2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.05.25 (Mon)

バラはまだですが

こんばんわ。
しつこいようですが、ストーブ焚いています。
湯たんぽ抱いて寝ています。

この季節、つい寒い寒いと愚痴ってしまうのは、
本州との差があまりにも激しく、
本当はこのくらいの寒さは北海道人にとっては何ということないのに、
テレビ等で見かける気候や服装とあまりにも違うので
実際の気温よりも寒く感じてしまうのかもしれません。

芝桜とオダマキ

寒い!と愚痴っていても、庭の花たちは次々と咲いています。
バラはまだですが、芝桜とオダマキ(だったはず)が満開となり
すずらんも咲き始めました。

咲き始め

気温が低い日が続いているせいか
たんぽぽはこの茶々が居た時のように今も咲いています。

たんぽぽの上

黄色い絨毯の上を恍惚顔で歩く茶々でございました。

たんぽぽの上2

昔、たんぽぽと言えば、ブチブチ摘んでは編んで花輪を作りましたよね。
それから、なんという名前だったのか覚えていないのですが、
茎を2つに裂いて相手のやっぱり2つに裂いた茎と絡めて引っ張りっこして
どちらの茎が切れちゃうかを競う遊びもありました。
そしてたんぽぽの茎と言えば白い木工ボンドのような液がベタベタとでて
それが手につくと茶色く変化して汚いの~
子供の頃ってどうしてあんな遊びができたのでしょう?
今の子どもはたんぽぽで遊んだりはしないのでしょうね、きっと。

昨年、あんみつに入っている豆は何?とここで聞いて
赤エンドウと教えていただきました。
今年も同じあんみつが六花亭で売られています。

六花亭のあんみつ

昔は、硬い寒天が好みでしたが、最近はホロホロと口に入れた瞬間に
崩れるくらいやわらかいのが好きになりました。
六花亭さんの寒天はまさしくそのタイプです。
豆も苦手でしたが、最近は美味しいと思えるようになりました。
好みって年取ると変わるのですね~
昔も今も変わらずこの赤いさくらんぼが存在していることに驚きつつ
やっぱり子どもの頃のように赤いさくらんぼは最後までとっておくのでした。
そして、どうしてこんな中途半端な味のものをありがたがって
最後までとっておいてから食べたたのかな~と不思議に思うのです。


疲れます2

明日は網走へ1泊の出張です。
いつかのように市役所の方とエッチラオッチラと
鉄と鉄子の憧れ「釧網本線」に揺られて行きます。
17時からの会合なのに、9:05分の汽車に乗らなくては間に合わないのです。

明日ご一緒する方は、同年代イヌ好き女性Yさん。
同じくワンコを虹の橋に送った経験を持ち、
二人打ち合わせの時に、ワンコの思い出話になりかけ、
ゲラゲラと笑いながら話していたはずなのに、
自分たちでもわからないうちに泣いていたという
情けない失態をやらかしてしまいました。
明日の道中はワンコ話厳禁です。
21:38  |  東北海道  |  コメント(13)

Comment

こんなにたくさんのタンポポ、久しぶりに見ました!!
私が子供の頃は空き地もたくさんあってタンポポの絨毯も
たくさんあったのですが今はすっかりなくなりました。
茶々さんタンポポもよく似合っていますよん♪
私はあんみつのさくらんぼが苦手で一度食べた切り食べたことないんです。
今でも缶詰臭いさくらんぼなのでしょうか?
明日は楽しい釧網本線の旅なのですね?
やっぱり知らず知らずのうちにわんこの話になって泣いてください(笑)
1番じゃろ?
ハイジ |  2015.05.25(月) 22:18 | URL |  【編集】

わ~タンポポと茶々ちゃんイイわ!
お庭のチューリップと茶々ちゃんも絵になるけど
本当に花と茶々ちゃんはお似合いですね(^^)

確かに子供の頃タンポポで花輪を作った~
白いボンドの様な液体も懐かしいです。
あと赤つめ草とかいう花の蜜を
チューチュー吸いませんでしたか?
今思うとそれって結構汚いのかしら?

あすの道中ぜひぜひワンコ談義に花を咲かせて
泣き笑いの出張をして来てください(^^)

こたつ |  2015.05.26(火) 02:40 | URL |  【編集】

ほんと、タンポポがいっぱい。

しろつめ草で、花冠作りました。e-316
一生懸命作ったはずなのに、家に持ち帰った記憶無し。
捨てて帰っちゃったんでしょうか。
まったく、子どもって・・・。

オダマキの花が立派ですね。
鉢物で売っているのは、もっと、花も茎も華奢で頼りない感じです。
寒さに耐えて根付いた物は、力強いですね。

オダマキって、色んな色があったよなぁ~~と見ていたら、石川にオダマキというお菓子があるのを発見。

寒天、やっぱり固いのが好きです。

わんこ話で盛り上がったかなぁ~~?
taki |  2015.05.26(火) 16:22 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは。

本当にすごいたんぽぽ。こんなに群生してるのを
見たことはないです。
茶々さんとタンポポはどちらも柔らかな色合いで
絵になっていますね。
スズランと言えば、里中満智子さんの漫画で
浮気をした旦那さんを毒殺しちゃう、というのがありました。
スズランの葉っぱをまな板の上でトントンと刻む
奥さんの目から涙がぽろぽろ・・・
ラストシーンは子供心に怖かった(笑)

実は30分ほど前にあんみつを食べました。
牛皮も杏も子供のころには迷惑でしたが
今は入っていてほしいです。
emihana |  2015.05.26(火) 18:25 | URL |  【編集】


求肥、大好き。

アンズも。

赤えんどうも。

餡も。

いやぁ~~、最強だわ、あんみつ。

けっこう、身近なものでも、毒ありますものね。
スズランを挿した花瓶の水も危ないとか。

あの”くっつきむしも”危ないらしい。

taki |  2015.05.26(火) 20:44 | URL |  【編集】

色が沢山で 綺麗ですね。

茶々ちゃんとたんぽぽ見ていたら
星守る犬 と言うマンガを思い出しました。
凄く 凄く泣けるマンガです。
映画にもなり 確か名寄で撮影されたような記憶が…

私は先日 夜中に大泣きしました。
もちろん小太郎を思い出して。
次の日 土偶の目で職場に行きましたよ。(笑)

まだまだ 泣けます。
小太郎がそうさせるのか
お年頃がそうさせるのか

困ったもんです。(笑)
こ |  2015.05.26(火) 21:30 | URL |  【編集】

たんぽぽ 北海道では急速に増えているのでしょうか?

数年前に オバが すごく頑張って たんぽぽ狩り
していたのを 思い出しました。
今もしてるんだろうか?たんぽぽ狩り(笑)

BOSS母 |  2015.05.27(水) 20:07 | URL |  【編集】

たんぽぽと茶々殿 絵になりますね!
引っ張りっこは 松葉でやりましたよ
茎で遊んだのは ムラサキカタバミの葉です
茎の中に 白くて細い芯みたいなものがあって
葉の付け根に切れ目を入れ それを長いまま取り出します
葉を残したままにしておいて 葉同士をからめて
引っ張りっこして 切れた方が負け!
うーん…言葉で説明するのは難しいです><
それにしても 子どもの頃は
木切れ一本 石ころひとつ いろいろな草花で
いくらでも遊べたものでした

自分で作る寒天は かなりカタいです
切り口にある種の潔さがあると感じます
ゼリーのふるふる感と 甲乙つけがたいです
かりん |  2015.05.28(木) 19:46 | URL |  【編集】

茶々さん、小さい時の前足はソックス履いてるみたいでしたが、大人の茶々さんは色白茶々さんですね♪黄色い絨毯の上を歩いても絵になる茶々さん♪
私のタンポポの想い出は運動会で少しでも早く走れるようにと足(すね?)に塗った記憶があります(迷信でした笑)。みつ豆や桃の缶詰めは風邪引いたら食べれると思ってました(笑)。
クロ |  2015.05.28(木) 20:02 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
はい、一番のり、ありがとうございます。
ふたりとも良いお年ですから、
前日の二の舞いにならないように
ワンコ話は一切せず・・・
長い長い釧網線の旅を終えました。
新緑が大変美しかったです。
もう少し、気温が高いと絶好の行楽日和、
旅行びよりでした。
赤いさくらんぼは昔よりもあっさりしているように感じます。
確かに缶詰臭というか少し薬臭いような・・・
by 松の実


こたつさんへ
吸った!吸った!
私がレンゲと信じていた赤いツメクサを!
今考えるとよくあんな汚いことしていたな~って驚愕しませんか?
エキノコックスも問題になり始めていた頃なのに、
おおらかというか・・・
長い汽車旅しかも完全なるローカル線で
いい年した女二人がビチョビチョと泣いていたら
異常そのものですので、
お互い無意識のうちにワンコ話を封印しておりました。
by 松の実


takiさんへ
シロツメ草でつくりましたね~
うんと子供の頃はたんぽぽで
少し大きくなってシロツメクサで作って
白い花輪がたんぽぽの黄色よりも
大人っぽく感じて得意になって作っていました。
持ち帰った記憶・・・確かにあまりありません。
作ることが楽しいのであり、
作ってしまったらどうでも良かったのかもしれません。
求肥、私もすきです。
豆は大人になってから好きになりました。
パンジーを切り花にして
家の中に置くのも頭痛がします。
いつか、庭のパンジーがあまりにもよく育ち
きれいだったので花瓶にさした所、
1時間後くらいからかなりの頭痛に二人一緒になりました・・・
毒といえばトリカブトをすぐに思い出します。
by 松の実



emihanaさんへ
emihanaさんも、大人になって、年取って
好みが変わったクチですね。
少女コミック派(後にマーガレット)だった私は
その里中満智子さんの漫画は知らないです。
里中満智子さんの漫画で覚えているのは
友達がくれた若い女の子が骨肉腫になってしまう漫画です。
このたんぽぽはそれほど群生地というわけでもないのですよ~
特に2枚目の画像のはびっくりドンキーの駐車場のほんの一角、
多分3畳分くらいの広さのところです。
花が終わって白い種を「ミミツンボ」と呼んでいたのを
突然思い出しました。
風に吹かれたあの種が耳に入ると
耳が聞こえなくなる~と言われていました。
by 松の実


松の実 |  2015.05.28(木) 23:00 | URL |  【編集】

芝桜に、すずらん・・・着々と春が進んでますね!
我が家のすずらん(と思ってる植物)、そういえば咲いてません。見逃したかも?と、去年思いましたが、絶対に咲いてません。なにかと間違ってる気がしてます・・・なんなのか謎です。葉っぱはそっくりなのです。

茶々さん、タンポポをほめてあげてますね。
私もタンポポに囲まれたぶうこの写真があります。
見ると、じーんときます。あ、「星守る犬」は反則です。読まない方がいいと思います。よくわかりませんが、切なすぎて腹がたった私です。
つま |  2015.05.28(木) 23:28 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こさんへ
その漫画は読んでいません。
あるのは知っていましたが、
読むことを避けていました。
きっとこれからも読まないだろうな~
泣くなら、ハッピーエンドで泣きたいです。
メデタシメデタシでなくとも、
一見悲劇でも、この主人公たちには
これは一種のハッピーエンドと思えるものだったらOKです。
最近、かなり以前に購入した「動物のお医者さん」のDVDを見ています。
あれはあれで、岸田今日子さんが
亡くなっているのが悲しくなってくるのですが。
最近、私も一時期よりも、茶々がいないことが手持ち無沙汰というか
心の拠り所が不在というか・・・
そんな寂しさを強く感じています。
by 松の実



BOSS母さんへ
たんぽぽが特に増えているとは思いませんが、
根を張るのが早いんだったかな~
他の植物をダメしちゃうんだったかな~
ウチの父も庭にたんぽぽがでると
親の敵のように狩ってしまいます。
緑の中の黄色い花、目にも鮮やかだし、
元気になれる花だと思うんですけどね。
あっ、でもデヴィちゃんにはもっとゴージャスな
お花がお似合いです。
by 松の実


かりんさんへ
草花を使った遊びにもその地域の植物の差で
違うのでしょうか?
松葉で引っ張りこもしませんでしたし、
ムラサキカタバミも知りません。
調べると可愛い花ですね。
日本に広く分布とあるので北海道にもあるのでしょうか?
松で思い出したのが、オンコの実です。
子どもの頃、小さな赤い実を食べました。
アカツメクサをちゅーちゅー吸うのも
オンコの実を食べるのも今はできません。
水ようかんのすっぱりとした切り口は
それだけで涼し気な印象を与えるのが不思議です。
缶詰タイプ等、容器に入った水ようかんではない
四角いスパッと切れた水ようかん、
目でも口でも美味しいです。
by 松の実



クロさんへ
たんぽぽをすねに塗り塗りすると
早く走れるのですか?
それは全くの初耳です。
驚愕の迷信です。
でも子どもの頃知っていたなら、
間違いなく試したことでしょう。
私は足が遅かったのです。
そうでした、子供の頃、
熱を出すと、桃缶食べました。
我が家では桃缶はご馳走でしたが
みつ豆は父が嫌いだったせいか
ご馳走ではなく、母と二人で父のいない時の
おやつとして食べるものでした。
父のいる時に食べると、みつ豆の嫌いは父には
別のものを用意しなくてはならないで、
父のいない時に、でした。
by 松の実
松の実 |  2015.05.28(木) 23:29 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
うわ~つまさん、詩人ですね!
茶々がたんぽぽを褒めているとは!
たんぽぽを褒めるし
チューリップに号令をかける茶々でした。
すずらん、肥料が上げすぎているとか?
ウチの父が育てる植物の多くが葉っぱだけ
わっさわっさとなるパターンが多いのです。
父曰く、肥料を上げすぎた~と言っています。
わかります、その「切なすぎて腹が立つ」感覚、
わかります。
姫もぶうたさんもいろんなお花たちとの写真がありますよね。
ぶうたさんとお花たちのショットはこれからも
どんどん増えて
ぶうたさんのモデル業もますます繁盛することでしょう。
by 松の実
松の実 |  2015.05.28(木) 23:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |