2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.01.31 (Sun)

落花生・花生・南京豆

こんばんわ~
茶々です。
1月が終わっていきますね。

そちらはもうすぐ節分だそうですね。
思い出します。
お母さんが生きている時の豆まきを・・・
お父さんがなんだか叫びながら、お部屋やお部屋に撒いていました。
(横着な松の実家が外に撒くのは寒いし汚いと「鬼もウチ」だったのは
以前もご紹介したとおり)
何がなんだか理由がわからなかったけど、
とても楽しくってお部屋中をうさぎになってぴょんぴょんしていました。

スーパーでわんさか売らられていた「落花生」です。
由緒正しき千葉県産です。

落花生

北海道では、豆まきと言えば、落花生です。
後で拾って食べるのですから、殻付きの豆を使うのはとっても合理的、
さすが北海道人だと思います。
最近は本州でも、北海道の真似っ子しているところがあるとか。

松の実家では、もう豆まきはしません。
買ってきた落花生をポリポリおやつに食べた松の実が、
まじまじと「落花生」と書かれた文字を見て思ったそうです。
どうして日本語は「落ちる」という字をくっつけたのだろう?って。

落花生-南京豆-ピーナッツは、台湾でもとてもポピュラーです。
日本よりもいろんな形でいただきます。

で、台湾では、ピーナッツのことを「花生」と言います。
「落」という字はないんですね。

今回の台北で松の実が食べた、「圓仔湯」です。
花生(ピーナッツ)、芋、白玉団子が入った台湾風お汁粉みたいなものでしょうか?
いろんなバリエーションがありまして、
小豆や緑豆が入ったものや、
台湾らしいところでは、白きくらげや蓮の実入りというのもあります。
優しい甘さと温かさが体と心に沁みるそうです。
この圓仔湯の花生は柔らかく茹でられています。

1453901027113.jpg

こちらは、帰りの飛行機に乗る前に食べた担仔麺。
副菜として薄皮がついたままの花生を茹でたものがついていました。

他にも上に乗っている肉味噌の中に入っていることも多いですし、
花生を日本のきな粉のようにして、お団子にまぶすこともあるそうです。
日本のごま豆腐のように花生豆腐もあります。

日本では、おやつやおつまみ、
或いはピーナッツバターくらいしか花生の食べ方を知らなかった松の実ですが、
本場千葉では、台湾のように色々な食べ方をするのでしょうか?

最後の

それにしもても・・・と松の実が思うのは
何故「落」花生なの?
どなたか教えて上げてくださいませ。

上の圓仔湯の横にあるのは台湾風草餅です。
漢字・・・出るかな・・・鼠麹粿

切り干し大根

この草餅の中、なんだと思いますか?

切り干し大根を甘辛く炒め煮した(?)ものです。

あの九份に、とても有名な手作りの切り干し大根草餅の屋台があります。
この草餅だけを買いにわざわざ九份に行く人もいるくらいだそうです。
松の実も九份の草餅、食べたことがあって、
初めは食べ慣れない食感に驚いたようですが、
なかなか美味しいそうです。
で、この台北で食べた草餅と、九份のを比べるとやはり
九份のほうが正真正銘手作りのせいか、味がほっこり柔らかくく
いくつでも食べられる美味しさだったとか。
台北のは少々油っぽくクドい味付けだったそうです。

皆さんも台湾に行った時は是非、この台湾風草餅を
食べてみてください。

30年前によく食べた

30年前の台北在住時に日本人の遊園地と化していた「太平洋SOGO百貨店」地下フードコートで
よく食べていた組み合わせ、粽とワンタンです。
30年前と同じように美味しかった!そうです。


おまけ。
今回、お久しぶりにプライベートで懐かしの中華航空を使った松の実。
機内食の画像です。

炭水化物祭りの機内食

他の航空会社もそうですが、昔と比べると機内食って
いかにも経費削っています、感がありありですよね。
上が羽田-台北松山空港ですが、炭水化物祭りです。
ただ、昔から中華航空は必ずパンが付いていました。
このパンが実はなかなか美味しいんですって。
必ず温めてくれて、甘いんです。
昔の主食は白いご飯でごまかさないで、
ある程度の量のお肉なりお魚なりと温野菜だっと思う松の実でした。

taberutanoshimi.jpg

それにしても松の実、凍えるほど寒い台北で、食べてばっかりだったようで・・・
まっ、旅行のお楽しみの一つは「食べること」であることは間違いないですが。

私は旅行はしませんでしたが、おやつを食べることは大好きでした。
風邪が流行っているそうです。
お気をつけください。
豆まきするお家があったら、おじゃましたいな~
23:13  |  その他  |  コメント(6)

Comment

茶々さん、松の実さん、こんばんは!

落花生。

割と上手に割れる方です。
父が好きだったので、子どもの頃から食べ慣れています。

本場、千葉の物は美味しいですよね。

そして、またまた台湾の美味しいものですね。
特にワンタンに目がいきます。

甘い切干し大根は危険です。
あの方が怒りますよ。(笑)

落花生。
どの様に実がなるかを見ると納得されると思います。

一番じゃろか?v-13


taki |  2016.02.01(月) 00:14 | URL |  【編集】

豆まき懐かしい~
子供の頃、父が鬼の面をつけて
落花生を撒いたのを思い出します。

毎年里帰りの際に千葉へお墓参りで行くのですが
途中のSAで「生落花生」を買うんです。
これがとても美味で!
殻を剥くと中の豆が柔らかくて
ホワイトアスパラのような味かしら・・・
食べたことありますか?

旅の醍醐味は「食」これはマストですね~!

こたつ |  2016.02.01(月) 02:20 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.02.01(月) 09:49 |  |  【編集】



こたつさんのお父様、優しい方。
鬼のお面付けてなんて。v-412

” 鬼は外~~ ”って言うのは恥ずかしくて
小さい声になりました。
翌日は、鳩ポッポが食べてましたね。v-402

静岡のお土産でも、茹でた落花生がありました。
冷凍されたものでしたが。

さっき、買い物に出たら
台湾産の黒落花生というのがありました。
一袋、買ってきましたよ~~。v-398
taki |  2016.02.01(月) 16:26 | URL |  【編集】

あれ、うちのほうでも、落花生で豆まきします。
それって、新潟から北海道へ伝わったのでは
と、勘ぐってしまいました。
共通点がいろいろありますよね。
「なまら」も、いいますし~♪

今どきの機内食は、お弁当みたいなんですね。
たしかに、昔むかしは、白いご飯なかったような~
帯広に行くときに、搭乗前に急いでサンドイッチを食べたら
機内サンドイッチが出たのが忘れられません。

茶々さん、残念ながら、千葉の落花生、も食べてしまいました~
つま |  2016.02.01(月) 23:39 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
はい、一番乗りありがとうございます。
落花生、この乾燥している我が家で食べたら、
静電気で薄皮が手が離れず、手が薄皮だらけとなりました。
花が落ちて・・・ということですか?
中国語名とは関係なく、日本人は独自に
実のなり方をみて命名したのでしょうか?
それとも中国語名が意図的に「落」という字を
無くしたのでしょうか?
切り干し大根、甘いというわけではないんですよね・・
複雑でありますが、私は美味しいと思いました。
確かにあの日本の真ん中の方は、ダメかもしれません。
ここのワンタンはとてもボリュームがありますが、
スープがあっさりしているので、
いつまでも食べていられます。
by 松の実



こたつさんへ
生落花生?
食べたことありません。
生で食べられるんですね。
食べてみたいものです。
お父様、優しい方ですね~
ウチの父は間違ってもお面を付けるなんてことは
しなかったですね。
明日が節分ですね、確か。
明日は代休なので、お昼ごはんに
恵方巻きでも買ってこようかな?
食の楽しみがなければ、
もう旅とはいえないくらいですよね。
by まつのみ


鍵コメさんへ
ご教授ありがとうございました。
逆に何故中国語は「落」なしの「花生」としたのでしょう?
やはり、本場は色々と使われていますね。
落花生豆腐は台湾と同じ味がするのかな?
最中は頂いたことがあります。
落花生と味噌ってきっと相性が良いのでしょう。
おやつにも味噌がらめってありますね。
台湾では確か、花生油もあったはず。
明日が節分ですね。
豆まきはしませんが、恵方巻きなるものを
買ってみようと思います。
by 松の実




takiさんへ
ね~っ、こたつさんのお父様、お優しいですね。
ウチの父では絶対にありえません。
私も千葉のゆで落花生はいただいたことがあります。
静岡でも落花生を作っているのでしょうか?
静岡も豊かな土地ですよね。
お茶、みかん・・・それに落花生?
黒落花生?
お味はいかがでしたか?
by 松の実



つまさんへ
新潟も落花生利用ですか?
では、つまさんがおっしゃるように、
そちらから伝わったものなのかもしれません。
「なまら」も北海道弁のようになっていますが、
オリジナルは絶対に本州のどこかだとおもっていました。
全くの北海道が元祖は食紅と甘納豆のお赤飯や
ジンギスカンでしょうか、ある程度古いものでは。
そろそろ機内食って全く新しい方向性を
考えたほうが良いですよね。
美味しくない、いかにもチープなものを
提供するのであれば、市販されているような
サンドイッチなり、おにぎりなりにしてしまうのも一つの方法だと思います。
確かに昔の国内線、一時パンが配られたり、
焼き菓子が配られていたりしました。
by 松の実
松の実 |  2016.02.02(火) 23:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |