2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.02.13 (Sat)

台湾づく

こんばんわ。
好久不見の松の実です。

中華圏のお正月、春節のお休みも明日でオシマイ。
あの台南の地震で倒壊したマンションの捜索活動も終了するようです。
マンションの住人、付近の住民にとっては春節もなにもなかったことでしょう。
悲しみは癒えないと思いますが、
少しずつ日常生活に戻れるよう祈るばかりです。

今回の地震で、日本各地で台湾に恩返しを、とのすばやい動きがあったことは、
私のような台湾びいきにはとても嬉しいことでした。

国立博物館
台湾国立博物館-日本時代も博物館でした。

地元紙に台湾について何でも良いから書いてちょうだい、と
昨年の秋に頼まれていた原稿がお正月に掲載されました。

なんだったかな?
監察院-日本統治時代は台北庁。県庁庁舎でしょうか?


又、先日は今度台湾中華航空のチャーター便を
就航させる中標津町というところから、
1時間ほど、台湾について話をせよ、とのお達しを受けて、
ノコノコと出かけて拙い話をしてきました。

そうそう、このお話会では、私の前にお話したのが、
地元大学のエライ先生、アチコチに呼ばれて経済について
講義をしている方。
そんな方の後では、慣れない私の話など、
聞き苦しくて仕方がないだろう、と思い、
私、作戦を練りました。
とにかく、ハッタリと雰囲気だけで1時間持たせようと、
旗袍(チャイナドレス)のワンピース着て、
中国語と日本語の機内アナウンス風から始めました。

思惑通り、エライ先生からも担当者からも
「つかみバッチリでしたね」
とお褒めの言葉をいただきました。

酒造工場跡
華山1914文創区-台灣總督府專賣局台北酒工廠-酒工場でしたが、リノベーションされ、イベント・アート空間となっています。

参加している方に「台湾についてどんなイメージを持っているか」と
質問したところ、8割の方が「親日」と答えてくださいました。

台湾大学附属病院
台湾大学付属病院-日本時代は台北帝国大学医学部付属病院でした-今もバリバリの現役です。

確かに台湾は「親日」です。
でも、「親日」にならざるをえなかったという面があることも事実だと思います。
日本統治時代が終わって、
同じ中国人が統治する時代がやってきたのに、
蒋介石さんは一党独裁の圧政を敷き、
1987年まで戒厳令が敷かれていたくらいです。
蒋介石の国民党が台湾に逃れてくる以前から台湾にいた人々は
「犬が去って豚がやってきた」とその時代を言い表したようです。
犬は日本人で、豚は中国大陸から蒋介石さんとともにやってきた中国人。
犬はうるさく吠えるけど、まだ番犬として役立つ、
豚は汚く貪欲なだけ・・・だそうです。

日本統治後の時代が苦しくひどいものだったので、
日本時代のほうがマシだった・・・というのも
今の親日の基になっているところがあると思います。

もちろん、そんな否定的な見解からだけではなく、
日本時代の業績及び以後の日本の発展を
単純に高評価してくれていることもありますし、
日本と日本人に対しても、「真面目・秩序・親切・礼儀正しい・清潔・安全・勤勉・・・」
などのイメージを持ち、
そんな言葉を見たり読んだりすると、
なんだか落ち着かなくなるばかりです。
ただ、台湾の日本と日本人のイメージの言葉の数々、
今はそのまま台湾と台湾人に当てはまると思います。
(昔は残念ながら、違った・・・)

中庭
病院の中庭です。


台北の比較的古い地区を歩くと日本時代の建築物が今も現役で
使われていのを次々と発見することができます。
初めての植民地で、とっても張り切っていた日本政府が、
日本本土よりも立派なものをと、
お金も知恵も気力も注いで作ったのでしょう。
今でも堂々たる構えです。
又、蒋介石さんは、当初、近い将来又大陸中国に打って出て、
中国大陸に中華民国を設立する野望を持っていたので、
台湾のインフラ整備にはあまり熱心ではなく、
日本時代のものを、「ラッキー、まだまだ使える~!」と
憎き日本時代のもの!なんて壊したりせずに、
使い続けてくれたのも今となっては幸運なことだったのかもしれません。


剥皮寮1

有名な龍山寺近くの剥皮寮。
ここは日本統治時代、一部が小学校だったそうです。
説明に日本統治時代、子どもたちは、
時間を守る事、清潔にすることを教えられ、
衛生環境が向上したと紹介されています。
他にも修学旅行も日本統治時代に始まり、
子どもたちが楽しみにしていたこと等も
紹介されていました。
植民地時代の何もかもが「悪」ではなく、
良いところもあったことをしっかり肯定してくれるのは
台湾だけではないでしょうか?

日本が好き、と言ってくれる台湾、
日本も台湾が好き、となってくれることを願うばかりです。

台風で曲がった

オマケ。
上のポストは、昨年の台風で、傾いてしまったのです。
いかにすさまじい強風だったのかわかります。
撤去する予定が、なんだか可愛いと人気となり
写真撮影スポットなり、撤去の計画は白紙となったようです。


羽田空港

先日の台湾帰り、羽田空港から釧路行きの飛行機に乗る直前です。
なんと、ボーディングブリッジではなく、今時バスでの搭乗。
ま、おかげ、とても綺麗な光景を見ることができました。


明日は北の空が大荒れとなるらしいです。
気温が高いので、こちらは雨になるかもしれません。
今日の釧路も気持ちが悪いくらい温かでした。

春?

茶々は「春?」と首を傾げていますが、
東北海道にまだまだ春はやって来ません。
あとひと踏ん張り「冬観光」で稼ぎます。

では楽しい日曜日をお過ごしください。
23:57  |  その他  |  コメント(6)

Comment

中標津でのお話、お聴きしたかったです!!!!
くぅー。どこかで記事出ていませんかね?
そみ |  2016.02.14(日) 09:38 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん

好久不見!

いや~・・・
チャイナドレスでのアナウンスなんて・・・
松の実さんのドレス姿を想像し
ほかの感想がすっ飛んでしまいました。
もちろんお話そのものも面白かったに違いないのですが。
まさに眼福でしたでしょうね。

大陸経験者の私からすると、どうして元は同じ国だったのに
こうも違ってしまったのか。不思議でならないのです。
「徳」なんて、今の中国の社会では廃れて久しいと思います。
そう言う我々もまた昔の日本人の美点の多くを失っているはずで・・・
「犬」と「豚」ですか。興味深い表現ですね。
とすると、台湾の方たちはご自分たちを何に例えるのかしら?
ふとそう思いました。

茶々さん。風の行方に首を傾げて春を探しているのでしょうか?
emihana |  2016.02.14(日) 12:57 | URL |  【編集】

松の実さんのチャイナドレスでの講演
見たかった~!聞きたかった~!

ポストの傾き可愛い。
赤と緑の違いは何ですか?
こたつ |  2016.02.14(日) 21:49 | URL |  【編集】

日本が統治した当時は台湾もあの国も日本本土と変わりなくむしろ
日本本土より立派なモノを作ったと紹介されていました。
統治時代のモノを今の世も大切に使ってくれているのは嬉しいことです。
良き思い出もありそうでない思い出もあり、日本大好き!と言ってくれる台湾に日本は何ができるのでしょうか?
裏切るんじゃねぇぞ!とは思います。
台湾といえばホ○○イです、社ーぷがいい加減で恐ろしいです。
ホ○○イは実は台湾企業でなくて中○とか、、、
技術を盗まれて終わりです
あーーーー、心配です。
チャイナドレス?お作りになったんですか??
きっとあの高級娼館のヤリ手マダム変身写真のようだったのかしら?

ハイジ |  2016.02.14(日) 22:09 | URL |  【編集】

そういえば 温泉街の昔建築された銭湯?
すっごく立派だったのを記憶しています。
日本で見たこと無いなあ~って 思ったのです。
次回の台北は昔の日本建築を見に行こう~っと!(笑)

いつ行けるんだろうか?(苦笑)

1時間もお話しするって 大変じゃないですか?
私はダメだあ~ 一言も発せ無いかも(苦笑)
BOSS母 |  2016.02.15(月) 20:32 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

そみさんへ
中標津町さんの雇用創造なんたらさん主催の
小さな集まりだったのです。
今は人出不足ですから、雇用創造・・・も
なんというか・・・・
地元紙さんの根室版では紹介されたようです。
by 松の実



emihanaさんへ
チャイナドレスとっていもロングではなく、
膝丈のワンピースタイプのものです。
中華料理店のウェートレスさんみたいなやつです。
話は慣れが必要です。
雰囲気とハッタリでもったのは、
最初の20分でしょうか?
だんだん時間の感覚もなくなっていくし、
散々でした。
30年前の台湾はなんだか荒っぽくて、
トイレも汚いし、並ばないし・・・と
日本人の何事にも「きちんとしている」に
良いイメージをいだくのも理解できました。
が、今は、日本よりも台湾のほうが
古き良き時代の日本ってこんな感じだったのかしら?と
思うほどです。
台湾の経済はよくないはずなのに、
自信と誇りに溢れ余裕があるように見受けられます。
台湾人は、「人間」と言いたいのかもしれません。
by 松の実



こたつさんへ
講演というものではありません。
「お話」です。
そんな~見せるものでもお聞かせできるようなものではありません。
ああいうのは、やはり、
お話が好きなヒト、苦にならない方が
されると良いと思います。
日本のポストと一緒で、
速達と普通だったような・・・
けっこう街の中心部、チャイナエアライン台北支店ビル横、
セブン-イレブン前にあるんです。
見つけた時はちょっと感激しました。
by 松の実



ハイジさんへ
私は、裏切られても仕方がないと思っています。
日本語世代の台湾の方々の中には
日本に裏切られたと思っている方もいるそうです。
しかも2度、裏切られたと。
一度目は敗戦後、日本人はさっさと日本に帰り、
日本人だと思っていたのに、
突然中国人にさせられた、と。
2度めは、1971年、中華民国(台湾)と国交を維持してきたのに、
日本は中国大陸と国交を結ぶことになり、
中華民国(台湾)との国交断絶した時。
日本が大好きと言ってくれる台湾、
私の大好きな台湾ですが、
日本がどれだけ好きと言ってくれる台湾に対して
誠実に向き合ってきたか、は疑問です。
いつか、数少ない親日の台湾からもそっぽを
向かれる日が来ても不思議ではないと思っています。
チャイナドレスと言っても、
中華料理店のウェートレスさんがよく着ているような
膝丈のワンピースです。
やり手マダム風に装えたら良いんですけどね。
by 松の実



BOSS母さんへ
温泉街って北投のことでしょうか?
台北市郊外、今では、MRTで中心部から30分程度でしょうか?
私は温泉が苦手なので、
その北投に足を踏み入れたことはないんです。
毎回お友達から誘われるのですが、
日本でも温泉には興味がないので・・・・
北投は日本人が開発したんですよね。
お話はやはり場数を踏んで慣れないと
ダメだということがよくわかりました。
私も1時間も・・・と思いましたが、
最初の15分くらいをアナウンスと
こちらからの質問で費やしたので、
考えていったことの6割くらいしか話せなかったかもしれません。
いつか台北行き、実現させてください。
by 松の実
松の実 |  2016.02.16(火) 00:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |