2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.08.25 (Sun)

虹の橋からのサポート

こんばんわ。
35度前後の酷暑から一転関西以南では大雨・・・
島根では土砂崩れ等の被害が出てしまいました。
そしてこの雨は九州北部に移動していくそうですので、
どうぞ九州北部にお住まいの皆様お気をつけください。
長崎Bさん、らくもさんも大雨に流されないようにしてくださいね。
又、四国ではこの雨でも水不足の解消にはつながらないそうです。
改めて東北海道が恵まれていると感謝するとともに、
この地方だけ、酷暑も水不足も大雨の問題もないことが
少々後ろめたく、又、夏に良い思いをした分、冬にドカンと来そうで
何やら恐ろしくあり・・・
あるいは、経済的には問題大ありの東北海道に神様が同情してくれて
せめてお天気だけでも手加減してくれたのかな?とも思ったり・・・

気をつけて


23日金曜日、NHKスペシャル 
東日本大震災「亡き人との“再会”~被災地 三度目の夏に~」を
ご覧になった方はいらっしゃいますか?

多くの命が奪われた東日本大震災の被災地では今、
「故人と夢で再会した」「気配を感じた」など
「死者との対話」体験された方が増えているそうです。
これは残された方々の悲しみの深さの現れであるとともに、
この体験が、これからの生き方にまで影響を与えることが
わかってきたそうで、医学的に、大切な「回復プロセス」だと
分析されているとうことです。
番組ではそんな体験を持つ方々とその体験が紹介されていました。


オレンジのコスモス?
オレンジのコスモスでしょうか?満開でした。


私自身は、超自然的なことや超常現象などを否定はしませんが、
いかんせん、自分の身に起こったこともなく、
何かを感じたこともなく・・・・
母にも茶々にも、私は「それらしい」何かを感じたことはないのです。
ただ、番組で心のケアを担当する医師が
「死者が遺族の心のケアをする」ことがあることを認識している。
時には我々(心のケアをする専門医)のライバルとも言えるように
死者がより遺族に寄り添ってなぐさめることがあると話していました。
(というようなニュアンスだったと思います。
正確な記述ではないことをご了承ください)

この医師の言葉には深く頷きました。

私も茶々や母がここに来ていることは感じなくとも、
あちらに行ってしまった茶々を思うこと、
時にはこのブログに書くことで、
自分の気持ちや思いに無意識に自分で手当していると感じるのです。
又、いただくコメントで励まされ、なぐさめられているのも
茶々という存在のおかげだと思っています。

「あちらに逝ってしまった命が残った命のケアをする」
今も茶々に支えられているのだと改めて思った次第です。

おおあくび


以前から私の生活の中で茶々はなくてはならない存在ではありましたが
茶々が生きている時は少しは私も茶々にしてあげることがあったのに、
今は茶々にしてあげることがありません。
茶々は今も私の支えなのに、私からはなにもしてあげることがないことが
後悔やら後ろめたさの思いの一因かもしれません。

そんなことを考えた番組でした。


昨日の収穫

昨日の我が家の庭の収穫です。

どんな味なのか・・・

今年のトマトは皮がちょっと固いものの、とても味が濃くて
美味しくできているのです。
そしてブルーベリーはジャムにしました。
味見していませんので、甘いんだか酸っぱいんだか・・・

明日から又一週間です。
土曜日まで6連チャン!
土曜日の夜に美味しくお酒をいただくことを楽しみに
一週間頑張ります。

ふあ~
22:39  |  その他  |  コメント(19)

Comment

この大あくびの口の中に手を入れたいっ!
とりあえず、一番確保。

>今は茶々にしてあげることがありません。
この間の酷い雷の時茶々さんに語りかけたり、
茶々さんの好きなものを買ってみたり
茶々さんを思い出していることが
松の実さんが茶々さんにしてあげていることではないですか?

その医者なかなか良い医者だと思います。
医者の中には非科学的なものを否定してバカにするヒトが多いですからね。
この世の中には説明のつかない不思議な力がたくさんあるんです。
それも大切な治癒力なのですよ。

さあ、また一週間が始まります、頑張りますわよ~!
ハイジ |  2013.08.25(日) 22:46 | URL |  【編集】

今、テレビの投稿動画で、子猫を驚かそうと、大きな口をあけたら、頭をつっこまれた~という動画をやってました。茶々さんのお口に、頭をつっこんだら、後利益ありそうです。

NHKスペシャルは、番組宣伝は何回も見ましたが、金曜日は見ませんでした。
私も、「もう先代ぶうこに何もすることができない」という思いを、二代目につなげました。「このこ(二代目)に里親が決まれば、ここで次の犬を保護することができる。」という保護者さんの言葉が、どんとわたしの背中を押しました。
とりあえず2番確保。
つま |  2013.08.25(日) 23:08 | URL |  【編集】

こんばんは

カメラ目線のちょっぴりふくよかな茶々さん、いつもながらかわいいですね~i-179

NHKのこの番組は見ていませんが、そういうことも考えられるんですね。私も父やチップに慰められているのかなぁ・・・
チップがいたからパテと出会って、今の私はパテに癒されている毎日ですから、やっぱり繋がっていますねi-185

いつも日曜日のこの時間はどよ~んとしているのですが、私も明日からの1週間がんばりますi-197
チップママ |  2013.08.25(日) 23:33 | URL |  【編集】

では3番に、、、かな?(笑)
偶然とはいえ 出会ったしまった 次女デヴィ。
1年くらいでアンヨの件は どうにかなるかと
思っていたのに、、、
BOSS爺の3回忌を越えても 奮闘していました。
そろそろBOSS爺が旅立って 丸3年。
この夏も あの夏と同じような猛暑で
思い出すこと 多し、、、
アンヨの心配が 無くなったからだと思います。
BOSSの作戦でしょうね~きっと。
思い出して 何度も思い出して 泣いてあげること出来ます。
それだけですが、、、喜んでくれると思います。

茶々ちゃん、、、いまさらですが、、、
歯がキレイでしたね~!
BOSS母 |  2013.08.25(日) 23:36 | URL |  【編集】

今日はめっちゃ涼しかったブンタ地方でした。

23日のNHKスペシャル見ました。
残された方が大切な方を感じたい。
少しでも、どんな形であれ感じたい。

来月で2年半、未だにご家族が行方不明の方の心情を思うと言葉が有りません。

まだまだ前を向いて一歩を踏み出せない家族に、あちらからサポート!!

愛しい方々にお空から一生懸命サインを出してるのでしょう。
あんパンマンの乗り物を鳴らしたり。。。

私は母なのか可愛がってくれた両親の仲人サンなのか守られてると実感してます。

私も松の実サンと同じ様に文太は今も支えなのに何もして上げて無い(泣)
そればかりか、今でも心配ばかりさせてるし。

まぁ、茶々チャンと文太2人で声を揃えて『今に始まった事じゃ無いよね~!!』って
笑ってるかな(笑)

ブルーベリージャム美味しそうに出来ましたね。
アイスクリームかヨーグルトに添えて食べるのかな(*^^*)

明日からの6勤、週末の宅飲みを励みに頑張って~p(^-^)q
ブンタ |  2013.08.25(日) 23:59 | URL |  【編集】

5番目?

NHK 結構見るのに 残念ながら見てません。

霊感も 何かを感じることも(これが霊感?)
ないけど  
姿形がなくなった今でも ずっと絶対の存在で
一番大切な存在なのが小太郎です。

BOSS母さんがおっしゃるように
思い出して 泣いてあげて それだけで
いいのかな~ 

って  BOSS母さん 良い事言うな~
(*^_^*)

昨日 雪の中散歩するぶうこさん見て
涙がでました。
なんでだろ? 
小太郎を思い出すのかな?

まっすぐ前を見据えている茶々ちゃん
すべてを見透かしてるような 
ウソをつくでないよと言われているような
 ちょっとドキドキします。
こた母 |  2013.08.26(月) 00:15 | URL |  【編集】

私たちは死後のことはわかりませんが、亡くなったもの達は苦しみもつらさからも解放されて
死ぬってことは多分 深い眠りにつくような感じなのかなぁと
漠然と考えています。

でも残されたものはつらく悲しい日々が続きますよね。
だから思い出に浸りながら、過去を振り返ったり前を見たり ‥

それを繰り返しながら、だんだんと本当の意味で良い思い出に変わるのでしょうか。

松の実さんの、何もしてあげられないという気持ちわかります。

もやもやして歯がゆいような言葉にならない気持ちです。
ぽっかりと穴が空く
という表現が当てはまりますね。

愛犬愛猫を亡くされた皆さん きっと同じ気持ちなのだろうな~

でも、姿は見えないけれど 助けられていると本当に思います。
思い出は淋しいけれど、生きていく力にもなりますものね。
桜ママ |  2013.08.26(月) 09:18 | URL |  【編集】

最初の茶々さん、いいお顔。

今まで、内外合わせれば何10匹かになる猫たち。
雲の上から見ているのでしょうか。

二年前の8月20日に保護した黒豆、大きくなりました。
右目は相変わらずですが、元気にやっています。

買物帰りに保護した時、雲の上で「あ~~、また見つけちゃったよ」って、みんなで言ってたのかな。

「そうだよ、お前たちを見つけた時と一緒だよ」
って言ってやりましょう。

たくさん採れたブルーベリー。
美味しそうなジャムに変身しましたね。
taki |  2013.08.26(月) 09:19 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは。
今回大きな被害の出た島根県江津市に学生時代仲の良かった友人が住んでいて
本当に心配していました。
昨日になって連絡が取れ、彼女自身やご家族は無事だったとのことでほっとしましたが
近所でもとてつもない被害が出ていると心を痛めていました。
今年の異常な酷暑や豪雨はいったいどうしたことでしょう。
命が命をケアする。番組は観ていませんが
なるほどなと、考えさせられました。
人間の心はそうやって自身の心を救おうとするのでしょうか。
だとすると、私は救われようと思っていないのかもしれませんね。
はなの夢も見ないし、夫のようにはなのことばかり考えてもいませんし
しょっちゅう思い出すわけでもない・・・いたって、淡々としているのです。
しかも、もともとそう言ったものを感じないのです。
はなも最初だけ、大きなサインを残して行きましたが
その後は音沙汰なしで(こっちが気付かないだけかもしれないけど)
何だかすごく中途半端な感情のまま日常だけが流れて行きます。

はなはお父さんのケアをしてくれれば、それでいいと
思ってはいるんですけどね。
これが寂しいってことなのでしょうか?って、聞かれても、困りますよね(笑)
失礼しました。
emihana |  2013.08.26(月) 11:04 | URL |  【編集】

茶々ちゃん!吸い込まれそうです(笑)。
こぅいぅショット貴重ですよね!
茶々ちゃん、とっても綺麗な歯ですね。

残念ながらその番組は見ていませんでした。

松の実さん、今でも茶々ちゃんにいっぱいしてるじゃないですか・・・。
茶々ちゃんの好きな物を用意したり、お話したり、可愛い写真を見たり、茶々ちゃんを思って茶々ちゃんのためにしてること、いっぱいありますよね~。

私もその時々で、楽しいこといっぱい思い出して笑うこともあれば、どうしようもなく悲しくてたまらなくて泣いちゃう時もあります。
悲しみも愛情の一つ、愛すればこそなんだなって思ってきてます。

いつも思ってますが今日はまた改めて茶々ちゃんは本当に幸せさんだなって思いました!

お互いを思う気持ちはこれからも変わらず、ずっと続くのだなって思います。
リョウくんち |  2013.08.26(月) 15:22 | URL |  【編集】

こんばんわ。松の実さん。

たっっぷりと雨が降りました~。
ご心配いただきありがとうございます。
我が家近辺ではこれといって災害もなく、
恵みの雨と言えそうです。
それと同時に気温もグンと下がり、
今夜は秋風!?というような
涼やかな風が吹いています。

NHKスペシャル、
見ようかと思ったのですが、
いろんな想いが重なり、耐えられる自信が
なかったので見ませんでした。
でも、松の実さんの感想を読み
見ればよかったと今更ながら後悔。
私は時々、愛犬Bの最期の時の夢をみます。
悲しい夢です。
夢の中で夢と認識していて、
今度こそは死なせるまいと、あらゆる
ケアをしますが、やはり逝ってしまうのです。
朝目覚め、どんよりとつらい朝になります。
でも先日、いつもの夢をみましたが、
ぐったりした愛犬Bがパッと元気に
なったのです。
朝目覚め、なんと嬉しかったことか・・・
愛犬Bの死から
また一歩前進した気持ちでした。

私、いつか松の実さんに
お礼を言いたかったのですが、
まさに今このタイミングだと思いましたので
言います。
『松の実さん、ありがとう。
 どれだけこのブログに慰められたか。
 このブログに出会っていなかったら
 今の様に立ち直れていなかったと思います。
 松の実さんの言葉や写真にたくさんの
 元気をもらいました。
 本当に本当に心からありがとうございます。』

これからも松の実さんと茶々さんの
ファンです♪♪

長崎B |  2013.08.26(月) 21:27 | URL |  【編集】

「鈍感」と言われているわたしですので
「何か」を感じたことはありません
よくないことがあったときにも 関連付けて
「罰が当たった」などと思うことは ないのです
母とは 大人同士の付き合いをしたことがなく
父とは 心が通じていた実感もなく
それでも 先日 自分なりの方法で
両親の供養をしてまいりました
かといって 特に何かがふっきれたわけでもなく
淡々としたものです
まぁー そんなものでしょう

そのクッションにすわっている姿が
いかにも茶々殿らしくて とても好きです
宵待 |  2013.08.26(月) 22:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
一番のりありがとうございます。
母の入院していた病院は世界的組織?の奉仕活動で
知られた病院でしたが、
非科学的なことを否定していませんでした。
逆に病院でそのようなことを耳にしようとは!と
驚いたのを覚えております。
茶々を思ったり、話しかけたりも結局は自分の心の平穏のためであり
茶々のため、ではないですね・・・
あちらの世界とこちらの世界の接点の限界が
その辺りかな~と。
ブログに書いたように、これから先、私は
私の中の茶々や母にサポートされ続けられるけど、
私からの思いはもう一度茶々とおひるねするまでは
届かないと感じています。
一日目終了~後5日。
by 松の実


つまさんへ
そのニャンコ、凄い!
一体何を思って、突っ込んできたのでしょう?
手や足ではなく、頭を!というところが信じられません。
こうしてあくびする茶々の口に人差し指を、
それこそ突っ込んでは
茶々に軽蔑の眼差しで見られていた私です。
つまさんはぶうこ姫への思いを「ワンコ全体」の思いに
変えることができたんですよね、きっと。
私もその思いはあるのですが、
なかなか次のワンコなりニャンコなりとは考えられないでいます。
2番手、どうもありがとうございます。
by 松の実




チップママさんへ
チップさんの美人度には遠く及ばない茶々ですが、
可愛いとおっしゃっていただきありがとうございます。
茶々や母との、悲しい思い出や楽しい思い出を
牛のように反芻することは
実は知らず知らずのうちに自分へのなぐさめのため
ではないかとも思います。
人間てうまくできているな~と思うのです。
今日もパテさんは、後ろ足をぎゅ~んと顔に持ってきて眠っていますか?
外は涼しいを通り越して「寒い」釧路です。
15度です。
by 松の実



BOSS母さんへ
残念~4番手でございます。
BOSSさんの夏も猛暑でしたか・・・
そう言えば、釧路が何十年振りかで
30度だか32度になった年だったでしょうか?
茶々、歯は綺麗ではなかったのですよ。
でも丈夫な歯を親犬からもらってきたのだと思います。
ホントにあんなに歯石びっしりだったのに
よく最後まであれだけの歯をキープしていたものです。
デヴィちゃん、今晩は震えていませんか?
釧路は寒いですよ~
by 松の実



ブンタさんへ
あの番組で紹介されていた方々には
本当にあのように感じることができたのでしょうね。
私は、ああいう経験は全くと言って良いほどないのです。
ただ、自分が茶々や母を思うことで自分を救っているなと考えています。
ジャム、今朝、ヨーグルトにかけて食べたのですが、
ちょっと煮詰め過ぎたようで固かったです。
ヨーグルトにはもう少しタラタラ~のほうが合いますね。
後5日。頑張ります。
by 松の実



こた母さんへ
宵待さんがご自分を「鈍感」と書かれていますが、
私も恐らく同じだと思われます。
ウチの母は、自分が先に逝くことになると諦め、信じきっていました。
冗談とも本気ともつかない口調で、
あっちに行ってもしょっちゅう、遊びに来るからね、
様子を見に来るからね、と言っていたのに、
私は一度たりとも感じたことはありません。
超自然的なことを否定しないと言っていても
心の何処かに「そんなことはあるわけない」
なんて思っているから感じないのでしょうか?
それとも単なる鈍感なのでしょうかね?
私にとっても、今だに茶々が大切な存在であることに変わりなく、
ある意味依存しているかもしれません。
by 松の実



桜ママさんへ
うわ~っ!桜ママさん、名言です。
ステキな言葉です!
「思い出は生きていく力」ですね!
確かに数々の思い出を反芻しながら
次のステップに進んでいきます。
思い出を一つ一つ確かめることで
我が身と我が心を手当しているんですね。
つまさんのように、ぽっかりあいた穴を
ワンコ全体への思いで塞いで上げると
一番良いのですが・・・
by 松の実
松の実 |  2013.08.26(月) 23:00 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
黒豆さんとtakiさん、先に旅立った何十匹のニャンコさん達に
守られていますね。
特に黒豆さんは、先輩方から「ちゃんとそこで救われた命を
楽しく美味しく全うしなさいね」と言われていることでしょう。
ブルーベリーのジャム、少し煮詰め過ぎたようで固かったです。
昨年はひと瓶しかできなかったのですが、味は良かったです。
次回はもう少しタラタラのヨーグルトソースのようなものを目指します。
まだまだ収穫は続きそうです。
by 松の実


emihanaさんへ
ニュースでも取り上げられていましたね。
ご友人がご無事で何よりでした。
私も鈍感なので、何も感じません。
でも私は、こうやって一度は止めたはずのブログを
今も茶々をダシにしてウダウダと続けることで
自分を慰めている、茶々に手当してもらっていると思っています。
寂しいと言えば寂しいのですが、だからと言って、
仕事も家事もできないほど寂しさにのたうちまわっているわけではなく、
毎日、◯十女、独身としてはそれなりに過ごしていると
自負しております(笑)
柴女子の元飼い主としてはなかなかしっかりとやっていて
はなさんも茶々も「まっ、良いでしょう」と
言ってくれるのではないでしょうか?
by 松の実



リョウくんちさんへ
茶々の歯というか牙、
一見綺麗に見えるでしょう?
ところが、歯石がいっぱいでした。
飼い主が歯磨きしてあげる~なんて知識は
私にはありませんでした。
歯石いっぱいでも、もともとが丈夫な歯を
親犬からもらってきたのでしょう。
最後までほとんどの歯が残っていた茶々です。
う~ん、茶々の好きだったものを用意したり、
写真を見たり、このブログを書いたり、
全部、茶々のためというよりは私のためですね。
茶々の好きなものを用意することで
自分の心が穏やかになるからです。
「悲しみも愛情にひとつ」、これはまさしくそう思います。
泣くのもそのワンコや人を思ってのことですからね。
しばらくは私の一方通行で、
いつか又一緒におひるねする時は、
昔のようになれると思います。
by 松の実



長崎Bさんへ
恵みの雨で済んで良かったです。
釧路も涼しいですよ~イヤ寒いです
15度です。
長崎Bさんのその夢はツライですね。
夢とわかっていての夢って
変な言い方ですが、夢とわかっているだけに
妙な現実感を伴うんですよね。
私は茶々の夢は見ないのです。
母の夢もめったに見ません。
あの番組内で紹介されていた事例は
私には起こらないだろうな~と
思いながら見ていました。
なんせ鈍感なので、これまで「何か」を感じたことはないのです。
あっ、この私も不思議なことは2度ほど体験したのですが、
それもヒト様の話から、もしかしてあれは・・・?
と思ったくらいでして・・・
いつか機会があればご紹介したいと思います。
お礼を言うのは私のほうです。
茶々が居なくなって「止めた!」と言ったブログを
今だに茶々をダシにウダウダ続けているのです。
茶々がいる時も、いなくなってからも
いただくコメントでどれだけ私自身が救われたことか。
その他にも色々と実生活でもタメになること満載のコメントの数々、
これからもよろしくお願いいたします。
ちなみに、コメント下さる方々は皆さん、
茶々のことを可愛いと思って来て下さり
コメントを残してくださいます。
私は単なる茶々の下僕なのです。
by 松の実


宵待さんへ
私も鈍感です。
そのせいか、同じく何かを「感じた」ことはありません。
ただ、私は日ごろから自分がとても生意気で
鼻持ちならないタイプだと自覚しておりますので、
「何か良くないこと」が起こった時は
「罰があたった~」とコロッと思い込んで観念いたします(笑)
100%自分自身のことを吹っ切るのは
比較的たやすいと思いますが
少しでもヒトが絡んでくると
そうそう簡単には吹っ切れませんね。
私は、私や茶々の一番の理解者であった
母のことをもう少し私が理解しようとしてあげればよかったと
後悔しています。
とても仲がよかっただけに、
母の寂しさをもっと深くわかってあげるべきだったと・・・
by 松の実
松の実 |  2013.08.26(月) 23:54 | URL |  【編集】

私もね霊感なんてないけど、
ヒメもルパンも感じる事は出来たよ!
きっと茶々様も会いに来てるけど、
松の実さんが気付かない?(笑)

それに松の実さんは茶々様にいっぱいの愛情をあげたじゃん!!
最後まで献身的なお世話をして・・・
私ももっとお世話をしたかったから、
松の実さんが羨ましい。
一番の後悔は一人で逝かせちゃったこと。
その事をヒメに直接聞きたいです。。。

明日はヒメの誕生日♪

ボビーまま |  2013.08.27(火) 10:17 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ボビーままさんへ
ヒメさんの誕生日ですか?
明日は又ヒメさんの気配を感じるのでしょうか?
私、もともと鈍いんですよ。
茶々の気配も母の気配も感じたありません。
そいういう能力がないのだと思います。
ただ、先ほどemihanaさんの記事を読んで
気配を感じさせないのは茶々の私への
思いというか愛情かも~と。
きっと茶々が来ている!ってわかったら
私メロメロになってしまって使い物にならないと思われます。
by 松の実
松の実 |  2013.08.27(火) 20:30 | URL |  【編集】

震災や津波や放射能、こころの傷に苦しんでいる方の思いは、私に何処までわかることができてるのでしょうか・・。
私も鈍感。
松の実さんが、茶々さんに、何もしてあげてないとおっしゃるならば、私は、ほったらかしってことになっちゃう。。
松の実さんが、こうやって、茶々さんのことを日記にして下さってるからこそ、私は、茶々を思うことが出来てます。
茶々を思う?お願いばっかしちゃってるんですけどね。。
一緒にいてくれるために懸命に生き抜いてくれてありがとう。心の準備をする時間を作ってくれてありがとう。どうしたら一番悲しくないかなって考えてくれた旅立ち、ありがとう。
最後茶々はね、、私に、「助け合ってお父の面倒をみるんだよ~、お母と喧嘩したらあかんに~。自分の人生も楽しむんやに~」って言い残して身をひいたように思うのです。
茶々さんも、似た想いがあったと思いますよ。。お父さんを倒してまで。。
だから、私たちが、やさしい心を持って、適当に一生懸命やっていくことが、あちらで見守ってくれてるみんなの願いかもしれません。。
悲しんでばかりででは、悲しませちゃってるっ・・と虹の橋で、悲しんじゃうもの。

一番の恐怖でもあった、茶々を失うこと。。その一番怖いことが今はもう・・・何でも来~い!!

ジャム作りが出来るほどの、ブルーベリー収穫、すばらしいですね!ブルーベリーなんて、なんだかとっても、オシャレです♪
鶴菊 |  2013.08.27(火) 21:51 | URL |  【編集】

何度もコメントしようと思いながらできなくて・・・
切なくてたまらなくて、です。

私も北斗の気配は感じないのです。
こちらに来る暇もないほど虹の橋で忙しくしているのかな、と思っています。
何に忙しくというと、やはりこちらの世界にいる私たちのサポートに忙しいのかな?と。
だから、切ないけれど、有り難い思いでいっぱいなのです。
でも、ときには気配を感じたいものですね!
みんな良い子ですね。お空に旅立った子たちも、今頑張っている子たちも・・・
飼い主に寄り添って生き、生き抜いてくれた子たちは天使です。

6連チャン、お疲れさまです。
土曜日の美酒までがんばってくださいねーーー!

そうそう、オレンジ色のコスモスは「キバナコスモス」かな?
元気が出る素敵な色合いですね♪
milleco |  2013.08.27(火) 23:02 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

鶴菊さんへ
私も、茶々がもう自分の限界を超えて
私と一緒にいてくれたことに感謝です。
昨年からずーっと思っていましたが、
夏に肝臓を悪くしたとき、本当はあの時期が
茶々が旅立つ時期だったのかな?と考えていました。
でも、私のために、私の心の準備のために
それから半年頑張って一緒に雪を見て、
あけましておめでとう、言ってくれたのだと思っています。
限界以上に頑張ってくれた茶々が身を引いたとは思わないけど
「ちゃんと出張行くんだよ」とは言ってくれたかな?
鶴菊さん同様、私もこの数年は茶々がいなくなることが最大の恐怖でした。
なので、その瞬間を経験して、
もう何もあれ以上に悲しいことも恐怖もない、と思えています。
by 松の実



millecoさんへ
コスモス、普通のピンク系は涼しげで儚げですが、
オレンジになるととたんにエネルギッシュな花に変わりますね。
元気を貰えるようです。
あちらに行っても飼い主のサポートに忙しい北斗さんや茶々達、
お友達ワンコと愚痴を言い合っているでしょうか?
サポートし甲斐のある飼い主自慢をしているでしょうか?
昨日の新聞で釧路市内で「北斗くん」という柴犬の捜索願が出ていました。
虹の橋の北斗さん、釧路の北斗君がお家に無事に
お家に帰ることができるよう協力お願いいたします。
by 松の実
松の実 |  2013.08.28(水) 12:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |