピレニーズさんでしょうか?
サマーカットの?

DSCPDC_0003_BURST20180929125834935_COVER_2018101822031467f.jpg

こちらはとってもフレンドリーなワンコでした。
声をかけると笑いながら突進してきました。

屋台のワンコ

こちらのワンコ、覚えていらっしゃいますか?
松の実のいつものホテル近くの屋台街にいつもいるワンコです。
屋台で働く複数の方からご飯をもらい、可愛がられ、
寒い冬にはダウンを着せてもらうなど、大切にされています。
先月もこのワンコらしきワンコに会いましたが、
ひどく痩せていて、気怠そうにしていました。
松の実はなんとなく、このワンコに会うのはこれが最後かも・・・・と
思ったそうです。
来月の初めに出張で台北、そしていつものホテルですが、
もうあのワンコはいないような気がする松の実。
探すのは止めておくそうです。
22:38  |  その他  |  コメント(8)

2018.10.09 (Tue)

台風と共に去りぬ

こんばんわ~
茶々です。

葬式饅頭と私
数年前、初めて釧路にお越しのハイジさんに葬式饅頭を供えられた私

日本の真ん中のお嬢、ハイジさん、台風とともにやってきて
台風とともに去っていきました。



ハイジさんは8月1日より就航した釧路空港発のLCCピーチ航空でお越しでした。

pi-chi_20181009232835e1c.jpg

ブルジョアハイジさん、LCCが主に利用する関西空港第2ターミナルから飛ぶなんて、
えらく屈辱的だったそうです。
松の実はこの一年ピーチのための会議が苦手で苦手でとても苦労したので、
そのピーチでハイジさんがお越しになったのは感慨深いモノがあったそうです。

そんなに買って、今度釧路に来るまでに食べきれるの?と
松の実が心配するほど和商市場でたんまりお買い物を楽しまれたハイジさん。
お買い物の後は・・・・

ハイジさんもすでにご紹介されていましたが、
たった一泊しかない今回の釧路の旅のメインイベントはたたこさん家でのお夕食。

美味しいモノくれるよね

梅も自分の口にも美味しいモノが入ってくるのではないか?と
浅はかな期待とともに、テーブルを見上げます。

よるのごちそう

和商市場でハイジさんが買ってくれた「真ツブ」のお刺身は、
お店のお姉さんが、こちらのツブは高いよ~とんでもない値段になって
しまうよ~と忠告してくれたほどの高級品。
値段通り、絶品だったそうです。

ハイジさんご所望の釧路ザンギ、
冬には美味しいモノが食べられない花咲蟹、
たたこさんお手製のグレープフルーツ、トマト、アボカドのサラダ、
茄子とピーマンの煮びたし、
蛸と玉ねぎのマリネ、等々をあんな話、こんな話とともに
お腹に詰め込んでいった何故か行かず後家の3人と一匹でした。

DSC_1849_201810102247154e3.jpg

ちなみに梅は、松の実が梅のご飯を持っていくのを忘れたので、
たたこさんから白いご飯をもらって、たたこさんやハイジさんからもらう
ザンギをおかずに食べまくっておりました。

ここからはハイジさんがご自身のブログで紹介されていたシーンを
松の実の画像でご覧いただきましょう。

くれるよね

最近、じわじわと人気がでて、食べた人はほぼ皆さん「美味しい」とおっしゃる
「インカのめざめ」のチップスを松の実がお勧めしたので、
ハイジさん、味見せんものと、袋をガサガサ~。

くれるの

梅は初対面の方でも、人見知りというのをしません。
(人見知り激しい私と松の実はそんな梅が羨ましくて羨ましくて!)
人に可愛がってもらう術を本能的に心得ています。
そんな彼女・・当然ぴったりと張り付きます。

本能で可愛がられることで、これまでの辛い犬生を乗り越えてきた梅は又、
自分の感情にいつもとても正直でもあります。
感情のままに行動する梅、これもまた私と松の実からすると羨望の一言です。

kureruno_20181010224500b3f.jpg

グイグイ~ッと。
例え、貰えなくたって、ここは、「梅」をアピールすることが重要です。

くれるはず

ポイントは、自分の体重を相手にかけて、
より親密度を表すことでしょうか?
ワンコ好きは、ワンコの体温、ワンコの重さを感じることに
喜びを見出しますからね。

出番がない

お家に帰ってきてからは、頑張った割には
松の実のせいで、貰いが少なかったことがお気に召さなかったようです。

ハイジさんが連れてきた台風のせいで、
予定していた早朝カヌーがキャンセルとなってしまいましたが、
それは冬のお楽しみといたしましょう。

23:35  |  その他  |  コメント(9)

2018.10.04 (Thu)

台風をくぐりぬけて

こんばんわ~
茶々です。

marukunatte_201810042135477cb.jpg

丸くなっています。
松の実地方、明日の最低気温は4℃らしいです。
梅も明日の朝はこんな風に丸くなるに違いありません。

台風24号の後を追って台北入りして、
又、24号を追いかけて日本に帰ってきた松の実です。
松の実の動きが鈍いせいか台風に置いて行かれ、
大した雨にもあわず、帰りの飛行機も無事に飛んで、
何もかも予定通りに釧路に帰ってきた松の実です。

少し前に松の実はお手頃価格のこじんまりとしたお部屋のホテルが好き~と
言っておりましたが、松の実の台北のホテルです。

常宿

どこの街でもあ某日系ビジネスホテルチェーンの台北ホテルです。
コンパクトでありながら、必要なものを全て揃っていて、日本人好みの清潔感
トイレの紙もちゃんと流せる、言うことなしです。
最近、ウォッシュレットがないとダメ!という方が多いそうですが、
このホテルはちゃんと完備されています。
ちなみに松の実はウォッシュレットなんてものは使えないタイプです。
とことん時代から取り残されているのです、彼女は。

台北では、いつものように食べて、しゃべって、歩いて、の繰り返し。

食べたもの

台北時代の同期、先輩、後輩と食べ尽くし、しゃべり倒し、
一緒に名古屋に遊びに行った台湾メディアのKellyさんと彼女のご家族に
ご飯をご馳走になり、美味しい豆花のお店に連れていただきました。

DSC_1699.jpg

Kellyさんのご家族と言ったお粥のお店。
ズラリと並んだおかずから好きなものをどんどんとってきて、
後は芋粥が食べ放題と言うシステムらしいです。
お粥と一緒に食べることが前提のせいか、
若干味付けが濃いように思いましたが、
台湾の家庭料理の数々を堪能できます。

スゴイ数のお皿を並べていますが松の実を含めて
5名でいただいた夕食です。

taiwan Beer

松の実の台北のお友達に酒飲みはいないので、
お部屋で台北で飲むと美味しい台湾ビールを飲みます。

左側のビールは初めて飲むもの。
噂では聞いておりましたが、消費期限が18日間のビールです。

DSC_1706.jpg
缶の底。製造日と消費期限が記載されています。

松の実は軽いショックを覚えました。
こういっては失礼ですが、台湾のかたはけっこう大雑把で、
18日間しか消費期限のないビールを管理できるとは思えなかったのです。
それともこれはグルメな台湾人の美味しものを追及し、美味しいモノをいただくためには
煩雑な在庫管理、生産管理もなんのその~ってことでしょうか?

DSC_1767.jpg

街歩きで一度は行ってみたいと思っていた「猫カフェ」を偶然見つけて入りました。
若い女性2人で経営しているらしく、猫雑貨もたくさん販売されていました。
客層にカップルが多いのは納得ですが、
若い男の子一人客や3人程度のグループ客が目立ったのが意外でした。
男の子同士で、撮った猫の画像を見せ合ったり、
3人で変りばんこに猫をナデナデしたり。

nekocafe.jpg

とても猫たちを大事にしているのがうかがえた経営者の女性。
お客さんがニャンコを長いこと抱っこしていると、
「彼女はあの布団が大好きだからそこにおいてあげて。
そのほうが安全だし」。
ねこの休憩室をのぞき込み写真を撮ろうとする客には
「今、休憩中だから写真は遠慮してね」とお願いするなど、
常に、客と猫たちに目配りをしていました。

kaettekitano.jpg

帰ってきたの~?ってな梅。
梅は松の実が帰っても出迎えもせず、寝ています。
が、だるそうに起き上がると、やおら松の実に向かって吠えます。
まるで、夜遊びをしてきた子供をしかる母親のようです。
と言っても、松の実も私も夜遊びしたことないし、
お母さんに怒られたこともないので、
あくまでも想像です。

日本の真ん中の、その昔まだ生きている私に葬式饅頭を供えたお嬢様、
いつものように吹雪も台風も蹴散らして、無事釧路空港に降り立ってくださいね。

22:21  |  その他  |  コメント(15)
 | HOME |