2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.03.22 (Tue)

冬の終わりの東北海道ツアー2

こんばんわ。
松の実です。

福岡、名古屋に続いて東京も桜の開花宣言が出たそうですね。
春なんですね~
冬の終わりの終わりの釧路の我が家の庭も
雪が完全に溶けました。

庭の雪がなくなりました

と言っても、あと数回、雪は降るでしょう。

添乗員の真似事をさせてもらった東北海道ツアー5泊6日は、
十勝管内での視察を終え、
私の本当の担当地域である釧路管内に向かいました。
この日は道東道阿寒IC開通日でした。
午後4時の開通で、ツアーバスが通ったのは午後5:50頃でした。
帯広を出発して、ちょっと釧路の事務局と電話で打ち合わせをしている間に
阿寒ICを降りちゃいました。
写真は間に合わず・・・・

バスのドライバーさんは、「うっ、この交差点、使えない、
すみません、左側、見てください!」って。
新しい道路、使ってみなくてはわからないところもあるのですね。
この交差点の使いづらさは後日新聞記事にもなっていました。

釧路で一泊したあと、個人的にもオススメの「冬の釧路川カヌー体験」。
とっても好評で、ほとんどの参加者が
一番印象に残ったとアンケートに答えてくださいました。
ただし、旅行商品に組み込めるかどうかは別問題ということで、
カヌー業者さんは破格の料金を提示したのに「高い!」と。
一体いくらなら商品に入るの?と聞くと「◯✕□円」と、
通常価格の3分の1ほどの金額を口走っておりました。
それは無理~!と今度は私が叫びました。

何故やじるし

そういえば、この冬のカヌー体験前に立ち寄ったある湿原関係施設で名刺をだすと、
「松の実さんて、△△高校の?」と私の出身校をおっしゃるではありませんか。
同級生だったそうです・・・・よく覚えていてくださいました。

阿寒湖に向かいます。
台湾の参加者から、上の画像にも写り込んでいる、
道路上にある矢印について、質問がありました。
北海道ならではですよね~
新潟や秋田などの豪雪地帯もやっぱりありますか?この矢印。

朝もやの阿寒湖2

阿寒湖での大盛り上がりの懇親会を終えた翌日、
朝6:30に集合して「阿寒湖早朝ウォーク」に出発でした。
1月2月のマイナス15度以下になると、「フロストフラワー」という、
まーいわば霜の花が湖面一面に咲き乱れる光景が広がるそうですが、
冬の終わりのこの日はちょうど、0度、もあ~っと温かでした。

朝もやの阿寒湖

フロストフラワ-は見られませんでしたが、
ものすごく濃い朝もやが立ち込め、それはそれはとても幻想的でした。
台湾の女子達、「ドラマのヒロインになったよう」とはしゃぎまくりでした。

阿寒湖はご承知の通り温泉街です。
あちこちに温泉が湧き出ており、
湖にも源泉が出現しており、その場所はこんなふうに氷も薄く、危険です。
必ず、ガイドと一緒にお散歩しましょう。

温泉があるので

この早朝ウォークはNPO阿寒観光協会が催行するツァーです。
フロストフラワーが見られなくとも、朝もやが立ち込めていなくても、
毎日その朝だけの美しさを感じられるツアーですので、
機会がありましたら、是非ご参加くださいませ。

阿寒湖を後にして向かったのは北見市。
留辺蘂にある「北きつね牧場」でした。

北きつね牧場

キタキツネさんたち、ちょうど毛代わりの時期で、
あまりキレイではありませんでした。
ひなたぼっこの時間だったのか、
キツネさんたち、全く動かず・・・

お昼は北見市内某所で、鹿肉ハンバーグとご
当地グルメ北見塩焼きソバ。

ランチ鹿肉ハンバーグ

塩焼きソバは好評でしたが、
鹿肉ハンバーグは、全く箸をつけられない人が2名。
鹿と聞いただけで、「食べられない」そうです。
確かに日本人もそういう方がたくさんいらっしゃいますからね・・・

今回、夕食はどうしても和食になってしまうからと、
昼食は洋食系を用意したのですが、
どこの昼食も反応が今ひとつだったのは、
たとえ、毎日毎日和食で多少飽きても、
北海道に来たら、海鮮系を食べたいのかもしれません。

今度の週末は日本の真ん中に向かいます。
この3年で2度釧路が招聘した台湾の新聞記者、雑誌記者、旅行作家と
日本の真ん中の小旅行を楽しみます。
予報だと、ちょうど桜が満開のはずなのですが・・・・

今回のツアーのようにお天気に恵まれて、
桜見て、美味しいもの食べて、満足して台湾に戻ってもらえますように!
20:58  |  東北海道  |  コメント(7)

Comment

とりあえず 1番で・・・。
今回の記事で五泊六日の添乗員もどき道東ご紹介ツアーを終了しませんよね?
流氷ウォークすっ飛ばしってことないでしょうね?
では、あとで。
改めまして・・・
あの道東道、阿寒から釧路西ICまでだったかな?すっぽりないんですが
その区間の開通は何時ごろなんでしょうかね?
『開通年度未定区間』とは・・・
釧路湿原のど真ん中だから用地買収とかいろいろ問題があるのでしょうか?
あの湿原を破壊するような建設なら地元の方の要望があって
も反対してしまうかも・・・
そう!細岡展望台だったかな?連れて行っていただいて
ダイヤモンドダストがみられました。
道明寺粉のような雪も見られました。
そのときそのときで違う雪の芸術を見せていただきました。
そしてくっきりと霧ひとつない摩周湖も見れました(ぎゃははは)
明日から寒の戻りで寒い予報です、週末は曇りの予報です。
どうぞ、楽しい日本まん中旅行をお楽しみくださいませ。
後ほどメールいたします。
ハイジ |  2016.03.22(火) 21:20 | URL |  【編集】

ハイジお姉様 さすが!
あまりのスピードにビックリです~(笑)

早朝の阿寒湖 素敵ですねえ~
本気で真冬の道東を計画しないといけませんね!

キタキツネ、、、BOSS爺の若い頃だわ(笑)
BOSS母 |  2016.03.22(火) 21:25 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
一番乗りありがとうございます。
流氷ウォーク、良い画像がないんですよね~
明後日の夜中から旅に出ますし~オホホのホ~
阿寒ICから釧路西?
開通は未定です。
おそらく私が生きている間にはできないかも・・・
先日、ハイジさんがおっしゃっていた
「政治力」って大切だと思いますよ。
26日開業の北海道新幹線、
とってもめでたいことのように騒いでいるけど、
東京-大阪に遅れること50年、半世紀ですよ!
正直、何を今更・・・という思いでございます。
もう、北海道はこのまま未開の地で良いように思います。
中途半端な道路を何本も作って今の自然を壊すことは止めて欲しいです。
北海道の歴史はたかだか百数十年ですが、
その百数十年前と大した変わらない自然を
保ってクマや丹頂と共生する北海道でありたいです。
by 松の実


BOSS母さんへ
冬の阿寒湖、冬のカヌー、
フロストフラワーが見えなくても、
丹頂やエゾシカに出会わなくとも、
その日限りの自然の美しさを
見て感じることができます。
是非、一度起こしくださいませ。
キタキツネ・・・道民としては、
どうも「エキノコックス」を思い出してしまい、
「可愛い」という対象にはなりにくいのです。
だからと言って、数年前に疥癬が大流行して
キツネが激減したようなことはもう起こりませんように!と願うのです。
by 松の実
松の実 |  2016.03.23(水) 23:54 | URL |  【編集】

道路わきの↓、山間部で見かけます。
新潟の場合は、道路わきのガードレースに、紅白のポールを取り付けてて、春になると回収です。2メートルぐらいだったり、場所によっては3メートルとか、長さでその地域の積雪量がわかります。

↓の奥の山は、阿寒富士ですよね?
みごとですね~。美しいですね~!!

牧場のキタキツネだからでしょうか、太ってますね。
私があった旭岳のキタキツネは、ひょろひょろでした。あれは、ぶうこと出会う啓示だったかも~と思うのでした。最初のお店にいたキタキツネのかわいいぬいぐるみを、買い損ねたこと、今も残念です。
つま |  2016.03.25(金) 09:25 | URL |  【編集】

キタキツネ牧場 昔 行きましたー!

旭川から網走に行く途中に 左側にあった記憶。
灰色の子も居て 可愛かったー!
ほぼ北極圏の反基督教者でも復活祭休暇中! |  2016.03.25(金) 21:41 | URL |  【編集】

茶々ちゃん 春と遊んでる。
春でいいんですよね? 雪融けのお庭ですよね?

なんだか 楽しそう。


北海道の寒さ
中途半端な寒さより カッキーーンとなるぐらい
寒いとまた 世界が変わるような気がします。
と言っても 真冬の阿寒には行った事はなく
旭川と名寄でマイナス20度の世界を体験しただけ
ですけど。
雪原を歩く画像は 本当に映画みたいで
素敵。
1人で歩いてたら 氷点の 陽子かと思う。

こ |  2016.03.26(土) 10:04 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
やはり豪雪地帯ではある↓なのですね。
東北海道の田舎道は本当の吹雪になると、
強風で吹き溜まりが多く発生するので、
上からの↓のほうが安全なのでしょうね。
おっしゃるように雌阿寒岳と阿寒富士です。
外から見る阿寒の象徴はこの山々なのですが、
阿寒湖の街に入ると、「阿寒の山」は雄阿寒岳となります。
雌阿寒と阿寒富士は街にはいってしまうと見えないんですよね。
ここのキツネ達、なるべく野生に近い状態で飼育されているそうです。
寒くなると、自分で穴を掘ってねぐらにしているとか・・・
by松の実


ほぼ北極圏の反基督教者でも復活祭休暇中!さんへ

休暇は終わりましたか?
私の短い休暇は終わりました。
キタキツネ牧場、もっとコロコロと可愛いキツネたちが
お出迎えしてくれるのか、と勝手に想像していました。
なんだかだら~んとしたキツネばかりで・・・
やはり、孤独に真冬の雪原を横切る尻尾ふさふさの野生のキツネほど
可愛く美しいものはないですね。
by 松の実



こさんへ
そうですね・・・この庭は春ですね。
阿寒湖の寒さは格別ですが、
旭川程ではないと思われます。
ただ、阿寒湖のほうが田舎なので、
し~んとした寒さというか冷え込みは
感じることができると思います。
日本の真ん中から帰ってみると
チューリップの芽が出ていて、
冬が終わっていって、春の準備を感じました。
日本の真ん中はけっこう寒かったです~
氷点の陽子とは、随分古風な!
氷点というと野付半島を思い出す私です。
by 松の実
松の実 |  2016.03.29(火) 22:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |