2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.07.14 (Mon)

もっと苦手なものは

こんばんわ。
昨日、今日と珍しく暑い釧路です。
正確に言うと、気温は大したことありません。
でも、湿度が高いので、ちょっと動いただけで汗になります。
こういう日は自分が急にお相撲さんになったような気分になります。

気になる

私の苦手な物・・・・すでに何度なくこちらで繰り返し訴えてきましたが、
お祭り、ニョロ(+長いお魚全部)、団体行動、そして子供・・・ナドナド。

子供が苦手、中でも、子供の叫び声、スーパーやイベント会場やその他
アチコチで子供が思い通りにいかなくて発する泣き声やら金切り声が苦手です。
大人げないと思いつつもあの声を聞くとつい「Shut up!」とこちらが叫びたくなります。

ちなみに、私は子供の頃、大変おとなしく聞き分けの良い子だったそうで、
路上等で喚きながら駄々をこねる子供を見ると、母が言っておりました。
「アンタは、ああいうことは一度もなかったから、ホント助かったわ~」と、
時に私がいかに良い子であったかと持ち上げたと思えば
ある時は、「ああいう子供は親が悪いのよ。子供だってちゃんと言い聞かせれば
言うこと聞くものよ。私はアンタにあんな真似はさせなかった」
と自分を褒め称えるのでした。

後年、この「いい聞かせればわかる!」を茶々にも実行していた母でした。
避妊手術後、エリザベスカラーをつけて退院した茶々、
翌日、私が仕事から帰ると、エリザベスカラーが外されています。
「お母さん、ダメだよ。茶々が傷口舐めたり、
引っ掻いたりしたらどうするの」と抗議する私に
「大丈夫だよ。ちゃんと、舐めたり掻いたりしたら、もっと痛くなって病院だからね、
って言い聞かせたから。茶々、良い子にしているよ。
あんないづくらしい物つけられたらストレスで性格が曲がっちゃう」
茶々に関しては母が法律でしたから・・・それに確かに茶々は良い子だったのです。

おだまり~

話がずれました。
ここ最近、子供の泣き声、わめき声よりさらに苦手な声が増えました。
それはそれらの子供の泣き声を叱る母親の
感情任せのチンピラ紛いの言葉と声の数々です。

少し前のショッピングセンターのお手洗いで、
母親と子供が一緒に個室にはいっていて
子供の火がついたような泣き声とともに
母親の「泣くな!泣くなって言ってるだろう!うるさい。
飲め!早く飲めって言ってんだよ!」という声が
子供の泣き声よりさらに大きく響きました。
お手洗いは混んでいて、そこに居合わせた皆が
とっても不安そうな顔を隠せませんでした。
母親の口調は激しいままでしたが、
子供の声が段々と「ウェウェ、お願い。お願いだから」という
か細く懇願になってきたので、皆ヒソヒソと「大丈夫かしら?」と言い合う始末。
あの女の子、ああいう状態が毎日ではないことを祈るばかりです。
そして女の子が大きくなった時にあのお母さんのようにはならないでほしい、
と勝手なことを思ったのでした。

先日夜のローソンでも同じような場面に出くわし、狭いお店の中が氷つきました。
この時の母親は「まずい」と思ったのか、或いは感情的になりすぎたことを理解したのか
店の雰囲気を察知して、静かに子供の手をひいていました。

お疲れが癒えますように

お母さんたち、疲れているんでしょうか?
子供を自分のイライラのはけ口のように叱るのは止めていただきたいです。
子供を持たなかった私がこんなことを言っても
「何、言ってんじゃ!」と思われるだけかもしれませんが
イライラをぶつけられた子どもたちを見るのは辛いものがあります。


昨日の夕食です。
前回も書いたようにイカの美味しい季節です。
イカ刺しをたんまり、生姜醤油でいただきました。
最初は多すぎる~と文句を言っていた父も
「このイカ、美味しいからいくらでも食べられる」と完食。

イカ刺したんまり

小さくて身が薄くて柔らかくて甘いイカの季節もあっという間に過ぎていくことでしょう。
旬のものって良いですね。

そしてある日の夕食。
オカズが思いつかず、サクランボと六花亭の「土用餅」、
デザートで舌もお腹も満足させました。

オカズの少なさはデザートでカバー

紫龍さんが、楽しい老犬生活を送っているので
どんな格好でご飯を食べても怒られないし、ヨシヨシと言ってもらっています。

茶々は若い頃から股関節の柔らかくて、
今の紫龍さんと同じポーズが得意でした。
バレエを10年続けてもまだちゃんと開かない私は羨ましいです。

股関節は柔らかいです
23:48  |  その他  |  コメント(23)

Comment

お〜、茶々さんも、やらわらかいですね〜。
うらやましいです。
紫龍さんも、そうですね!
私は、どんどん硬くなって、焦っています。
おばさんバレエやりたいと思うぐらいです。(無理とはわかってます)
イカの美味しさは、もう間違いないですね!
はぁ〜、うらやましい〜〜〜。
ところで、六花亭の「土用餅」というのは、六花亭だけのものでしょうか?おはぎのようにも見えます。

親御さんの、こどもへの口調、胸が痛みます。
つま |  2014.07.15(火) 00:05 | URL |  【編集】

土用餅は 生協でも扱っていますが
あんころもちが冷凍になるなんて! と
最初はびっくりしたものでした
解凍しても 全く違和感がないので
なんでも冷凍にできるのか~ と
なんとなく感動しています

叱らない母親も困ったものですが
乱暴な言葉や ヒステリックな声は
周囲にも マイナスのエネルギーを
まき散らされているようで つらいですね
あ それから 最近よく出会う光景で
スマホばかり弄っていて 子どもが話しかけても
全く無視している母親
これも 見ていて非常に心が痛みます
かりん |  2014.07.15(火) 06:27 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。
一枚目の茶々さん、何とお行儀の良い立ち姿。
さすが「言って聞かせてわかるワンコ」さんだけのことはあります。
はなも子犬の頃は怪獣でしたが、それ以降、普段は
聞き訳が良かったと思います。
でもエリザベスカラーを外したら・・・きっと舐めます。
だから茶々さんはすごいな、と思うのです。
お母さんはたくさん我慢をするんですよね。
私は自分を見ていて、子育てをしていないから
我慢が足りないな、といつも思います。
だから子育て中の若いお母さんもきっと、今
我慢の勉強中なのかもしれません。
ただ・・・乱暴な言葉や態度と言うのは確実に
子供に伝わって行きます。
時々は子供を無条件で安心させるような優しさで
包んであげてほしい、そんなことを言うのが気が引けるのは私も同じです。
茶々さん、そのペタンと言う寝姿、はなはしませんでした。
私に似て、体が固かったのかもしれませんね。
emihana |  2014.07.15(火) 06:30 | URL |  【編集】

茶々様、そのまま食卓椅子2脚の上で寝てみて~
(笑)

ところで「あんないづくらしい物」ってどういう意味?
同じ北海道人だけど初めて聞いた言葉です。
「いづい」って事かな?

私の職場にもいろんな親子関係があって
ここでは書けないような内容も多々・・・
みんな茶々様とお母様みたいな親子関係だったら良いのにね♪

それと思うのは・・・
最近、子供といる時間が短いお母さんが多いと思う。
きっと話し合う時間も足りないのかも?

ボビーまま |  2014.07.15(火) 09:27 | URL |  【編集】

茶々ちゃんはホントお利口さんだったんですね。松の実さんとの共通点、私も子供の駄々こねる声大嫌いです!あの奇声、イラーっとします。思わず舌打ちとその子供親を睨み付けます。
怒鳴る親もいれば知らん顔してる親もいる。頼むから黙らせてくれって思います。
怒鳴る親の声聞くのも嫌やし泣き叫ぶ子供の声も嫌やし。
夏休みにはいればそういう光景たくさん見ますよね。ゾッとします…。
ななチロママ |  2014.07.15(火) 11:35 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは~

最近のお母さんの怖いこと。。。
私もよく似た場面に出会いますよ!
お母さんのあまりにひどい言葉にも
驚きますが叩く場面も。
私が怖くなりますからお子様はもっと怖いでしょ。

私も怒られたり叩かれたこともなく育ちました。
松の実さんのお母様と同じで母も私は大人しくて
怒ることがなかったと生前よく話していました。

なので、どんな姿になってもコロちゃん、バイスくんはめんこちゃんだね~って可愛がりました。笑い

茶々ちゃんもとっても良い環境で育ちましたね。
松の実さんのブログを見るたびに茶々ちゃん
幸せだったわね~とニコニコになります。

コロリン |  2014.07.15(火) 20:08 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
茶々、柔らかいですよね~
お腹もペッタリついているのですから。
私は左の股関節はそこそこに開くのですが、
右が全くダメです。
もう開くことなく日に日に固まっていくのだろうな~と覚悟しています。
でも体のアチコチが固まるのは体が歪んでいく前触れだとも思うのです。
なるべく柔軟性を持った体でいたいものです。
おばさん、バレエをぜひどうぞ。
体の芯に酸素が入っていくのがわかりますよ。
「土用餅」というのが一般にあるのかどうかわからないのですが、
赤福の真似っ子のようなものです。
by 松の実



かりんさんへ
土用餅というのは一般的に存在するものなのですね?
私は知りませんでした。
土用のうなぎを売れないお菓子屋さんの六花亭が
勝手に作ったのかな?と思っていました。
今は生クリームのケーキですら
冷凍保存しておくほどなので、
ほとんどのものは冷凍可能なのかもしれません。
そうなんです。
ヒステリックな声、人を叱る声は
周囲に負のエネルギーを撒き散らすんですよね。
叱る本人と叱られている人だけではなく
周囲の人間が皆どんよりとなってしまいます。
それにしてもあのお母さんの声は怖かった。
by 松の実



emihanaさんへ
確かにお母さんというのはたくさん我慢しているんでしょうね。
うちの母はいつも父に対して我慢していました。
もちろん、私に対してもたくさん我慢していたと思いますが、
もっともっと自由にさせてあげれば良かったと思うし、
もっと堅実な職業について父と離婚させてあげれば良かったと
後悔していた時期もありました。
はなさん、子犬の時は怪獣だったのですか?
想像できません。
茶々は子犬の時から理性の固まりでした。
でもちゃっかりしているところもありました。
by 松の実




ボビーままさんへ
今回コメントいただいている方々の中で
ままさんがただ一人、子育ての経験有り、です。
今のお母さん達、かりんさんがコメントくださっているように
同じ空間にいながら、気持ち、心が
子供と一緒にいない方が多いように感じます。
それこそスマホをいじりっぱなしだとか、
自分のイライラに心を占められていたり・・・
「いづくらしい」は「いづい」と一緒です。
比較級ではありませんが、
いづいよりももっといづくて邪魔な状態を表します!?
茶々は躾けたわけでもないのに、
ベッドやイスに自分で上がることはなかったのです。
ソファーでもベッドでも必ず家族の誰かがあげていました。
武蔵さんの真似は死んでも(死んでからも)できません。
それに引っ張るもの、ついていないですよ。
by 松の実



ななチロママさんへ
あはは~本当に苦手なのがひしひしと伝わってくるコメントです。
飛行機で赤ちゃんが泣き続けるのは
仕方がないと思うのですが、
いわゆる子供(ガキンチョの年齢)の子供の
奇声は私も耳を覆いたくなります。
それでも、あのお母さんのどなり声というか脅すような声よりは
マシかな~と最近思っています。
茶々はワンコ界の神童で、16歳まで神童を続けました。
16歳以降は堕天使か、怪獣かになり
最後は天使になりました。
by 松の実
松の実 |  2014.07.15(火) 20:25 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

コロリンさんへ
お体の具合はいかがですか?
同じですね。
でも、ウチの母はけっこう怖いところもありました。
小学校に上る前はいじめられっこだった私に、
「何故、いじめられたままでいる?泣くくらいなら泣かしておいで!
仕返ししておいで!」って怒られました。
これは本当の話です。
でも基本的に「アンタは良い子」で育ててもらったと思います。
茶々にも全く同じように接していました。
私はコロリンさんのようにはできませんでした。
茶々の怪獣時代は、何度となく、
私のイライラをもろにぶつける叱り方をしました。
あのお母さんたちのことは言えないのです。
今も思うのは茶々が怪獣のまま亡くなっていたら
私、今もものすごい勢いで自分を責めて自己嫌悪になっていると思います。
あの完全寝たきりの時期に自分の持てる力と工夫を
ありったけ使って茶々と一緒に居られて
本当に良かったと寝たきりの時期に感謝なのです。
あの時期があったおかげで少しは後ろめたい気持ちも薄らぐのです。
by 松の実
松の実 |  2014.07.15(火) 20:35 | URL |  【編集】

松の実さん こんにちは

またご無沙汰ちゃんです
さくらサン♪のお世話でいっぱいいっぱいの毎日のなかスマホの落下で画面ご蜘蛛の巣のようになったりどうしても出掛けないといけない用事があったりでなかなかコメント出来ませ~ん(;゚ロ゚)

読み逃げはしっかりしてますよ

さくらサン♪は茶々ちゃんのように聞き分けの良い子てはないですがあまり手のかからない子でしたよ

そのぶんいましっかりお世話させてもらってます

最近ではさくら♪ザウルスの声にも少し慣れて来ましたがここ数日ご機嫌が悪く深夜寝てくれないので寝不足で~す
さくぴょん |  2014.07.16(水) 11:14 | URL |  【編集】

茶々ちゃん、身体が柔らかい~!
でね、北斗も茶々ちゃんと同じ姿勢がとれたのですよ~♪
銀ちゃんは、前はしていたけれど、今はどうかな?

お母さんと子供さんのお話にタメイキでした。
今はみんなイライラしているように感じます。
国家自体、先が見えないからでしょうか。

昔、子育て(赤ちゃん)真っ最中の知人がご主人に「あなたは良いよね、人間を相手にしているのだから」と言ったそうです。その方にとっては言葉が通じない?赤ちゃんは怪獣だったのでしょう。対して、ご主人が人間関係も含みお仕事で大変だとしても、話すことができる相手がいるということは羨ましいことだったみたい。
妙に「へぇーーーっ」て思ったものでした。
でもねぇ、怪獣だったとしても、わが子は言葉以上のものが通じるはずなのにね。
ワンニャンチュンと接していると「言葉」だけがコミュニケーション手段じゃないと実感しますよね!
milleco |  2014.07.16(水) 11:54 | URL |  【編集】

晩年の茶々ちゃんは ただただ 可愛い~とう
表現が正しかったけど
若いころは 美しい~ ですね。
そのモフモフとした胸のあたりを触りたいです。

私 前はこども好きでした。
友人が年子で産んだ時は 上の子を預かって
お風呂に入れたりしてたんです。
それが 年を取って  これまた年を取った
友人が子どもを産んで  
それがまた ちょー わがままなお子様で
それからは 大っ嫌いになりました。


ワンコが吠えるのは 絶対何か原因があると
思うのですよ。
誰かいる  ここが痛い  怖い とかね

お子様はただただ 自分の感情の赴くまま
泣くのです。
それは  ワンコの痛みや恐怖を取り除いて
あげる飼い主のように
そのお子様の親も その原因を取り除く努力は
してほしいのです。

でも ワンコも子どもも 飼い主・親を選べないから
横浜だったか? 
子どもをずっと家に放置していた事件は
本当に心が痛みましたね。
こ |  2014.07.16(水) 12:59 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さくぴょんさんへ
さくらさんも、良い子だったから
段々、良い子から解き放たれて
食べたいように食べ、ぐずりたいようにぐずり
生きたいように生きるんでしょうね。
茶々の老犬時代はまさしく、そのものでした。
人格ならぬ犬格が様変わりしましたから。
でも、それで良いんですよね。
一緒にいる人間はそれはそれは大変だったけど
悲しいことにその時代には終わりがあり
過ぎてしまえばただ懐かしいです。
さくらさん~もっともっと怪獣になって良いよ~
あまりご機嫌ナナメだと、どこか具合がわるいのかと心配になるので、
そこは一晩たったら機嫌は直してください。
スマホ、お気の毒です。
by 松の実



millecoさんへ
あれ?この間、銀ちゃんほぼ同じような格好していませんでしたか?
後ろ足全部伸ばして・・・・
国家の先が見えないというほど大それたものではなくとも、
世間は「好景気だ~アベノミクスだ~」と騒いでいても
庶民の実生活ではそんなこと感じられない
くらいのことはあるのかな~と感じています。
取り残されたような気分でしょうか?
同感です。
ワンコを初めとする動物達とだって
意思疎通が可能なのですから(少なくとも私はそう感じています)、
心を通じ合わせることはできると思います。
ただし、それにはやはりヒトのほうに
ある程度の愛情と余裕がないと難しいと思うのです。
茶々の怪獣時代に一時、全く茶々の気持ちを理解できず、
パニックになったのは
こちらの気持ちがアップアップしていたからだと思うのです。
by 松の実



こさんへ
若い頃の茶々?
美しいというよりは、とてもしっかりとした風貌だったと思います。
一緒にいる時は思わなかったけど、
最近茶々の若いころ写真をみると
ずいぶんきかない顔つきだったんだな、と思います。
育児放棄するヒトもヒドイ話ですが、
ワンコやニャンコの飼育放棄するヒトもたくさんいるでしょう?
ああいうのって、私、病気だと思う。
ヒトでもワンコでも命あるものと一緒にいてはいけない病気持ち
だと思うのです。
だからそういうヒトはワンコと暮らしたり
子供を作ったりしないでほしいです。
こさんは、嫌いだったり苦手だったりするものにも
当たり障りなく接することができますよね。
私は、できないの。
by 松の実
松の実 |  2014.07.16(水) 23:50 | URL |  【編集】

見た目がハッキリと「ヤンキー」なお母さんじゃないのに
発する言葉が思いっきり「ヤンキー」な人の多い事。

年端もいかない子に向かって
「てめぇ~~、いい加減にしろよっ」」なんてね。

私は少なくとも、外では使いません(笑)。

そして、いきなり叩いたりすることも。

そういう時、小さいのに泣かないんですよね。
でも、顔は歪んでいます。
我慢してるし、慣れてもいるんでしょうね。

あまりひどい場合は、何か言おうかと思うのですが・・・。
(十分、ひどいけどね)

道を歩いている親子が無言なのも恐ろしいです。

ごくたまに、手をつないで、歌いながら歩いている親子を見たりすると
ものすごくホッとします。

天然記念物的に希少ですね。v-13
taki |  2014.07.17(木) 17:08 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
私が見かけた恐ろしいお母様たちは
どちらかというと「ヤンキー」風の方々が
多かったようです。
ラッキ-なことに叩くのを目撃したことはないかもしれません。
叱っているというよりは
感情の赴くまま、怒鳴っているんですよね。
イライラのはけ口にされた格好のようになっている
子供が不憫です。
虐待されて育った子は、自分が親になった時に
知らず知らず、自分も虐待してしまう傾向があると聞いたことがあります。
同じように、乱暴な言葉づかい、感情的な叱り方も
その子供が自分の子供に繰り返しそうで恐ろしいです。
今の父と私はかなり無言状態が続いています。
耳の遠い父と話すのはかなり疲れます。
耳が遠いことを少なくとも自覚してほしい~
目が悪ければ何の事無くメガネをかけるのに
耳が遠くてお補聴器という選択を初めからないものとするのか不思議なのです。
これは一般的な傾向でしょうか?
by 松の実
松の実 |  2014.07.17(木) 22:49 | URL |  【編集】

白熊のような茶々さん、かわいー!
私の苦手なものは…雷・ネズミ・カラス・義親(笑)!
最近は、子供にメロメロ、孫にメロメロな大人を見かけることの方が多いように思ってたんですけど。この猫撫で声?も嫌なものですよ。
お母さんに限らず、イライラしてる人いますよね。血圧上がるぞ!シワ増えるぞ!
ごめんワン、ごめんニャン、いいですね~!物は言いようですね。
ちょっと話違うかもしれませんが、
うちのナナ、人声や物音によく番犬吠えするんですよ、(リンのように、要求吠えはしないんですけどね)まさに近所迷惑。犬嫌いの人にはとても迷惑かけてると思います。。
近所の痴呆の入ったお婆さんが、うちの前で「ワンワンワン、犬の声は良いもんや」てずっと繰り返し言いながら、いつも草むしりしてるの。なんか嬉しい。まあ、その声で、ナナは吠え続けるんですけど。
松の実さん、またイカ、さばいたの?
頭と耳は、また冷凍庫?ワタは?
私もさばきました!北海道産のするめイカを。ワタは塩し、ホイルで巻いて焼いたら、めっちゃ美味しかった~!頭と耳は、たたこさんレシピで。
あ、スーパーで、北海道産・ダイナマイトスイカというのを見かけました。有名なスイカですか?
黒いワンコ、気になります。なぜ、おまわりさんに捕まった?のか尋ねてほしかったな~
松の実さん、ありがとう。明日かな?楽しみです♪
鶴菊 |  2014.07.17(木) 23:25 | URL |  【編集】

うちのじぃちゃん、メガネは普通にかけてますが
補聴器は、すったもんだありました。
結局、オーダーメードのちっちゃいのを、作っては紛失を繰り返しました。せっかく作ったのに、使ってないこともあって・・・ばぁちゃん、いらいらしていました。耳鼻科へ行って、ちゃんと診てもらったら〜というのですが、これ以上どうにもならないと、あきらめているようです。
補聴器は、かなり抵抗がああるようです。
本人も、不便だと思いますが、周りも困りますよね。聞こえてる?と、その都度確認すると、怒り出すし〜。じぃちゃんは、補聴器には、大枚つぎ込んでいるようですが、けして心地よくはなさそうです。
つま |  2014.07.17(木) 23:31 | URL |  【編集】

ホント(歳を取れば仕方ないんだけど)耳の遠い人とのお話は疲れます。

ヒソヒソ話もできませしね。

病室で父と話すのに困りました。
あまり大きな声で話したいような内容ではないですからねぇ。

大きな声で話して良い場合でも、単純に疲れますし。

義父が一度補聴器を付けたことがあったのですが
すぐに使わなくなったようです。

余計な音まで大きく聞こえるとかで。

今は、もっと性能が良いのかもしれませんが。

テレビの大きな音も、辛いですよねぇ。v-55
taki |  2014.07.18(金) 00:33 | URL |  【編集】

紫龍の紹介をありがとうございます。

茶々さんのお庭でリード姿って珍しいですね?
それもフェンスにリードがかけてあるし・・・
基本的に茶々さんはお庭でもフリーでしたよね?

補聴器って話し声もよく聞こえる代わりに雑音も
よく聞こえるようになるらしいです。
その雑音が気になって仕方がないので外したって方いらっしゃいますよ。
我が家も母の順調に耳が遠くなっておりますが
補聴器はNGだそうです。
普通の話声では聞こえないらしく大きな声で話すと
喧嘩しているみたいに周囲に聞こえるので娘は心が痛みます(嘘)

松の実さん、メールありがとうございました。
ハイジ |  2014.07.18(金) 01:12 | URL |  【編集】

今日は茶々ちゃんの写真がいっぱ~い!
爆睡している茶々ちゃん、舌がちょっぴり出て可愛すぎ~
あまりの可愛さに何度も真っ黒なお鼻を
マウスで撫でまくりしちゃいました。

イカ刺しの生姜醤油サイコーですね。
こちらもイカはよく食べますが、
イカリングかアヒージョが多いです。

松の実さん札幌でお会いできますか?
こたつ |  2014.07.18(金) 06:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

鶴菊さんへ
義親に笑った~
そうやって書けるうちは大丈夫ってことですね。
私が父のことをたとえ悪口であっても書いているうちは
決定的な溝があるわけではないということと一緒かと思われます。
そのご近所のお婆さん、ステキ!
私もそんなおばあさんになりたい。
きっと「ワンワン」から生きるエネルギーを感じているのではないでしょうか?
イカ、さばきましたよ~
そして足と耳は冷凍庫。でもワタはごみ箱へ。
鶴菊さん、えらいわ~
それはワタは酒が進みますね、絶対に。
私は塩辛が好きです。
たたこさんレシピ、試してみようかな~
ダイナマイトスイカ?
北海道と言えば、デンスケです。
今度みかけたら買ってみてください。
シャキシャキの歯ごたえが特徴です。
by 松の実


つまさんへ
おじいちゃんは、耳が聞こえにくいという自覚はあるのですね?
そして、補聴器もお金をつぎ込むほど、
使ってみようと真剣に思ったのですね。。
父はまず自覚が薄いのです。
とんでもなく大きな音でテレビを見ては
私に「音を落としてほしい」と言われ憤慨し、
私の話しかけた言葉を聞き取れていないくせに
聞き取れたふりをして頓珍漢な答えをする、
或は全く無視をする・・・
「聞こえてないんでしょう?」と言うと
今は○○していたから・・・と言い訳をする・・・
の繰り返しの毎日です。
日に日に、話しかける頻度が少なくなっていきます
by 松の実



takiさんへ
本当にテレビの音は辛いです。
特に朝の出勤前にこちらは新聞を読んでいるときの大音量のテレビは
これから一日イライラをため込みそうで、
「音を落としてほしい」とはっきりと言うのですが
翌朝はまた一緒なんですよね・・・・
補聴器、余計な音も聞こえるのは
うるさいでしょうね。
人との会話がないとボケるのでは?と心配なんですけど、
いかんせん、大きな声をだすことに疲れてしまいます。
by 松の実


ハイジさんへ
庭でフリーなのはやはり人がいる時限定です。
散歩帰り等、人間は家に入りたい、茶々は外にいたいと
主張するときがたまにあってその時はつないでいました。
人がいなくなるととたんに自分も家に入りたくなる茶々でした。
人がいなくてつながれることはイヤだったようですが、
つながれたままでも人が同じ庭の空間にいると
おとなしく庭の空気を楽しんでいました。
家の中での留守番は上手にしていたのですが、
人がいるのに一人で放っておかれるのは我慢ができなかったようです。
前向きにご検討をよろしくお願いいたします
by 松の実



こたつさんへ
私もこのホンのちょっとだけ出ている舌がかわいいと思います。
鼻も黒々で、まだうんとお年ではないころですね。
イカのアヒージョってたたこさんのレシピに近いですか?
冷凍庫に根室5尾分の耳と足、この週末に食べようかな、と思案中。
5日の夜に台北出張から帰ってくるのですが、
9日以降で、スケジュールをリクエストできたら
札幌に行けます。
でも今年お会いできなくとも、一度おあいできたのですから
又いつか会えますよ。
by 松の実
松の実 |  2014.07.18(金) 21:05 | URL |  【編集】

またまた出遅れ~m(._.)m

小樽の友達と余市のサクランボ狩りに行った時ニョロが居て(驚)!!
もし、松の実サンがご一緒だったらどんな反応を!?と思いました。

幼い頃デパートで仰向けにひっくり返り『買って~!買って~!』と
駄々をこねて買って貰ってる子を見て次兄も同じ様に仰向けになって。
結果は? 母にその場に置き去りにされたそうです(--)/~
そんな兄を見て育った私は甘やかされつつも聞き分けの良い子に(笑)

最初の茶々チャン、本当に賢い聞き分けの良い仔のお顔ですね。

最後の茶々チャンの格好~、文太はこの格好で寝てると
私に腕(前足とも言う?) を持たれ『ずずずっ~』と引きずられて
遊ばれてました。

松の実サン宅の晩御飯を見て我が家もイカ刺しか塩辛を作りたいと
思いつつ、まだ作れてません(>_<")
ブンタ |  2014.07.19(土) 10:54 | URL |  【編集】

スーパーで「カップラーメンっ! カップラーメンっ!」って
楽しそうに歌ってたボク。

後ろを、「恥ずかしいからやめてぇ~~」って言ってたお母さん。

なんか、ホッとしましたよ。
taki |  2014.07.19(土) 19:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ブンタさんへ
あはは~お兄さま、置き去りにされたというのが良いですね。
思い通りにはならないということを
しっかり学ばれたことでしょう。
私は甘やかされたとは思っていないのですが、
他人から見たらそう見えたかもしれませんね。
一人っ子って、実はそうそう甘やかされているわけではないけど、
先入観でそう見られるようです。
ニョロを目撃したら、固まるだけだと思います。
私、この自然がいっぱいの東北海道にいても
野生のニョロを見たのは子供の頃に一度だけなんです。
もちろん動物園でもニョロは見たことがありません。
福井のななチロママさんは比較的頻繁に遭遇しているようで、
本州はヒトと共存しているんだな~と変な感心をしています。
今日はたたこさんメニューに挑戦しました。
by 松の実



takiさんへ
そのお母さん、余裕がありますね。
過剰に人目を気にしていなくて正直だから
そのまま「恥ずかしい~」なんていうことも言えるんですよね。
インスタントラーメン、買ってもらえたかな?
by 松の実
松の実 |  2014.07.19(土) 20:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |