2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.01.18 (Sun)

まったりと美味しく楽しい台北2 +

こんばんわ~
何故か当然のように私、茶々です。

今日もわざわざあちらからこのくだらない松の実の日記を書くためだけに
殺伐とし、腹が立ち、そして悲しくも切ないニュースの多い
この世界にやってきています。

今日もお努め

私とお父さんと松の実共通の最近のかなり悲しい可哀想なニュースは、
少し前に関東地方で、カラスさんたちが大量に死んでしまって、
しかもどうも餓死ではないか?というものです。
普段はゴミステーション荒らしをするカラスさんたちをよく思っていないお父さんも、
「餓死は可愛そうだ、気の毒だ。関東はそんなに食べ物がないのだろうか?」と
カラスさんたちに同情することしきりでした。
カラスさんたち、ちゃんと食べ物が見つけられることを祈っています。

昨日はほんの少しだけ吹雪いた釧路地方でした。
そして、今年も「SL冬の湿原号」が昨日より運行開始となりました。

SL 冬の湿原号出発

今年で15年目の「SL冬の湿原号」、残念ながら、
2台あるSLのうち、一台が故障してしまい
今年は一部DL(ディーゼルカー)による運行となるそうです。
昨日は、釧路を出発して「川湯温泉駅」まで運行の予定が川湯地方大雪のため
手前の摩周駅であえなくストップ~となったそうです。
ちょっと幸先悪いスタートでしょうか?

JR北海道さんの方針で、北海道の他地域のSL運行が廃止され、
唯一残ったSLがこの「SL冬の湿原号」となりました。
皆さん、釧路まで是非乗りにきてくださいね。

さてさて台北初日の夜は、台北市在住の旅行作家夫妻と、
この23日から釧路にやってくる雑誌記者の方と
楽しく美味しくお食事を楽しんだ松の実でした。
この雑誌記者さんは、「犬の気持ち」の台湾バージョンを
製作する責任者でもあります。

台湾版犬の気持ち

いただいたのは「台湾料理」、それもかなりマニアックな台湾料理だったそうです。


伝統的な台湾料理の数々

なかでも、豚ひき肉ときゅうりの漬物のようなものを使って作る「瓜仔肉」は
台湾の最もポピュラーで伝統的な家庭料理の一つで、
なかなかレストランで提供するところはないそうです。
(お魚の頭の横の小さな丸い食器の中がソレです)

一人ずつ、白いご飯に青菜炒め、油揚げの煮たもの、
春雨の炒めものがついてくるとは知らず、
台湾バジルのチャーハンも注文してしまい、
お昼に続き更にお腹いっぱいになった松の実でした。

松の実の大好きな、台湾のおしるこもいただけました。
台湾のおしるこは、日本のものよりさらさらしてあっさり味です。
そして、小豆の土臭さというか青臭さが残る素朴なものです。
白玉団子が入っていることもありますが、
この日はピーナッツが入っていました。

雑誌記者さんと雨の中をお散歩しながら
釧路での再会を楽しみに台北市内ほぼ全域を網羅するMRTで
ホテルに帰った松の実でした。

旅行作家さんも雑誌記者さんもきっと明日も雨だよ~
とおっしゃっていたそうですが、
松の実の台湾を愛する気持ちを察してくれたお天気の神様がいたのか
翌日はこんな青空が広がった台北でした。

台北の青い空

この青空の下、ご機嫌でMRT民権西路駅まで歩く途中で
出会ったワンコです。

おはよう

焼き芋を売っているおじさんのワンコさん、とても人懐こくて
この後、起き上がって、松の実に「私を撫でたいのでしょう?ホレホレ~」と
松の実の周りをグルグルした後、背中をグリグリと押し付けてくれたそうです。

そうそう、ワンコと言えば、前日のちょっとだけお仕事で、
ご挨拶に行った旅行会社さんには高齢のレトリーバー「ハッピー」がいるので、
いつもご挨拶に行くときには、ハッピーにもお土産を持っていきます。
今回、ハッピーにもハッピー担当の方にもお会いできなかった松の実でしたが、
金曜日出勤するとこんなメッセージが入っていたそうです。
「P.S.
ハピー君からのメッセージ:
北海道からのおやつはと~てもオ・イ・シ・イよ。
ありがとう! 謝謝! ワン!! ワン!!」


P.Sというのは勿論お仕事のメールもちゃんとあった上でのことです。
ワンコ好きのヒトのすることはどこの国でも一緒のようですね。

焼き芋屋さんのワンコにひとしきり遊んでもらった松の実が
この日、目指したのはどこでしょうか?
台北からローカル線に揺られて1時間ほどのところです。
そちらで買ってきたものが下の絵葉書です。

絵葉書買いました

あっ、九份の風景がありますが、松の実が行ったのは九份ではありません。
当たった方には何かあるかな~ないかな~
20:46  |  その他  |  コメント(9)

Comment

ぎゃ~~~~~!
また1番♪

そうそう、コメントを書こうと思ったら
もう次がアップされていたので
つい、興奮してやってしまいました
失礼いたしました。

さて、この白いご飯のプレートは台湾知らずの私ですが
とっても食べたいワンプレーとご飯です。
素朴でいい感じのご飯です
豚肉ときゅうりの漬物のような・・・
とても興味のあるおかずですね
それこそ白飯にド~ンとのっけてガツガツいきたいです。
ハッピーさん、元気でいてくれたのですね
高齢になると優しさの塊のようなわんこ
ハッピーさん、きっと会いに行きます
なでさせてくださいね
今は白いものを見ると鼻がグズグズするので
なるべく色つきの(笑)生き物を見ようと思います

集集駅のたま駅長かな?
ハイジ |  2015.01.18(日) 21:46 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はっ!さんへ
連チャンの1番乗りありがとうございます。
コメントをお待ちしております。
いつか一緒に台北に行きましょう。
by 松の実
松の実 |  2015.01.18(日) 22:21 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。

狗狗・・・懐かしい文字。
そして、ゴウゴウ、懐かしい響きです。
ウォウメンダゴウゴウ~、リーベンダゴウゴウ~
3歳児レベルの私の普通語で、もしかしたら一番多く
話した単語かも知れません。
「犬の気持ち」台湾版、初めて知りました。
犬好きは世界中に、犬好きの思考回路は世界共通ですね。

お汁粉もまた、懐かしい!
おそらく「香港式甜品」のお店でよくいただいたものに近いです。
さらっとしていて甘味もマイルドで。
「飲むお汁粉」みたいでした。白玉団子とナツメが入っていたと思います。
日本のものも美味しいですが、確かに素朴で小豆の風味が生きていました。

色々懐かしいけど、やっぱり大陸とは何かが違う台湾。
私もいつか出かけてみたいです。
emihana |  2015.01.19(月) 07:15 | URL |  【編集】

ローカル線で行かれた、、、って事は
私の好きな温泉街では無いですね~
お手上げです(笑)

台湾のワンコも大切にされてるんですね~
犬のきもち たくさん売れますように!
BOSS母 |  2015.01.19(月) 08:19 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はっ!さんへ
貧乏性の私は、このごワンプレートで十分
1食になるくらいでした。
「瓜仔肉」はおっしゃるように
ご飯にかけてモリモリ食べるようなオカズです。
初めて食べたのにどこか懐かしい味わいのものでした。
前回、この旅行社におじゃました時、
ハッピーはもう歩けなくて、カートに乗せられて散歩していました。
大型犬なので、元気でいるかどうか心配でしたが、
留守番をしていたスタッフが「大丈夫、まだちゃんといるよ~」
と教えてくれた時は嬉しかったです。
いつか台北に行って食べまくりましょう。
残念~集集駅ではありません。
by 松の実



emihanaさんへ
なぜだか、「我們的狗狗」に涙がでました。
行ったことのない広州の街をはなさんとemihanaさんがお散歩していて
中国人に話しかけられて、「我們的狗狗~日本的狗狗、很可愛吧!」と
話している様子を想像しました。
私が一番使った中国語は何でしょうね・・・
「差不多」?「馬馬虎虎」?(笑)
お汁粉、あっさり味で美味しいですよね。
確かに飲むお汁粉で、お腹がチャポチャポになります。
同僚がよく作ってくれた「緑豆湯」もあっさりと甘い
小豆の代わりに緑豆をつかったものでした。
蒋介石が腕の良いコックをいっぱい台湾に連れてきたので、
台湾の中国料理は本場よりも美味しいと言われることもあるようです。
いつか一緒に行きましょう。
by 松の実



BOSS母さんへ
温泉街とは「北投」のことでしょうか?
温泉が苦手な私は、もちろん台湾でも
温泉に行ったことがないのです。
特に北投は、私が台北にいるころは
男性天国の本拠地みたいなところがありました。
今は、設備も新しくなり清潔で、
家族で、友人たちと、気軽に、時にリッチに
「温泉」を楽しむ場所のようです。
台湾も、ペットブームなのか、ミックスではない
いわゆる純血種が飛躍的に増えたように思います。
昔は道端に寝そべっているワンコは全て
親たちが何犬の血を引いたワンコなのか想像も
できないワンコばかりでした。
by 松の実
松の実 |  2015.01.19(月) 22:53 | URL |  【編集】

台湾の青菜、ですが(前にも言ったかしら)
社内旅行の夕食で、女性社員(=主にオバサン)の一番人気だったんです。
メインはなんだったか忘れちゃったけど、次々出てくるコース料理で、青菜炒め、大好評♪
軽い塩味で、とろみがあり、サクサクした茎と柔らかい葉が、ホント、美味しかった。
大皿のそれはオバサンたちが独占し、コロンとしたキノコ?炒めは若い男性社員たちに押付けたこと、何故か未だに覚えてるの。
あの青菜って、日本では何でしょう?もちろんホウレンソウでも小松菜でもないし。。。??


それと、SL湿原号って簡単に乗れますか?
天候によって運休など、必ずしも乗れるとは限らないとか?
釧路まで飛行機で行って、その日の内にSLに乗り、又釧路へ戻るというスケジュールは可能でしょうか?(いつか乗ってみたいので、参考に)

長々すみません。
長々ついでに、社員旅行で泊まったのは
民権西路駅の三徳大飯店でしたよ。
ururu |  2015.01.20(火) 00:15 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ururuさんへ
炒青菜は、何を食べても、どこで食べても
ハズレがなくて美味しいです。
日本でもある一般的な野菜でよく使われるのは
ほうれん草やキャベツにレタス・・・
(私は初めてレタスのオイスターソース炒めを
台湾で食べてその美味しさに驚きました)
台湾らしい野菜ではA菜(エーツァイ)、空芯菜、
芥藍菜、豆苗(日本のとはちょっと形状が違うのです)あたりでしょうか?
ちなみに、この日記のご飯プレートの青菜はほうれん草で
左下奥の青菜はA菜です。
つまり日帰りでSL乗車ということでしょうか?
できないことはありませんが、釧路到着が遅れると厳しいです。
例年11:20前後釧路駅発で、
釧路に帰って来るのが15:30くらいです。
天候不順での欠航はヒトシーズンに1度あるかないかくらいで、
一人くらいであれば、
乗車券も取れると思います。(全席指定です)
ururuさんがいらっしゃるのであれば、
SL券、お取りします。
でも、せっかく釧路までいらっしゃるのであれば、
せめて一泊して美味しい海産物を召し上がっていただき、
丹頂や冬のカヌー、阿寒湖のフロストフラワーなど、
見ていただきたいものがたくさんです。
by 松の実
松の実 |  2015.01.20(火) 13:05 | URL |  【編集】

まるで2日前のハイジさん状態で、ひとつ前から戻ってきました。すごいペースですね。さすが、茶々さん!

「SL冬の湿原号」の写真、同じアングルからのものを
釧路の公報?ツイッターで拝見しました。最高の撮影位置を、把握されてるんですね!途中までとは残念ですが、安全第一でしかたないですね。

台湾版いぬのきもちは、どんな特集なのでしょ?
三大原則・・・15のポイント?
やめさせたいうちのこの悪いくせ?
台湾で、「ぽちたま」のまつもとくん、まさはるくん、大人気なんですよね?

ハイジさん、今夜は早寝だそうです。
つま |  2015.01.20(火) 22:16 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
茶々も酷使されてやけっぱちになっているのかも。
さっさと台北編を済ませて
と友達の待つあちらに戻ろうと企んでいるのでしょう。
釧路市内と川湯方面の雪の状態は全く違うのです。
標茶というところを過ぎたら、別世界です。
釧路市内で吹雪と言っても可愛いものです。
台湾版「犬の気持ち」は日本のものを
そのまま翻訳したものらしいです。
この号は犬の記憶についての記載があるようです。
そうそう、海外通信というページがあって、
見開きで5~6頭のワンコを紹介しています。
ここに投稿してくれる方を探しているそうです。
つまさんだったら、ぶうたさんを初め5~6頭、
すぐに集められますね。
by 松の実
松の実 |  2015.01.21(水) 21:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |