2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.02.27 (Fri)

少しずつ

こんばんわ。
又々暖冬のせいでしょうか?
一日中雪が降り続いた東北海道です。
気温が高いので、べっちゃべっちゃの雪、
というかほとんどシャーベットです。
重いのなんのって、スコップで一度すくうごとに
まるで鉛と格闘している気分になりました。

bechabecha.jpg

午後の職場付近の景色です。
完全なるモノトーンの世界。
これはこれで美しい・・・

モノトーンの世界

そして先ほどの我が家の庭です。
ああ、ブルーベリーの木が、折れているように見えます。

ブルーベリーの木が

すずめさんに芽は食べられてしまうわ、
雪で枝は折れるわ・・・ブルーベリーにとっては災難な冬となったようです。

先日の札幌行きは、しばらくぶりにJRを利用しました。
ここのところ、バス利用で釧路を深夜出発して、
又翌日深夜札幌を発つなんていう
年齢を顧みない札幌行き続けていましたので、
日のあるうちに移動しているなんて久しぶりでした。

行き帰りのJR車内或いはホテルで読んだ本です。

泣けた2

熊本市動物愛護センターにおける保護或いは
引取動物殺処分ゼロを目指した奮闘記です。
もうひたすら涙、涙でした。
これまでの報道で、このセンターがほぼこの前人未到とも言える目標を
達成したと知っていたから最後まで読めたものの、
そうでなかったら辛くて読み進めなかったかもしれません。
読み進むうちに涙の種類が変わっていったのはこの本の大きな救いでした。
最初はひたすら怒り、悲しみ、哀れみの涙。
ワンコを捨てたヒトへの怒り、自分の無力さへの怒り、
辛い作業を全うしなければならない職員の切なさ、
愛護団体と名乗る人たちのあまりにも自分勝手な主張への怒りなど、
読んでいてひたすら辛くなる始まりでした。

「殺処分ゼロ」を目標に動き出した職員の方々とサポートする協議会メンバーや
真の動物愛護精神を持った方々との活動がうまく回り始め
少しずつ、でも劇的にその数を減らしてく過程は
読みながら嬉し泣きになっていきました。

素晴らしい取り組みがマスメディアにも取り上げられたゆえの
新たな苦労もあったり、簡単にはハッピーエンド、目標達成とはなりません。
致し方なく「安楽死」を選択する場合もあったようです。
ただし、かなり前からこちらでは炭酸ガスによる「処分」ではなく
1頭1頭獣医さんが施す「安楽死」に切り替わっていたという記載が
私にとっては大きな慰めになりました。

熊本でできたことが他の街でできないことはないのに・・・と
思っていましたら、昨日の北海道新聞夕刊に
こんな記事が掲載されていました。

26日夕刊
クリックで大きくなるはずです。

北海道旭川市愛護センターに関する記事です。
この施設、数年前に郊外から市の中心部に新築移転以来、
見学者も増えて、引き取られるワンコ、ニャンコも多いことは
以前も新聞に紹介されていましたが、
この2年余りあの「殺処分」はゼロだというのです。
北海道の旭川市でできること、
同じく北海道の他の街でできないことはないですよね?

ヒトと生きるワンコ、ニャンコ全てが
最後までヒトのそばでぬくぬくと
その一生を全うできることを祈るばかりです。

全てのワンコにこのぬくぬくを

ワンコやニャンコには最後まで私達と一緒にいてもらう、
と言ったほうが私にはしっくりくるようです。

少しずつ少しずつですが、日本も変わってきているのですね。

人間ガンバレ

ウチの茶々もこんなコワイ顔してきっと
「人間、ガンバレ」と言っているに違いありません。

楽しい週末をおすごしください。
20:58  |  その他  |  コメント(9)

Comment

あゝ、茶々さん
とにかく1番を!っとコメント欄開く前の
あなたの眼が・・・・・・
『なに、やってんの?』とわたくしを戒めました。
出直してきます。
1番じゃろ?

出直してきました
職場近くのお写真、まるで水墨画のようで
その美しさに息を飲むようです。
青い空も好きですが、
根が暗い私はこういう景色がなぜか好きです。

今、犬系の話題にはなるべく触れないようにしています。
しかし、殺処分ゼロを各都道府県で
ぜひ達成してもらいたい事です。
出来るのですから地道にお願い致します。
微力ながら応援いたします。

あのね、茶々さん、
あなたの『寂しくないね』のお写真を時々眺めながら
頑張っています。
うんっ!寂しくないっ!!って笑顔で言える日が
来るといいなぁ~っと思っているんですよ。

ハイジ |  2015.02.27(金) 22:29 | URL |  【編集】

今、テレビで釧路の雪を見ましたが〜〜
えらいこっちゃでは、ありませんか!

お庭のブルーベリーの木は、雪囲いなんて
してないのですよね?

ところで「殺処分ゼロ」にするには、いろいろな方法があるのだと思います。自治体によって、違いが大きくて驚きます。

はっ!私も 茶々さんの瞳に、思い当たることが・・・それではーまた!
つま |  2015.02.27(金) 23:48 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

私もニュースで見て、驚いておりました。
大変な雪でしたね。
ご無事で何よりです。

殺処分ゼロ、言葉で言うのは簡単ですが
実際には色々な人たちの思惑が絡み合って
現場の方々は本当にご苦労が多かったのでしょうね。
それでも少しずつでも変わって行けたらうれしいです。
(もちろん、自分も含めて)

神奈川県動物保護センターでも、2013年度
殺処分ゼロが達成されたのを私もブログに書きました。
1972年に開設以来初めてのことだったそうです。
他にも川崎市動物愛護センターでも一昨年は殺処分ゼロになったとのこと。

日本中に今の流れが広がって行くことを祈りたいです。

茶々さん・・・私も顔を洗って出直してきます、はい。
emihana |  2015.02.28(土) 19:20 | URL |  【編集】

人の命は必死で助けるのになんで犬や猫の命は簡単に終わらせるんでしょう。
殺処分ゼロ、簡単なことではないのでしょうが私達の願いですよね。日本全国、いや全世界がゼロになる日が必ずきますように。
ななチロママ |  2015.02.28(土) 20:11 | URL |  【編集】

私も その本 読んでみたいです。
読めるかしら? 涙で大変かしら?
愛護センター 千葉も少しづつ 良くなっているようですが
まだ ゼロ には なっていないようです。

茶々ちゃん 私も 出直します。
BOSS母 |  2015.02.28(土) 21:27 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
寂しいです。
正直、寂しさは消えないと思うのです。
茶々に言ってやりたい。
「そっちは寂しくないのかもしれないけど、
こっちは寂しんだよ!」と。
茶々を抱っこできなくなってから
体にずーっと澱のような披露が蓄積しているような気がします。
単に年のせいかもしれませんが、
あのストレス吸収犬がいないせいにしたい。
殺処分ゼロの動きが全国レベルになりますように。
何もできない自分、何の行動も起こさない自分が情けなくもあります。
by 松の実


つまさんへ
ひゃ~っ!
あの雪囲いって雪の重さから木を守るためだったのですね?
私は、冷え込みから守るためだと思っていました。
兼六園の雪囲いが有名ですよね?
ずーっとなぜ暖かい本州であんなに大層に
グルグル巻くのだ?と不思議に思っておりました。
この辺りだと、国道沿いの背の低い木々、
たとえば、ツツジなどには一部雪囲いがされているようです。
雪はたいしたことありません。
温かい冬というのは色々とやっかいだということが
よくわかりました。
by 松の実



emihanaさんへ
この茶々、貫禄ありすぎてコワイくらいでしょう?
恐らく、寝ているところを可愛くて可愛くて
ついちょっかい出して起こしてしまったのだと
思われます。
殺処分ゼロ、各地で取り組みが行われているとは
恥ずかしながら知りませんでした。
熊本市さんが例外的に頑張ったのだと思っていました。
この流れが全国に波及するように心から祈っています。
釧路市内の雪はそれほどでもなかったのです。
でも、もう雪を捨てる場所がありません。
温かい冬はもうけっこうです~
by 松の実



ななチロママさんへ
ヒトの命は助けるのに・・・・で思い出しました。
アメリカニュージャージー州で150人もの犯人を
逮捕した警察犬ジャッジがクッシング病で安楽死させることになり
そのための病院への入り口にかつての仲間の警察官が
ずらりと並び敬礼で見送ったそうです。
「アメリカ・警察犬・安楽死」で検索すると
関連の記事が出てきます。
とにかく涙、涙です。
この涙は安楽死への疑問の涙なのか
それともジャッジの尊厳が守られたことへの
感動の涙なのか自分でもわかりません。
by 松の実


BOSS母さんへ
この本の涙は辛い涙もありますが、
「良かった」「素晴らしい」という感動の涙もあります。
そこがこの本の救いだと思います。
この動きがすでに全国に波及しているのですね?
それは私の想像を超えた素晴らしい事実です。
今回旭川市は新聞で報道されたので
その事実を知ることができましたが、
恥ずかしながら自分の街の状況がどうなのかは知らないのです。
まずは自分の街から、ですよね。
by 松の実


松の実 |  2015.02.28(土) 23:36 | URL |  【編集】

松の実さん、釧路は雪が多かったのでしょうか?
函館は雪が少なくてリウマチの私にとっては
楽でした~

雪かきが3回ぐらいでした。
ここ数年は本当にドカ雪が降っていましたから。

殺処分0素晴らしいですよね。
私も何もできなくて心苦しいです。。。

クロちゃんは飼い主には見捨てられましたが
最期はきっと穏やかに旅立ったでしょうね。

動物を飼うことは最期まで責任を持たなければ
なりません。

だから、モノのように簡単には飼って欲しくないです。。。
コロリン |  2015.03.01(日) 12:33 | URL |  【編集】

私もこの本読んでみたいです。
ずっと悲しい辛い涙であれば無理ですけど、
だんだん嬉し泣きになるんですね。
でも松の実さん、JR車内で読むのは
涙抑えるの大変だったんじゃないですか?

殺処分ゼロを出来る自治体があるのですから
そこを手本にして全ての都道府県で
出来るようになるといいですね。

2枚目の写真、とっても素敵!
まるで水墨画のようですね。

茶々ちゃんに励まされた~
今週も頑張ろう!
こたつ |  2015.03.01(日) 21:38 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

コロリンさんへ
お久しぶりです。
お元気ですか?
函館も雪が少なかったのですね。
ボビーままさんの旭川も少ないとおっしゃっていました。
釧路は今日も大雪です。
気温が高いので水分をたっぷり含んだ
鉛のような重さの雪です。
スコップにいっぱいの雪をすくうと
重たくて持ち上がりませんでした。
キーンと冷えた青空の東北海道の冬が恋しいです。
家族が一人増える、命あるものが我が家に
一人(1頭)増えることの重みを考えてから
動物との暮らしを始めるべきだと思います。
茶々の時はそこまで真剣に考えて
暮らし始めたわけではありませんが、
今は、茶々との経験があるからこそ、
自分の年令等もあり慎重にもなってしまいます。
by 松の実



こたつさんへ
そうなんです。
大変なので、無理に抑えることはしません。
変に抑えると、「グッ」とか「ヒック」と
変な音が出てしまうので(笑)、
静かに流れる涙は放っておきます。
それに車内では、だれもわざわざ他人の顔を
覗きこむようなことはしないので、
けっこう安全ですよ。
今日も大雪、この水墨画の風景のように
生易しいものではなくて、雪囲いなんてしていない
釧路の木々たち、雪の重みに負けそうです。
ウチの茶々、コワイでしょう?
by 松の実

松の実 |  2015.03.02(月) 09:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |