2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.03.24 (Thu)

冬の終わりの北海道ツアー3

こんばんわ。
松の実です。

今はまだ冬の終わりであって春ではない東北海道。
寒いな~と思ったら
案の定、空から白いものがハラハラ~と
その内ビャーっと。

春ではない

こうなりました。我が家の庭。
春ではありません。
冬の終わりです。

先日の冬の終わりの東北海道ツアー、
北見を後にして向かったのは網走市。
網走監獄博物館を見学した翌日は、「流氷Day:」
前夜の懇親会で、「これまで十勝、釧路と天気に恵まれ、見せるべき物は
すべて予定通りご覧いただいた。後は流氷を残すのみですから、
網走さん、明日はちゃんと流氷を引き寄せておいてくださいね」と
網走市の関係者の方々にお願い(脅し)したのに・・・・

ひたすら青い

乗船した流氷観測船オーロラ号は、ただ青い海と青い空の中
進むばかり・・・・

「皆さん~船から流氷を見られなかったので、
次は流氷館で流氷を見ましょうね」と
「オホーツク流氷館」へお連れいたしました。

天都山の眺め2

「オホーツク流氷館」は天都山という大変眺めの良い高台にあります。
オホーツク海・網走湖・能取湖・ 濤沸湖・藻琴湖・知床連山、
時には阿寒の山々などが一望でき、
「天の都にのぼるような心地」ということから「天都山」と名づけられたそうです。

流氷ソフト

流氷がどうしてできるのか?などをレクチャーいただいた後、
この流氷館でしか食べられない「流氷ソフト」をご馳走になりました。
青いトッピングは流氷をイメージした塩で、
クリームはキャラメルテイスト。
このソフトクリームを食べにもう一度来ようかな?と思ったほどでした。

流氷って、アムール川(真水)が流れ込み、この地特有の風が吹き、
そして千島列島のせいでオホーツク海というのは言わば閉ざされた海という、
三つの要素が奇跡的にかみ合いできるそうです。
今更ながら、大変勉強になりました。
添乗員もどきの役得でございます。

流氷ウォーク

その流氷をお散歩してみましょう、と
知床ウトロの体験観光業者さんが「流氷ウォーク」を
実施しています。
参加者は業者が用意するドライスーツを着込みます。
ちなみに、この流氷ウォーク、参加希望者は、
身長、体重、靴のサイズを申告する必要があります。
(本当です、この体重を聞く役目だった添乗員もどきの私・・・・
聞辛かった~)

流氷に乗ったり、流氷と流氷の間の海にプカプカ浮いたり・・・

今年は流氷が少ないので、上の画像も実は
こんな風に、海岸沿いにちょっぴり残った流氷上で
実施されていました。

流氷ウォーク

今回参加した最高齢は63歳、最年少は27歳、
皆さん、こんなちょっぴりの流氷でもとっても楽しかったと、
笑顔がはじけていました。

不思議ワールド

最後の夜のお宿はウトロの海外沿いに建ち、
ロビーは不思議ワールドが広がっていました。

chacha to watashi

そのホテルの売店がおもわず買ってしまった茶々と私です。

明後日から日本の真ん中への旅に出る私ですが、
明後日26日は北海道新幹線が開業される日です。
新聞もローカルニュースも「道民の悲願達成」などどお祝いムードに溢れていますが、
本当に道民の悲願だったのであれば、
何故、日本に最初の新幹線が開通してから50年もかかったのでしょう?
半世紀ですよ。
北海道民は実はそれほど新幹線を望んではいなかった?
国が北海道を軽んじていたから?
北海道出身の代議士のセンセイ方がお努めを果たしてくれなかった?

日本の真ん中でお天気に恵まれますように!
桜と美味しいものを楽しみにしている台湾の記者達が
満足の行く良い画像を撮ることができますように!
00:37  |  東北海道  |  コメント(7)

Comment

はい、待っていました。
では、後ほど・・・
BOSS母さん、まだ~?
↓あはは、待っていましたよ~
改めまして、、、、
流氷ウォークってもっと流氷がバーっとなってるところを
えっちらおっちらウォーキングして
途中で氷に穴あけて釣竿垂らして・・・的なことを考えていました。
そして、なんで、わざわざ海に浸かるの?
流氷ソフトは美味しそうです!
北海道新幹線ははたして、JR北に運行できるのでしょうか?
今の在来線でもトラブッてばかりいるのに・・・
鉄道、道路、全て政治の力が大きいです。
谷川岳のどてっぱらに穴を開けて首都圏からいち早く新幹線を
通したのも政治の力。
東海道新幹線の名古屋から京都までのルートをご覧ください。
何故にわざわざ雪に弱い新幹線を積雪量の多い地域を走らせるのか?
答えは簡単です、政治力です。
ココに線路をもってくる力のある政治家がいなかったのです。
大昔から織田、豊臣&徳川ほど力のあるものがいなかった。
いま、ココから出ているセージ家は実家の家業の得策のことばかり
考えているオカタですぅ・・・
さぁ、浮き輪を外してお出かけください。
よき旅となりますようお祈り申し上げます。

ハイジ |  2016.03.24(木) 21:15 | URL |  【編集】

呼ばれて 飛び出て ジャジャジャジャ~ン!

アムール川、、歌で
中学校の時かなあ 合唱で アムール川の、、、
あ~ 思い出せない。 のか?
忘れたのか?(苦笑)

ドライスーツですから サイズ必要なのでしょうね!
私は、、、シンデレラ枠だった。
あ、違うかな? 枠じゃなく サイズだったかな?
もうダイバーでは無いからなあ~
淋しいなあ~

BOSS母 |  2016.03.25(金) 00:19 | URL |  【編集】

東北海道ツアー堪能しました~
お天気にも恵まれて皆さんに喜ばれて
大成功でしたね(^^)

私はといえば、
鹿肉ハンバーグや北見塩焼きそば美味しそう~
粒あんのおはぎの上に金粉乗ってる?
氷で作るグラスでシャンパン飲みたい!
流氷ソフト食べたい!
(青い色の塩は自然の色なのかな~?)
と食べ物ばかりに目がいってましたが・・・

松の実さんが自分へのお土産に買った
茶々ちゃんワンちゃんと松の実さんうさぎの
素材や大きさも気になってました~

道産子の私は
今北海道に住んでないのかもあるかもしれないけれど、
新幹線て全く身近に感じられない乗り物です。
こたつ |  2016.03.25(金) 04:55 | URL |  【編集】

昨夜、テレビの「とりてつ」という番組で、釧網線を見ました。釧路の川にかかる鉄橋の写真が、なまらきれいでした。シルエットの電車と、川に浮かぶ丸い氷?蓮氷でしたっけ?SLや、ノロッコ号ももちろん登場しました。流氷は、残念ながら見られなかった模様でした。撮影ポイントがいっぱいでびっくりでしちゃ。特にSLがカーブする場所、最高ですね。

昨夜は、こちらも雪でした。満月で明るいなかに、白い雪が積もって、ちょっぴり幻想的でした。

流氷のなかで、プカプカ~ラッコみたいですね。

釧路から東京まで、新幹線使って12時間だと聞きました。新幹線は欠航しないので便利ですが、私は電車は6時間が限度かなと思います。海峡線、在来線を廃止して新幹線だけにして、なにかあったとき大丈夫かと気になります。
つま |  2016.03.25(金) 09:39 | URL |  【編集】

監獄の写真はないのですねん、、、
博物館の売店の女性が 中々失礼な人で 苦情を言ったら 電卓を投げつけられた貴重な想い出が~


暖冬ですよね
こっちも 海や川や湖が凍るのは遅かったし もう氷上スノーモービルも そろそろ無理、、、

ウトロも懐かしいなー♪
またいつか 行けたらいいなと思ったり
スーツ着て浮かぶのは国境付近でも人気で 南欧からの観光客に大ウケみたい

新幹線や高速道路!
いつの間にそんなモノが~ と驚く浦島太郎であります 
可愛い置物 欲しいなぁ。。。

案内のお仕事 お疲れ様ー!!!
ほぼ北極圏の反基督教者でも復活祭休暇中! |  2016.03.25(金) 21:59 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

青が目に沁みる!
こんな青、肉眼で見たことないです。
ぜひ見てみたい!
アムール川から・・・
なんと壮大な。地図で見れば納得なんですが
その響きを耳にするとスケールの大きさがわかりますね。
流氷の上は歩いてみたいけど、何分金づちなので
落っこちることを想像すると、乗れそうにありません。

ヒグマ以外にも、怖いもの。
あやつり人形。糸で釣られたあの人形の顔って
どうしてみんな、普通の人形と違って不気味にできてるのか。
子供のころから不思議でした。
そしてあの不自然な動きと相まって、私の心をざわつかせるのでした。

新幹線はどんなものを北の大地にもたらすでしょうか。
しばらく経たないとわかりませんね。
emihana |  2016.03.25(金) 23:40 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
一番乗りの指定席の確保、ありがとうございます。
政治力も確かに仰るとおりだと思いますが、
北海道民もお人好しというか、
北海道は広大すぎで、この広い北海道全体を
自分の国と認識できていないから、
一枚岩になっていろんなことを誘致できない、
進められないのかな~なんて思います。
北海道分県論、ある意味もっともだとも思うのです。
浮き輪は着いたままでしたし、
あっという間の短い旅でしたが、
とっても楽しかったです。
ハイジさんには大変お世話になってしまって、
本当に恐縮するばかりです。
そしてあの街でのハイジさんの偉大さを
改めて感じました。
ありがとうございました。
又、ゆっくり伺います。
by 松の実



BOSS母さんへ
アムール河という歌があるのですか?
合唱で思い出すのは、
「この大空に翼を広げ~♫」というものかな~
シンデレラ?
私だったらなんだろう?
エレファントかゴリラ?
私も流氷ウォークをトライしようとおもって
恥を忍んで体重も予め申告したのに、
あのドライスーツを着るのが面倒になってしまって
止めました。
by 松の実


こたつさんへ
流氷ソフトの塩はイメージであって・・・ゴニョゴニョ。
鹿肉ハンバーグは正直・・・・ゴニョゴニョ。
茶々と私の置物は、関西で作っているそうで、
木製です、なんだかとっても軽い木です。
北海道新幹線といっても、
ホンのちょっと北海道の端っこに乗ったくらいなんですよ。
大体、私が生きている間に東北海道に新幹線がくることはないのですから・・・
新幹線、これから数年間は赤字だそうですけど、
いつか撤退なんてことにならないか心配です(笑)
by 松の実



つまさんへ
私もその番組、見ていました。
なかなかよい画像もありましたね。
あの方、あれだけのシャッターチャンスを待つために
一体この釧路地方に何泊したのかな?と
考えました。
2~3泊では絶対に無理だったはず。
飛行機か?列車か?の選択の境目は4時間と言われているそうですよ。
なので、当初、北海道新幹線はひたすら4時間切りを目指していたのですが・・・
東京から函館まで新幹線で来る人がどのくらいいるのか?
もちろん開業当初は乗るためのツアーラッシュだと思われますが、
観光客だけで交通は維持できません。
函館への需要がどのくらいあるのか?
ビジネス客だとその先の札幌へ、となると、
新幹線を選択する層はそれほどいないのでは?と思えるのです。
by 松の実



ほぼ北極圏の反基督教者でも復活祭休暇中!さんへ
案内のお仕事は疲れますが、
事務所にいるよりはずーっと楽しいです。
特に今回は大好きな台湾相手ですからね!
監獄の画像は参加者の顔がはっきりわかるものかなくて・・・
電卓を投げつけるとは、
塀の外か内かわからなくなるではありませんか。
あのドライスーツ、一度冬のカヌーで
着たのですが、
とっても手間がかかる代物ですよね。
ああいう面倒なものがどうも苦手です。
こういう素朴でいながら可愛い物って
日本ならでは、だと思います。
これはとても軽い木で作られていて
関西の工房が作っているとか。
by 松の実



emihanaさんへ
新幹線、どんなものをもたらすのか?
負の財産でないことを祈るばかりです。
私も流氷がこんなに壮大で、
奇跡に近いような偶然が重なってできるものだとは知りませんでした。
落っこちてもよいように、
ドライスーツを着ます。
というか落っこちて遊ぶみたいですよ。
私も操り人形は不気味で怪しく不思議であるという感覚はありますが、
ヒグマはどちらかというと愛すべき存在です。
いつまでもいつまでも、北海道の大地の「山親爺」であって欲しいです。
by松の実

松の実 |  2016.03.29(火) 22:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |