2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.10.18 (Fri)

長い一日~

こんばんわ。
今朝はとうとう0.3度まで冷え込みました。
当然のように霜が降りたようです。

台湾のメディア4名プラス台北在住日本人旅行作家をお連れしての
釧路ご案内の旅は続きます。
当初の予定よりも遅れること40分、次は摩周湖を目指します。
途中「もうダメ~お手洗い!」と叫ぶ某台湾雑誌記者のために
立ち寄ったのは、道の駅「摩周温泉」
ここで、アイスクリーム店「クリーム童話」を紹介し、
地元の生乳を使ったこだわりのアイスクリームを試食してもらいました。
私のことを添乗員と思ったのか、店員さんが大好きだという
「桜餅」のアイスをごちそうしてくださいました。
本当に桜餅の香りとアイスの中もち米のプチプチが入っていました。
クリーム童話さん、道の駅「阿寒丹頂の里」の売店にもありますので
召し上がってみてください。
美味しいです。

さて摩周湖です。

摩周湖第3展望台

馴染み深いのは第1展望台からの眺めですが、
これは第3展望台からの眺めです。
冬はクローズされます。
途中、「摩周湖、ちゃんと見えるかな?」と心配する記者達に言いました。
「私がいるから大丈夫!摩周湖が霧で見えなかったら、結婚できる、とか
結婚が近い、なんて言うけど、実は私は摩周湖が見えなかったことがない!
もちろん独身!結婚の予定もナシ!私がいる限り、今日も摩周湖は見える!
万一見えなかったら、松の実さんもとうとう結婚か~とお祝いしてちょうだい」
なんて冗談飛ばして着いた摩周湖はご覧のとおりでした。
さっそくフェイスブックに松の実シャオチェの犠牲のモトに我々は摩周湖を
見ることが出来た~と書き込む不届き者もおりました。

摩周湖の反対側を見ると・・・

硫黄山と屈斜路湖

硫黄山と屈斜路湖です。
第3展望台の記憶がなかったので、この景色は
私にもとても新鮮でした。

標茶町の「多和平」です。
ここは台北在住の日本人旅行作家Kさんが
絶対絶対に行きたい!と主張した場所です。

多和平

約2600頭の乳牛と約120頭のサフォーク種の羊が
放牧されています。
360度の展望、地平線の見える展望台として有名です。

寒くてビュービュー風の吹きすさぶこの日(13日)、
雪虫が飛んでいました。
まさかね~と思っていたら16日の初雪だったのです。
やっぱり雪虫が飛ぶと雪が降る説は正しい?

多和平2

そして案の定、シラルトロ湖の夕陽には間に合わず、
仕上げは釧路が発祥の地「炉端焼き」を紹介しながらの夕食で
「炉端煉瓦」へ。

社長自ら焼き方となっての大サービス!

謝謝 社長

長い長い一日が終わりました。

記者の方々も私もぐったり~の一日でした。
家に帰ってバタンキューの私と違って、
真面目な台湾記者の方々は夜中の2時3時まで、フェイスブックへのアップや
画像の整理をしていたそうです。

目も回った、疲れた


20:54  |  東北海道  |  コメント(12)

Comment

松の実さん、ネイホウ(広東語だとこうなります)
お仕事、お疲れ様でした。
摩周湖と言えば霧。その霧もすっかり晴れて
皆さんが眺望を満喫されたそうで何よりです。
私が中国に行っている間に「道の駅」と言うのが一気に広まったようで
帰国後その名を聞いても、???いったい何のことやら
はなの介護で遠出もしていませんでしたから、立ち寄ったこともありません。
高速のS.Aとも違うんですね?
それにしても北海道の自然を目にするたびにアジアっぽくない、そう思います。
だから中国や台湾の人が行きたがるんでしょう。
中国人に日本のどこに行きたい?そう聞くと圧倒的に
「ベイハイダオ!」の答えが多かったです。次が「フーシーシャン!」
大陸の人は起伏に富んだ地形を見慣れていない人が多いのかもしれません。
茶々さん、お口の周りのモフモフ、触らせてください。
何だかモフモフの手触りが恋しい季節になりました。
emihana |  2013.10.19(土) 10:53 | URL |  【編集】

雪虫?
それは何でしょう?
虫??

さぁ、松の実さんが摩周湖が見えない日はくるのか(笑)
怒らんといて~
もーちゃん |  2013.10.19(土) 12:04 | URL |  【編集】

おかしいですねー。日本の男性は・・。
松の実さんと職場がご近所になって、「女が惚れる方」だと常々感じておりましたが。

この度のお仕事も大変お疲れ様でした。充実した内容が伝わってきます!
そみ |  2013.10.19(土) 14:27 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
高速のSAというもの、私は逆に知りません~
このあたり、まだ高速道路がないんです。
霧の摩周湖で有名ですが、
私は本当に霧がかかって見えないという記憶が
ないのですよ。
摩周湖と相性が良いのかな?って勝手に思っています。
お勧めは冬の摩周湖です。
回りは全部白、湖面だけが真青。
とっても神秘的幻想的です。
あまりに寒いと湖面が凍って雪が積もるのですが、
この光景は正直おまぬけな感じです。
湖面が見えてこその摩周湖です。
モフモフ触りたいですね。
by 松の実


もーちゃんさんへ
雪虫って是非しらべてみてください。
体全体に白い綿をつけたような小さな虫で
このあたりでは「雪虫」が飛ぶと初雪が近いというのです。
実際に初雪が降る季節のほんの一時しか飛びません。
摩周湖が見えない日は来ないと思いますよ。
今度から今回の手で行こうと思っています。
私と一緒だと必ず摩周湖は見える!と。
by 松の実


そみさんへ
あら、同性に惚れられるというのは最高の褒め言葉ですよ。
相手を選ばなければ異性に惚れられるのは
そんなに難しいことではありませんが、
同性に惚れられるのは簡単ではありません。
どんなに取り繕っても同性はそのヒト自身を
本能で見定めますから・・・・
寒くなってきましたね~
そみさんちのにゃんこって一緒に寝てくれるにゃんこですか?
今度一晩一匹我が家にお泊り体験させませんか?
by 松の実
松の実 |  2013.10.19(土) 15:51 | URL |  【編集】

お疲れ様でした。

しかし、雄大な景色ですね。
こんな景色を前にしたら、毎日チマチマと生きていることが、ばかばかしくなるでしょうね。

空気も美味しいことでしょう。
もちろん炉辺焼きも・・・。

「クリーム童話」って「グリム童話」からなのですか?

道の駅、魅力的ですよね、行ってみたいです。
taki |  2013.10.19(土) 16:24 | URL |  【編集】

松の実さん
うちのトラオでよければ布団の中で脇に入ってきたり、あおむけに寝ていればお腹に乗ってきますのでお勧めです。そうなるまで1週間ほど必要になるかもしれません。(トラオは大食いで早朝2回ほど人を起こしに来ます。)
うちで動作法&トラオ添い寝コースもございますのでご検討いただけましたら幸いです。
そみ |  2013.10.19(土) 17:52 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
クリーム童話・・単にアイスクリームのクリームだと思っていました。
ここの「ミルクココア」が美味しいんですよ。
チーズやバターなども含めて北海道の乳製品の品質の高さは
もう少し評価されても良いと思います。
北海道で作られたチーズやバターがもっともっと広く流通しますように!
たまに雄大な景色を見ると、又明日から頑張ろうと思います。
こういうアテンドは体力的には疲れますが、
私自身の勉強にもなって楽しいことのほうが多いです。
by 松の実
松の実 |  2013.10.19(土) 17:59 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

そみさんへ
ではいつか、その体験コースを申込みいたしましょう。
でも1週間は長いですね・・・
一日コースで仕上がりを見せたいところです。
大食いは大歓迎です。
食べてこその生き物ですから。
そろそろお夕食の時間、
今晩も美味しいものを食べに出かけるのですか?
by 松の実
松の実 |  2013.10.19(土) 18:05 | URL |  【編集】

標茶町の「多和平」、遠い記憶の中で、見た景色のような気がしています。知床半島をパスして、ここへ寄ったような・・・・・・。ツーリングのお兄さんがいっぱいいました。風が強かった。そのあと、雌阿寒岳へ行ったような、、、記憶がおぼろげです。

松の実さん、当方にて、今なら、無理やり1日体験コースご用意できますよ。暖房を切っておけば、添い寝&腹乗り、お手軽に体験できます。どんな態勢で寝ていても乗りますので、どうぞご安心ください。ひひ。
つま |  2013.10.20(日) 15:52 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
つまさん、北海道のあちこちに出没されていたのですね!
多和平は先日も、ツーリングのお兄さんだと思われる方が
テント張ってお泊りしていました。
あんなとこにテントで風に吹き飛ばされないのかと
余計な心配をしました。
どんな体勢でもOKとのことですが、
誰が寝転んでいてもOKですか?
ぶうたさん、けっこう人見知りだと思うのです。
人見知り同士だったら大丈夫でしょうかね・・・
by 松の実
松の実 |  2013.10.20(日) 18:39 | URL |  【編集】

>摩周湖が霧で見えなかったら、結婚できる

摩周湖ってそういう言い伝えがあるんですか?
知らなかった~。
高校の修学旅行で行ったのですが、みごとに快晴で、
すんばらしい景色を見た私です。
だからかぁ~!って、この時500人以上の同級生みんなが
見たってことになります。それも女子高!(笑)
この時に観光バスは松山千春の実家へ寄りました。
今の高校生は知らないかも^^;

釧路はかなり寒そうですが、大阪も肌寒くなって、
柴犬のふわふわした毛が懐かしい季節になりました。
Lee |  2013.10.22(火) 06:18 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

Leeさんへ
寒くなりましたね。
こちらはもういつ雪が降ってもおかしくないような気温が続いています。
摩周湖は霧で湖面が見えないことが多く、
せっかく来たのに見えなかった方のために言われだしたのが、
女性の場合は、霧で見えなかったら「結婚が近い」とか「結婚できる」
男性の場合は「昇進が近い」や「将来出世する」などでした。
その昔、多くの女性は結婚したでしょうし、
多くの男性たちはそれ相応に出征もしていく方が
ほとんどだったので、ま~外れることはなかったのかもしれませんね。
最近はヒトの世界も昔と状況が違いますが、
摩周湖の状況も昔と比べると霧は少なくなっているように思います。
毛むくじゃらの感触、恋しいですね。
by 松の実
松の実 |  2013.10.22(火) 12:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |