FC2ブログ
2019年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2019.02.27 (Wed)

半分凍って半分溶けて

お晩です。
梅ですよ~

umedesu3.jpg

さて、松の実が「晴れて、冷えて、凍って」と念じた、
台湾のメディアの皆様をお連れしての道東5泊の旅はいかに?

結果はタイトル通り、半分は凍り付いた美しさをお見せすることができたけど、
半分は3月中旬の陽気で思うような画像を撮っていただくことができなかったそうです。

tanuki.jpg

冬のカヌー体験は、残念ながら温かくて期待の樹氷も見えなかったけど、
エゾタヌキ、オオワシ、アカゲラ、エゾシカなどの野生動物と遭遇でき、
台湾メディアはにんまり~
松の実もにんまり~
特にエゾタヌキはそうそうみられるものではなく、
ガイドさんもびっくり~

松の実が楽しかったのはこちら。
カヌーの後のウォーキング。
湿原を一望できるポイントまで登り、
帰りは固まった雪でのお遊びです。

hokkaido.jpg

ガイドさんが北海道をくり抜いて、
台湾メディアに持たせてくださいました。
松の実も自分でハートをくり抜いて遊んでいました。
この遊び、雪があるとできる、というものではないのです。
札幌のようにほぼ毎日雪が降る所では、
雪の表面が凍る暇もなく、また温かいので
くり抜けるほど雪が固くなりません。
釧路のように雪が降った後、しばらく晴天がつづき、
表面が溶けては凍るを繰り返して固い雪のできあがりとなります。

yuuhi.jpg

釧路の夕陽は、「夕陽クルーズ シークレイン」から見ていただきました。
クルーズを終えて帰ってくると、夜になる前の一瞬の光景を楽しめました。

otowabashi_20190226232637571.jpg
音羽橋の日の出前、日の出の頃、日の出後です。
松の実のスマホ撮影なので、タンチョウはわかりませんね・・・・



松の実はできることなら避けたかった朝5時出発の鶴居村は音羽橋の撮影。
台湾メディアさんにも、朝5時出発ですよ。
それでももう良い撮影スポットはもうない可能性が高いですよ。
タンチョウはいたとしてもとても遠くて、バズーカのようなレンズが必要ですよ。と
言っても「絶対にトライしたい!」と言われての撮影でした。

結果的に彼らは大満足だったようで、
ツアー終了後、一番良かった場所としてこの音羽橋を挙げていました。
音羽橋、眠っているタンチョウをカメラに収めることができるスポットとして
有名なのです。

DSC_3437_20190226232639884.jpg

楽しみにしていた早朝摩周湖の樹氷ツアーはどこもかしこも真っ白!
全面結氷した摩周湖の上に雪が積もり真っ白。
樹氷で真っ白。
雪降りで空も真っ白。
松の実は真っ白の中に自分がふわふわと浮いているようで
風情があると思いましたが、
すっきり晴れた青空と白く輝く樹氷に覆われた摩周ブルーの摩周湖を
撮りたかった台湾メディアの面々は、
摩周湖には目もくれず、エゾシカと雪の結晶を撮って遊んでいたそうです。

ryuuhyou_20190226232636e08.jpg

網走の流氷はバッチリ!
なんと運の良いことに、前日は風で遠く沖まで流され流氷が
戻ってきてくれたそうです。
そしてまた、翌日は沖までいってしまったとか。

松の実曰く、完璧とはいかなかったけど、
7割8割くらいで良いところじゃない?って言っています。


umedesita_201902262326366fc.jpg

皆さま、ぜひ、来年の冬は道東にお越しくださいませ。
できるなら、2月上旬をお勧めいたします。
晴れて、冷えて、凍っている確率が高いです。

dewadewa.jpg

では、梅でした~
おやすみなさい。
00:09  |  その他  |  コメント(6)

2019.02.12 (Tue)

いつもの毎日

お晩です~
梅ですよ~

DSC_2935_20190212225155f18.jpg

雪降りの釧路です。
一緒に散歩に行きましょう!


DSC_3052_20190212225154776.jpg

一見歩きやすそうな雪道ですが、
実はすぐ下は氷がアチコチに隠れて居るのです。
松の実は一回の散歩に最低3回はツルンと滑って「ヒッ!」とか「キャッ!」とか叫んで、
昨日と一昨日は一回づつしっかり完全に転んでいました。
2本しか足がないのって気の毒ですね。
一本の足が滑るともう転ぶんですから。
私はおかげさまで足が4本ありますので、
一本の足がズルっと滑っても、残りの3本でバランスとって、
めったに転んだりしません。

散歩の後はおやつに決まっています。

くれますよね

お父さんが何か食べるようなので、狙いを定めます。
どうやら「六花亭」の最中のようです。

いただきます


今日は松の実がいるから、お父さん松の実に
「そんなに大きなの上げたらダメ!」と言われるのを恐れて
ほんのちょっぴりしか
くれませんでした。

あ~食った食った

まっ、おやつはちょっぴりだけでしたが、
ご飯はいつも通り!
御馳走様でした。

ここ1週間ほどで、松の実のお知り合いのワンコ2頭が
相次いでお引越ししたそうです。
一頭は同僚の14歳半の柴わんこさん。
わたしも一度公園で会ったことがあるんです。
体調を崩してから2週間ほどで虹の橋とやらに行ってしまいました。
ここの家の先代ワンコには気をつけたほうが良いと
アドバイスしたいと思います。

今度の日曜日から台湾のメディアの方々をお連れしての
東北海道の旅が始まる松の実。
晴れますように!冷えますように!凍りますように!と唱えています。

寒ければ寒いほど美しい釧路の冬をお目にかけたいそうです。

皆さまもよろしかったら祈ってやってください。
寒くなりますように!冷えますように!凍りますように!と。
23:19  |  小梅  |  コメント(15)

2019.02.04 (Mon)

インフルエンザと雪と“怖い怖い”

おばんです~
梅ですよ~

DSC_3049.jpg

昨晩から雪が降った釧路です。
例によって、屋根から派手な音立てて雪が落ちて行きました。
そして私はいつものように「怖い!その音、怖い!」とパニックになりました。
お家にいた松の実は「始まった」と落ち着いたものでした。
が、私がなにやらガタガタゴソゴソしていたと思ったら、
ブッフェエエエエ―ッと言ったように松の実には聞こえたらしい。
ぶっ飛んできた松の実が発見したのは、
私が扉を開けて厳重にしまわれていたハンドソープの袋を噛み切り、
液体を戸棚の中にブチマケテいた光景でした。
松の実が言いました「梅は洗剤がすきだね~」って。
顔やら手足やらごしごし拭かれて、つながれました。
上の画像はお昼ご飯をしっかり完食した顔です。
この直後、水をひっくり返しました。
なので、我が家の居間が少しきれいになりました。

DSC_3031.jpg

ここ3~4日間、少し不安になると、この籠の中で
こんな風に少し窮屈そうに丸くなって大人しく寝ていたんですけどね~
ちなみに、私の下敷きになっているのは松の実の洗濯物です。

この4日間ほど松の実は本来お休みじゃなかったはずなのに
お家にいました。
人生初の「インフルエンザ」だったそうです。
後期高齢者のお父さんに感染さないようにお家でもマスクして、
ご飯も別々に食べていました。
たった7度2分の熱だからきっと普通の風邪だわ~と
病院にいったけど、「A型です」って。
松の実の職場、バッタバッタと風邪或いはインフルエンザで倒れていっているそうです。

どうぞ皆さまもお気をつけください。
インフルってあの特効薬を飲めばもっと簡単に良くなるのかと思っていた松の実。
なかなかすっきりしないそうで、指定されたお休みだけでは足りないワン!って吠えています。

食べかす

相変わらず面白くないニュースばかりの中、
松の実が「ひどい!」と思うのは千葉の小学4年生の子です。
ちゃんと勇気を振り絞って助けをもとめたのに・・・
あの教育員会の方々の見せちゃった問題も厚生労働省の統計不正問題も
松の実は根っこは一緒だと思うそうです。
公務員の方々のお仕事に対する姿勢の問題。
究極の安定が保証されている公務員の皆さん、
「お仕事「」は「片付けるもの」に成り下がっている。
目の前のものを片付けていっているだけに松の実には見えるそうです。

松の実はしっかり仕事してね、と言っておきました。
まず梅の鼻についた食べカスを心込めて取ってあげるね、と
彼女は言いました。

目も口もない

インフルエンザだというのに、こんなことして遊んでいるから
いつまでたっても良くならないんじゃないでしょうか?
松の実曰く、お家の空気が自分のウィルスで汚染されているよう~
自分のウィルスに負けて2次感染しそうだから、
外で遊んでいるほうが気持ちが良いのよ~って。
それって2次感染じゃないよね、松の実。
19:44  |  その他  |  コメント(15)
 | HOME |