2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.04.09 (Sat)

日本の真ん中の旅2

こんばんわ。
順調に北上を続けている桜前線のようですが、
明日は一気に冷え込み、東北地方では雪が降るとか?

台湾メディア3名との日本の真ん中の旅、
彼らの一番の目的は日本の桜を見ることでした。

3月上旬、スケジュールを考え始めた頃、
今年の桜の開花は早く、私達が行く頃は
葉桜になっているかもしれないと、ハイジさん
名古屋観光コンベンション協会の方もおっしゃっていました。
なのになのに・・・・ご存知通り、開花宣言の後の低温続きで
桜はちらりほらり・・・という程度。

sakuratohanami_20160409225925610.jpg

地元某球団の広報をしていらっしゃるというKさんの大学の同期生という方が
「名古屋は小さな街なんですよ」と歩くこと20分、名古屋城公園に到着し、
一本だけ見事に咲いている桜をみつけました。
良い具合に「日本のお花見」をしている団体もいらっしゃいました。
台湾メディア達、来た甲斐があったと狂喜しておりました。


nagoyajyou_201604092258574b2.jpg

名古屋城です。
桜はあまり咲いていませんでしたが、
この日から「桜まつり」が開催されていたので、
それなりに楽しめたようです。

名古屋城の前に、某球団広報の方が連れて行ってくださったのが、
名古屋名物「あんかけスパゲティ」のお店、「からめ亭」。


からめ亭あんかけスパ

定番のあんかけスパに、手前は「台湾ラーメン」の洋風を目指したのでしょうか?
台湾風まぜそば。
どこが、台湾風なのかわかりませんでしたが、
それなりに美味しいと言えば美味しい。

名古屋では、かの「風来坊」にも行きましたが、
東北海道の味付けと共通するところがあるように思いました。
味が濃いというか、一味多いというか・・・
そして、東北海道同様、甘みも強いと感じました。
釧路が鉄板スパゲティ発祥の地を主張していますが、
実は名古屋のナポリタンが鉄板スパゲティの発祥らしいですし、
名古屋と東北海道の味覚の共通点はどこから来ているのでしょうか?

私の最終日は、私の好みで、
有松絞りで有名な「有松」へ。
北海道には絶対にない、歴史的な町並み、
しかも本州のこういった保存された町並みの多くは、
そこに人がまだ生きて暮らしているというのが、
私の興味をそそります。

arimatsu_201604092258590a8.jpg

ここも桜はまだでしたが、新緑の柳が美しかった。

hatarakuhina_20160409225858485.jpg

Kさん、Dさん、私がキャッキャッと喜んだのが
このお雛様を活用した取り組み「ありまつ福よせ雛さんぽ道」でした。
各家庭でお役目を終えたお雛様達を救済して、
新たなお仕事を担ってもらっているというもの。

hatarakuhina2_20160409225858cf3.jpg

お食事処の看板雛。
信用金庫の前の雛人形たちは、
定期預金の広告を持って一生懸命、宣伝していました。

arimatsushiborihaikaga_20160409225859e9e.jpg

有松絞会館ではん、有松絞の布を持って、
おひとついかがです?と売り込みに精を出していました。

有松・・・是非再訪して、ゆっくりお散歩したら、
ハイジさんオススメのパンを買って食べましょう。

先日、台湾旅行社を連れての5泊6日の旅から帰って家に着いた時、
今回日本の真ん中の旅を終えて帰り、タクシーを降りた瞬間、
一瞬、ほんの一瞬、「ああ、茶々が待っている。ナデナデしなきゃ」と
頭をよぎりました。

自分のイカレ具合に恐ろしくなりました。

kotoshimo.jpg

チューリップの芽が出たのに、
パトロールする茶々がいない春は何度目になったのでしょうか?

春の足音

1週間が始まりますね。
加油!
何故か、私のまわり、今頃になってインフルエンザが
蔓延しております。
皆様もどうぞお気をつけくださいませ。
23:02  |  その他  |  コメント(9)

Comment

えいっ!
こ助さんには負けられないわっ!!
一番じゃろ?

お待たせいたしました(えっ、待っていない?)
名古屋城の桜、よかったですね、咲いていて!
開花したと入っていましたが寒の戻りがありましたから心配していました。
実は一度も名古屋城には行った事がないんです・・・。
有松での『そこに人がまだ生きて暮らしている・・・』
↑この一文に爆笑してしまいました。
多分そこに住む方たちはとても普通のことだと思います。
この町並みを残していることが素晴らしいと思います。
6月に有松絞り祭りがあります、ここ一体がテーマパークのようで
とても楽しいですよ。
松の実さん、毛むくじゃら恋しいでしょ?
そろそろ如何でしょうか?
まだかな??
ハイジ |  2016.04.11(月) 00:42 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

ハイジさん、こちらでは一番が多いですね。

私が上海から戻る5日の便もANAだったにもかかわらず
9割以上が大陸からの人々でした。
連休も終わったのに・・・と思ったのですが
お花見ツアーの人々だったのだと、あとから気づきました。
やはり桜は特別なんでしょうね。
有松のような街並みは北の大地にはない・・・
なるほど,興味深いです。
言われてみれば、確かにそうかもしれません。
お雛様たち、本来のお役目を終えて
やや晴れがましい活躍の場を与えられ何だかうれしそうに見えます。
こういう日本情緒を愛してくださる海外の方が増えるのは
素直にありがたいと思います。

私も時々、ああ、起きてお散歩行かなきゃ・・・
と思いながら目を覚ますことがありますよ。
ちょっと切ない錯覚ですね。
emihana |  2016.04.11(月) 20:03 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます。

ハイジさんへ
こさんは、こちらの一番乗りは目指していらっしゃいませんので、
大丈夫です。
ハイジさんのお席でございます。
お待ち申し上げておりました。
北海道にこのような町並みはありません。
大体、瓦の屋根だってないのです。
ハイジさん、名古屋城、いらっしゃったことがないのですか?
それって、札幌のヒトが時計台に行ったことがないと
同じようなものでしょうか?
名古屋城、なかなか良かったですよ。
天気も良くて、お祭りだったせいか、
情緒がありました。
有松は是非、再訪したい場所となりました。
毛むくじゃらは・・・しばらく我慢です。
by 松の実



emihanaさんへ
大陸中国の日本のエアラインもやはり
そういった状況なのですね。
台湾線の日本航空もいつも台湾のお客様でいっぱいです。
桜って、何か特別な魅力があるのでしょうね。
私自身は東北海道にはソメイヨシノもありませんし、
桜=春というイメージも持っていないので
あまり特別な感情はもっていないんですよ。
桜に散る儚さとか、独特の儚いイメージをあわせるという感覚も
あまりないのです。
春を感じる身近は花はツツジでしょうか?
現実的な東北海道人の典型なのかもしれません。
このお雛様の使い方、素敵ですよね。
一月くらいのイベントのようです。
お雛様としての役目を終えた第2の人生(人形生?)のほうが
長く飾られていて、
多くの人に見てもらえるなんて、良いですね。
私は、一瞬、茶々が・・・とよぎった直後、
自分の頭、大丈夫かな?と真面目に考えました。
by 松の実

松の実 |  2016.04.13(水) 00:27 | URL |  【編集】

ご無沙汰しております!
松の実さん、名古屋へいらしてたんですね〜(≧∇≦)
名古屋城は私のバイト先の割と近く、
有松は家の割と近く、です(笑)
まさかいらしてたなんて〜。
ぜひぜひクロちゃんに会って欲しかったです!
クロちゃんもうカートでお散歩なんですよ(*^^*)触り放題です(≧∇≦)

私も暇になってきたのでまた近況ブログ書こうと思ってます。
クロちゃんの写真もたっぷり出します!
cherry |  2016.04.14(木) 13:45 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

cherryさんへ
お久しぶりでございます。
お元気でしたか?
そうですか~
有松の近くにお住まいなんですね。
良い所でした、有松。
中心部から電車で20~30分で、
あのような歴史的スポットがあるなんて!
私も名古屋に行く、となった時、
cherryさんを思い出しましたよ。
あの立派な新居はどのあたりなんだろう?って。
クロちゃんの話題、楽しみにしています。
by 松の実
松の実 |  2016.04.15(金) 23:54 | URL |  【編集】

わぁ~!有松!
ここが有松なのですね!
実は、有松絞り職人のテレビドラマのロケ地が
ブログで知ってるワンコのお住いのところで
ドラマをじっくり見ていました。
が、ロケした場所は、有松ではないそうでした。
というわけで、本物有松に、私も行ってみたくなりました。

「そこに人がまだ生きて暮らしている」って・・・
私も、ぶっとびそうになりましたよ~
まるで縄文遺跡でもご覧になったかのようですね。

名古屋城、りっぱなお城ですが、なかにエレベーターありますよね?楽ちんでしたが、ちょっとがっかりした記憶があります。

おうちに帰ったら、茶々さんが首を長くして、松の実さんを待っていたんですね。松の実さんの頭によぎったこと、自然だと思います。ましろさんが、よびおこしてくださったのでしょう。
つま |  2016.04.16(土) 20:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます。

つまさんへ
私もそのドラマ、見ていました。
NHKの吉田栄作さんが出演していたものですよね?
お久しぶりの秋吉久美子さんがとても素敵でした。
あのドラマがあったから、ぜひ、ここをスケジュールに入れたかったんです。
北海道の和人の歴史はたかだか百数十年ですし、
特に東北海道は、その気候の厳しさから古い建物は皆無にちかいのです。
なので、歴史的な町並みにとても憧れがあります。
金沢の武家屋敷にも感動しました。
台湾でも「老街」めぐりに時間をつかってしまいます。
確か大阪城もエレベータではなかったでしょうか?
名古屋城、雰囲気はありましたよ。
自然でしょうか?
私は、自分の頭がおかしくなったか?と本気で心配しました。
by 松の実
松の実 |  2016.04.17(日) 23:29 | URL |  【編集】

茶々さん、松の実さん、こんにちは!

高校の家庭科(?)の授業で、ハンカチを使って
絞り染めをするというのがありました。

うろ覚えですが・・・。

たしか図案の上をチクチク縫って縫い終わったら糸を絞って
染料に浸けて、染め上がったら糸を抜いて洗う・・・。

当然、ひどく簡単な物でしたが、それなりに楽しかったです。v-388

昔々、ああいう絞りのTシャツが流行った時もありました。
ヒッピーのお兄さんなんかが着てたような。 v-398

かなり前になりますが、故・久保田一竹氏が
一竹辻が花の工程を紹介してらしたのを見たことがあります。

絞り専門の職人さんが、見事な手さばきで絞っていました。

絞りが多すぎて、生地がゴロゴロになってました。

あれだけ手数をかけるのですから
何千万円という着物も出てくるわけですね。v-405

そいうえば、有松絞の工程に
あの「きんさん・ぎんさん」が関わってらしたと書いてありました。
taki |  2016.04.19(火) 15:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
私は中学の時にろうけつ染めの実習が家庭科であったことを覚えています。
座布団カバーを作りました。
けっこう上手く出来て、気に入って使っていたのに、
いつの間にかなくなってしまいました。
チクチク系は、昔も今も苦手中の苦手で、
そちらは、母にやってもらっていました。
家庭科の先生にはバレバレでしたが、
私ごときに関わっていては、
教えるべきことが終わらないので、
何もいわれませんでした。
今の言葉で言う「スルー」でしょうか?
手に職を持っている方を尊敬します。
ましてや芸術の域に達したような方は、
神様に努力することを許された選ばれた方々だと思います。
by 松の実
松の実 |  2016.04.20(水) 22:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |