2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.12.27 (Sun)

1週間前

こんばんわ~
茶々です。
今日は真冬日だったと思われる釧路です。
正午頃の気温がマイナス2.5度、午後2時頃でマイナス3.4度ということは
恐らく今日は一度もプラス気温になっていないのでは?
ちなみに今はマイナス5.5度です。

2週間ぶりのリョウ君です。
さすがは柴ワンコのリョウ君、
松の実のことを完全に覚えてくれたようで、
車を停めて、松の実が車から出ると、
とっても寒い日だったにも関わらず、
のそっとお家から出て来てくれました。

irasshai.jpg

可愛いですね、リョウ君
挨拶してくれてナデさせてくれて、
これでおやつも上げることができたら松の実としては
天にも登る気持ちとなるのは必至なのですが、
飼い主さんがリョウ君の肥満を気にしているのを知っているため、
「おやつあげて良いですか?」とは言い出せない松の実です。

阿寒富士と雌阿寒岳

一週間前の日曜日、お父さんと松の実は阿寒湖畔に30年ぶりに新しくできたホテル
「ラビスタ阿寒川」にお泊りに行ってきました。

天気の良い日で、阿寒湖までの道のり、雌阿寒岳と阿寒富士が
とてもきれいに見えていました。
小学校2年生から高校2年生まで住んでいた阿寒町からも
この景色が見えていたので、この画像の景色は
松の実にとって「阿寒湖」を象徴するものなのですが、
阿寒湖畔の温泉街に入ってしまうとこの景色は見えません。

阿寒湖畔に住むヒトにとっての象徴はこの雄阿寒岳です。
お父さんも、阿寒湖勤務時代は毎日この雄阿寒岳を眺めていました。

雄阿寒岳

一週間前の12月20日、阿寒湖、全く凍っていません。
数年前までは、1月1日から「あいすランド阿寒」と言って、
凍結した湖の上で、ワカサギ釣り、スノーモービル、スケート、バナナボートに
4輪バギーなどを楽しむイベントが開催されていました。
ここ数年はなかなか1月1日からは始められないようです。

この数日、冷え込む日が続いたので、
凍り始めていることを願うばかりです。
このイベント目当てに台湾を初めアジア各国から
お客様が阿寒湖に泊まってくれるのです。

阿寒湖の方々、波打つ阿寒湖を眺めながらヤキモキしているのに違いありません。
私も微力ながら、早く阿寒湖が凍りますように!と
祈りを捧げたいと思います。

早くこおりますように

どなたですか?
単に寝そべっているだけ?とおっしゃる方は?

新しい阿寒湖のホテル「ラビスタ阿寒川」は、
その名の通り「阿寒川」のほとりにあります。
その昔、この敷地には渡辺淳一さんの初期の作品「阿寒に果つ」の舞台となった
「雄阿寒ホテル」がありました。
「阿寒に果つ」は渡辺淳一さんの高校の同級生で、
天才少女画家と言われた加清純子さんを
モデルにした小説です。
読んだことある方はいらっしゃいませんよね?
この小説は渡辺さんファン以外では、お父さんくらいの年代の方でないと
ご存知ないかと思います。
その加清純子さんが高校時代に阿寒湖で自殺したのですが、
その時に宿泊したのが「雄阿寒ホテル」でした。
雄阿寒岳の登山口の近くにあります。

阿寒川

雄阿寒ホテルはとうの昔に跡形もなく消えてしまい、
ラビスタ阿寒川は全くの新設ホテルです。
この辺りは温泉の源泉がたくさんあるそうで、
上の画像、手前の煙も温泉熱によるものです。

ホテルに到着すると、エゾシカさん達が出迎えてくれました。

見つめられて

もともとエゾシカの多い地域ではありますが、
地熱で草がまだあるせいか、鹿さん達、ゴロゴロいました。

地熱の影響で、ふきのとうが顔を出していました。

実はふきのとう

明日でお仕事はオシマイという方々、
良いですね~
ゆっくりお掃除して年越しの準備をなさってください。
松の実は30日まで働きます。
それを理由にお掃除もお正月の準備もしないでしょうね。
今日はたたこさんに、「旨煮」のおねだりしていました・・・・

15:56  |  その他  |  コメント(13)

Comment

えいっ!
どーしても一番のりしたかった~
理由はないけど・・・
では後ほど~
ハイジ |  2015.12.27(日) 21:55 | URL |  【編集】

うま煮の おねだり、、、
羨ましい~

2番~(笑)
BOSS母 |  2015.12.27(日) 23:10 | URL |  【編集】

茶々ちゃ~ん、しゃっこくないの~?

リョウ君いいな~
おやつをあげたいけど躊躇する気持ちわかります。
私も友人宅のワンちゃん、今まではおやついっぱいあげていたけど、
1月に11歳になるので、そろそろ友人にお伺いを立てねばと思います。

エゾシカこんなにゴロゴロ見れるんですね。
数年前に宮島へ旅行した時に添乗員の方に
「鹿が多いですから気をつけてください」と言われたのですが
本当に持っていた地図を為すすべもなく
ムシャムシャ食べられた時には驚きました。
私は鹿といえば奈良だったので
宮島にあんなにたくさん鹿がいたのがビックリでした(◎o◎)

残すは冷蔵庫の掃除です。頑張ります!
こたつ |  2015.12.28(月) 03:04 | URL |  【編集】

おはようございます。

お父さまとの阿寒のホテル泊。思い出の阿寒で良い時間を過ごせたことでしょうね。

「阿寒に果つ」しっかり読んでいます。
渡辺淳一さんの出身高校は、実家のすぐ近く。
父や二人の妹達も同窓生です。

小説に出て来る場面設定が知っている場所だったような・・・。
そのエリアに今は渡辺淳一さんの文学館がありますよ。

先日は憧れの松の実さんと一緒に美味しいお酒タイムでした。
釧路は、父母にとっても思い出の地です。

冬の釧路は魅力的!
michiko |  2015.12.28(月) 06:14 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

リョウ君、夜はおうちの中なんでしたっけ?
日本犬は寒冷地仕様ですから、本来大丈夫だと思いますが
最近、お外で寝るワンコさんって、案外少数派ですし
なんと言っても真冬の釧路ですもんね。
リョウ君の毛並み、これぞ日本犬!って感じです。
すごくかっこいい。

阿寒湖。透明感のある素晴らしい冬景色ですね。
でも・・・こういう景色を見ると思うのです。
あの山にもヒグマがいるに違いない・・・
私はヒグマがとても怖い(笑)
三毛別事件とか某大学ワンダーフォーゲル部事件の
ドキュメンタリーや本のせいで、怖くて仕方ありません。
ニョロもトカゲもどこ吹く風の私にも、苦手なものがあるんですよ。

手編みセーターで雪に突っ伏す茶々さん。
お腹冷えてしまいそうです。
でも、なぜか気持ち良さそう。クールダウン中でしょうか?
emihana |  2015.12.28(月) 18:33 | URL |  【編集】

今朝 山の写真を おとしゃんがチラ見して
どこの国?って(笑)
寒そうですが 素晴らしいお天気ですね~
冬の北海道 いつか挑戦せねば!

松の実さんのお宅に まだカレンダーのスペース
ございますか?
お猿さん似の犬のカレンダー いかがですか?(笑)
BOSS母 再び |  2015.12.28(月) 21:49 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
一番乗りありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。
あれから1年ですね・・・
お姉さんに合わせて明日帰ってくるのかな?
by 松の実


BOSS母さんへ
羨ましいでしょう?
うま煮をおねだりしたら、
なますもいだけることになりました。
黒豆もくださるって!
羨ましいでしょう。
たたこさんがうま煮をくださるので
ちゃんとお重をだなさくては!
おサルさん似のワンコのカレンダーは
いりませんが、デヴィちゃんのカレンダーであれば、
喜んでいただきます。
東北海道の本当の素晴らしさは冬にあります。
是非是非お越しください。
by 松の実


こたつさんへ
えらいな~こたつさん。
私、冷蔵庫の掃除なんてもう何年もやっていないです。
野菜室のソコには玉ねぎの茶色い薄皮が
ただよっていたような・・・
私の掃除は昨日、床を水拭きしてオシマイです。
鹿さんに地図を食べられてしまったのですか?
ヤギさんではなくて?
宮島の鹿さんたち、よほど食べ物に困っているのでしょうか?
冬はエゾシカにとってとても過酷な季節です。
春先の湿原では、餓死であろうエゾシカの死骸を見つけることもあります。
リョウ君、ムッチムッチなんです。
飼い主さんがここ数ヶ月で太ってしまって・・と
嘆いていました。
ナデナデだけで我慢我慢です。
by 松の実



michikoさんへ
うわ~michikoさんのご一家、優秀なんですね。
あの渡辺淳一さんと同窓ということは、
あの北海道一と言われる高校ですね。
私は渡辺さんの初期の作品はほとんど読んでいると思います。
初期の小説には独特のテンポと緊迫感があったように思います。
エッセーには度々雄別炭鉱の病院時代の話や
お母様手作りの醤油イクラのことなど、
北海道ネタが満載でした。
michikoさん、違いますよ。
michikoさんが私のあこがれの方です。
素敵奥様、人生の達人になるには
相応の努力と覚悟が必要だと認識いたしました。
ラビスタ阿寒川、michikoさんのような優雅な方にお似合いのホテルです。
by 松の実



emihanaさんへ
リョウ君、冬になると玄関に入っていたように思います。
ただ、今日17時頃用事で通ったら外に小屋の毛布を引っ張りだして
その上で丸くなって寝ていました。
誰かを待っていたのかな?
もう、真っ暗だったので私は声をかけずに帰ってきたのですが、
もしかして私を待っていた?(笑)
リョウ君、ムッチムッチですし、
毛もしっかりダブルコートでこれ以上
蜜になれません!というくらいの立派な
毛皮をまとっています。
ヒグマはいます。
もともと北海道はヒグマとアイヌの土地ですから。
私達はちょっと間借りして住まわせてもらっているのです。
私はその2つの事件を知りませんでしたが、
ヒグマさんがたまに起こすヒトを襲う事件、
これは、「北海道は和人のものではないぞ~」
という警告のための事件だと思っています。
その証拠にそういう事件を起こしたヒグマさんは・・・
ヒグマとヒト、ちゃんと節度ある距離を持って
共存していきたいです。
心配なのは知床。
おバ◯な観光客がお菓子などを上げてしまうので、
あの地ならではの均衡が崩れてしまわないか心配です。
by 松の実
松の実 |  2015.12.28(月) 22:56 | URL |  【編集】

松の実さん親子が泊まった素敵なホテルも物凄く興味津々なのですが
それよりも物凄く気になるのがリョウ君の背後に映っているお家です
お家の土台(基礎)がそのようなブロックでいいんでしょうか?
しかもそのブロックとお家にまだ隙間があるような・・・
もしかしてリョウ君家は季節ごとにお家の向きが変えられる
トレーラーハウスなのでしょうか?
イヤイヤ、最先端の免震構造のお家なのでしょうか?
イヤイヤイヤ、そのお家はもしかしてリョウ君のもう一つのお家で
季節ごとにお家の向きが変えられる・・・
確かリョウ君はたくさんお家を持っていたはず、きっとそうね・・・
あれから一年です、もう一年、まだ一年
今日、お客様に暮のご挨拶に伺いました
『去年より今年の方がお元気ですね』と言われました。
やはり切羽詰った顔をしていたんでしょうねぇ・・・
バームクーヘン買いました、美味しかったです。
コメント欄を自分のブログにしてしまいました。
すんません
追伸:渡辺センセイの本は全て読みつくしました。
一番最初に読んだ本は『無影燈』だったかな?
ハイジ |  2015.12.29(火) 00:38 | URL |  【編集】

いえいえ
単に寝そべってるだけなんて思いませんよ。
ちゃんと 大地に祈りをささげているように
見えます。
ある意味 すごく厳かに感じます。(笑)

前にも書きましたが、 渡辺淳一さんの
初期のころの作品が好きです。
特に 北海道に憧れてた学生時代
渡辺さんの作品を読んでは 北海道へのあこがれが 膨れて行きましたのよ~ (身体も膨れた)

リョウ君には 抱きつけないのですか?
可能であるならば 私なら抱きついちゃう。
そして あの 「犬くさい」と一般的に言われる
匂いを クンカクンカと堪能したい。
 あ~  いいな~   (ただ今 妄想中)

ラビスタのホテルなんですね。 阿寒の新しいホテル
阿寒といえば 有名なホテルが ドンと構えているから 大丈夫ですかね?
でも ラビスタ いいですよね。
釧路に友達と行った時泊まりました。
函館でも ラビスタにしました。
 函館のラビスタは朝食で有名ですよね。

 釧路経由で 阿寒に行きたいけど 
どーも あの国道  トラックが多くて怖い
( 一一)
来年は高速道路ができるから 車の流れ変わるかも。
こ |  2015.12.29(火) 09:05 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
イヤ~ハイジさん、後ろはリョウ君の飼い主さんのお家ですが、
我が家よりも数段高級なしっかりガッチリしたお家です。
土台はよくわかりませんが、
画像の関係でそうみえるだけで、しっかりと大地に根ざした、
北海道特有のお家でございます。
リョウ君、冬は、今の小屋を愛用するのかな~
ましろさんがきてくれたから、
顔つきも変わったのではないでしょうか?
バームクーヘン、皆で食べに来ていますね。
なんだか紫龍さんがスパンクさん、うらんさん、まいるさんに囲まれて
少々恐縮している姿を想像してしまいます。
ハイジさんが渡辺さんを愛読していたとは意外でございます。
私は初期の医療小説とエッセーは読破しておりますが、
後半の色っぽいものは読んだことないかも。
宝塚退団後すぐの黒木瞳さんが主演した「化身」は読んだ記憶があります。
もちろん、映画も見て、宝塚月組で大地真央さんの相手役だった
黒木さんの大胆にシーンに驚きつつ、
相手役の俳優さんがもう少しいい男なら良かったのに~と思ったのでした。
by 松の実


こさんへ
厳かと言いつつ何故に「笑」なのよ~?
おお、こさんも渡辺さんを読んでいらっしゃったとは。
さすが渡辺さん、読者層が広いですね。
私は、台北時代に多くを読んで、
改めて北海道は良い所だったんだ~という認識していました。
リョウ君、さすがにまだ抱きつけるほど仲良くないかな~
なんたって相手は柴ワンコですから、
あまり急になれなれしくすると、
嫌われてしまうと思います。
柴とは、節度を持って接しなければ!
きっとワンコのかほり、プンプンだと思われます。
なんたって、外ワンコですからね。
ゴワゴワの分厚い毛皮をまとっています。
函館のラビスタは素晴らしいと、ある旅行会社の方がおっしゃっていました。
従業員も誇りを持って働いているのがよくわかると。
一度泊まってみたいもんです。
まりも国道、確かにトラックが多いんですよね。
そして交通量もソコソコにあるので、
一度トラックの後ろについてしまうと追い越しのタイミングがなかなかなくて、
釧路までずーっとトラックの後ろを走ることになってしまう。
前回の帰りも月曜の午前中だったせいか、
トラックやら家畜飼料を積んだタンクやらが
5台連なって・・・
大人しく釧路市の入り口までトラックの後をついて走りました。
by 松の実
松の実 |  2015.12.29(火) 21:53 | URL |  【編集】

おー!釧路も冬になりましたね。
茶々さんの毛皮に、ぴったりの雪景色なのですね。

こちらも、雪が積もりましたが、大晦日は雨の予報なので安堵しています。もちろん元旦も雨です。ほっ。

雄阿寒岳と雌阿寒岳、最初ひとつの山に頂が二つあるのかと思っていた私です。登ったのは、雌阿寒岳だけですが、たしかに、雄阿寒岳はそれらしい風貌ですね。それにしても、青空がまぶしくて美しいですね〜。松の実さんは、この景色を毎日みていたのですね。山の姿は、ところ変わればなので、この美しい眺めは、松の実さんの成長に大きな影響を与えたのだと確信しております。
群馬県の妙義山を見たとき、毎日この山を見ていたら・・・と想像してしまいました。

雌阿寒岳を下りて野中旅館で温泉に入りました。

つま |  2015.12.29(火) 23:51 | URL |  【編集】

リョウくん、たしかに体は大きめな感じがしますが、
寒い地域では、多少脂肪が多い方がいいような気がしますけど…。
毛もみっしり生えてる感じですね、あ~触りたい。

以前、私が使っているクレジットカードの会社からDMが送られてきまして、
中を見ると「ラビスタ阿寒川」のオープン記念宿泊優待券が入っていました。
うーんすごく行ってみたいけど遠すぎる…と断念しましたが。
良さそうなホテルですね、風景も素晴らしい。
いつか訪れてみたいものですが、
北海道には行ってみたい場所が多すぎて~。
一か月くらい滞在できたらいいのになー。

さて、今年もあと少しで終了ですが、
相変わらず読み逃げばかりですみませんでした。
松の実さんのブログは本当に読み応えがあり、
いつも楽しみに拝読しております。
ですが、来年はぜひとも直でお目にかかれたら光栄でございます。
場所は……釧路、宝塚、東京、それとも台湾?
どこであれ、実現できますように~!
さと |  2015.12.30(水) 18:46 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
雪は少しずつ溶けてしまい、
冬景色と言うには少し寂しい光景になって
しまいました。
「雨」で、ほっとするのですか?
それはやはり気温が高いからですね。
我々は今の季節に雨となると、
げんなり~勘弁して下さいと、思うのです。
雨が降って雪が溶けても、
翌朝はつるっつるっのアイスバーン、
悪くするとヌルヌルの時速10kmで走行しても
ブレーキが効かない恐ろしい道路状況になるからです。
雪は雪のまま、理想は、圧雪状態から
アイスバーンになる頃には更に降り積もり・・・
さらにそれがアイスバーンになるころに降り積もり~
を繰り返して、春になって一気に溶けることです。
雨だけは勘弁です。
雌阿寒岳と阿寒富士を見て育ちました。
父の阿寒湖時代、私は台北暮らしでしたし、
帰ってきても母は入院していたので、
雄阿寒岳に目を留める余裕もありませんでした。
確かにあの阿寒の山々を見ながら、
冬の朝は丹頂の鳴き声でめをさましていた頃は
とても贅沢なものだったと思います。
野中温泉、一昔前は案内犬がいたと有名でした。
by 松の実




さとさんへ
基本的に外わんこのリョウ君は
ある程度の体脂肪は必要なのですが、
でもあきらかにこの半年で
肥えたのです。
それは、私が見てもわかるくらいです。
ワンコのオスにも中年太りというのがあるのであれば、
それに違いありません。
がっしりとして、ナデナデしても
弾力があって、手が跳ね返されそうです。
男の子ワンコの筋肉って違うんだな~と思いながら
ナデナデ~と怪しいおばさんになっています。
日本一涼しい釧路に2~3週間滞在しながら、
日帰り旅行や1泊旅行を楽しむのはいかがでしょうか?
大手旅行会社では、1週間2週間ホテルステイの
格安プチ避暑in釧路のパッケージツアーを作っていますよ。
イエイエ、読み逃げでも何でも、
こうしてたまにコメントいただけると、
あっ、まだ茶々のことを覚えていてくださっている!と
とても嬉しいです。
是非お会いしましょう。
大阪?台湾?台湾でお会いしましょう。
良いお年をおむかえください。
by 松の実
松の実 |  2015.12.31(木) 00:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |