2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.01.29 (Thu)

台湾冬のPress Trip

こんばんわ~
松の実がサボっております。
今日もナゼか、私、茶々です。

茶々と呼ばれて

本当は松の実がちゃんと今回の日記は書くつもりだったのです。
なんたって彼女の大好きな台湾の記者の方々をご招待して
釧路管内ご案内の旅の紹介なのですから。
ところが、松の実、ただいま打ちひしがれて立ち直れないそうです。

3月中旬で廃止されるトワイライトエクスプレスに乗って関西に行こうと計画し
旅行会社さんにも前金を払い申し込んだツアーですが、
やはりトワイライトエクスプレスが取れなかったと連絡があったからです。
松の実、がっくり・・・で、この日記を書く気力も体力も知力もなくなったというのです。
知力はもともと松の実にはありませんけどね。

さて、台湾の旅行作家さんや旅行雑誌、新聞の記者さん方、4名をご招待しての
釧路管内ご案内ツアーは、先週金曜日よりスタートしました。
珍しく吹雪の釧路で、飛行機の到着が心配されましたが、
やはり台湾を思う気持ちの強い団体が主催しているせいか
問題なく到着、そして、記者さん達ご滞在の3日間だけ、ものの見事に晴れました。

冬のカヌー2

最初は昨年2月にNHK朝イチで紹介され、人気がじわりじわりと高まっている
冬の釧路川カヌー下りでした。

冬のカヌー

冬のカヌー、単純に言うと寒ければ寒いほど、早朝であればあるほど、
美しく、ここでしか見ることのできない光景が広がるようです
この冬のPress Tripをこの2年間待ち続けてくれた
台湾の記者さんたちの熱気のせいでしょうか?
或いは松の実達の熱い思いのせいでしょうか?
少々、あたたかすぎたのは難と言えば難だったこのカヌーでしたが、
美しかった!というのが4名様+松の実の共通の意見。
そして、大きな声ではいえませんが、夏や秋のカヌーよりも冬のほうが数段良かったとは
記者さんたちの言葉でした。
4名のうち3名は1昨年の秋にも同じ団体の招聘で釧路にお越しいただき、
その際も松の実がご案内したのです。

シカに見つめられます

かなりの数のエゾシカさんに会いました。
この時期のエゾシカさんは食料を確保するのに精一杯で、
ヒトを見ても逃げずに逆にヒトを観察しているようです。
シカに見つめられながら、カヌーを進めました。
タンチョウには逢えませんでしたが、オオワシ、オジロワシとは遭遇しました。
オオワシは、ペアで松の実達の前方の木に佇んでいたそうです。

冷え込みが厳しいと、川の両側が樹氷でうめつくされ、岸に近い川べりは氷付き
その上にフロストフワラーが咲き乱れるそうですが、この日はマイナス3度と
信じられないくらいに穏やかな日で、それらは見れずじまいでした。
青い空と白い雪と深い青の川とのコントラストで十分楽しめました。
冬のカヌー絶対にお勧めです。

お試しになる方はどうぞ日焼け止めを忘れないでくださいね。
松の実は冬に日焼け止めが必要とは思いもよらず、
今も顔がヒリヒリするそうです。

iyo~white tailed sea eagle

冬のカヌーの後は、ハイジさんの御用達でもあります
阿寒国際ツルセンターの午後2時のお魚タイムを目指しました。
この日の前2日間が吹雪だったせいで、
オジロワシもオオワシもお腹がすいていたそうで、
いつもの2倍のオジロワシ、そして飛んでくることはあっても、
めったに、こんなふうにタンチョウさんのいる地面に降りることはない
オオワシさんもしばしボーッ!

ちなみに、オオワシとタンチョウが同じフレームに収まる画像が撮れるのは
この世界でただ一箇所、阿寒国際ツルセンターだそうです。


オオワシ、ほけ~

オジロワシもオオワシも松の実のデジカメと腕でこのくらい撮れたのです。
いかにオジロワシがウジャウジャいて、オオワシさんが長いことホケーッとしていたか
お分かりかと思います。

この2日後に別の仕事で、同じツルセンターを訪れた松の実でしたが、
オオワシは現れなかったし、オジロワシもこの日の半分以下だったそうです。

台湾のヒトの強運、幸運、恐るべし!


この日のお泊りは阿寒湖でした。
アイヌ部落を散策して、ワンコを見つけては写真を取らせてもらい~
あの「犬の気持ち」台湾版の編集者も参加していたので、
彼女はワンコを見る度に松の実以上に「写真!」と叫んでおりました。

臆病ワンコ

上のワンコはアイヌ部落のとても有名な彫刻家のお店にいるワンコ「円空」6歳です。
飼い主さんのお話では、もとは野良さんで、この彫刻家さんに保護されたそうで、
とっても臆病ワンコだとか。
遠くにいる松の実達を目で呼んでおきながら、
近づくと吠えるという、可愛がって欲しいような気もするけど
まだちょっぴり知らないヒトは怖いという典型的な臆病なくせに
甘ったれでかまって欲しい我儘ワンコですね。

信じられないくらいに暖かだった阿寒湖の夜が更けていきました。


23:31  |  その他  |  コメント(15)

Comment

こんばんは!

お仕事とはいえ、何だか羨ましいような・・・。

今回は、色々な美しい物を見るという、お仕事ですね。
きっと何度もご覧になっているのでしょうが
やはり、その度に、胸を熱くする自然の風景なんでしょうね。

必ず出会えるとは限らない物を相手になさるのも
なかなかスリリングですね。

彫刻家の方のワンコが円空。
柄の入り方がいいですね。

野良さんから脱出できて良かったね。

チビ茶々さんは、文句なしの可愛さです!

taki |  2015.01.30(金) 00:24 | URL |  【編集】

釧路地方・・・やっぱり美しいですね。
(ただ、雪が怖い^^)

あ、台湾のお話も楽しかった♪
過去3回行きましたが
(台北市内の他は浅水、九分、花蓮、太魯閣渓谷)
どこも心に残る場所でした☆

オジロ鷲はオホーツクの流氷を観に行った時
(こんな大きな鳥が!)
と、目を奪われました。

やっぱり北海道は凄い!!!
ururu |  2015.01.30(金) 10:51 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
ご無沙汰しております。
はい、まさに役得です。
こんな風にカヌーに乗ったり、
タンチョウをゆっくり見たり、
同僚に対して少々申し訳ない思いがするほどです。
冬のカヌーは想像以上の美しさ、静寂の世界でした。
今回は、Pressに説明しながら、
写真を取るのもまずPressと遠慮していたので、
(それが仕事なのだから当たり前)
いつか一人でガイドさんとも話さずひたすらその静寂な世界に
身をおいてみたいです。
円空さん、味わい深い顔つきですよね。
いつも道行く人を眺めては誘うくせに
お店に入って行くと逃げるんですよ。
by 松の実



ururuさんへ
はい、私も美しいと思います。
こうして、仕事とは言え、一緒に台湾のPressと回ることで
私自身がこの地方の美しさ、美味しさ、素晴らしさを再発見いたします。
雪は時として怖いものですが、
でも、もともとこの辺りはそれほど降雪量が多くないので
私にとっては、美しく暖かなものなんです。
明日は猛吹雪らしいのですが、一年に一度や2度、
吹雪かなくては北海道ではなくなってしまいます。
ururuさん、私よりはるかに台湾を見て回っていらっしゃいますね。
私は花連もタロコも行っていません。
オオワシはさらに大きく、
迫力と威厳があります。
素人の私には、遠目ではオジロワシとトビの見分けがつかないのですが
オオワシはその風格で見分けることができます。
by 松の実
松の実 |  2015.01.30(金) 23:16 | URL |  【編集】

おーーーーーーー!
松の実さんがオオワシをーーー!!
とってもきれいに撮れていますね、オジロワシの
飛行ショットも素晴らしいです。
わたくし、かれこれ3回ほど阿寒国際ツルセンターに通っていますが、
オオワシには一度も遭遇したことはありません。。
こうやって来るときもあるのですね。
私が行った時もいてほしいな~っと思います。
冬のカヌー、体験しようと思ったことはありませんでしたが、
進む速度がゆっくりで寒くなくて良いでしょうね。
今回は漁船に乗って行ってきますが、次回はこのカヌーを体験します。
円空さん、警戒心を解かない目が好きです。
真っ白じゃないところが粋です。
安心して眠れるお家があってよかったね
ハイジ |  2015.01.30(金) 23:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
オオワシはけっこう飛んでくることはあるのですが
こうやって降りるのが稀です。
冬のカヌー良いですよ~
あっちを止めて、3人で冬のカヌーにしませんか?
ハイジさん、一つだけ違います。
寒いです。
普段は恐ろしく寒いそうです。
服装としては、薄手のセーター又はブラウスに
カーディガンか少し厚手のセーターにフリース、
さらに業者さんが用意するドライスーツを着て
その上に自前のダウンコートそしてライフジャケットです。
それでも試す価値ありです。
円空さんと会うのはこの日が二度目だったのですが、
前回同様ビビられました。
by 松の実
松の実 |  2015.01.31(土) 00:07 | URL |  【編集】

楽しみにしていたトワイライトエクスプレス
残念でしたね。
キャンセル待ちとか無いんでしょうか?

寒いのも鳥も苦手ですが
このカヌー行りはとても興味あり!
冬の北海道はずいぶん経験してませんが
旅行であれば楽しそう。
実家に帰ったら雪かきが待ってますからね(>_<)

円空ちゃん牛柄が味があってメンコイ!

打ちひしがれてる松の実さんには申し訳ないけど
茶々ちゃん登場で特した気分。
茶々ちゃんまた書いてね~
こたつ |  2015.01.31(土) 01:53 | URL |  【編集】

トワイライトエクスプレスは,なかなか大変なようですね。
鉄ちゃんのカテゴリーに「葬式鉄」というのがあります。
特徴は,無くなる路線.列車があれば,大挙して押し寄せることです。
ヤフオクを見たら,札幌発の個室が5万くらい,スイートに至っては20万以上でした。

北海道は景色が大きくていいですね。
広角レンズが必要ない猫の額のような景色を撮っている者には,羨ましい限りです。
動物の写真は難しいですね。
風景だってチャンス待ちしますが,フレームアウトはあまりしませんからね。
mountain fogを撮りたいと思いつつ,それから程遠い毎日に忙殺されています。
風来坊 |  2015.01.31(土) 12:16 | URL |  【編集】

茶々ちゃん 立派なドロボウ顔
日の光が まるでマフラーをたなびかせている
ようで 仮面ライダーのようです。

カヌー怖くないですか?
ちょっと不安定で ライフジャケット着てても
ちょっと心配
あっ  私は泳げますよ。
でも その前に一瞬で心臓麻痺起こして
小太郎のところに行けそう ('_')

ずーーーーと前 グリンパークつるいに
宿泊して ホーストレッキングをやりたいと
おもったのですが まだやってます?
あそこの近くですか? カヌーも。
結局 山花温泉に泊まり 動物園前の
引馬で 1周して終わりました。
あそこも 引馬でなく トレッキングも
あったような記憶が…
如何せん もう10年以上も前だから忘れて
しまいました。

トワイライトエクスプレス残念です。
お嬢様がのるなら 見送りがてら 札駅に
見に行こうと思ってたのに。
そうですよね 最後ですもんね
普通でも予約取りづらかったんですから
無理もないです。

つまさんも好きな ウッシーというワンコの
漫画知ってます?
道北の下川に住む 漫画家さんのワンコです。
円空さん 色が違うけど ちょっと似てるかも。

ウッシーも残念ながら 空の住人です。


漁船諦めてない?
やめれ!って言ったのに~

私は 日曜日 とっても楽しみです。
帽子・手袋 珍味 忘れずに持って行きます。

あ~ ししゃも食べれるかな~
ワクワク  (*´▽`*)
こ |  2015.01.31(土) 17:30 | URL |  【編集】

ハイジさん、漁船に? v-229

なして?v-229
taki |  2015.01.31(土) 18:47 | URL |  【編集】

色々御心配おかけしました。
今日「愛人2号」が我が家へ来ました。
これからはメグにかけた愛情以上に
この子を大切に育てたいと思ってます。
・・・メグ以上は無理かな?父ちゃん・・・
ボビーまま |  2015.01.31(土) 19:26 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

茶々さん、やっぱりはなの子犬の頃にそっくり!
黒いマズルももおんなじです。
茶々さんはこの頃、赤毛の色が濃かった気がします。
大人になってからは、はなより薄目の毛色でしたよね?

冬のカヌー。
とても魅力的なのですが・・・
カナヅチの私は、万が一にもひっくりかえったら
と言う危惧を抱かずにはいられません。
だけどやっぱり、行ってみたいなぁ~。

円空さん、アニメに出てくるワンコみたいな
見事なぶちですね。

犬好きはどこに行っても犬探す。
みんな同じですね。
emihana |  2015.02.01(日) 00:03 | URL |  【編集】

いやぁ、オオワシさんのホケ~姿に笑っちゃいました♪
緊張感なさすぎが可愛すぎ!(*^_^*)
でもって、オジロワシさんの飛行は素晴らしすぎ!
こちらではトンビさんは多いのです。大きい鳥が悠然と飛行する様には見とれますね。

冬のカヌー、素敵ですね。いつかトライしたいと思いました!
重装備にビックリですが、それほど寒いのですね。

やっぱり可愛いおチビの茶々ちゃん、お疲れさま! 茶々ちゃんもちょこっと泥棒顔だったのですね~(笑)
円空さんも可愛いですね。微妙な斑がチャーミング♪

トワイライトエクスプレスは残念でしたね。
こんなに人気なのだから続けて欲しいですよねー!
milleco |  2015.02.01(日) 00:17 | URL |  【編集】

トワイライトエクスプレス、残念でしたね〜。
松の実さんの力をもってしても、とれないとは、想像以上の難関ですね。十津川刑事が謎解きしたように、長岡駅のホームに忍び込んでお迎えしようと思っていたのに残念です。関西へは空路になるのでしょうか?

カヌーは、そう簡単にはひっくり返りませんよね?
夏の信州で、ワンコ乗せて乗るのがあるので、ちょっと気になってます。
冬の寒さに耐えてこそ、誰も見られない美しい景色を拝見できるというものなのでしょう。テレビの画面でも感動なのに、生で見たら素敵でしょうね。そして、ぶるぶるぶる。カヌーをこいでも温まりませんよね。え?こがなくてよいのですか?

あ、こさんが書いてる つるいグリーンパークに泊まったのは私です。6月に、鶴はいませんでした。しかも、霧でなにも見えず、ホテルすら見えず困惑したなつかしい思い出です。

円空さん、ありがたい名前ですね。お顔も味がありますね。今回も茶々さんで、とってもお得な気分です♪茶々さん、シーユースーンv-238
つま |  2015.02.01(日) 17:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こたつさんへ
冬のカヌー、絶対にお勧めです。
鳥が苦手なこたつさんにはタンチョウ観察を
お勧めできないので、
このカヌーを一押しさせていただきます。
大人になってからの冬の北海道、
良いものですよ。
冬こそ北海道!と思います。
是非、一度、お里帰りを冬にしてみてください。
トワイライトはきっぱり諦めました。
縁がなかったのでしょう。
その代わり、次にはいつ行けるかわからない台北に行ってこようかと
思案中です。
円空さん、良い味だしているでしょう?
by 松の実



風来坊さんへ
トワイライトは本物の「鉄」さんもさることながら
私のようなにわか鉄子なども押し寄せているようです。
今朝の北海道新聞でもいかにトワイライトのチケットを
取るのが大変なのか一面記事になっていました。
トワイライトとは縁がなかったのでしょう、というか
2月末は関西とは縁がなかったのだと思います。
宝塚のチケットも取れませんでしたし・・・
17日と18日を楽しみにしています・・・・
風来坊さんにタンチョウとオオワシのバトル撮影に
挑戦していただきたかったです。
by 松の実


こさんへ
ウッシー知っていますよ。
作者が若いころ釧路にいた方で
けっこう真面目に読んでいました。
似ていますね、円空さんに。
こさんが引き馬したのは「山花ふれあいホースパーク」ですね。
あそこのトレッキングもなかなか良いらしいです。
秋の台湾のプレスで紹介して体験してもらったのですが、
好評でした。
私はその時は荷物番だったので、体験できず。
カヌーは怖くないです。
そして、この時の業者さんは冬のカヌー催行にあたっては
ドライスーツをお客様に用意して着せているのです。
業者の言うルールを守っていれば、落ちることはありませんが、
万が一不注意で落ちてしまってもこのドライスーツのおかげで
ある程度体温を保て、ライフジャケットを着用しているので
沈むこともありません。
安全です。
絶対に私の車の運転よりも安全・安心です。
ちなみに私の運転も当然ながら無事故・無違反です!
ハイジさん、漁船は逃げないのにね・・・
せっかくこさんも釧路にいらっしゃるのにね。
ししゃも・・・あまり好きではないっておしゃっていませんでしたか?
by 松の実



takiさんへ
鳥見の聖地、根室は落石漁港から運行している
鳥見専用のクルーズ船があるのですが、
その鳥見クルーズが漁船を使用しているのです。
普段見慣れている漁師さんの船ですから
鳥たちも逃げません。
漁師さんも自分の海ですから、どこか浅瀬でどこが安全かなど
熟知しているので安全安心且つ、
鳥見の確率もかなり高い人気のクルーズなのです。
でも、漁船なので、一度乗ってしまうと
風当たりも強く、揺れもそれなりで、
なかなか過酷なクルーズでもあります。
私は昨年初夏、香港の鳥見の友人と乗りました。
勉強の為と思って乗ったのですが、
一度で十分です。
by 松の実



ボビーままさんへ
栞ちゃんのあの意志の強そうな美人度、
メグさん2号として、いずれボビーまま家に君臨すること間違いなしですね。
ボビーさんとも仲良くできそうですし、
末っ子としておおらかに強くたくましく図々しく成長してほしいです。
武蔵さんがあの雰囲気に怖気づいてしまわないか
ちょっと心配です(笑)
by 松の実



松の実 |  2015.02.01(日) 19:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
茶々のどろぼう顔の時期は短かったです。
気がついたらキツネ顔になっていました。
そして、タヌキ、トド、と変化していき
最後は犬なんだかなんだかわからない生き物と
なりました。
確かに比較的若いウチに毛色は白っぽくなりました。
カヌー、大丈夫です。
ガイドさんの言うルールさえ守っていれば
絶対にひっくり返りません。
そして、ガイドさんのおっしゃるような服装で行けば
それほど寒さも感じないと思います。
もし寒ければ、率先して漕ぐことをお勧めいたします。
是非、一度お試しください。
冬こそ北海道です。
emihanaさん、「寒い~!」とキャーキャー言いながらも
絶対に楽しんでいただけると思います。
円空さん、まるで染めたのか?というくらいのぶちです。
by 松の実



millecoさんへ
オオワシさん、しばらくホケーとして、
タンチョウとオジロワシの数の多さに辟易したのか
魚を奪おうとするでもなくヨタヨタと飛んで山に帰って行きました。
オジロワシ達は、世界中から集ったカメラマンが
一斉にシャッターを切る音が快感となっているのではないか?
というくらいにタンチョウとのバトルを見せてくれます。
トビもたくさんいます。
お魚タイムに集まってくるタンチョウ以外の鳥では
トビが一番多いのです。
イギリスのカメラマン等はあちらにトビがあまりいないということで
トビでも大喜びしています。
冬のカヌーはもう、冬の東北海道観光のイチオシです。
冬こそ北海道、冬こそカヌーって思いました。
冬のカヌーは早朝に行ってこそ価値があるので
寒い東北海道で更に寒い時間帯なのです。
トワイライトと2月の関西、縁がなかったのだときっぱり諦めました。
by 松の実




つまさんへ
2月の関西はトワイライトの前に宝塚のチケット争奪戦にも
参戦していたのですが惨敗していたのです。
そして今回のトワイライトもダメ・・・きっぱり関西は諦めました。
関西は又別の日程を考えます。
その代わりに台北に行ってこようかと思案中です。
カヌー犬と言えばガクさんを思い出します。
茶々に釧路川?もちろん下ったよ~と自慢しているかな?
カヌーはもちろんひっくり返りません。
漕がなくてもガイドさんが漕いでくれますが
私は自分も漕ぐのが好きです。
なんとなくカヌーに乗ったという気分になれるので。
もちろん台湾プレス達は一度たりともパドルを持ちませんでした。
ひたすらカメラを構えて「キレイ」を繰り返していました。
6月くらいでも、鶴居村をグルグルしていると
大体はその年カップルになりそこねた若いタンチョウが
畑で遊んでいるのを見かけますよ。
次は是非冬の東北海道へ。
ぶうたさんにはホッカイロ背負わせて来てください。
by 松の実


松の実 |  2015.02.01(日) 20:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |