2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.02.28 (Fri)

とりあえず、一作目!

昨日は天気が良かった

こんばんわ~
昨日、今日と、釧路は大変暖かく、あの壁のようになっていた大雪も
かなり溶けたようです。
「ようです」と言うのは、私、東京一泊宝塚観劇に出ていたのです。

少し前にかりんさん風来坊さんから
こんな素敵なものをいただいていたのです。

宝塚歌劇創立100周年の今年、全公演観劇を目指していましたが、
なかなか仕事のスケジュールが決まらず、今年の第1作目の観劇は諦めて
いただいたお菓子を食べて眺めて我慢しよう、と思っていたのです。

takarazuka100.jpg
虹色のクッキーを引き抜くと、空いたスペースが客席という大変凝ったパッケージです。
宝塚100周年にあやかって周辺もドンドン儲けてくださいませ。


当初、この時期に中止になった台湾出張が又々復活して入るかも~という状況が
どうも、やっぱり出張はなさそう、網走出張が終われば、もしかして!と思い
慌てて東京一泊の手配と宝塚のチケットを押さました。

まずは1作目

とりあえず1作目、制覇です。
その世界の美しさとジェンヌさんの一生懸命さにため息をつき、
訳の分からない涙を流し、夢の3時間を満喫いたしました。
宝塚観劇は、頭や心、身体にたまった澱を洗い流してくれる
私にとっては一番確実なリフレッシュ手段のようです。

2007年まではご贔屓のスターさんがいましたので、
少しでも前方の良席で、そしてあらゆる角度から何度でもご贔屓さんを見たい!と
思っていたのですが、今は幸か不幸か特別なスターさんはいないので
全体を見渡せる席であれば良いくらいの気持ちになっています。

宿泊したホテルは東京宝塚劇場の真ん前「レム日比谷」です。

東京宝塚劇場の真ん前

8階のお部屋からは劇場が、そして宝塚名物、「入り待ち・出待ち」も見えました。
私もご贔屓さんがいた頃はファンクラブに入って、お揃いの会服を着てしましたよ~。
懐かしい思い出です。


しっかりどっぷりと宝塚を楽しんだ後は、
釧路では食べられないものを求めてフラフラ~。
小雨がぱらついておりましたので、近場で。

鹿児島物産館?の2階にある鹿児島料理を提供するお店にはいりました。
焼酎のメニューがこれでもか!というくらいにあり、
お店の方に「いつも飲んでいる“一刻者”以外でなにかお勧めを」とお願いして
運ばれてきたのが“黒伊佐錦”

鹿児島の味?

頼んだのは、さつま揚げ、くろ豆腐(だったかな?)、画像にはありませんが
だし巻き玉子でした。
さつま揚げは、極普通に美味しくいただき、
お店の方が「甘からで焼酎に合いますよ」とおっしゃったお豆腐も
確かにコクがあって大変美味しかった。
そして、独特の甘さがありました。
玉子焼きは一口食べた時、思わず「あっ、美味しい!」と口に出たくらいに
美味しかった。
ところが、この玉子焼きもお豆腐同様、独特の甘さがあるのです。
釧路の人間も甘いモノ好きで、ミートソースもお蕎麦の出汁も
茶碗蒸しも砂糖がばっちり利いていますし、なんたってフレンチドッグに
砂糖かけて食べてしまうくらいのお砂糖好きですからね。

でも、この鹿児島の甘さは東北海道の甘さとは少々違うようです。
よく言えば「コクがある」悪く言うと「クドイ」と言ったところでしょうか?
玉子焼きは途中で一度飽きて来たのですが、焼酎とともに食べ続けると
又々美味しく感じられてお腹がいっぱいでなければ、
もう一つ頼もうかな~と思うほど、最後の一切れがなくなってしまうのが惜しかったです。
今度は茶碗蒸しを頼んでみたいです。やっぱり甘いのかな?

一刻者も黒伊佐錦も「いも焼酎」なので
一度別原料の焼酎を飲んでみたくてむぎ焼酎の「神の河」を頼みました。
「うひょ~っ!コレってまるで石油飲んでいるみたい!」
なんとも言えない香りでした・・・・
衝撃的な香りと言って良いくらいでした。
あえなくギブアップ。大変良い勉強をさせていただきました。
次はそば焼酎かごま焼酎を試してみたいとおもいます。

「一刻者」は“いっこもん”、「神の河」は”かんのこ”と読むそうです。
教えていただかないと絶対に読めませんよね?
これは鹿児島言葉?


たった1泊の東京観劇ツアーでしたが、目も心も舌も大変満足いたしました。


と、先日、かりんさんと風来坊さんが送ってくださったのがこちらです。

阪急のマーク

クリップなんですけど、何のマークがおわかりですか?
阪急電鉄のマークなのです。

東京でも宝塚は観れて、美味しいものは食べることはできても
阪急電車に乗って、宝塚を観にはいけないんですよね~

関西、いつ行けるでしょう?


おかえり~
21:38  |  その他  |  コメント(14)

Comment

リフレッシュできてよかったです。
可愛いクッキーのパッケージですね。
茶々さんのドヤ顔、、、可愛すぎます

そうそう、松の実さん、宝塚大劇場の前の某インペリアルホテルで
出来上がるまでに30分は待つパンケーキ召し上がりませんでしたか?
私は待つ間に大劇場に集う人々を眺めるのが好きです。
ハイジ |  2014.02.28(金) 21:50 | URL |  【編集】

おー

松の実さん、1泊2日、さすがのフットワークですねv-221

創立100年で、4月5日が、どうしたこうした~の記事を読んでいました。東京宝塚劇場の、外装、素敵ですね~。古いときに、たぶん最後の年ぐらい?に1回、行ってたことを、さっき思い出しました。

入り待ち・出待ち は、拝見しましたが、
おそろいの会服?!初めて、聞きました。
どんな服を、お召しになっていたのでしょう~。

茶々さんの周りにある雪、今ごろの様子でしょうか。新潟は、屋根の雪が全部、消えそうな勢いです。今日は12度ありましたv-237
つま |  2014.02.28(金) 23:01 | URL |  【編集】

わぁ~!!
東京に来られてたのですね。

翌日は早い便で帰宅したのかな!?

もし時間が有ったのなら、美味しい甘味屋サンにご案内したかったです。

…でも、前日の宝塚観劇の余韻が無くなっちゃうかな(汗)

かりんサンと風来坊サンからの素敵な贈り物、宝塚ファンじゃ無くても
可愛いらしくて魅力的('∇`)

茶々チャン『また行くの~!? お土産忘れないでよっ!!』
って言ってるのかな(笑)
ブンタ |  2014.03.01(土) 13:52 | URL |  【編集】

一泊の旅(?)
楽しんできたのね~
でも本当は足りなかったでしょう?
もっと居たかったでしょう??

私は料理で甘いって物はあまり・・・
父ちゃんも同じなので
我が家の砂糖はぜんぜん減りません!
まぁ煮物などを滅多に作らないんで~
砂糖は減らないのかも?(笑)

釧路はもう雪は無いのかな?
旭川はまだまだ雪道路・・・

ボビーまま |  2014.03.01(土) 15:36 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは(^O^)

いつの間にか東京へ行かれてたんですね(*^o^*)
松の実さんの宝塚大好きはハンパないなぁ!(b^ー°)
鹿児島出身のタカラジェンヌと言えば愛華みれさんでしょうか(^^)v

私も好き物や好きな事にはとことんハマるタイプです♪

あぁ~鹿児島のお料理屋さんは「〇ちに…」ですね!!

私、豆腐は食べた事ないけど玉子焼きは食べました!ホント甘いですよね…(>_<)でも松の実さんに気にいっていただけて良かったです♪~θ(^0^ )
「いっこもん」「かんのこ」私でも読めませんというか~言われたら、あぁ~なるほどねって感じです。

だいたい鹿児島弁は省略したり語尾を「ん」に変えたりするのが特徴なんです。

ん…なかなか難しいです。

今日から3月まだまだ寒い日々が続きそうですね!

最後の茶々ちゃん迫力満点(^з^)-☆Chu!!

ゴン太 |  2014.03.01(土) 18:51 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
想定内の1番乗り、ありがとうございます。
パンケーキは食べていないです~
私の1泊2日のスケジュールでは、
パンケーキを食べる時間はないですね・・・
だって、12:15分に羽田に着いて、
13:30からの宝塚を観劇して17:00少し前に観劇終了です。
夕食にパンケーキも寂しいですし・・・
翌日の朝食?ブランチでしょうか?
頑張って食べるとしたら。
このパッケージの凝り具合!
夢の世界に集う人間からお金を出させようと思ったら
これくらい工夫しないとね!と思うと同時に
さすが某有名菓子店だと、思いました。
by 松の実



つまさんへ
1泊2日は短いですよね~
ただ、関西だと宝塚大劇場近辺を歩いているだけで
「宝塚」の雰囲気を味わえるのですが、東京だと
近くはやっぱりただの「東京」なんですよね・・・
なんて言ったら東京の方々に怒られそうですが・・・
私も古い東京宝塚劇場の最後の年、最後の公演を観ましたよ。
確か真矢みきさんの花組公演でした。
会服って、公演ごとに買わされるのです
(一応希望者のみですが、入待ち、出待ちの際は
着用することが原則となっているそうです)
羽織るタイプのものや夏だとTシャツなどでした。
ストールくらいではダメなのかな~と密かに思っておりました。
正直、「群れる」ことが苦手な私はとても恥ずかしかったです。
by 松の実



ブンタさんへ
帰りはお昼ごろの飛行機です。
1泊2日で、今回の様に阪急系列のホテルに宿泊すると
お部屋のテレビでCS2の宝塚のチャンネルが観られるので
どうしても宝塚一辺倒になってしまいます。
関西では外でも宝塚を味わえるのですが、
東京はホテルと劇場のみ「宝塚」なのです。
このお菓子は某大手の菓子メーカーさんなのですが、
よくヅカファンのために工夫してお金もかけて
製作しているな~と感心します。
せっかくの100周年、ファンはお金を出してハッピーに
企業はお金を儲けてハッピーになれたら良いですよね。
by 松の実



ボビーままさんへ
それがですね~東京は1泊で良いのですよ。
コレが関西だと3泊はしたいところですが・・・
どうしてでしょうね・・・
関西だと宝塚の街や大阪も楽しもうと思うのですが
東京を楽しもうとはなかなか思えないのです。
学生時代の嫌な思い出のせいでしょうか?
旭川地方は味付けに砂糖を多用しませんか?
東北海道は甘いですよ~
甘からの味付け、焼酎には合うんですね。
雪は残っています。
道路上にはさすがにありませんが、脇にゴッチャリ残っています。
by 松の実



ゴン太さんへ
そうなんです~もうここまで来たら
一生宝塚ファンでいると思います。
愛華みれさん、明るくておおらかな芸風が持ち味でした。
愛華さんの宝塚時代の舞台、けっこう見ています。
お披露目も退団公演も見ています。

あのお店、鹿児島にもあるのですか?
飲み物メニューもお食事メニューも充実していて
「黒豚」が売りのようでした。
お豆腐も美味しかったですよ。
玉子焼きもお豆腐もたしかにあの甘さが焼酎に合うようでした。
又、行ってみたいです。
うふふ~ゴン太さんは「一刻者」も「神の河」も
ご存じないだろうな~って思っていましたよ(笑)
まだまだ春は遠い東釧路ですが、
道路脇の雪は日に日に少なくなってきています。
と言ってもこれからも降りますけどね。
by 松の実
松の実 |  2014.03.01(土) 20:16 | URL |  【編集】

楽しそうですねぇ♪
うちの母が女学生のころはファンは各組別で同じ上着を着たりしたのよーって言うてましたわ。あのころからはかなり細分化しているようですね。私の回りはおっさんとおじいさんのヅカファンが多くてみなで一緒に劇場に行くと微妙(笑)
私も1泊2日や2泊3日でNYなどに突撃観劇にいきますが(さすがに日本へ2泊4日とかはしんどすぎてもう無理)、そういうときには遠隔地は面倒だなとつくづく思います。うちにくらべたら釧路から関西は近いですよ、是非次回は関西で!
母兵衛 |  2014.03.02(日) 03:02 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。
すっかり楽しまれたご様子、何よりです。
私自身は宝塚のことには疎いのですが(一応観たことあります)
有名人がよく来る某店に勤めてる友人曰く
今までで一番オーラのすごかったのは大地真央さんだったとか。
「女王様かと思った」そうです。
スターたる資格と言うか才能と言うか、そんなものに恵まれた方が
それを許される環境にどっぷりと浸かって
スタイルを完成されるのでしょうか。
鹿児島のお料理は焼酎と合うようにできているのですね。
確かに、市内でいただいたラーメンのお汁が微かに甘かった記憶が・・・
北と南とに住む人たちがそれぞれ「甘目」を好むって言うのも興味深いです。
だけど…フレンチドッグに砂糖!?気合入ってますね(笑)
emihana |  2014.03.02(日) 06:54 | URL |  【編集】

一作目制覇おめでとうございます~♪
虹色のお菓子のパッケージ素敵ですね。舞台が現れるなんて凝ってる~。
空き箱とはいえ、捨てられませんね(*^_^*)

鹿児島のお料理美味しそうです。
昔、卒業旅行で鹿児島に行きました。
「酒寿司」が印象的でした。甘いお酒で作られた散らし寿司にビックリでした。
茶碗蒸しも甘いのか、興味津々です。
ゴン太さん、どうなのですか~?教えてください~(^O^)

関西、いついらっしゃいます???(笑)
お待ちしています~♪
milleco |  2014.03.02(日) 13:55 | URL |  【編集】

松の実さん こんにちは(*^-^*)
少しご無沙汰してしまいました…

最近さくらサン♪のことが多く第一次介護期がそろそろ到来しそうです

東京いかがでしたか!?
宝塚楽しまれたようですね(o^^o)

卵焼きホント美味しそうですよ

松の実さんには「神の河」合いませんでしたか!?
わたし昔よく飲んでいた焼酎です
今は「吉四六」ばかりですが… 麦焼酎派なものですから

いつか一緒に宴会しましょうねヘ(^o^)/
さくぴょん |  2014.03.02(日) 15:44 | URL |  【編集】

まず「茶々さん、お邪魔いたします」と言わないといけない様な
最後の写真の目線ですね!

taki夫の兄は、義姉の故郷に暮らす事を選び、鹿児島におります。

以前、お正月にTaki夫の実家に集まった際は
コックだった義兄が、鹿児島の料理でもてなしてくれました。

美味しかったけれど、甘かったです。(笑)

今も、盆暮れには「さつまあげ」を送ってきてくれますが、甘いです!
taki |  2014.03.02(日) 16:26 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

母兵衛さんへ
大昔は、スターさんを応援するのではなく
宝塚そのものを応援する気質が強かったようですね。
やはりベルばら以降、そういった気質が薄れていったのでしょうか?
今も最終的には「宝塚」なんですけど。
お気に入りのスターさんを応援するのも
それはそれで楽しいです。
特にけっこう若いウチから良いな~と思って見ていた方が
力をつけて行って重要な役をもらったり、
トップスターに上り詰めたり姿を見るのとても感慨深いものがありました。
今月は関西に!と心ひそかに思っているのですが、
公演と休みがうまく合わないようで・・・
by 松の実



emihanaさんへ
!私も実は同じことを思っていました。
南と北で砂糖味が共通?って!
北の人が甘いものや脂肪分を好むのはなんとなくわかる気がしませんか?
厳寒の地で生きる本能というか・・(大げさ!)
南の地が甘いものを好む理由はなんでしょうか?
酷暑に打ち勝つため?ではないですよね・・・
一つだけ今回の食事処で分かったのは、
鹿児島の焼酎には鹿児島の甘味の効いた料理が一番合うということです。
大地真央さん、鳳蘭さん、天海祐希さん、麻実れいさんは
スター中のスター。
トップスターになるべく生まれたような方々ですよね。
私がご贔屓にするのはどちらかというと、
極普通のお嬢さんが運をつかんでスターさんになった方が多かったです。
少し前に週刊誌で叩かれていた松あきらさんのファンでもありました。
by 松の実



millecoさんへ
私もこの凝ったパッケージに「儲けるぞ~」という気概を感じました。
宝塚ってファンからお金をどんどん出させる所なんですが、
企業もしっかり努力と工夫をしているな~と思います。
関西、今月の3連休にからめて行こうかな~なんて密かに思っていたのですが、
今日色々調べると、私の旅行計画と宝塚の公演と飛行機の時刻がうまく合わないことがわかりまして・・・
思案中です。
甘いお料理たち、焼酎にはバッチリでした。
焼酎が先にあって、料理は焼酎に合わすために
発展していったのでは?と思うくらい。
そうそう、鹿児島の物産館では鹿児島産のごまが
お手頃価格で売られていました。
いりゴマ、すりごま、練りゴマ、ありました。
by 松の実



さくぴょんさんへ
さくぴょんさん、麦焼酎派なのですか!?
それは驚きです。
一番最初に焼酎なるものを飲んだのが、宮崎の木挽だったのですが、
その時もかなりの衝撃だったのです。
なんと強烈な香りなのかと・・・
それから数年して同僚が鹿児島から焼酎を買ってきてくれたり、
一刻者を勧められて飲むと、意外や意外、美味しい!
匂いも全く気にならない。むしろ良い香り~
で、今回の麦へのトライとなったのですが・・・
残念です。
さくぴょんさんとの酒盛りでは
芋でご一緒させていただきたいと思います。
さくらさん、貧血や腎臓の他に身体的なことでしょうか?
ワンコの介護ができるのは、とても贅沢で幸せなことだと思います。
介護中は大変なこともたくさんありましたが、
それでも、すべてのワンコが介護してもらえるわけでもなく、
すべての飼い主が介護できるわけでもなく、・・・
なかなか得がたいことだと思っています。
第1次、第2次、第3次・・・・第6次・・・
第12次・・・・なるべくゆっくりとたくさん介護の時間を
楽しまれますように!
by 松の実



takiさんへ
鹿児島のさつま揚げとこちらのさつま揚げは
おそらく同じくらいの甘さだと思います。
以前鹿児島から送っていただいたさつま揚げに
全く違和感を感じませんでした。
鹿児島の甘いお料理の数々、
東北海道のようにただ単に白砂糖を使っているだけではない
もう一味なにか入っているような気がいたしました。
でも、私の舌はあてにならないですから・・・・
いつか本場鹿児島に行って、
美味しい焼酎とともに焼酎に合う甘い
郷土料理をいただいてみたいものです。
茶々のふてぶてしさが良く出た画像だと思います。
こうやってリビングの真ん中で、いつも私達を見つめつつ
我が家の主を務めていたんですね。
by 松の実
松の実 |  2014.03.02(日) 21:11 | URL |  【編集】

お嬢様
わたくし 今日ちょっと興奮してますの。
だってね 先週 夜中BSで偶然宝塚見たのですよ。

1998年の古いやつだったけど 見入ってしまいました。
真琴つばささんと・紫吹純さん・風花舞さん?
だったかな?
真琴つばささんって わたくしの中では
お笑い的立ち位置にいたので(現役の時知らないので)
あれ~  失礼だったわと思ったのです。

でも 紫吹純さんの歌の時のほう 拍手が
多かったように思えたけど
主役が真琴つばささんだったから 真琴さんが
トップスターだったんですよね?

夜中 宝塚を見たと
現役女子大生のご学友に話したら
その子の妹は修学旅行で宝塚観劇したそうです。
おしゃれな学校です。
そして 出待ち 入り待ちの時 ファンの方は
座って待つと教えてもらって
お嬢様の今日のブログにも座っているファンの
姿があって   おーーーー って感動しました。

夜中 月に2回ぐらいやっているみたいので
次回も見たいとおもってます。

では 御機嫌よう。
こ |  2014.03.02(日) 21:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こさんへ
NHKBSで、たまに古い舞台中継を放映していますね。
昔はけっこう頻繁にNHKで放映してくれたものですが、
10年ほど前からCSで宝塚は自前のチャンネルを持っているので
外での舞台中継をあまりさせなくなりました。
それはそれで新規のファン開拓に問題ありと
ファンの中でも言われているようです。
真琴つばささんと紫吹淳さんは
長らくトップスターさんと2番手さんの関係でした。
2番手スターさんのファンというのは色々と頑張るものなのです。
拍手しかり、グッズの買い取りしかり・・・・
次のトップの座を確実なものとするための努力を
スターさんもファンも一緒になって頑張るのです。
真琴さんの今の、お笑い?のような地位は、
彼女が普通の芸能界で自分が生きていく道を模索する中で
見つけたものだと思っています。
男役のトップさんが、芸能界で生き残るのは至難の業だと思います。
娘役さんのほうが潰しがきいて生きやすいかも。
by 松の実
松の実 |  2014.03.03(月) 19:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |