2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.08.08 (Fri)

トイレの謎と小籠包と瀑布

こんばんわ。
台風が近づいているそうですね。
おとなしく過ぎて行ってくれますように!

20100726203502b28-1 (2)


前回は台湾のお手洗い事情についてご紹介しましたが、
私自身、どうして使用済みのペーパーを捨ててはいけないのか
実はわかっていません。
というのも、これまでガイドさん等から聞いた「捨ててはいけない理由」が
けっこうバラバラなのです。
昨年のガイドさんが教えてくれた理由は、
「水の豊富な日本と違って台湾は水がそうそう豊富ではないので
トイレの水量も抑え気味で、すぐ詰まる。」というもの。
でも、私自身は、台湾トイレでお水がチロチロとしか出ないトイレに
遭遇したことはないんですよね。
それにトイレ掃除でもバスルームの掃除でも水をジャバジャバ使う台湾が
水に困っているとも思えない。
5月の出張時のガイドさんの説明は「トイレットペーパーが違うらしいです。
日本のトイレットペーパーは絶妙な塩梅だそうです。お尻を拭きにも充分耐えられて、
且つ、水にも溶けやすい!台湾のトイレットペーパーは厚いので詰まる原因だそうです」
日本のトイレットペーパーの技術が如何に優れていようと、
台湾の製紙会社がそれを真似するのは何のことはないと思うのですが・・・・
昔、台北に住んでいる頃に教わった理由は「台湾はインフラ整備が進んでいなくて
トイレ等の排水管が細いのですぐ詰まるし、流れにくいのよ」というもの。
でも、、セレブやら発展目覚ましい会社が進出する振興開発地に
ド~ンと素晴らしい自社ビルを建てた旅行会社さんのお手洗いも何故か
旧式のゴミ箱設置型でした。
ペーパーを流してはいけない理由はどれが正解だと思いますか?

小籠包作ります

さてさて、故宮博物館訪問から始まった子供たちとの2日目。
次は自分で食べるものは自分で作りましょう!ということで小籠包作りに
チャレンジしました。
もちろん私もつくりましたよ!

アンは出来上がっていて、作業としては皮を伸ばし、
アンを包み、小籠包の形にすることだけ。
説明とともにうつくしい小籠包ができあがりました。

グループごとに別れて作業開始するも、なかなか難しいのです。
子供たちののも一体何?というシロモノが多かったけど
私のもひどかった~

味は一緒

でも、蒸し上がってしまえば、それほどひどくは見えず?食べてみれば
プロが作ったものとくらべても味は遜色なし!でした。
もっともアンは予め作られていましたし、皮が破けたりしなければ味は一緒ですね。
子ども達の中には、「見た目も美味しさを決めるということが分かった」等と
生意気なことを言うのもおりました。
ちなみに上の画像の左二つがプロが作ったもので後は私が作ったものです。
正直なコメントでも全く気にしませんから。

天燈上げ

次に向かったのは、天燈上げで有名な十分でした。
子供たちが願いごとを書いて空にあげます。
なかなか楽しい一時だった思います。
筆で書くのですが、どの子たちもサッササ~と書き始めたのが偉かった。
こんなんじゃ書けない!とか手が汚れちゃう~等の泣き言は一切なかったのが
他の言動とくらべても不思議な感じがいたしました。

平渓線

実はこの十分という街、天燈上げで有名ですが
平渓線が通る街として「鉄」と「鉄子」に人気の街でもあります。
街の真ん中の通りを汽車が走っていきます。
危険と言えば危険。どうしてこんな街の作り方になったのか
こちらも不思議です。

次なる目的地は、十分瀑布。
滝を見るには恐ろしく揺れる吊り橋を渡ります。

人もワンコもこわごわ

こういうものって必ず面白がってわざとに揺れるように歩くのがいるんですよね。
人もワンコもこわごわです。
私が怖かったのは、橋の許容量は100人までとの注意書きがありながら
監視するスタッフがいなかったこと。
絶対に誰もあの注意書きなんて見ていないと思います。

[広告] VPS


十分瀑布のミストを浴びて、山道をクネクネ行って辿り着いたのは
「千と千尋の神隠し」の舞台となったと言われる九份でした。

九份

今年もひたすら子ども達を迷子にしないように、
それだけに集中してしまった私。
私の緊張が子供たちに伝わっていたら申し訳ないな~と思いつつ
目が釣り上がり肩がいかっているのを自覚しつつも
やっぱり気持ちも体も張り詰めてしまうのでした。

明日の夜、深夜バスに飛び乗って、
楽しい美味しい札幌女子とワンコの会です。
こたつさんと無事に会えますように!
こさんにちゃんと見つけて貰えますように!
ランちゃんとクロちゃんが抱っこさせてくれますように!
皆様も台風に気をつけつつ、楽しい週末となりますように!



日本の真ん中より南の地域の方々、大丈夫でしょうか?
特に、ハイジさん、鶴菊さん、ルカママさん地方が特に大変な状態でしょうか?
特別警報で「ただちに命を守る行動をとること」だそうです。
何事もなく台風が過ぎ去ることをただただ祈っています。
21:18  |  その他  |  コメント(13)

Comment

お疲れさまでした~
なかなかスリル満点の添乗でしたね
(書いている間に たぶん誰かが一番を…)

トイレットペーパーを流さないのは
水質保護のためではないかと
思ったりもするのですが どうでしょうね

見た目も味のうちかもしれませんが
思い入れをトッピングしてありますもんね
まあでも 大阪名物「551の豚まん」の
実演コーナーは 飽きることがありませんが

札幌大宴会 楽しくお過ごしくださいね
かりん |  2014.08.08(金) 21:56 | URL |  【編集】

あれれ、かりんさん↑、私と同じことを・・・
クリックしたら、1番じゃなかったです。

紙を流さないトイレ、山小屋ではよくありました。
何も書いてないと、「ここは捨ててもよいのかな?」と、考えてしまいます。紙だけでなく、ブツが詰まったら一大事ですから~。配水管を交換するのは大変だから、それでしょうか?日本は、水道管の老朽化が、問題になっているそうです。ときどき、都会で破裂してる~。

これが、ユバーバの!夜景が美しい!夜も引率ですか?
目がつりあがるのも、ムリないです。毎日、つきあってるわけでないのに、海外で引率なんて、大変ですよ~!

「見た目も美味しさを決める」なんと、賢いおこちゃまでしょうか、と、納得した私です。松の実さんの自作の・・・とぐろ巻いてますね。by正直者
つま |  2014.08.08(金) 22:07 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。
トイレの紙を流さない問題ですが・・・
私も中国で上記のようないくつかの説を聞きましたが
韓国でもやはり同様に古いビルでは流さない方式を採用していて
その時の説明で物理的に詰まりやすいのだと聞いた記憶があるのです。
配管が細いと言うのが理由なら、太くすればいいのにとも思いますが
私の像像では、どんなに太くしたって
どうせみんな色んなものを流してしまうに決まってるから
本来流して良いもの以外は一切だめ!となったのかな~・・・
それが最大の理由ではないかと踏んでいます。
台湾ではわかりませんが、大陸では!

子供達、神隠しに会わずに済んで良かった。お疲れ様でした。
幻想的な景色を見ると、いかにもそんなことが起きそうにも思えますよね。

どうぞ、楽しい女子会&ワンコ会を!
皆さんによろしくお伝えください。
emihana |  2014.08.09(土) 00:49 | URL |  【編集】

松の実さん、おかえりなさい~そしてお疲れ様でしたぁ(^O^)

爆発事故?があったりで心配しましたが、無事でなによりでしたぁ!

トイレットペーパー問題、色々と理由があるのですね!現地の方々から聞いた話し、どれもこれも、へぇ~そうなんだぁ~って納得しちゃいました。台湾の事を知らない私からすればそう思うでしょう。

でも、使用済みを流したらダメだなんて考えられないですね(;_;)
外国へ行ったら納得いかない事、不思議な事多いのですね~改めて思いました。

小籠包の手作り体験楽しそう♪味が同じだったらデッカい小籠包がいいなぁ(^_^;)v

明日は札幌での女子会ですか?
いっぱい楽しんで下さいね~♪~θ(^0^ )

こちらは、台風接近中です。世間はちょうど帰省時と重なり大変そう…。

ゴン太 |  2014.08.09(土) 07:00 | URL |  【編集】

十分。

麦芽糖、売ってましたか?

吊り橋でのワンコ。
何故、そこに?
taki |  2014.08.09(土) 15:42 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

かりんさんへ
一番乗りありがとうございます。
かりんさん、良く考えすぎだと思います。
30年前から、ペーパーは流せないトイレが多かったのです。
あの時代に水質保全を台湾の人が考えていたとは思えません(笑)
でも、今の若い方々は自然、健康志向が強いです。
プロの添乗員はちゃんとついているし、
現地ガイドもついていたのですが
何といってもお子様ですから、
大人5人ついて、何とかなったという感じです。
今年は女性スタッフが私以外にもいたので
昨年よりは楽になりました。
これから帰宅して運動してシャワーして
バスに飛び乗ります。
by 松の実



つまさんへ
ぎゃ~とぐろ!
そんなことは露ほども思わず美味しくいただきました。
コツは皮を大きく作ることでした。
あの~山小屋のトイレってぼっとんではないのですか?
まさか水洗?
もちろん山にもよるのでしょうが、
下水道を引いているのですか?
そこまでしなきゃいけないんでしょうか?
九份はやはりとても雰囲気のあるところですね。
プライベートで行って、名物のイモ団子を食べたいです。
でも一人で行くとスリに合いそうで・・・
昼間しか行けないですね。
by 松の実



emihanaさんへ
どんなに太くしたって~に吹きました。
台北市内の下水道っていつぐらいに
整備されたのかな?と考えます。
私が台北に行った30年前はすでに水洗でしたが、
その頃釧路市内はまだ
完全には下水道が整備されていなくて
一部地域はぼっとんでしたし、
両親の住む阿寒町や阿寒湖でもぼっとんでした。
北海道の東の果て、根室市では
今も観光施設等でも簡易水洗のところが多いです。
日本は老朽化する前にちゃんとリニューアルしているけど、
台湾では最初に水洗にしたときのままだから?
という理由もありでしょうか?
九份の名物にイモ団子があります。
QQの歯ごたえが良いらしいです。
札幌の皆様にemihanaさんからの愛を
お伝えいたします。
主婦としてはお盆は出にくいですか?
by 松の実



ゴン太さんへ
台風、大丈夫ですか?
九州を中心に空の便の欠航が多いようです。
お盆の帰省にぶつかってしまって
スケジュールを乱された方々、お気の毒です。
自然相手ではどうにもならないし・・・
小籠包作りは楽しかったですし、
美味しかったです。
ゴン太さんがおっしゃるように、
きれいに包むコツは皮を大き目に伸ばすことでした。
とにかく大きく作ってすっぽりとアンを包めば
肉汁はしっかりと中でタプタプになっていました。
海外は確かにいろいろありますが、
トイレの問題って大きいと思います。
私もいまだに台湾式のトイレは苦手です。
by 松の実


takiさんへ
十分って麦芽糖が有名なんですか?
九份にはそのたぐいの飴がたくさん売っていました。
子供達が飴買う~というので
聞いたら確か麦芽糖って。
台湾は地方都市に行くと、
放し飼いなのか、野良なのか
ワンコ、ニャンコがけっこうウロウロしているのです。
この十分でも九份でもウロウロ~
犬に出くわす度に「ワンコに触っちゃダメ~」と叫ぶスタッフでした。
一番後ろについているのが役目だった私は
子供の目が届かない処でワンコをパチリ。
台湾は昨年狂犬病が出てしまって・・・・
日本も危ないですよね。
by 松の実
松の実 |  2014.08.09(土) 18:43 | URL |  【編集】

避難せずにおりますが、1日中、凄い雨です。
今、風も出てきて、これからかと思うと、ちょっと怖くなってきた~
こっちは、こんな天気ですが、そちらは、深夜バス、運行ですか?ですよね~!
楽しい時間をお過ごしくださ~い。

トイレ・・・え~、そんなん、ゴミ増えるし、不衛生やし、臭いやん。
ねぇ~茶々さんもそう思うでしょー!
日本語しか読めないので、便座の絵見て、どういう事?と思いました。。
この辺りでも、注意書きに、「備え付けの紙以外は流さないで下さい」とありますが、深く考えず、その通りにしてます。
あと「トイレットペーパーで遊ばないで。持ってかないで。」「このトイレットペーパーは、当店で販売してます、お気に召したら、店内へ」などもみかけます。

松の実さんの小籠包、美味しそうです!
子供たちより、きれいに作れて良かったですね~

私、高い所が好きで、吊り橋も好きなんです~このワンコも、吊り橋好きなんかな~
鶴菊 |  2014.08.09(土) 23:11 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

鶴菊さんへ
深夜バスで先ほど札幌に着きました。
今日の夕方あたりからこちらも雨らしいですが、まだ晴れています。
そちらは、おうちで一晩を過ごされたのでしょうか?
被害がでていないことを祈ります。
ゴミも増えるし、不衛生だと何よりも思いますが、
実際に詰まってしまってあふれるよりはマシなんでしょうね。
いつまでたってもあのトイレはなれることができません。
ただ、市内のそこそこのホテルはちゃんと流しても大丈夫ですし、
そごうなどの大きなデパートは大丈夫だった記憶があります。
キレイ、キタナイは別にして。
台風がさっさと過ぎ去ってくれますように。
by 松の実
松の実 |  2014.08.10(日) 06:00 | URL |  【編集】

吊り橋、苦手です!!
わざと揺らす?
そんな人が居たら私ならキレる!!

小籠包はどれが松の実さんでプロの人なのか
見分けがつかなかったよ!
ウソじゃないわよ~

明日は雨らしいね(-_-;)
ボビーまま |  2014.08.10(日) 09:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ボビーままさんへ
ボビーママさんでも苦手なものがあったのですね。
あっ!階段で、段々の隙間から下が見えるのが苦手なのって
ボビーままさんでしたか?
私はあのタイプの階段が大の苦手で、
まじめに足がすくみます。
四国関西東海地方、台風で大変なことになっているらしいですね。
北海道も今晩あたりから雨でしょう。
そして明日の帰りは高速が通行止めかな~
小龍包、ありがとうございます。
私はわかります(笑)
by 松の実
松の実 |  2014.08.10(日) 09:27 | URL |  【編集】

台湾&札幌からおかえりなさい~!

台湾のお土産話を楽ませていただきました♪
小籠包、ひだが沢山あって難しそうですね。
どれも美味しそうに蒸しあがってます~。
食べたくなっちゃいましたよ!(^O^)/

吊り橋の端っこを歩くワンコさん、端っこは下が見えてかえって怖いのじゃない?
でも、尻尾はだらりじゃないから、それほど怖いと思っていない?
うつむき加減なのは歩くことに集中している?等々、色々想像してしまいました(笑)
十津川村の谷瀬の吊り橋を渡ったことがあるのですが、あれは本当に怖かった。
お写真の吊り橋もそんな感じで渡るには覚悟が要りそうです。

お手洗い事情、なかなか凄まじく・・・(笑)
京都・二条城観光をした友人から聞いた話を思い出しましたよ。中国からの観光客が使ったあとのおトイレには使用済みのトイレットペーパーが積み上げられていてニオって大変だったと。流さない習慣が旅先にまで持ち込まれてることに驚きました。
いやはや、です。

北海道は雨、大丈夫でしょうか?
どうぞお気をつけくださいねー。
milleco |  2014.08.11(月) 15:26 | URL |  【編集】

松の実さん、ご心配頂きましてありがとうございました。
長い時間の台風でしたが被害もなく過ごせました。

某FMのツイッターで台湾情報を拝見していました。
子供たち目線でしたが私も楽しませていただきました。
小龍包、簡単そうで難しいものだと思います
それなのにそれなりに出来ているので感心しています
子供たちの代物を『それは何?』っと思った手前
上手く作れないといけませんよね(笑)

九份の夜景が素晴らしいと聞いていますが如何でしたか?
台湾に行くことがあったら新幹線に乗ってみたいです。
ハイジ |  2014.08.11(月) 21:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

millecoさんへ
十津川村!
父の家はその十津川村からの移住者です。
水害だったか台風だったか、何かの天災で
どうにもこうにも立ちゆかなくなった
大勢の人が十津川から北海道に移住しました。
移住者が多く住み着いた新十津川町という街も
北海道にはあるくらいです。
父もその吊り橋、数年前に渡りに行ったようです。
女の姉妹達が平気な顔して歩く中
父は怖くて仕方がなかったそうです。
私も中国人の団体の後始末が大変だろうな~とは想像していたのですが。
台湾に行くと、現地ガイドがちゃんと
紙は流さないでね、ろ教えるように
私達もあるいは中国人ガイドもちゃんと
日本では紙は流すように!と教えていくことが
大切ですよね。
気の利いた施設だとちゃんとトイレに
「流すように!」という張り紙があるんですが、
大陸中国人はあまり見てくれないかな?
by 松の実


ハイジさんへ
何事もなく過ぎ去ってくれて良かったです。
私も札幌の帰りはJRが早々と止まったので
こりゃもう一泊札幌か?と思いましたが
一番安いくて時間はかかるけどバスが一番確実な手段だと今回思い知りました。
バスにしていて良かったです。
バスは全くの平常通りの運行でした。
あのツイッターを読んでいてくださったのですね。
FMの担当の方がこまめにアップしていて
偉いな~と横から見ておりました。
今回彼女がいてくれたおかげで、
子どものいざこざ関係は全て彼女が引き受けてくれたので
大変楽な随行でした。
九份、いつか一緒に行きましょう。
私は3度ほど九份に行っているのですが
まだ一度もゆっくりと観光したことがないのです。
ノスタルジックでとても雰囲気のある場所であることは間違いありません。
by 松の実
松の実 |  2014.08.12(火) 23:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |