2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.05.24 (Sat)

食べて食べて、又食べて。

こんばんわ。
大雨と雷、そして、なにやら物騒な事件もあった台北から
昨晩無事4泊5日の日程を終えて帰ってきました。

疲れた~
ぎっしりと詰まったスケジュールのせいか、
あるいは一緒に行ったちょっとお偉い気の張るおじ様達のせいか、。
あるいは単なる私の老化のせいか・・・疲れました。


昨晩、疲れてボケた頭で釧路空港に到着した私は二つ預けた荷物のうち、
一つだけピックアップして帰ってきてしまいました。
本日午前又々釧路空港まで行き、
誰もいなくなった手荷物受取り所のターンテーブルで一つ寂しく回っていたであろう
私のガーメントバッグを受け取ってきました。
その空港への道に咲いていたオオバナノエンレイソウ、そして手前は
釧路湿原によく見られる「やちぼうず」です。

やちぼうずとオオバナノエンレイソウ-2

今回の台北出張では、これまでの観光客或いは国際航空便誘致とは別に
釧路日台親善協会とともに、今後、民間交流を活発にさせるための
視察も含まれておりました。
初日の訪問先は、何故か私が心惹かれ、昨年の秋にプライベート旅行でも
訪れた台湾の東の街「宜蘭」でした。
宜蘭県の知事さんとお会いしたり、「設置記念館」を視察したり・・・
次に台北に遊びに来るときはやっぱり宜蘭まで足をのばそうと思った私に、
お仕事でお知りあいになった雑誌の編集長が言いました、
「宜蘭って東北海道と似ていると思わない?東北海道はまさしく日本の端っこで
今も交通の便が良いとはいえず、宜蘭もつい数年前までは
恐ろしいくらい交通が発達していなかった。
だから宜蘭にはもっとも台湾らしいところがたくさん残っていて
東北海道にはもっとも北海道らしい魅力が凝縮されていると思う」と。
なるほど、と思いました。
だだ広くって、車がないと、なかなか思うように観光ができないところなども
共通点かもしれません。
宜蘭訪問の後は台北市動物園へ、今や台北市民となった釧路のタンチョウ、
ビックと貴華に会いにいきました。
2羽とも元気にしていました。

2日目、3日目は旅行会社訪問でした。
大雨の中(と言ってもチャーターした車付き)を一日6社、
おみやげとパンフレットを抱えて釧路地区のPRと今後の傾向の聞き取りでした。
今回夕食はすべて、動物園関係者(台湾料理)、旅行代理店(海鮮料理)、
台湾メディア(海鮮料理)などとの懇親会でしたので、
昼食だけは自分の好きなものを選択できる貴重な時間でした。


21日のお昼ごはん

21日のランチは、小籠包。
一緒のおじ様達も慣れない上に、やたらアチコチと引っ張りまわされるストレスを
食事で発散させようとしているのか、とても良く召し上がっていました。
小籠包、蝦餃子、もち米焼賣、酸辣湯、空心菜の炒めもの、
肉まん、餡まん、それにチャーハン!
時間が余ったのでお茶は金柑茶をいただきました。
ほんの数年前に初めて水果茶(フルーツティ)なるものを台北でいただき
その強烈に甘い香りの虜になりました。
この金柑茶、台湾の干し梅が一つ入っていまして、
時間が経つとそのしょっぱ酸っぱい梅の香りと味が濃くなっていったのが
少々くどかったです。
ハーブティは日本でもアチコチにありますが、
フルーツティーもあるものでしょうか?

22日nお昼ごはん

22日は一緒にまわる通訳兼ガイトの方のお勧めで
雲南料理でした。
ここの料理はどれもあっさり、さっぱり、しかもでてくる量も極めて上品。
ちょっとお偉いおじ様達には物足りなかったようで、ラーメン、お焦げ、
チャーハンを追加注文、全部食べていたのは偉い!

このお店、わざわざ使われている食材の実物を持ってきて見せてくれます。
見せてくれたら持って帰ってくれたら良いのにテーブルに置いたままです。
右下の準備中のお野菜は、台湾産のこごみ、だったかゼンマイだったか・・・
元々私の知識の中でいつもこごみとゼンマイがごっちゃになっているので
どちらとおっしゃったのか忘れました。

22日の夕食

最後の夜は台北在住の旅行作家さんおすすめの海鮮料理でした。
海苔の煮付けや、トビウオの玉子を混ぜ込んだソーセージ、
美味しいシーフードソースのかかった伸びて団子になった素麺(ビーフンではない)、
サボテンのシャーベット等など、珍しいものをたくさんいただきました。
右上はヘチマですが、今回2度ほどヘチマを食べたのですが、
居合わせた日本通の台湾の方が「日本人はヘチマといえばお風呂で使う
タワシだよね?」と言いました。
確かに私達はへちまを食べませんが、用途はタワシだけだったかな?と
考えてみたのですが、思いつかず、「そうだね、タワシだね」と言っておきました。
台湾で食べるヘチマ、そのシャキシャキした食感がとても楽しくて美味しいのですが、
日本のヘチマと品種と違うのでしょうか?

食べていたか、しゃべっていたか、車に乗っていたかの
4泊5日が終了しました。

旅行会社にいたワンコ

22日の最初の旅行会社にいたワンコです。
私達が釧路の観光パンフレットを広げて説明している隣の部屋から
ずいぶんと太い鳴き声が聞こえてきていました。
飼い主の声はするのに、ドアが閉められて、寂しがっているとのことでした。
帰り際に会わせてもらいました。
12歳のハッピーさんでした。
私のワンコは20歳で旅立ったことを伝えると、
「ハッピーも後8年、頑張ってくれるかな?」と。
前日の疲れがこのハッピーとの出会いで半減いたしました。

とは言うものの、やはり台北は仕事で行くところではありません。
プライベートでぶらぶら、のんびりと街歩きを楽しみお茶を楽しむ街だと実感いたしました。

最後にめずらしくつながれている茶々です。
何年か前のちょうど今頃の風の強い日だったようです。

[広告] VPS


明日一日でしっかり目を覚まし、月曜日に備えようと思います。
20:49  |  その他  |  コメント(15)

Comment

おかえりなさ~い♪
久しぶりぶりの一番よ~♪
ななチロママさんがいらっしゃる前にっ!(笑)
読んできました
私も相当なもんですけど荷物をとり忘れるってこと・・・ないですわ(笑)
それは一刻も早くお家に帰ってゆっくりしたい~っという
気持ちが強かったんではないでしょうか?
ハッピーさんはお洋服を着ているのですか?
台湾、こちらより暑いですよね?もう冷房が入っていて
寒さ対策に着ているのでしょうか?
茶々さんが風に吹き飛ばされないように繋がれているのですか?
普段から自由なわんこって繋がれ方が下手ですよね(笑)
ハイジ |  2014.05.24(土) 21:59 | URL |  【編集】

お疲れ様~
うん、わかるよ!
前よりも疲れた?
それは残念ですが・・・〇のせい(-"-)

私も同じ行動しても次の日に「疲れが残ってる!」って思うことが多くなりました・・・
ましてや松の実さんは海外!!
疲れて当然!!

慣れない人と一緒に行動するって
疲れます・・・

しっかし寒いね(^_^;)
明日はあっちこっちの小学校で運動会です。

ボビーまま |  2014.05.24(土) 22:37 | URL |  【編集】

空港まで荷物を取りに・・・。

やっぱり、相当、お疲れでしたね。

でも、バレーいらっしゃったとか。

松の実さん、まだまだバリバリですね。

大きな緑のヘチマは、化粧水とかタワシになりますね。

沖縄では茶色のヘチマ(ナーベラー)食べますね。
私も何度か炒めて食べた事があります。


茶々さん、エチエチ歩いてる・・・。
taki |  2014.05.24(土) 22:47 | URL |  【編集】

おかえりなさい!お疲れさまでした。
しかし凄い料理ですね~。たらふく食べて満足でしたか(^.^)
通り魔事件怖いです!すぐに松の実さんの顔が(拝見してませんが)浮かびました。

動く茶々ちゃん久しぶり。可愛いです。動きが可愛いです。風が怖いのかな?
ななチロママ |  2014.05.25(日) 10:43 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは。そしてお疲れ様でした。
いや~何が懐かしいって、点心の数々が懐かしい。
そして今さら思い出すのですが、中華料理は油も使うけど
緑の野菜を多く使うと言うこと。
オーダーを告げて「好了」と言うと、必ずと言って良いほど
「青菜要不要?」と聞かれました。
だけど結局みんな油で炒めてあって・・・
お茶をがぶ飲みすればいいんでしょうね。
やっぱり日本人があの食生活をすると間違いなく太ります。
松の実さんは台湾にいらした頃いかがだったのでしょうか?
今と変わらずスリムな体型を維持してらしたのですか?

茶々さんが繋がれているのすごく新鮮です(笑)
確かに少し何かを気にしているような・・・
風のせいだったのでしょうか。
emihana |  2014.05.25(日) 11:24 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
台北のお家(屋内)は年中冷房が入っていると思います。
なんでも、空気がいつも流れていなくては
イヤなんだそうです。
ビルの壁や床は寒々しいので、
このワンコも洋服を着せてもらっているのだと思います。
お腹も冷えてしまいますしね。
家に帰ってくればきたで、父の発する音がうるさくて仕方がない・・・
そして思うことは、やっぱり台北に行きたい、です。
by 松の実



ボビーままさんへ
本当に寒いですね。
金曜日の夜からストーブがつきっぱなしです。
そちらでは無事に運動会が開催されたのでしょうか?
お隣釧路町では、「日本一遅い桜まつり」だったそうです。
やはり「年」のせいですね。
そうだと思っていました。
台北に慣れていないヒト、私にとって慣れないヒト、
両方とお仕事するのはなかなか厳しい状況でしたが、
お偉い方々をかまってあげる時間もなくて・・・
「なんだあいつは!」と思われているかもしれません。
by 松の実



takiさんへ
はい、相当ボケていたようです。
行きはスーツがなければ仕事にならないと
預けなかったガーメントバッグ、
帰りはもうどうでも良いや~と預けたのが悪かったようです。
空港からお電話をいただいたり、
空港に働くお知り合いからメーッセージをいただいたり
ご迷惑をお掛けいたしました。
疲れている時こそバレエです。
茶々を撫でられない今、バレエがほぼ唯一の
ストレス解消方です。
エチエチ歩いていますが、ちゃんとリードを
またいでもいるんですよ。
by 松の実
松の実 |  2014.05.25(日) 17:28 | URL |  【編集】

松の実さん おかえりなさい(o^^o)

長い出張お疲れさまでした
ステキな出逢いもあったようですね

お疲れを出さないようにしてくださいね
さくぴょん |  2014.05.25(日) 18:37 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ななチロママさんへ
どの料理もそれなりに美味しいいことは美味しいし、
お腹もいっぱいになったのですが、
やはり仕事中であり、普段は馴染みのない方との
お食事はあまり楽しくはないですね。
せっかくのお料理もその魅力は半減です。
あの事件も寝る前のほんの10数分つけたテレビで知りました。
乗りあわせた乗客の恐怖を思うとこちらも
息が苦しくなります。
by 松の実



emihanaさんへ
台湾では、中国各地の料理が食べられるんですよ。
蒋介石が台湾に渡った際に、
優秀な料理人を引き連れてきたからと言われています。
台湾の方は「海鮮料理」が好きなようですが、
私は、オーソドックスな台湾料理や
四川、上海あるいは牛肉麺などのB級グルメが好きです。
シーフードは釧路で食べるのが一番美味しいです。
そうそう、中華料理は大量の野菜を消費しますね。
サラダではなく皆火を通していただくので
量も多いです。
基本的に体型は大きくは代わりませんが、
台湾時代のほうがほっそりというか
華奢だったと思います・・・
日本ではセーブしても、炭水化物を取るせいですね、きっと。
茶々、この頃もう少しボケていたので、
どうして好きなところに行けないのか
不思議だったのかもしれません。
by 松の実
松の実 |  2014.05.25(日) 18:47 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さくぴょんさんへ
ただいま~何とか無事に帰ってきました。
肉体的にも精神的にも疲れている時に
ワンコとワンコを愛するヒトに会うのは
心からホッとする一時です。
ハッピーさんにも長生きしてほしいです。
この次またプロモーションに行った時に
会いたいです。
by 松の実
松の実 |  2014.05.25(日) 18:50 | URL |  【編集】

おかえりなさいまし~。

じーさん達のお守りは厄介(オナゴがアレコレしてくれるのが当然!と言う態勢が刷り込まれ過ぎの古い日本男児wは厄介ですな、ウェッw)だったでしょうが、まぁ兎に角にも、無事の後帰還めでたしめでたしデス。

へちま、瓜系ラヴな自分は食べたいかも♪
って、松の実さん、台湾で仕事したほうがいいような気がしますが、もう冒険はしないのかな?
ほぼ北極圏に近い人は、リアル北極圏にサマーハウスが欲しいのだ |  2014.05.25(日) 20:38 | URL |  【編集】

お疲れ様でした。
私なら、出発前の、資料をチラ見しただけで、疲れでそうですよ~
疲れた~の茶々さん、可愛い♪

小籠包食べたい!肉汁たっぷり?

介助犬を卒業したワンのようなイメージのハッピーさん、目指せ!茶々さん!だよ~!
茶々さんのことを知り、ハッピーさんの飼い主さんは、勇気というか自信というかまだ続く幸せというか…きっと何か良いことを得たと思います!
鶴菊 |  2014.05.25(日) 22:03 | URL |  【編集】

あ、
レモンティーやアップルティーは、フルーツティーのお仲間ではないのでしょうか?
私は、紅茶よりコーヒー。…よりアルコールですが。。。。
鶴菊 |  2014.05.25(日) 22:19 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ほぼ北極圏に近い人は、リアル北極圏にサマーハウスが欲しいのださんへ
おじさんたち、せめて自分の管理はスケジュールも含めて
自分で責任を持って欲しいと思いましたね。
わからないのなら、ただ、何も黙ってついてきほしいと思いました。
私のほかに女性市議がいらっしゃったのですが、
さすが、女性は違います。
自分のやるべきことをモクモクとされていました。
一人でサッ行動もされるし・・・
日本の男性は・・・とつい愚痴がでてしまいます。
台湾で仕事、良いですね。
一人で生きていける仕事があるのなら、
帰りたいですね、台湾に。
でも、私に何ができるかな~と考えてしまうのです。
20年以上一つの場所に住んだのはこの釧路が初めてです。
気がつかないうちにお尻に根が生えてしまったのかもしれません。
ヘチマ、こんど台北で食べましょう。
by 松の実


鶴菊さんへ
行く前の地獄の日々と、
今日から始まった残務処理(復命書書き準備)の地獄の日々、
案外、台北でスケジュールを全うすることに
全勢力を傾けていた4泊5日のほうが楽だったのかもしれません。
小籠包はもちろん肉汁たっぷりです。
台北ではこういった粉物系を食べていれば
至極満足な私です。
あっ、関西を初めとする旅行先でも
その土地の粉物を食べていれば幸せです。
確かにアップルティ等はそうなのでしょうが、
台北のように生のフルーツがちゃんと入っているのも、
日本の都会では一般的でしょうか?
この辺りでは見かけなくって・・・
数年前に初めて飲んだフルーツティは柑橘類を中心に
バナナやリンゴも入ったお茶で
とてもゴージャスな香りがいたしました。
もちろん私もアルコール派ですよ。
by松の実
松の実 |  2014.05.26(月) 22:27 | URL |  【編集】

松の実さん、おかえりなさ~いませ。

飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~♪
なら、松の実さんのイメージですが、食べて食べて~だったのですね。数々のご馳走のお写真に、圧倒されました。
生のフルーツ入りのティー!
桃の紅茶のCMでやっているのを見て、「私もやってみる!」と言ったら、ダンナに、「そんなわけないじゃん」と言われました・・・が、あるんですね!!飲んでみたい~!
フレェーバーティというんでしょうか?

4泊5日、お疲れ様でした。
お忘れ物、1個でよかったですね!
行くときに預けなかったら、忘れますよね。
つま |  2014.05.27(火) 08:29 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
一緒に行ったおじ様たちのうち、半分は飲まない、
飲めない方々でして、ま~盛り上がらない宴会の3晩でした。
フルーツティー、かなり甘酸っぱいです。
私はその酸っぱさも気に入っております。
桃の紅茶のCMは記憶にありませんが、
桃を入れるとは贅沢ですね。
桃で思い出すのが、釧路の老舗カクテルバーで
桃の季節しか作らないカクテルをいただいたことです。
とても上品な甘さでいつまでもいつまでも飲んでいたいものでした。
あっ、やっぱり私って飲んで飲んで飲んで~かもしれません。
あはは~預けた荷物2つとも忘れてこなくて良かったです。
そうだったら疲れを通り越して、脳の検査に直行ですね。
by 松の実
松の実 |  2014.05.27(火) 20:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |