2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.09.23 (Tue)

秋だから?お年ごろだから?

ここ最近、秋晴れの続く東北海道です。
でも朝晩はとても寒く、遅番帰りの車内では
ヒーターをONにするようになりました。


こんな秋晴れの日に

土曜日、日曜日と父が東京に遊びに行き、一人の時間を満喫し、
こんな秋晴れの中、釧路湿原を眺めに行ってきました。

釧路湿原を眺めに

どこから眺めた釧路湿原かと言うと
母の眠る北斗霊園からです。
そう、目的はお墓参り、湿原は本来は2の次ですですね。

母の眠る霊園です

以前もご紹介しましたが、ここから眺める釧路湿原は
正直どの展望台にも負けない湿原らしさです。
霊園も明るい雰囲気で、「お墓」ぽくなくて、とても気に入っています。
将来ここに入るのだったら、いつでも大歓迎です。

この霊園の斜め向かいに茶々をお骨にしてもらったペット霊園があり、
こうして母のお墓参りに来る度に、
「ああ、又茶々のお骨を放ったらかしにしてしまった」と
反省のような後悔のような或いは少しの罪悪感を感じてしまうのです。
(茶々の骨は今も家に置いたたままです)

お墓参りの後は少し足を伸ばして「鶴見台」へ。
まだ給餌は始まっていないのに、
タンチョウの家族が遊びにきていました。

タンチョウです

さて、私はといえば、この1週間ほど、とにかく泣きたくてたまらないのです。

実際、何かと言えば、イエ、何もなくてもすぐなんだか悲しくなって涙がでてくるのです。
北斗さんと茶々は仲良くしているだろうか?と思っては泣き、
ボビーままさんが、お嬢さんの帰省を心待ちにし、
又帰っていくのを寂しく思うのを読んでは母を思い出して泣き、
タンチョウに今年も会えたと言っては泣き、
ある所の葉っぱの画像を見ては泣き、
デヴィちゃんが、下の歯を出して、
いっぱい幸せを受け止めようとしている姿を見ては泣き、
ななちゃんが、病院に行く度に
怪獣になりつつあったり、
紫龍さんが、ご飯をしっかり食べている姿に泣き、
挙句の果ては、以前は「滑稽」なものにしか映らなかった
「辮髪ドラマ」をみては号泣する始末です。
我ながら某国の「泣き女」に就職できるのでは?と思うほどです。

泣きながら「自分はオカシイ」と思いつつ、泣くのを止められないのです。
これは、「あのお年ごろ」のせいにちがいありません。
私は、具合が悪いと思いながら生活するのがイヤなので、
10年ほど前から定期的に病院に通っています。
「お年ごろ」の治療は「骨粗鬆症予防」にもつながるので、
しっかり薬にも頼っています。
初めて病院に行った時は、「このままいけば完全に骨粗しょう症です」と言われ
一時期は何だったかな~
確か骨を作る基となるなんとかいうものが大量に尿にでてまっていて
先生が「松の実さん、体痛くありませんか?ムリしないようにね」と言われるほど
状況がよろしくなかったようです。
今は薬のお陰で骨密度も平均値より上になり、
先生が心配した何というものも体に蓄えられているようです。
この泣きたい気分は、薬ではダメなんですね~きっと。

絶対にあんなドラマにハマることはないと思っていた、ある「辮髪ドラマ」にハマりました。
で、思ったのですが、辮髪も日本の武士の髪型もものすごく不思議だと思いませんか?
頭の一部を剃る、あるいは髪のいち部分を残すというのは
何か深い意味のあることなのでしょうか?

パンフレットごっちゃり

今週末は札幌と、なんと新潟です。
プリンスぶうたに会えるでしょうか?
長岡の観光協会にお問い合わせをすると、たんまりパンフレットを
送ってくださいました。

ぶうたさん、抱っこさせてくださいね!

nakeba~



23:45  |  その他  |  コメント(16)

Comment

 松の実さん こんにちは

秋は寂しい季節なのですよ… きっと…
私もさくらサン♪を想い泣いてばかりです

昨日元気ならば18さいになれたのに…
初めてさくらサン♪の姿がない誕生日をしました

いつか茶々ちゃんが涙の栓を閉めに来てくれますよ
それまで泣いちゃいましょう…

さくぴょん |  2014.09.24(水) 05:14 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。

松の実さんはよよ・・・と泣かれるのですね?
私は眩暈ぐるぐる~です。
はなも最後はぐるぐる~でしたし。
それから、首の後ろが突然カッカします。
みんなが涼しいね~と言っていてもです。
まぁこればかりは、時期が過ぎるのを待つしかないようですね。

こんなに素晴らしい場所に、眠っておられるのですね、お母様は。
茶々さんもすぐ側で空を目指したと。
あんな住宅地の中の小さなお寺で焼かれたはなも
空に飛び出して行った後は、同じ空にいるんですね。
だけど、茶々さんの方が気持ち良かったかな~、なんて思いました。
辮髪・・・あれはお侍のちょんまげより滑稽味が増しませんか?
やはり、後ろに長く伸ばした三つ編みが・・・
リアルなちょんまげも本当はもっと月代を広く剃って
髷自体は細~いものだったらしいですね。
当時の写真なんか見ると・・・何だか貧相です。
松の実さんは字幕なしでドラマをご覧になるのですか?
私は日本のドラマや映画のなんちゃって判にある中国語の字幕でかなり勉強しました(笑)
emihana |  2014.09.24(水) 07:20 | URL |  【編集】

わぁ素敵な霊園ですね!落ち着いて眠れそうな場所です。茶々ちゃんとお母様こんな近くにいれていいですよね。
何見ても泣けます?そんな時ありますよね。泣けるって幸せなんだと思いますよ。
今の松の実さんなら寝てるだけのなな見ても泣きそうですね(;_;)
ななチロママ |  2014.09.24(水) 14:04 | URL |  【編集】

一人で色々な事を考える時間て、大切ですよね。

わたしは、とっくに、お年頃は脱したはずなのに
夕方になると悲しくなって、夕飯の支度しながら
泣いてる時がありますよ。v-13
本当に、涙ポロポロ落ちてくるの。

あっ、ただ単に、御飯の支度が嫌なだけか・・・。v-12

今週末、お楽しみですね。
えちごのプリンスは、抱っこできる大きさですね。
たくさん写真撮ってきてくださいね。

そうそう、ウスターの続き。

今日スーパーで「泥ソース」って言うの見つけました。v-11

ぷっ。
taki |  2014.09.24(水) 17:42 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さくぴょんさんへ
今の状態ははっきり、「異常」なので、
とにかく「お年ごろ」が過ぎ去るのを待つしかないと思っています。
茶々を思い出して、温かい気持ちになったり
寂しく思ったり、感謝したりとありますが
悲しくなることはないように思っています。
さくらさん、18歳の誕生日、あちらの皆にも
お祝いしてもらったことでしょう。
by松の実



emihanaさんへ
昨年の一時期、病院に行くタイミングを外してしまって
薬を切らした時に
いわゆるホットフラッシュを経験しました。
でも、薬を飲み始めたら消えました。
薬って凄いと思った次第です。
私の中国語の能力は字幕なしで見られるほどありません。
ごく最近、中国語の字幕付のもあると知って
良いな~と思っていました。
なんちゃって版でも、きちんと再生できると良いのですが、
再生の可否は必ずしも保証しないというのを見て
購入する勇気がない私です。
正規商品はけっこう良いお値段で、
これまた、ドラマのDVDごときにその値段を払う気もなく・・・
でも、絶対にあの字幕付は勉強になりますよね。
by 松の実



ななチロママさんへ
もちろん、本当に悲しくて泣いているわけではないので、
ただただ自分でも不思議というか、
自分でこの感情を持て余しているというか。
ハイ、絶対に寝ているななちゃんを見ただけで
泣きます。
by 松の実


takiさんへ
そうですか、takiさんもですか。
私は、時間も場所も関係なく
メチョメチョと泣けます。
自分でもイヤになるくらいです。
今度、ご飯支度しながら泣いてみようかな?
父が何というか楽しみ。
プリンスぶうたさん、もちろん抱っこサイズですが、
私にとっては小さすぎて抱っこするのが怖いのでは?と少し心配です。
私、あまりにも小さなワンコはどう抱っこしてよいかわからず
怖いんですよ。
泥?
いくら美味しいソースであっても
かけるの抵抗ありのネーミングです。
by 松の実





松の実 |  2014.09.24(水) 20:09 | URL |  【編集】

泣く、なんて、なんて女なんでしょう
いえ、なんちゅう女や!の女ではなく
世の男性が俺が居ったらなあかん女、の女です。
さて、ここまで何回女をつかったでしょうか?
そんな事はさて置き、季節が泣かせるのか
年齢が泣かせるのかは不明ですが
まだ一度も経験のない世界を松の実さんは
経験しているのですね。
恐らくそれは時間と共に解決する事でしょう。
私事ですがこのたび人生初の健康保険証
というものを持つ事となりました。
後期高齢の保険証が自動的にもらえるまで
頑張ろうと思っていましたが不具合が生じ
てのことです。
いえいえ、体調は万全ですのよ。
なんだか、黄門様の印籠のようにこれさえあれば
人生怖いもの無し!っという気持ちです。
あっ、ハゲドラマは興味ありません
がたにい、思いっきり楽しんできてくださいませね。
紫龍ごときで泣かないでくださいね~
ハイジ |  2014.09.24(水) 20:23 | URL |  【編集】

あおしの森の緑濃く
汪洋尽きぬ信濃川
越後平野の中心と
いや栄えゆくながおかし~♪

ご清聴、ありがとうございます。
つま |  2014.09.24(水) 20:59 | URL |  【編集】

ドラマにでてきそうな霊園…霊園という言葉にも憧れが~。田んぼの中の墓とは、大違いです。
私も泣きますよ~なんか、定期的に泣いちゃいます。。
んう~病気。病院も薬も嫌いな私は、何食べたら、治る?予防できる?っとつい、食べ物にはしってしまいます。
い~な~今週末!楽しみがあるってい~な~!
鶴菊 |  2014.09.24(水) 23:15 | URL |  【編集】


ハイジさん 何いってけつかんねん。
しろんごときだとぉー 
皆さん しろんさんで 「1リットルの涙」楽勝だと思うだよ。

BOSS母さんが 我が子に対しては みなさん
ガラスのハートと言ってました。
すごく頷けました。
普段「怒り新党」な日々を送っていても ふと
我が子を思い出すと ポロポロです。

お年頃にも 色々な症状がありますが
なんだかすべてに当てはまるような気がする
私です。
対処方法はわかりませんね~
それこそ 時が解決してくれるでしょう。
それを待ちましょう。
こ |  2014.09.25(木) 08:16 | URL |  【編集】

素晴らしい景観の霊園ですね。さすが北海道!
「お墓」っぽくないのが何よりです。
ここなら、と思われるお気持ちよくわかります。

この一週間ほどが特に泣きたくてたまらないのは、秋が深まってきたからでもあるのでは?
日が暮れるのがどんどん早くなってくる秋から初冬にかけては、私も無性に寂しさを感じます。
昔、塾の仕事をしていたとき、夕方に家をでるのですが、この時期は嫌で嫌でトホホでした・・・
冬至を過ぎると回復してました(笑)

どんなお年頃でも身体のケアは大切ですね。
お大事にしてください。
それと、週末のご旅行、どうぞお気をつけて楽しんでいらしてね!

茶々ちゃんと北斗、そしてみんな、とっても仲良くしていると信じます♪
milleco |  2014.09.25(木) 16:31 | URL |  【編集】

え~ 某国の 泣き女とは
お葬式 泣くために集まる、、、彼女でしょうか?
実際には遭遇していないのですが
巨泉さんの ハウマッチにて 拝見した記憶あり。
すげ~前だなあ 巨泉さんだもん(笑)

室井さんがね ラジオにて ホルモンパッチなる物
使っていると 言ってて、、、
あ~そっか~ そういうの お世話になるのか~
っと 楽観主義なので(苦笑)

泣きたいときには泣きます。
涙を流すのは 良いことだと思っています。
なるべく家で 涙しますけど(笑)
BOSS母 |  2014.09.25(木) 23:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
自分のことではあまり泣いたりしないほうですが、
昔から映画や小説に感情移入して、
ビッーと泣くタイプではあったのですよ。
そう、結構女〃としているんです。
体調自体は悪くないので、なおのこと不思議な感じです。
病院にかかるたびに100%自腹をきっていたのですか?
自腹だと、融通が利くこともあり、よいこともありますね。
台湾時代に私も健康保険証は持っていなくて
持病の薬を3ヶ月分、半年分と
好きなだけ処方してもらえたのは保険を使わないからでした。
紫龍ごときはなんですか!
こた母さんのおっしゃるとおりです。
BY 松の実


つまさんへ
?と思ったら、長岡市の歌なのですね。
お会いしたときに歌ってくださいませ。
ホント、教えていただいように、
とっても広いんですね、長岡市。
BY 松の実




鶴菊さんへ
定期的に泣きたくなるというのはわかります。
以前は宝塚を見るたびにボーボーと涙を流し、
涙とともにそれまでたまった澱が流れていくような爽快感も感じていました。
私は比較的即効性のあるものに頼ります。
我慢するのが苦手だし、嫌なんです。
BY 松の実



こさんへ
確かに「我が子」に関してはガラスのハートですね。
でも、単純に泣いてしまうのは他人の子様です。
わが子には泣く余裕もなかったのかもしれません。
茶々を思い出して、泣くことがないとは言わないけど、
皆さんがおっしゃるほどではなかったです。
その代わり、茶々がいた時と同じくらいに日に何度も茶々と呼んでいます。
お年頃については、「時の解決」を待っていられないので、
しっかりがっちり病院です。
今日もまずはその病院です。
BY 松の実


millecoさんへ
この霊園、ご覧のとおり、自然に囲まれています。
欠点といえば、鹿やらウサギさんの糞が通路に点々とあることでしょうか?
お花も食べちゃうのですが、
農薬いっぱいの切花を食べるのは良くないのでは?と思うのです。
夏の緑いっぱいの時期も切花が食べられるのですが
おいしいんでしょうか?
お友達のいない茶々でしたが、
あちらではたくさんのお友達と仲良くしていると思っています。
BY 松の実


BOSS母さんへ
そうです、その泣き女のことです。
今の私なら、絶対にできます!(笑)
でも、じわ~っと泣くタイプだからあれは無理かな?
派手に泣くことが求められるんですよね、きっと。
私も、室井さんと同じものを使っています。
一日おきに張り替えるのですが、おばかな私は
昨日換えたのか一昨日換えたのかすぐにわからなくなります。
少し前までのいわゆる低用量ピルのほうが
使い勝手が良かったです。
by 松の実
松の実 |  2014.09.26(金) 06:07 | URL |  【編集】

先日 自宅映画鑑賞していて
ラストシーンで 不覚にも涙がこぼれました
「不覚にも」と感じたのは
わかりきっている結末だったからです
小さい頃は 所謂「泣き虫」でしたが
その後のさまざまな場面を思い返すと
自分の涙腺の緩さ加減が よくわかりません
でも 動向予測は 不可能に近いと思われます

もうご出発されたのでしょうね
どうぞ楽しい週末を♪

かりん |  2014.09.27(土) 10:38 | URL |  【編集】

室井さんて、佑月さん?
      滋さん?
taki |  2014.09.27(土) 15:48 | URL |  【編集】

松の実さん、遠いところおつかれさまでした。
あの日から、いまかいまかとお待ちしておりましたんですよ。
ついに、この日がきて、わたくしも、
よよと泣きそうになるのを、ぐっとこらえました。
パンも失敗してしまうし・・・・・・。
今頃、胃もたれしてませんように!

こさんも言ってましたが
まるで某女性誌のワンシーンのような
クシロガネーゼ&ワンコ写真が撮れましたでございます。
つま |  2014.09.28(日) 18:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

かりんさんへ
わかります、わかります、結末を知っていながら
涙がハラハラと落ちてくる感覚。
「え~っ、どうしてここで泣く?」と思いながらも
ボーボーと涙する私です。
「その後の様々な場面」のなかには
以前コメントくださったことも含まれているのでしょうね。
私は、自分の身に降り掛かったことに関しては
グググ~っとこらえることができますし、
大崩れすることがありません。
母が亡くなった時も、茶々が亡くなった時も、
このところのようにダ~ット涙することはありませんでした。
かりさんもそうなのかな~と思った次第です。
案外皆さん、そうなのかもしれませんね。
新潟は、暑かったです。
by 松の実


takiさんへ
室井さんというと滋さんしか思い浮かびませんでした。
どちらななんでしょうね。
新潟は・・・新潟のプリンスはとてつもなく可愛かったです。
by 松の実



つまさんへ
私も、このようにして新潟に行けるとは思ってもみませんでした。
お忙しい中、お付き合いしてくださったつまさん、こた母さんに感謝です。
そしてぶうたさんにももちろん感謝です。
私は3度ほど、「アブナイ」場面がありましたが、
せっかくの晴れ、せっかくの楽しい時間を
台無しにしないようにこらえました。
ぶうたさんと又もっと長い距離を走りたいです。
そして次こそ「ぽんしゅ館」を目指します。
by 松の実
松の実 |  2014.09.29(月) 21:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |