2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.08.19 (Wed)

料理とは?

こんばんわ。
好久不見!
松の実でございます。

あっという間に8月になり、
お盆が来て、過ぎて行きました。

帰ります

茶々も母と遊び友達が待つあちらへ
帰っていったようです。

そこから帰れるの?

老犬時代によくハマっていた場所から帰ったのでしょうか?

今日は、「くしろ市民北海盆踊り」でした。
私も、バレエ教室のお仲間とともにスタンバイしましたが、
もう土砂降りも土砂降り~
踊りはものの15分で中止となりました。

踊る気満々、カロリーを消費する気満々で行ったのに
極めて残念です。
その消化不良の気持ちが逆に食欲に火をつけ、
うずまきかりんとうを一袋一気食いしてしまいました・・・
このカロリーどうやって消費いたしましょう?

先日の札幌「食べて飲んで喋って笑って泣く会」で、
料理の話になりました。

こたつさんが私に「最近、料理の紹介がないんですね」とおっしゃいました。
季節ごとに毎年同じものしか食べていないので、もうメニューは出尽くしたし、
何より私は「料理」の紹介はしていないのです。
御存知の通り、我が家の食事メニューのほとんどは、
「切っただけ」「並べただけ」「焼いただけ」「茹でただけ」です。
私のイメージではこれらは料理と言えないのです。

こた母さんの美味しいピクルスも
あの素晴らしく美味しかった桑名のハマグリのワイン蒸しも
私の中では料理ではありません。

「料理」と言うのは、切って調理して味付けするものだと思います。
私の数少ない「料理」は豚の角煮や
こちらで教えてもらった牛すじの煮込みなどでしょうか?

秋刀魚
頭が逆ですね、ハイジさん!わかっていますが、うまくお皿に乗せられませんでした。

毎年同じものを食べている一例です。
秋になりました。
釧路産秋刀魚です、初物です。
庭になったおばけキュウリの塩もみ、
北海道産ズッキーニと十勝産マッシュルーム入りラタトゥイユ、
大根おろし、味噌汁。
そうですねー、ラタトゥイユと味噌汁は私の中で「料理」です。

秋鮭

もひとつ、秋の定番メニューを。
秋鮭も出始めました。
ハイジさんの大嫌いなイ◯ンに入っている魚屋さんに
「これって正真正銘秋鮭?それともまだ時鮭の名残あり?」と聞くと、
「完全に秋鮭です。正直、塩焼きはキツイっす」とお兄さんが教えてくれました。
ムニエルごときにしました。
ごときというのは本物のムニエルの作り方を知らないからです。
何か粉をつけて油で焼けば私にとってはムニエルごときです。
脂がたっぷりの時鮭は軽く塩して焼いていただいても美味しいのですが、
身に脂のない秋鮭は、単純な塩焼きではぼそぼそして美味しくないのです。
新巻鮭は塩漬けにすることで水分を出して、
脂を残しているので程よい美味しさになるのですね。

秋鮭のムニエルごとき、極めてまっとうな秋味でした。
阿寒町のかぼちゃ、足寄町のとうきび、焼きナスでした。
料理はかぼちゃの煮た物かな~?

少し前の北海道新聞にとうきびの美味しい茹で方についての記事がありました。
なんでも、茹でる際に塩を入れて茹でる派(ウチの父親がこの方法)と
ただ茹でて茹で上がってから塩味を付ける派があるそうで、
両方共一長一短だそうです。

このとうきびもイ◯ンで買ってきたのですが、
こころ優しい釧路のイ◯ンさんは「美味しいとうきびの茹で方」として
売り場に手書きで紹介されていました。
「とうきびは水からゆでて、沸騰してから3分で火を止める。
1リットルの水に30gの塩水を作って茹で上がったとうきびを漬ける」というものでした。
で、この日はこの方法で、茹でてみました。
ジューシーでプリプリで甘く塩味もほどよく、なかなかうまくできました。

皆さんはとうきび、どうやって茹でますか?

北海道新聞と言えば下の記事が少し前に掲載されていました。

北海道新聞紹介1

帯広市の寝具卸屋さんが開発した医療用ペットのベッドだそうです。
このV字のくぼみを作ることでペットが落ち着いて体を安定させることができるそうです。
こういう単純なのに、優れものを思いつく方って素晴らしいですよね。

若い頃、理性の塊だった茶々は、ウンとも言わず、
診察台の上でひたすら固まっていました。
今でも思い出すのは、避妊手術の後の抜糸の時、
先生がパチンパチンとお腹の縫い目に残った糸を切っていったのですが、
その時は本当に微動だにせず、本能で動いたら危ない、
と、わかっているかのようだったことです。
ただし、老犬のぶっ飛び時代は、吠えまくり、暴れまくり、
すきあらば攻撃をしかけ、挙句の果てはうんちをしておりました・・・・
このベッドがあったら、ぶっ飛びの茶々もおとなしく出来たでしょうか?


リョウ君です

最後はリョウ君です。
呼ぶとこちらを見てくれました。
21:21  |  その他  |  コメント(13)

Comment

う~ん、今日のこのタイトルは
料理研究家岸朝子さんか鈴木登紀子さんのような
料理を極めきった方が使うタイトルのようですねぇ
それを魚の頭を反対向きにして『あはは~』と盛り付ける
プリマドンナさんが使うとはっ!?恐れ入りました・・・
タラトゥイユは料理ですが味噌汁は料理ではないですね~
魚屋さんの『きついっす』というのは身がぼそぼそして美味しくない。
という意味ですか?
ムニエルは塩胡椒してメリケン粉まぶしてバターで焼くのが
ムニエルだと思います。
料理していますね!調理工程が3工程もあって難しいんですよ。
トウモロコシ、心優しい振りした釧路のイ○ンの茹で方は×です。
トウモロコシの美味しさがすべて出てしまっています。
ラップに包んでチンで5分、これで完璧です。
その張り紙、剥がしてやった方が良いと思います。
そのベッド、元気いっぱいのお年頃の子にも向きますか?
老犬ちゃんならあり得るかもしれませんが若犬ちゃんが
そのくぼみに嵌って大人しくするとは思えません。
モデルに騙されてはいけません。
ウチのましろならキャット空中三回転で飛び降りると思います。
今日もジャブを繰り出してしまいました、息していますか?
リク君に癒してもらってください。
1番じゃろ?
ハイジ |  2015.08.20(木) 01:01 | URL |  【編集】

↑ 中央のお姉様が怖くて みなさん書けない?(笑)

治療用ベッド 試してみたいなあ~
っが うちのお嬢も まだ若く
治療の必要が無くて。。。ねえ(苦笑)

お料理の件は 最近 何もしてないので
書けません(笑)
BOSS母 |  2015.08.20(木) 17:32 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
お年頃でカミツキガメに変身してしまったかのような
一番乗りをありがとうございます。
イ◯ンさんの名誉のために書き添えますと
そのレンジでチン!も紹介されておりました。
私はとうきびくらい鍋で茹でたくて、
日記内の方法を試した次第でございます~
どんなことにも良い面というのは必ずあると考えております。
いつかの〇〇大臣が、統治時代の◯国において
日本は良いことした、と言って集中砲火を浴びましたが、
教育やら衛生状態の向上など、
少なかったかもしれないけど、良いこともあったのは事実です。
台湾はその点、その良いこともあった、と、良いことを
認めてくれているんですよね~
ですので、イ◯ンさんにも良い点優れている点は
たくさんありますよ。
私、お味噌汁はけっこう真面目に作るんですけどね。
ちゃんと出汁とって、お味噌も厳選して選んで、
その日しいたけを他の料理で使った時なんか
石づきを細かく割いて出汁のタシにしたりするくらいって、自慢にならない?
by 松の実



BOSS母さんへ
真ん中のお姉様はカミツキガメでなかったら
ハリネズミに変身中のようでございます。
変ですね、毛むくじゃらと一緒にいるのにね~
ベッド、私も茶々で試してみたかったです。
BOSS母さん、料理をつくる姿も方法もやはり
男前っぽいですね。
お料理上手はやはり、takiさん、たたこさん、
ハイジさん、millecoさん、ジュン母さん、ururuさん、かりんさん・・・・
お料理お上手な方のほうが多いんですね。
ちなみにとうきび、茹でますか?
by 松の実
松の実 |  2015.08.20(木) 19:27 | URL |  【編集】

好久不見!松の実さん。

真ん中のお姉さま(年下ですが)をカミツキガメと!
聞いていません。聞かなかったことにします(笑)

私はとうもろこしはお鍋で茹でます。
とは言っても、今まで数回しか茹でたことがないです。
北海道の方から送っていただいたのでしたが
生のとうもろこしを買って来て茹でて食べると言う習慣が
我が家にはなかったと思います。
なぜでしょうか?ただ、たとえば親戚の家とか
友達の家とかでも、茹でとうもろこしが供されたことはありませんでした。
ですから主人の実家でそれが出て来たとき
「あ~、普通の家でも出すものなのか」漠然と思ったくらいです。
主人の母は小樽の人なので、とうきびを食卓に出すのかな
そうも思いました。

とうもろこしは私に取って、目の前に出されたら
有り難くいただくけれど、自分から買ってまで
食べるものではない・・・そう言うもののようですね。
ただし、北海道のとうきびは本当に美味しい!
そう思います。
emihana |  2015.08.20(木) 19:52 | URL |  【編集】

月曜日に島の友人が来ました。
50才のお兄さんが結婚しました。
お相手は本州の方 年は私と同じ。
友人の父親もお兄さんも漁師
その結婚相手が お味噌汁を市販の顆粒の
出汁で作ったそうです。
お兄さんは 2日間我慢したそうですが
3日目に 「出汁をちゃんと取ってお味噌汁を
作って欲しい」と嫁に言ったら
嫁 友人の実家に泣きながら
酷いと訴えときたそうです。
(ーー;)
いい年こいて泣くんかい!
って そこじゃなく やはり 毎日ちゃんと出汁を
取って作ったお味噌汁は違うんですね。
と 言いたかっただけです。
お嬢様はちゃんと出汁取ってると仰ってました
もんね。

事務所の偉い人に
切る 並べる 茹でるは料理ではないと思いますか?
と質問しました。
偉い人は 立派な料理だと言ってました。
料理と言うのは 調理があって料理になる
昔は 料理は調理の下に見られていた。
と 長々と説明しだしたので 心の舌打ちをし
後半は聞き流しました。
今度直接 偉い人と丁々発止してみて下さい。
私が仲立ち人します。

りょうくん
何? なんか用? って言ってそう。
こっそり おやつあげてます?
こ |  2015.08.20(木) 20:19 | URL |  【編集】

こんにちは!今日は、松の実さんなんですね。
茶々さんに、カミツク人はいないですよね。

そのV字型ベッドは、人間にも使えそうですね。
ワンコには、どうでしょうか~うちの先代だったら、無理かなぁ~と思います。三回転半ひねりで飛び出してしまいそうです。でも、病気で弱った状態なら、はまったら出られなくて有効な気がします。

思わず、料理と調理の意味を調べてみました。
どんなものでも、出していたらけたら、料理です。買いにいってくださって、並べてくださっても、用意してくださったものは、料理って感じます。ん?ご馳走というのでしょうか。


つま |  2015.08.21(金) 09:20 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
中央の姉御はカミつきたい、
なんでも否定したい、反抗期なのかもしれません。
若くて良いですね~
もう反抗する気力も残っていません。
emihanaさんのコメントを拝見して思いました。
もしかして、この時期、とうきびを
ガシガシ食べるのは北海道の人間だけ?と。
この時期、とうきびはおやつです。
正確に言うとおやつでした。
今は、おなかがいっぱいになってしまうので、
おやつに食べることができず、
食卓にだしたり、昼食代わりに食べたりです。
野菜売り場の中央にど~んと大量にとうきびが
売られているのがこの時期です。
茹でてガシガシ食べるしか知らなかった私が、
その自然の美味しさにびっくりしたのは
台湾で食べた「玉米湯」、中華風コーンスープでした。
コーンポタージュも美味しいけど、
玉米湯の飾らない、でも奥深い味に驚いたものです。
by 松の実



こさんへ
お友達のお兄さま、50歳で初婚でしょうか?
せっかく島まで来てくれたお嫁さん、
大切にしていただきたいですね~
とは言うものの、市販の顆粒ダシのお味噌汁は私も苦手です。
人工的な舌に残る独特の香と味があるように思います。
時間のない時にたまに使うのは良いのですが、
毎回というのは・・・
という私は、顆粒ダシを使ったことはないのです。
でも泣かなくても良いですよね?
他に何か辛いことがあって、味噌汁の件は
単なるきっかけだったのかも・・・
切っただけでも、盛っただけでも、
美味しければ良いと思います。
私にとっては「料理」ではないけど、
美味しければそれで良い!というのは変わりません。
こた母さんのところのエライ先生とお話して、
難しいことを長々と話始めたら
台湾式に乾杯をお誘いして、話の腰を折ってしまうかもしれません。
by 松の実


つまさんへ
はい、お久しぶりです。
そうか~中央の姉御は、茶々ではなく
私だったので、噛み付いてきたのですね。
茶々に噛み付いたら、噛み付かれてしまいますからね。
V字ベッド、茶々はきっと大丈夫だったと思います。
それに老犬になってからの茶々も、
あまりしたことのない体勢で、びっくりして
固まったかもしれないな~と記事を読んで思いました。
姫だったら、スリスリしたのではないでしょうか?
プリンスは、そのまま白目むいて寝てしまうのでは?
料理でも調理でも美味しければそれで良しでございます。
明日は留守番勤務なので、明後日は何を食べようかな~
良い週末をどうぞ。
by 松の実
松の実 |  2015.08.21(金) 23:31 | URL |  【編集】

あら?カミツキガメ??
嬉しいお褒めのお言葉をいただいちゃってぇ~
理性の固まりの茶々さんも晩年は
『カミツキガメか茶々さんかっ?!』と仰っていましたね?
光栄でございます。
しいたけのいしづきをきちんとお料理する。
素晴らしいことでございます。
まず、いしづきにも命があります、そして廃棄量が減ります。
食料自給率が低いといわれる日本、食材を大切に使い切ること、
大切だと思います。
またお料理の数々、ご紹介くださいね~
ハイジ |  2015.08.22(土) 10:10 | URL |  【編集】

こんにちは、茶々さん、松の実さん!

まだまだ暑い埼玉です。

子どもの頃から、夏といえば、毎日のように
枝豆・とうもろこし・スイカを食べていました。

当時ですから、母の買い物篭からは
葉までついた枝ごとの枝豆が飛び出していました。
それをチョキチョキして茹でました。

それが当たり前になっているので
ウチも、夏といえば、枝豆・トウモロコシを
ローテーションで食べています。
枝豆の回数の方が、だんぜん多いですけど。
幸いなことに、地元農家の新鮮なものが手に入ります。
ここ数年は茶豆風味の物が多いです。
なまえが「浴衣娘」「湯上り娘」「元気娘」など
いかにも、お父さん狙いですけど。
新潟の黒崎茶豆や、山形のだだ茶豆には敵いませんが
まぁまぁ美味しく頂いています。

とうもろこしは、普通に茹でてます。
気が向くと、蒸かしたり。
母は、頭側の端っこの一粒が指でぽろっと取れる様なら
茹で上がりだと言ってました。
お湯から上げて、暑い内にラップでくるむとシワシワしませんね。
冷めてから、ちょっと包丁を入れて3等分に割ります。

そろそろ、枝豆にも虫が入ってきたりしそうですね。

とうきび・・・という呼び方は、北海道ならではですね。
此方の者が使ってはいけないような気さえします。
愛着が感じられます。

リョウ君、いつもの様に、いい味出してますね。
大きな水入れがナイスです。
taki |  2015.08.22(土) 16:25 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
そう、茶々もカミツキガメでした。
何度流血し、爪が変色したでしょうか?
胸が痛むコメントですね。
父と二人きりの我が家、
食材を悪くさせてしまうことも度々で
その度に懺悔懺悔でございます。
by 松の実


takiさんへ
私は枝豆は大人になってから知りました。
子供の頃の食卓にとうきびはあっても
枝豆は皆無でした。
ですので、生の枝豆を買ったこともなければ
もちろん茹でたこともないのです。
この間のこた母さんの女子会に持っていった
枝豆は美味しかった~
大人になってから知った枝豆の美味しさ、
たまに出来合いを買って食べるのですが、
父も食べなれないらしく、喜ばないんですよね~
十勝あたりでも採れそうなものなのに。
枝豆の名前、後数年すると、女子向きの名前に
変わる思います。
今の世の中、女性に受けなければヒットにつながりません。
観光地、グルメ、交通手段、すべての決定権は奥様である女性、
彼女である女性が握っていると言っても過言ではないでしょう。
北海道にいるからには「とうきび」です。
台湾では玉米となります。
来年の夏は枝豆を茹でることに挑戦してみようかな~
でも、釧路でも生の枝豆って売っているのか・・・
by 松の実
松の実 |  2015.08.22(土) 23:14 | URL |  【編集】

以前、デパートの「大北海道展」のチラシで
物凄く大きな枝豆を見ました。

入荷時間も決まっていて、貴重品のようでした。

小太郎母さんも、こないだの差し入れの枝豆、美味しかったって!

そうだ。
椎茸の「いしづき」と「軸」を、ちゃんと使っておられるのですね。
冴えないのは捨ててしまう時もありますが
真っ白でキレイな物は勿体なくて捨てられませんよね。

今、ちょっと調べてみたら・・・。

恵庭で作っている「たまふくら」という種類のようです。
taki |  2015.08.22(土) 23:42 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.08.23(日) 10:28 |  |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
北海道は大豆の一大生産地なのに、
枝豆がマイナーなのはずーっと不思議でした。
今日のスーパーで、生の枝豆は袋に入ったのが
一種類ちんまりと売られていました。
とうきびは、2種類がどん~んとどど~んと。
でも今日は、茹で上がった中札内産の枝豆が
あったので買ってきました。
これからお酒とともにいただきます。
夕食にも少し出したのですが、けっこう塩がきつくて・・・
枝豆もとうきび同様、自分で茹でたほうが美味しいでしょうね。
褒められたものではありません。
他のものでずいぶんと無駄なこと
勿体無いことをしてしまっているのです。
by 松の実


鍵コメさんへ
メール届いていますよ。
ご連絡事項ととものお返事だしていますので
ご確認ください。
一路平安!
by 松の実
松の実 |  2015.08.23(日) 22:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |