2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.02.02 (Mon)

台湾冬のPress Trip 2

こんにちわ。
宝塚のチケットも取れず、トワイライトエキスプレスも取れず
2月末の関西は縁がなかったものとすっぱり諦めた, 私、松の実です。
(茶々だと思っていた皆様、申し訳ございません)

さて、台湾の記者さん方をお連れしての釧路管内ご案内の旅
2晩目の宿泊地は阿寒湖温泉でした。
それ本物ですか?と聞いてみたくなるような立派なブチ持ちだった
円空に別れを告げ、向かった先はアイヌシアター「イコロ」でした。

[広告] VPS


ほぼ毎晩、アイヌの伝統舞踊などの公演を行っています。

ムックリって「美しい」とか「華麗なる」などの形容詞では
説明できない不思議な音色だと思います。
時として心がざわつき、時として気持ちが静まる、
いつも一緒なのは、どんな精神状態であっても
じっと聞き入ってしまう、やはり不思議なムックリなのです。

30分ほどの公演が終わって台湾の記者さんたちの感想は
「いや~台湾の原住民の舞踊とそっくり!音楽もよく似ている~」と
言いながら歌い出す始末。
昔は台湾の原住民といえば「高砂族」と一派一絡げに呼ばれていたようですが、
現在台湾政府が認定している原住民は16民族ほどあるはずです。
以前から北海道のアイヌと台湾の原住民との交流は行われてきて、
よく似た文化を持つと言われていましたが、
たった30分の公演でもよく似ていることがわかるくらいに似ているのですね。


翌朝はフロストフラワーを探すため朝7時出発。
残念ながらこの日も暖かすぎてフロストフラワーはありませんでした。
フロストフラワーとは簡単に言うと「霜の花」、樹氷の地上版でしょうか?
阿寒湖の湖面に咲き乱れるところを取材させたかったのですが、
仕方ありません。
代わりに阿寒観光協会のガイド氏が連れて行ってくれたのがこちらです。

阿寒湖朝日

朝日です。
夜中に降った雪がキラキラと輝いていました。
台湾記者たち、大喜び!

少し時間が余ったけどゆっくり朝ごはんを食べてもらって次の目的地に向かおうと
時間の計算をする私に、阿寒観光協会スタッフが
「松の実さん、せっかくだからボッケに行きましょう!」と言い出しました。

私も含め、どうしても我が街の良い所-あそこも、ここも紹介したい、
となるのが観光協会の人間です。
その気持がわかるだけにNOとは言えず、行ってみると、
なんと雪が深すぎて入っていけな~い。
ガイド氏「スノーシュで行きます!」とトランクから
スノーシューを出したのは良いのですが
このスノーシューやたらと複雑で装着するのに時間がかかる代物、
ここで15分の時間のロスでした。

P1000837.jpg

スノーシュ-履いてのちょっとした林を抜けていきました。
こんな東北海道ならどこにでもあるような景色でも台湾記者達は
「好美~」と言いつつ、一人が写真を撮りだすと、
皆が立ち止まりそこから5分は動けません。

好美

さらに、こんなオオバユリのミイラを見つけては
台、「ギャ~これ何?」
私、「オオバユリのミイラみたいなもんよ」
台、「これって、買ったドライフラワーをわざとここに差しているの?」
私、「そんなこと、誰が何のためにすると言うの?ありえな~い。自然です」
台、「え~台湾ではわざとにそういうことするんだよー」
台、「これって自然だって!美麗~」
と、オオバユリのミイラを撮影するのにさらに5分経過。

オオバユリのミイラ

スノーシューでの散策を終え、
ホテルに戻った時には予定より1時間遅れていました。
川湯温泉駅から出発のSL冬の湿原号に遅れることは許されません。
屈斜路湖も硫黄山もパスして向かったのは、「摩周湖」でした。

樹氷に囲まれた摩周湖

今回参加の4名の記者のうち3名は一昨年の秋にも招聘した方々で、
この樹氷で囲まれた摩周湖を見たくて見たくて、
主催団体にリクエストを上げていたのです。
まさしくPR用の画像と同じ摩周湖をその目で見て、感激と感動だったようで
摩周湖できっかり1時間使いました。

jyhyou.jpg

確かに、この日の摩周湖は何の説明も不要なくらいに美しかった。

一昨年、参加した記者に私が小ネタとして教えたのが「摩周湖が霧で見えなかったら、
結婚するのも近いよ(女性の場合)、きれいに摩周湖が見えたら、まだまだ結婚は先」と
昔言われていたことでした。
「ちなみに私は子供の頃からくっきりはっきり摩周湖は見えていたんですよね。」と言うと
一人が「では、今日きれいに摩周湖が見られたのは松の実さんのおかげですね」と言うので
「そうです、私のこの人生に感謝してください」と恩着せがましく言いましたら、
その記者ったら、台湾に帰ってから「松の実小姐の多大なる犠牲の基、
我々は摩周湖が見えた」と書いたのです!
そして今回もあろうことか、摩周湖に向かっている途中に見た摩周湖方面には
雲が覆っていたのですが「大丈夫、今日も我々は松の実小姐と一緒だから」と言い出す始末。
もちろん冬の摩周湖が見えないということはまずないので、
期待通り、ばっちり美しい摩周湖だったわけです。
摩周湖を後にする際は「次は霧の摩周湖でも良いです。そうしましたらお祝いしましょう」!?
次、霧の摩周湖となるか?

牡蠣剥き体験

無事に川湯温泉駅からSL冬の湿原号に乗せて、
標茶駅で降り、向かったのは毎度おなじみ厚岸味覚ターミナルコンキリエ。
牡蠣剥き体験をしてもらい、牡蠣料理を試食してもらい、
取材箇所は概ね好評のうち終えることができました。

牡蠣のステーキ

後は、それぞれの媒体でどのくらい今回の釧路管内を露出してくださるか?
期待しています。


雪の中の私3

若いころの茶々はスノーシューなんか履かなくても
まったく平気で雪の中を走り回っていました。
14:24  |  その他  |  コメント(17)

Comment

むっくり。

じゃなくて、ムックリ。

アイヌ語で表わされる言葉って、温かいですね。
物でも、土地の名前でも。

自然と共にあるからかしら?

今回も美しい北海道を見る事が出来ました。
前回同様、何度もご覧になってる松の実さんを感動させるのだから
北海道、おそるべしですね。

牡蠣は、ぷっくり。
taki |  2015.02.02(月) 16:01 | URL |  【編集】

トワイライトエキスプレス。

雪抱え込んで立ち往生ですって!
taki |  2015.02.02(月) 16:21 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

私は昔から、あの音色を聞くと
何とも言えない気持ちになるのです。
いい気持ちのようなそうでないような
とても懐かしいような未知の音色のような
心の奥の奥がざわつくと言うか
落ち着かない気分になるのです。
そこにアイヌの人たちの歌声が重なったら
少し怖い。太古の記憶が甦りそうな
正体不明の畏れを感じる気がします。
とにかく、不思議極まりない音色ですね。

摩周湖の神秘的な美しさに圧倒されかけ
牡蠣の身の大きさにまた圧倒されました。
素晴らしい!
こんな立派な牡蠣をいただいたら
若き日の茶々さんのように、雪原を駆け回れそうです。


emihana |  2015.02.02(月) 19:42 | URL |  【編集】

さすが!

で、で、でっかいですね~v-237
でかい、という言葉は、あまり好きではありませんが
この厚岸の牡蠣は、でかいとしかいいようがないです。
ぷっくりして、すごい存在感。
あぁ、口に入りきるでしょうか・・・。

オオバユリのミイラ?
松の実さんが、しこんだと思われるのも、無理ないです。よくそこにありますね~。本当に、ほんものですか?

雪の中を走る茶々さん。
先代ぶうこを、思い出しました。
楽しそうでした。穴掘ったり、もぐったり・・・。
つま |  2015.02.02(月) 21:39 | URL |  【編集】

お牡蠣様が~ 生きてる!
あ~厚岸へ行かないと!っと 改めて思う お牡蠣様(笑)

ムックリ 不思議な音楽ですね、、、
日本の事なのに 知らなかったなあ~
津軽三味線は懐かしい音なのに(笑)
BOSS母 |  2015.02.02(月) 22:08 | URL |  【編集】

松の実さん ご無沙汰しています

いつも読み逃げばかりでごめんなさい…

雪景色とてもキレイですね
わたしはあまり見たことがないので感動してしまいます

そちらの牡蠣も立派ですね
広島県も牡蠣が有名ですがわたしは食べれません…
どうがんばっても食べれません

蟹の方がいいな‼

さくぴょん |  2015.02.02(月) 23:35 | URL |  【編集】

摩周湖は何度か訪れましたが、冬の摩周湖がこれほど美しいとは。
感激です。
michiko |  2015.02.03(火) 05:38 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
トワイライトエキスプレスの立ち往生、
乗車していた「鉄」と「鉄子」は大喜びだったそうですよ。
今日の北海道新聞に紹介されていました。
旅行のイチ交通手段として利用した方には
酷な旅となったようですが。
ムックリの音色も不思議ですが、
アイヌの言葉も不思議な響きです。
冬の東北海道、美しいと思います。
悲しくなるくらいに美しいです。
是非、一度お越しください。
by 松の実



emihanaさんへ
ムックリについては、全く同感です。
不思議で心がざわざわと騒ぎます。
でも、反対にとても深く静かに心が静まる思いもします。
摩周湖は「神秘の湖」の名の通りだと思います。
湖水の色を摩周ブルーとよく言うのですが、
毎日毎日微妙にその色が違います。
この日はどちらかというと深く暗い青でしたが、
この3日後くらいはもっと明るい青でした。
夏の摩周湖も良いけど、青と白だけの冬の摩周湖、
大好きです。
いつか是非、お越しくださいませ。
私が子供の頃から変わらない摩周湖です。
このまま摩周湖を初めこの自然を変えないことが
東北海道人の責務だと思っています。
by 松の実



つまさんへ
厚岸の牡蠣、今はそれほど大きくないんですよ。
大きさだけを誇るのであれば、
広島や東北の牡蠣のほうが大きいと思います。
最もサロマ湖の牡蠣よりは厚岸のほうが大きいです。
味で勝負の厚岸です。
そんな~つまさんがそんなことをおっしゃるなんて。
オオバユリは自然です。
こういう光景はそれほど珍しいものではないと思うのですが・・・?
先ほど、NHKの歌番組で大好きな布施明さんの
「夢でもいいから会いたい♫~」という歌で
どっぷり茶々を思い出しました。
「もう一度だけちょっとだけ抱きたい♫」に泣きました。
茶々と雪と遊びたいです。
by 松の実



BOSS母さんへ
是非是非、お越しください。
厚岸の牡蠣は一年中食べられます。
厚岸まで行かなくても昨日食べた
炉ばた煉瓦の牡蠣もとても美味しかったです。
ムックリ・・・こういう楽器を口琴というらしいのですが、
世界中にあるようです。
台湾の原住民にもこのムックリを持つ部族があります。
by 松の実



さくぴょんさんへ
雪は北海道最大の観光素材です。
雪化粧とはよく言ったものだと思います。
地元の人間でも雪でお化粧した風景は
息を呑む美しさだと思います。
牡蠣、ダメですか?
私も子どもの頃は食べられなかったのですが、
大人になってから好きと言えるようになりました。
ただし、生や焼き牡蠣は地元でしか食べないです。
牡蠣フライでしたら、どこでもいただきます。
蟹も美味しいのですが、むくのが面倒ですようね。
誰かむいてくれないかな~といつも思うのです。
さくぴょんさん、新しい一歩を踏み出されたのですね。
by 松の実



michikoさんへ
摩周湖は四季折々その表情を替え
それぞれの美しさがあります。
湖水も摩周ブルーと呼びますがその色も
毎日微妙に色が違います。
私は、今回のような白(銀色)と青だけの摩周湖がお気に入リです。
数年に一度摩周湖が全面凍結することがあり
その後大雪が降ると湖面が単に雪で覆われ真っ白になってしまいます。
この光景はちょっとおマヌケな摩周湖となるんですよ。
by松の実
松の実 |  2015.02.03(火) 21:30 | URL |  【編集】

私も「もう一度だけちょっとだけ抱きたい♫」に泣きました。
ちょっとどころじゃないんですけどね・・・

ムックリ、どこかで聞いたような・・・っと思ったのですが
モンゴルのホーミー(喉笛)に似ていますね(←調べました)と
思いましたがちょっと違いますね。

くっきりはっきりと晴れて見える摩周湖は美しいですよね~
やはり観光スポットですからくっきりはっきりと見えるに
越したことはありませんよね。
何時か摩周湖に切りが流れ込む場面を見て見たいです。

北海道東部が大雪でえらいこっちゃとなっていたようですが大丈夫でしたか?
私は自分さえ現地にい行けたらいいんですけどね・・
ハイジ |  2015.02.03(火) 23:10 | URL |  【編集】

はい‼一緒には住めませんがさくらサン♪にかわいい妹を迎えました 彼女ががんばっている限り支援出来ればと想います

松の実さん
ご迷惑でないとき宝塚を見にいかれるとき声を掛けていただけたらうれしいです(^O^)
さくぴょん |  2015.02.04(水) 01:30 | URL |  【編集】

「牡蠣」デカイ!
プリプリして美味しそう~
ヨーロッパでも色々美味しい牡蠣食べましたが
やっぱり日本(厚岸)の牡蠣が一番好き(^^)

高一の夏休みに摩周湖へ友達4人と行ったけど
しっかりくっきり見えました。

ムックリの音懐かしい~
小学校の修学旅行先の登別のアイヌのチセ(家)の中で
ムックリの演奏を聴きました。
数十年も前の話ですが今もしっかりその音色覚えています。
こたつ |  2015.02.04(水) 01:36 | URL |  【編集】

冬が好き
と お嬢様が言うのが分かるような
今回の記事。
樹氷 朝日を浴びてキラキラ綺麗なんでしょうね。
こちらでは そんなに気温が下がりませんから
(今朝は➖9.7度まで下がりました)樹氷はみた
ことないです。
でも そのご褒美にありつけるには 早起きが必要ですね。
小太郎と散歩していた時
前日降った雪が木の枝に積もっているのは
丸くて可愛いな〜とは見ていました。
1人になったら わざわざそれを見るためだけに
早起きする気にはなれないです。

牡蠣 1月にお腹いっぱい食べたから 暫くは
いらない とも思ってましたが 気がかわりました。(笑)
ポテトと人参と一緒の牡蠣はバター焼き?
美味しそう(o^^o)
あっ 今回は食べなくてもいいですよ。
今回は観光客としてだけで行きますので。

つまさんが 「松の実さんに案内してもらえるなんて
贅沢」と言ってました。
うふふ 悔しかったら 来て見なさい。と
心の中で言ってやりました。

雪の中の茶々ちゃん とてもワンコらしい(笑)
こ |  2015.02.04(水) 19:10 | URL |  【編集】

今、テレビで台湾の飛行機の映像みて、思わずおじゃましました。

こさんへ
キーーーーーーーッ。
つま |  2015.02.04(水) 21:04 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
あのNHKをご覧になっていましたか?
もともと布施さんが好きなので、
真面目に聞くのですが、
もう涙、涙・・・でした。
布施さんじゃなかったらあれほど
感情的にならずに澄んだかも知れません。
摩周湖、ここにコメントくださる方々は
どなたが行ってもはっきり見えますね。
もうちゃんと結婚している方と
これからもいきそうにない方々ばかりですから・・・ですよね?
釧路は穏やかなものでした。
東北海道とひとくくりにしないでほしいといつも思います。
羅臼や北見の方に申し訳ない。
いつも熱風や吹雪を運んでくるハイジさんが
いらっしゃる土曜日のほうが心配です。
その日、香港からもストーミーレディと言われている
友人の友人が釧路空港に到着するらしいです。
彼女、昨年の釧路バーウォッチングの旅で
吹雪で2日間足止めされたそうです。
by 松の実



さくぴょんさんへ
私、昨日の朝、とっても不思議なことがあったのです。
極めて私らしくないことなんですけどね・・・
やっぱり今でも茶々の重みや温かさが恋しいだなって改めて思いました。
宝塚に行くときはご連絡します。
といっても2月がなくなってしまったのですで
次は未定ですが・・・
一緒にお好み焼きかたこ焼きたべてください。
by 松の実



こたつさんへ
牡蠣、それほど大きくはないんですよ。
でも味は濃くて美味しいと思います、北海道の牡蠣は。
冷たい海の牡蠣は、成長するのに温かい海よりも
長く時間がかかるそうなんです、
ゆっくりじっくり味わい深い牡蠣になるんですね。
こたつさん、ちゃんとお相手を見つけたのに
ハッキリッくっきりだったのですか?
摩周湖の神様もたまには間違うんですね。
ムックリの音色ってズドンと胸とお腹と脳に響きます。
by 松の実

松の実 |  2015.02.04(水) 22:41 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こさんへ
北海道の、特に東北海道がもっとも美しくて
東北海道らしさにあふれているのは
冬だと思います。
札幌の雪に埋もれた白一色もきれいですが、
氷と雪と青い空の東北海道は格別だと思います。
土曜日、温かい服装で来てくださいね。
SLにはちゃんと乗っていただきますから
後は私と付き合って下さい。
ワンコとさんと暮らす方々は
気楽に泊まりがけの旅行はいけませんから
又私達でぶうたさんとつまさんに会いに行きましょう。
では、土曜日に。
牡蠣、こだわりがなければいくらでも食べられます。
by 松の実



つまさんへ
台湾の航空機事故、ショックです。
釧路は今もあの復興航空(トランスアジア航空)に
釧路便を再開してほしいと願っているのです。
事故続きで、その実現が遠のいていくようです。
いつか、ゆっくりフェリーと車で東北海道まで
お越しください。
それまでは、又新潟にお邪魔します。
by 松の実



松の実 |  2015.02.04(水) 23:08 | URL |  【編集】

松の実さん!
何て失礼なっ!!
私が行くんですよ?!
北海道らしいお天気になるに決まっているではないですか!
もし、荒れたらそのストーミーレディのせいです。
わたしゃ、行くんです。
ハイジ |  2015.02.05(木) 23:40 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
その言葉を信じたいですよ、ハイジさん。
でもあの初めての夏の日、
涼しい東北海道に熱風を背負い込んで到着し
自ら「暑い、暑い、ここもクーラーないんですね」と言い放ち、
最初の冬はまだ茶々がいて、
瀕死の茶々に葬式まんじゅうを供えてくださったおかげか
何事もなく過ぎ、
2度目の冬もこた母さんと一緒だったせいか
比較的穏やかに終了。
そして昨年は、なんと大吹雪の中の根室行きだったではありませんか!
今年、今のところ天気予報は◯です。
これで、吹雪いたら絶対にハイジさんと香港のストーミーレディのせいです。
待っています。
美味しく過ごしましょう。
by 松の実
松の実 |  2015.02.05(木) 23:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |